2010/10/22

正眼の構え  
山門手前氏はずいぶんとシャレタことを言うものである。正眼の構え、を辞書で調べると、中段の構え、というようなことが書かれている。なんだそりゃ、という気がしないでもないが、おそらくは偏向をいましめる意味があるのだろう。いわゆる上から目線であるとか、逆に自分がへりくだり過ぎるのもよくないので、その中間的なところがいちばんよいのだろう。それが正眼の構えの意味するところだと思われる。

nabe氏からは、よく読め、という意味のコメントを頂戴した。しょせんはその人の境界でしか物が見えない。自分では正眼の構えのつもりでいても、実は物凄く変則的な構えをしていることもある。すると正しいことが曲がって見えたり、その逆だったりする。わたくしとしては物事を客観視しているつもりでいるが、どうもそうではないらしいのだ。

そこで開き直って、おそらくはnabe氏のコメントの全体的な意味からすると、あまり関係のなさそうな部分を取り上げたいと思う。

 これを「変わり者」というなら、それは日天に矢を射る行為となるでしょう。

変わり者云々は、コメントの内容を批判したものではなく、わたくしの勝手な主観として拙ブログのコメント投稿者には何となく変わり者が多いような気がしたものだから、氏もその一人に含まれるだろうか、と書いたまでのことである。

それはともかく、日天に矢を射る行為とは物凄い譬喩である。こうした表現が出てくるのは、御書に精通しているからだろう。ご存知、慈覚大師の夢の話がそれである。
御文の紹介を省略するが、これは大聖人が本格的な真言批判を展開あそばす中で、挙げられている事例の一つなのだ。
簡単に説明すれば、太陽を弓で射るような夢が吉夢のわけがない、慈覚の夢はとんでもない悪夢だということだ。事実、伝教大師の清流たる叡山が濁り始めたのは慈覚以降であり、ひいては源平合戦を経て承久の乱に至って、とうとう皇室は衰微をきわめることになる。すべては亡国の悪法たる真言を重んじたゆえのことだ。

ところで下のリンク先をご覧いただきたい。

http://white.ap.teacup.com/ganko/152.html

ずいぶん古いが初期の拙ブログである。ここでわたくしはなぜか慈覚大師を善無畏三蔵と間違えてしまった。単なる勘違いであるが、実は最近になってその原因が判明したのだ。勘違いといえども何かしらの原因があるはずで、何の理由もなしに間違えるはずはない。たとえば混同しやすい名前であるとか、そうした何かしらの理由があって間違えが生ずるのだと思う。

中国における邪法真言の開祖・善無畏三蔵は日輪を射る夢を見て懐妊し、また我が国の念仏宗の元祖・法然は、母が剃刀を呑む夢を見たといわれる。

なんと浅井昭衛著の南無日蓮大聖人に、このように書いてあるのだ。わたくしの深層にはこの記述が残っていたのだろう。近年は御書ばかり読んでいるけれども、それ以前は浅井先生の著書ばかり読んでいた。それが結果としてリンク先のような勘違いを生んだのだろう。

法然の剃刀の話はけっこう有名らしい。ネットで検索するとたくさん出てくる。しかし、善無畏の話は見当たらない。これはどういうことだろうか?

もしかしたら浅井先生が間違えている可能性もある。これはぜひとも顕正会側の見解をお願いしたいところだ。ようは文証の提示である。

ちなみに、わたくしの記憶の範囲で言えば、上述の二つの故事は御書のどこにも存在しない。大聖人は法然のことも善無畏三蔵のこともたくさん言及あそばしているが、剃刀だとか日輪の話は出てこないはずである。もちろん、わたくしの読み落としの可能性もあるわけだが・・・

 そして順縁広布の時においては、小日本国の亡びんとするとき、大聖人様は絶大威徳を以て必ずや広宣流布をあそばすのであります。

話は変わる。これは九月度総幹部会の会長講演であるが、わたくしはこの部分がちょっと気に入らない。具体的には、小日本国の亡びんとするとき・・・の部分である。何となく不整合に感じられるのだ。その原因は直前の文章に由来する。

 謗法の小日本国は亡ぶとも、御本仏まします大日本国は断じて亡びない

アゲアシ取りに過ぎないかもしれないが、「小日本国は亡ぶ」と書いているわけだから、後ろの文章で「小日本国の亡びんとする」と書くのは矛盾に感じるのだ。

今日はこんなところで終わりにしよう。

前回の顕正会員諸君への質問は、回答者がゼロだったのでお蔵入りである。しかし、これもまた一つの破折方法と言えるだろう。どうやら今の顕正会員は戒定慧の三学を引き合いに出せばチンプンカンプンで回答不能になるらしいのだ。

2010/12/2  5:26

投稿者:遠門
在世滅後異なりと雖も、国家に無関係な者はいない。安国論云云。

2010/10/23  15:25

投稿者:dumble
「とりあえず7月以降は定期演奏会も増えるそうなので
、いまはそれが楽しみです
。 」

nabeちゃん もう10月なんだけど な〜んもなかったね
 

「年内はビッグバンドでの演奏が続きます。  10月の
うち1本は雨天中止。もう1
本は目睫の間に迫りましたが、さてどうなることやら。
その後は11月に2本、12
月に1本となりました。 」

またまた始まったよ 何日、何処ですかnabeちゃん? 
書けないよね吹いてるか
ら やれないこと できないこといっちゃうからなあ 
 
nabeちゃん 誠心って書いてるよね ぷーーー

渡辺雄二さ〜ん 鼻から牛乳が噴出するってものですよ
(^0^)/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ