2010/5/21

返報  
都合の悪い時は独白の世界にもぐりこむ、それがわたくしの常套手段であるが、しかし、今回は行き掛かり上、大沢氏に対して「いなせの返事」を申し上げなければならないだろう。種々の事情を勘案して、日蓮正宗への帰伏は先送りにしたい。これが結論である。種々の事情の中には個人的な理由も含まれるので、これ以上の説明は控えさせていただくことにする。

まさにこの辺が、nabe氏をして「巌虎さんが自分の成仏を真剣に考えているとは思えません」と言わしめる結果になっているのだろう。

顕正会では、知らずとは言え御遺命に背いた団体にを置いて身の持つはずもなく、などという発表がよくある。この理屈で言えば、顕正会が間違った団体であれば本人に自覚がなくともそこに在籍しているだけで罪障を積むことになるわけだから、一刻も早く脱会すべきが筋だろう。
ちなみに話は脱線するが、顕正会に入っているからと言って安心はできない、真面目に御奉公しなければ功徳は積めないし成仏できない、というのが顕正会幹部の言い分である。仏道修行とは厳しいものだ。間違った団体の場合、そこに在籍しているだけでも罪障を積む。一方、正しい団体の場合、在籍しているだけではダメだと言うのだ。それはそうかもしれないが、聞いているほうにしてみると、何となく都合のよい理屈を言っているように聞こえてしまうから不思議である。
それはともかく、かつての顕正会であれば、どちらが正しいか結論が出るまでトコトン話し合おうではないか、というのが普通であったが、今は完全な弱腰になってしまっている。ようするに自分たちが間違っているという自覚が少しは芽生えているからなのだろう、その上で顕正会が間違った団体であれば潔く身を退くべきが道理であるからして、今はその事実に直面することを恐れているわけなのだろう。

わたくしはいわゆる活動会員ではないので、こうした心理的葛藤があるわけではない。帰伏するに当たっても、それほど障壁があるわけではない。しかし、あくまでそれはわたくし自身の自由意志に基づくものであり、その結論として当面は帰伏しないということなのだ。

さて、他にも種々のコメントを頂戴しているので、今日はその感想を書こうと思う。

ありの金吾氏の話は、氏の非凡さを物語るものである。
おそらくはわたくしと世代が異なるのだろう、確かにそれも理由の一つだ。というのは、わたくしよりも古い世代の顕正会員ないし妙信講員たちは御書を持つことに何の躊躇もなく、わたくしの世代の顕正会員はその影響もあってか、わりと自主的に御書を購入していたのである。ゆえに、ありの金吾氏はそれよりも新しい世代の顕正会員・・・いわゆる一念信解路線の中で育った人なのだろうと思われるのだ。
つまり、御書を持つことに躊躇がある。それゆえに本部に問い合わせた。しかし、そこがまた、非凡さの理由の一つだ。
たぶん、このような事案で本部に電話が掛かってくることは滅多にないのだろう、だからこそ電話を受けた本部職員は返答に窮したのだ。そこで男子部長のお出ましである。
この電話のやりとりの結果、ありの金吾氏は顕正会への疑問を深めることになった。それが後に宗門へ帰伏することにつながるわけである。

ありの氏のケースは滅多にないことかもしれないが、いずれにしても結果だけで判断するならば本部の対応がマズかったことになるだろう。わたくしは許可してもよかったのではないかと思う。ただ現状では顕正会版が存在しない以上、よその御書を購入することになるので、たとえば創価学会版ならば創価学会を利することになる。その意味から、大っぴらに許可するわけには行かないが、君がどうしてもほしいのであればそれは構わない。このように言えば、ありの氏だって疑問には思わなかったはずである。

われわれが御書を読んでも理解できない云々は、確かに顕正会では当然の理屈であり男子部長だって間違ったことを言ってしまったとは思っていないだろう。しかし、どうせ理解できないのだから読んでも意味がない、と言うのであれば、それは大間違いである。まさにこの辺が今の顕正会のアヤシイところだ。つまり、意図的に御書から遠ざけようとしているのではないか、という疑惑が生じてしまうのだ。行き着くところは浅井流法門であり、いわゆる浅井教である。

「顕正会の中心はどなたなんですか?」

しかし、ジャスティ氏のこの質問は失礼ながら引っ掛け問題みたいなもので、浅井先生と答えたとしても、それはそれで仕方がないのではないかと思う。ゆえに、もし可能であれば再質問をして、その回答を確かめるべきだろう。
え? 浅井先生が中心? 顕正会の中心は大聖人ではないのですか?
これにどのような回答があるか、そこで正真正銘の浅井教かどうか、見極めるべきだと思う。

顕正新聞を読んでいると、大聖人と浅井先生を並べて論じている記事を見つけることがある。今は具体例を挙げられないが、たとえば、大聖人の御守護と浅井先生の大信力に守られ・・・みたいな表現がある。いちおう、この場合は序列として大聖人が筆頭になっているので問題ないとしよう。ところがどっこい、ある時、これが逆になっている記事があったのだ。これまた具体例を挙げられないので恐縮だが、浅井先生の○○と大聖人の△△・・・というような文章である。さすがにこれはマズイだろう。

現時点でもじゅうぶんに浅井教と言い得る側面はある。それが全面的になるのはいつのことか、一つの注意点であろう。

怨嫉謗法ダメですよ。

最後に沖浦氏からのコメントにも触れておこう。

俗に、人を呪わば穴二つ、などと言う。これは確かに真理なのだろう、わたくし自身の経験上においても実感するところである。呪うは極端にしても、物凄く嫌いな人物がいると、心の中で穏やかならざることを考えていたりする。ところがこういう心理状態の時は、案外に自分自身が失敗を犯したりするものである。考えてみればそれも道理である。ようは心中が煩悩で掻き乱されているわけだから、普段ならば当たり前にできることがうまくできなかったりする。それが運悪く大失敗に至るケースもある。

怨嫉謗法がダメだと言うのは、おそらくこれが理由であろう。仏法とは何も特殊なことを説いているわけではなく、あくまで道理に立脚しているものなのだと思う。すると単純な道理として、怨嫉はその怨嫉者本人の精神状態がすでにして異常なのだから、それが行動全般に悪影響を及ぼすだろうことが容易にわかることである。

ただし、はたして沖浦氏の言うように、法華講員が怨嫉謗法に当たるかどうか、それはまた別の問題であり、わたくしの関知するところではない。


五月二十三日追記:一部修正

2010/5/24  13:37

投稿者:沖浦克治
 nabeさん、

 貴方は私と異なる本尊なんですか?
 私は日蓮大聖人様ご図顕の御本尊様に、大聖人様のお題目を唱えます。

 どうやら、貴方は異なるようですね〜。
 それでは、顕正会のご婦人に負け、魔の通力ほどの功徳もない事は、仕方がないですね。

 一日も速く、本物の御本尊に、本当の題目を唱えましょう。

2010/5/24  6:41

投稿者:nabe
沖浦君
 相当耄碌したねぇ。
 数年前から見ても明らかにおかしい。耄碌なら良いが、悩乱のいたりではいかんともしがたい。

>自分は、沖浦と同じ御本尊様に、同じ題目唱えているはず

 この「自分」て、僕のことか?
 いま、キーボードの上に茶を吹き零してしまったよ。
 本尊も題目も君とは天地雲泥の差がある。バカバカしいのでこれ以上は書かない。
 
>あらゆる法は、つき詰めると仏法になるんです。
 あほくさい。
 これは泥水や虫けらが「俺は宇宙だ」というようなものだ。
 泥水や虫けらも宇宙の一部ではあるが、宇宙そのものではない。
 これと同じだ。
 君たちは馬糞なみの創価学会だと知るべきだろう。

>今、貴方方の信力は、顕正会のご婦人に大きく水を開けられたものだと

 はいはい。
 はげ山の麓で世界が眺められたと思い込んでいるボケ老人さんの相手はここまで。
 あほくさい。
 脳味噌が筋肉になるのを目指してプッシュアップでもベンチプレスでもしてなさい。
 獄卒の責めに耐えられるようにね。
 これが最後だ。
 サイナラ!

http://heartland.geocities.jp/kamijo2057/index.html

2010/5/23  18:30

投稿者:のび太

時間がなく、ご無沙汰しております。
私は、創価の活動会員ですので…(笑)
今日は、5/17付けブログで取り上げられた伏字について述べます。

<ブログ引用>
さて、本題である。のび太氏のコメントはわたくしに宛てたものではないが、さりとて無関係というものでもないので、思うところを書いてみたい。

相変わらず顕正会を伏せ字にしているところが気に入らない。どこか他のところにコメントするならまだしも、拙ブログは副題に零落れ顕正会員云々と書いているわけである。いわば顕正会のことが主要なテーマとなるべきブログなのだ。そこでわざわざ伏せ字を使うことにいったい何の価値があるのか、おそらく普通の感覚からすればひじょうに奇異に感じられるはずである。ちなみに以前の沖浦克治氏は顕彰会と書いていたが、今はちゃんと顕正会と書くようになった。それが常識人のあり方だろう。 <引用終了>

このお話は、一度議論になったことがある。
私が顕○会と伏字にしている理由は、強引な勧誘や拉致・監禁・傷害といったおおよそ反社会的行為を繰り返す団体だということです。前にも掲載しましたが、逮捕者を出しても改めようとしない。寧ろ正当化するような団体です。要するに怪しい団体であるということです。ならば誰にでも判るように怪しい意味合いをこめて掲示するのが常識人のあり方だと思います。
一体どちらが正論なのかギャラリーの意見を頂戴したい。

2010/5/23  9:33

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、おはようございます

 今日も掲示板をお借りいたします。
 nabeさん、貴方ねよくないですよ。
 あらゆる法は、つき詰めると仏法になるんです。
 御書にありますよ。
 お読みなさい眺めないでね。
 ですから、日蓮正宗にだけ功徳がある。
 こう言う事は起こり得ません。
 事実、私が掲示板で接する、日蓮正宗の関係者は、魔の通力ほどの功徳も受けませんし、教学は身延の足元にも及ばない現実があります。
 そして、今、貴方方の信力は、顕正会のご婦人に大きく水を開けられたものだと、明らかになりました。
 今、真面目に問いかけをすべきです。
 
 自分は、沖浦と同じ御本尊様に、同じ題目唱えているはずだが、沖浦は毎日毎日功徳書いて、自分は全くそう言う功徳に恵まれない。

 一体、自分と沖浦と何処が違うんだろう・・・・・??

 こう言う深刻な問いかけが、いるんじゃないですかね?

 魔の通力にさえ及ばない、貴方方の現世利益。
 顕正会のご婦人に負ける、貴方方の祈り。
 身延に惨敗する、貴方方の教学力。

 何故、自分達は日蓮正宗の信仰やっていて、こう言う情けない人生なんだろう?

 反省材料ですよ。

2010/5/22  22:22

投稿者:nabe
沖浦君
 外道というのは内道(仏教)にあらざるものをいうんだよね。
 こんなこと基本だろう?
 池田を本仏とする君たちが外道。
 日蓮大聖人の正嫡である我が門流こそ内道のなかの内道。
 禿山の直射日光は七分に割れた頭に染みることでしょう。
 呵々。
 

http://heartland.geocities.jp/kamijo2057/index.html

2010/5/22  18:53

投稿者:沖浦克治
 nabeさんって、

 心狭いね〜〜〜!
 外道ですよ、それじゃ。

2010/5/22  9:44

投稿者:nabe
大沢さん
 この人、まともではないのだから相手にしない方が良いですよ。
 答えは簡単でしょう。
 宗祖が「念仏無間」と仰ってるにもかかわらず「念仏にも功徳がある」などというのは、宗祖に敵対して無間地獄の案内人になったのだと自ら雄弁に語っているだけのことです。
 「誰人にもおわせ。諸経は無得道、堕地獄の根源。法華経独り成仏の法なりと、諸宗の人法ともに折伏してご覧ぜよ。三類の強敵来らんこと疑いなし」
と仰せられて自ら三類の敵人と戦われた宗祖の貴いお姿を暴騰する増上慢。
 その滑稽な姿に気づかぬ愚かさは池田の分身といえるでしょう。
 人を導き自ら阿鼻に堕ちても宗祖を恨んではいけません。
 頭破七分の輩には何を言っても無駄でしょうが、これ以上その頭がおかしくならないように、長野のはげ山の麓では帽子を必ず着用するようにお勧めしましょう。
 手遅れか.........。

http://heartland.geocities.jp/kamijo2057/index.html

2010/5/22  9:23

投稿者:大沢克日子
沖浦様

おはようございます。

nabe様にそのような事をおっしゃる根本原因を教えて戴いていますが、一言申し上げます。

>お題目唱えても、他宗や、他宗の信徒憎んだら、真面目な念仏に100倍は負けます。

私ども法華講員が日蓮正宗以外の邪宗を信仰する人に

「背正帰悪」

が不幸の原因であるという事を説き、

「汝早改信仰之寸心速帰実乗之一善」

と邪宗を捨てて日蓮正宗の信仰を持ちなさい、と
勧めますが、これは

「各雖悪迷是非而猶哀帰仏法」

人々が幸福になりたくて信仰しているにもかかわらず、正邪に迷い邪宗教・謗法を貴び、結果不幸を招いてしまうことを憂い哀しんで、「邪宗こそが不幸の原因」と申し上げているのです。

現在平穏に見えたとしても、邪宗を信仰する者は必ず大きな不幸を招いてしまいます。

「若執心不翻亦曲意猶存早辞有為之郷必堕無間之獄」

顕正会のかつての同志・後輩が次第に追い込まれていっているにもかかわらず

「私は守られている。功徳がある。」

と信じ続け、最後にはボロボロになって信仰を捨ててしまう姿を見ると非常に心が痛みます。

一方で正邪に気付き、邪宗を捨て正法を持つ方がいらっしゃるととても嬉しくなります。

「曲意猶存…必堕無間之獄」

という事を知りながら

「顕正会(〇〇教)には功徳があります」

と言うつもりは更々ありませんし、口当たりの柔らかい表面上の慈悲を説く者は他人を不幸に誘う極悪人ではないでしょうか?

2010/5/22  6:46

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、おはようございます

 nabeさんは、心が狭いですよ。
 良くないですね。

 天理教のかたが功徳があれば、私は素直に喜びます。
 法華講員のかたが功徳が出るなら嬉しいですよ。
 創価学会員だけに功徳ある。
 そう言う考えが、間違いで、思いあがりで、独善的だ、と書いております。
 何宗の方であれ、幸福を享受する権利があるのです。
 それが仏法の大原則です。

 例えば、浄土真宗の方が念仏唱えて生活が良くなったら、貴方も素直に喜べばいい。
 何方かが、何かの宗教で信じて良くなる。
 どうしてそれを否定したり、アレは功徳じゃない。
 などと、難癖付ける必要がありますか?
 そう言う難癖つける人はね、自分の命が貧しいのです。
 他人の幸福を素直に喜べない自分の境涯。
 それが問題なんですよ。
 現証が最も大事です。
 一切法が仏法だと、御書にあるでしょう。
 貴方の御書には無いのですか?

 顕正会のご婦人が、他宗の悪口を言わないでお題目唱えたら功徳がありました。
 事実だからどうしようも無いですね。
 念仏はね、五逆罪と正法誹謗以外は成仏出来ると説かれています。
 他人の悪口を言わず、真面目に念仏唱えれば、それなりの人生送れますよ。
 お題目唱えても、他宗や、他宗の信徒憎んだら、真面目な念仏に100倍は負けます。
 私はね、人としての常識を書いています。

 衆生己心の妙法がお題目ですね。
 一切経はそのお題目に包含されます。
 ですので、念仏は題目の中に含まれています。
 人の命がお題目でないなら、そもそも念仏は出てきません。
 そう言う道理キチンと弁えましょうね。

2010/5/21  23:18

投稿者:nabe
 十四誹謗というのは、正法を行じる者に対する戒です。老齢の松野殿に対して、「若輩の僧を侮ってはいけない」と示されたことからも分かります。
 法の正邪を論じないで引用するのは出鱈目です。
 しかも、念仏修行に功徳があるなどという珍説が前提なんて、鼻から牛乳が噴出します。
 念仏修行の究極は阿弥陀仏の国に往生して法華経を修行することであり、成仏ではありません。
 極楽往生は成仏ではありませんので、私たちの信仰とは天地雲泥の差があります。
 しかも、念仏修行は時に叶いません。
 『撰時抄』の冒頭になんてありますかね。
 こんなことも分からないなんて、笑ってしまいます。
 だから在家教団は駄目だ。
 僧宝のもとで修行しなければいけない。
 「個人的な理由」っていうと何かがあるようですが、宗祖がそれを許されるのでしょうか?
 仏法はあくまでも如説修行なのですよ。
 それが一番大事なところです。
 それを守れなければ池田や浅井と同じ道を辿ります。
 彼らは地獄への水先案内人。
 宗祖は「通塞の案内者」「無間地獄の道を塞ぎぬ」と自らを仰せです。
 どちらを選びますか?

http://heartland.geocities.jp/kamijo2057/index.html

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ