2010/6/15

遅い梅雨入り  
コメント欄ではかなりディープな内容が語られているので、わたくしは深入りしないようにして、顕正新聞第1173号から記事を拾ってみたい。

高速道路建設で四億円の立ち退き料

うらやましい話である。この人は神奈川県厚木市に住んでいて、自宅など所有する土地が第二東名の建設予定地と重なったことから四億円の立ち退き料がもらえたのだそうである。

それはそれでけっこうな話だと思うし、この人に文句を言うつもりはないのだが、そもそも第二東名の必要性に疑問がある。もはや、このようなインフラ整備は必要ないのではないか、まさしく税金の無駄遣いではないか、という気がするのである。
わたくしも東名高速を利用することがある。しかし、どうも近年はそれほど深刻な渋滞が起きなくなってきたような気がするのだ。いわゆる帰省ラッシュだとか、そのような時には大渋滞になる。もちろん事故渋滞もある。しかし、普段はそれほどでもないのだ。
首都高速にしても、以前は恒常的な渋滞が問題視されていた。ところが近年、次々に新線が開通し、大幅に渋滞が緩和されたようである。

もう一つの要素として、若者の車離れが進んでいるとも言われている。以前は自家用車を持つことが一つのステータスだったが、別にそんなのいらないよ、という若者が増えているらしいのだ。あるいはワーキングプアの影響もあるかもしれない。車を買う金がない。買っても維持できない。
わたくしの近所に月極駐車場がある。月額三万円の駐車場だ。世の中にはもっと高いところもあることだろうが、おそらく全国平均で考えれば三万円は高いに違いない。それはさておき、くだんの駐車場には十五台分のスペースがある。ところがどうも最近はガラガラなのである。たまたま出掛けていて空いているのかと思いきや、いつ見ても空いている場所がある。それがなんと全体の三分の二ほどあるのだ。
あるいはわたくしの知り合いでリストラされたわけではないようだが、どうも人事異動で閑職に回されてしまったみたいな人がいる。この人は数年前に新車を購入し、意気揚々だった。しかし、今回の人事異動を機に、車を手放してしまった。この先どうなるかわからないので早めに手を打ったのだろう。賢明なことだ。

近所の駐車場の話に戻るが、理由はいろいろあるにせよ、やはり景気の悪化が主原因なのだろう。三万円の駐車場代だけでも馬鹿にならないし、その上で車自体の諸経費がなんだかんだ大きいのだ。ゆえに以前は十五台ぜんぶが駐車していたこともあったが、最近はいつ見ても半分以下なのである。

さて、こんなテイタラクで第二東名を建設する価値があるのだろうか?

一つだけ言えることは、広宣流布の暁には本門戒壇が建つ。その建立地については意見が分かれるところだが、富士の南麓という意味ではおおむね一致する。第二東名の価値が発揮されるのは、この時であろう。

ヤクザで服役三回、毎日4gの酒

今度は別の記事であるが、服役三回はまだしも四リットルの酒は凄過ぎると思う。これは身体によくないだろう。
一升酒という言葉がある。これは二リットル弱のことであるから、四リットルともなれば二升以上となる。それを毎日のように飲んでいたら身体がおかしくなって当然である。
しかも焼酎である。焼酎は日本酒よりもアルコール度数が高い。わたくしならば、せいぜい一リットルがいいところで、無理をすれば急性アルコール中毒でご臨終を迎えることになるだろう。

ちなみに顕正新聞前号にもヤクザの話が載っている。

悪事を繰り返し刑務所へ十数度

この人は酒と無縁のようであるが、次のくだりが圧巻である。

・・・四十五歳の時、やくざを辞める決意をし、「おとしまえ」として指三本を落とし、親分に「足を洗う」と伝えに行きました。
 しかし「こんな指、豚に食わせろ」と怒声を吐かれ、許しをもらえない中にも命からがら逃げ出し・・・


豚に食わせろ、とは恐れ入った。

ところで、「おとしまえ」は指を落とすことが語源なのだろうか、それと指三本が相場なのか、しかし、許しをもらえなかったようなので、三本が相場というわけでもないのだろう。よくわからんところだ。

2010/6/15  15:31

投稿者:ユタ
 こんにちは。私も車は所有しておりません。首都圏在住ということもあってか、車の必要性を感じないというのもありますが、維持費を捻出するなら他のことに使いたいという気持ちがあるからです。大石寺への登山費用などがそうです。私の旧友でも、ついに車の維持費を捻出できなくなって手放してしまったという事案が発生しました。彼は無宗教者なのですが、仮に顕正会員だったら新入会員の信心に水を差す現証になっていたかもしれません。
 法華講においては、経済状況により車を持てない人もいることはいますが、それ以上に高級車を所有する信徒さんもおります。大石寺で大きな行事があったりすると、その駐車場に必ずと言っていいほど、ベンツやBMW、セルシオ、プレジデントなどの高級車を見ることができます。その点が顕正会員との違いでありましょう。無論、車だけをステータスに見るのはどうかとは思いますが、車1つ取っても、顕正会員と法華講員にはそれだけの違いがあるということです。

http://blog.goo.ne.jp/kamiochiai

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ