2011/7/7

諸天についての雑感  
沖浦氏の精力的な投稿は驚異的であるが、それはたぶん正信掲示板の閉鎖と関連することなのだろう。氏はかの掲示板において精力的な投稿を続けていたので、そこが閉鎖となれば自ずと余力が生じる。その余力のいくらかが拙ブログのコメント欄に注がれているのだろうと推測する。

さて、本題である。

 先日、婦人部の幹部から面白いことを聞いた。集会で、東北の顕正会員がみな不思議の御守護を頂いたことを聞いた一婦人が、その幹部に
 「諸天には、この人が顕正会員だということが、わかるんですかね」(大笑)と。
 顕正会員のおでこにマル顕のシールでも貼ってあれば分かるんでしょうがねー(大爆笑)。


顕正新聞第1210号の一面から引用させてもらったが、五月二十九日の日曜勤行における指導である。マル顕のところ、正式には○の中に顕が入っているが、入力の方法がわからない。ともかくマル顕印というか、そういうマークのようなものがオデコに貼ってあれば・・・というジョークなのだろう。聴衆一同が大爆笑をしたものらしい。もっとも、顕正会員はマル顕印の代わりに鶴丸バッジを付けているので、すぐにわかるが・・・

震災以降、顕正会ではたくさんの体験発表があった。しかし、わたくしは震災関連の体験発表について、ほとんど取り上げてこなかった。その理由は二つある。

彼ら顕正会員たちも被災者である。ゆえに、わたくしのような被災していない立場の者が、彼ら彼女らの体験にケチをつけるようなことは厳に慎まなくてはいけない、と思ったからである。つい先日も某大臣があっという間に辞任に追い込まれてしまったが、それは被災者の感情を逆撫でするような言動をしたからに他ならない。いわば空気が読めていないのだろう。拙ブログは顕正会批判が主ではあるが、何でもかんでもケチをつけてやろうというような考えは元々なかったし、今回のような激甚災害においては顕正会員といえども多かれ少なかれ被災しているわけだから、その点を配慮するのは当然のことなのだ。

しかし同時に、一見して矛盾するようであるが、わたくしが震災関連の体験発表を取り上げなかったのは論評に値しないからでもある。

大沢氏と沖浦氏のコメントにも諸天の守護を云々するものがあって、ひじょうに考えさせられた。顕正会員は諸天の働きというものを純粋に信じている。解釈そのものには温度差があるものの、おそらくは大沢氏にしても沖浦氏にしても諸天の働きを信じているのだろう。もちろん、その温度差が大き過ぎて意見が一致することはないわけだが、たぶん多摩準急氏やおおひがし氏たちから見れば、日蓮正宗も創価学会もそして顕正会も似たり寄ったりに映るのだろうと思う。

さて、そこで必然的に問われるのは、わたくしの考えはどうなのか、だと思う。

顕正会の体験発表は論評に値しないと書いた。すると、巌虎は諸天の働きを軽視しているのではないか、と思う人がいてもおかしくないだろう。どちらかと言うと、おおひがし氏など一般人の思考に近いのではないか、と感じる人もいることだろう。もっと言えば、巌虎は信心のないヤツだ、という感想を懐く人がいても不思議ではないと思う。

この辺を詳細に論じたらキリがないので、ここで結論を述べてしまうことにする。わたくしの現時点での考えを言えば、諸天善神のことはよくわからない、積極的に肯定することもできないが、さりとて否定もできない、こんなところである。

すると、なぜに顕正会の体験発表は論評に値しないなどと言うのか、というツッコミがあるはずだ。肯定も否定もできないのならば、偉そうなことは言えないはずだからである。

この答えは案外に簡単だ。

顕正会は大聖人の仰せのままを信じているという。もしそれが本当ならば、もっと凄い体験発表がなければおかしい。よく読んでみれば、大したことがないのだ。正直なところ、ショボイ話ばかりなのだ。

火も焼くこと能はず水も漂はすこと能はず

何が言いたいか、もうおわかりだろうと思う。

今回の震災では大津波で町全体が消滅してしまったような地域もある。鉄筋コンクリートの頑丈な建物は辛うじて残ったものの、木造家屋は根こそぎ流されてしまって跡形もない有様だ。海から相当離れているとか高台は例外である。もし顕正会員宅が海べりの低地にあったとしよう。周囲の家々がすべて流されてしまっているにもかかわらず、顕正会員宅だけ一滴の水も被らなかったとしたら、これこそ経文そのままである。火災でも同様だ。一角すべてが全焼にもかかわらず、その中に一軒だけ無傷の家屋があったとしたら凄いことである。

これらが現実に起こればニュースになるだろう。しかも、そうした家々を調べたところ、実はすべてが顕正会員宅だった・・・とすれば凄いことだ。それこそ入信勤行の行列ができるに違いない。

繰り返しになるが、顕正会員の体験発表はよく読んでみると大したことがない、それどころかショボイ場合もあるのだ。すると、どうなるか考えてほしい。彼らが諸天の働きを論ずれば論ずるほど、かえって諸天の働きがショボイものに思えてきてしまうのだ。

こういうのを摧尊入卑と呼ぶ。

以上、具体例を挙げなかったのは、顕正会員といえども被災者であり、やはり心情的には気の毒に思わざるを得ないからである。

2011/7/9  13:21

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、今日は
  
 私の掲示板で書いたことをあちらこちらに書く。
 当然ですね、私の意見ですから。
 それと貴方が論点ずらして逃げ回るのとは、無関係です。
 貴方はね、人のために宗教があることを認めません。
 戒壇本尊は、本懐であろうが無かろうが、衆生のためじゃないのですか?
 もし、衆生のためなら、戒壇本尊が人より上に位置付けられる事はありません。
 日蓮正宗は戒壇本尊が信徒より上です。
 私は道具と捉えます。
 私のためにあるのですからね。

 この点いかが?

2011/7/9  7:01

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

ある方からご指摘があってはじめて知ったこ
とですが、貴方の書き込みは貴方の主宰する
ネット掲示板のご自身の発言内容を投稿なさ
っているのですね。

>論点がずれないように絞りましょう。
貴方の書き込みをテーマと致します。

と書いているのに最初からズレまくりでおか
しいなと思っていたのですが、端から貴方は
私のコメントをテーマとする気など更々なか
ったのですね。

論点が逸れていく理由がよくわかりましたが
、それなら形式上正常な議論を装うのではな
く、
「大沢はじめ他人が何を言おうとも、論点が
何であろうともそんなの関係ねえ。オレはオ
レの言いたい事を言うんだ。」
と正直に言うべきだと思いますよ。

管理人の巌虎さんが自由な投稿を許されてい
る以上は、それでいいのかもしれませんが、
沖浦さんがアク禁になる掲示板がある理由も
わかるような気がします。

今更ながら状況を理解できました。
こちらが正直に対応しても無駄だと思います
ので、今後は一切応答致しません。

沖浦さんの掲示板の宣伝をしたくないので具
体的な掲示板名は挙げませんが、興味のある
人は沖浦さんの名前で検索なされば出てくる
と思います。

2011/7/8  17:50

投稿者:沖浦克治
 大沢さん

 人のための宗教なら、戦時中に、戒壇本尊を護る為だ!
 などと、神札受けませんよ。

 ご法主上人に全てが伝わるなどと言えません。
 釈迦が言っています。
 
 『私は、皆に、わけへだてなく、いっさいの法を説いてきた。まことの仏陀の教えというのは、奥義や秘伝などといって、握り拳のなかに、何かを隠しておくようなことはないのだ』

 ですので、大聖人から興師へ唯授一人の道理がありません。

 唯授一人などと言った時点で、その宗派は、万人のためのものではありません。
 選ばれたわずかな人のもので、人類のためではありません。
 そう言う宗教は小乗経と言って、駄目なんです。

2011/7/8  17:42

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

ちょっと待ってください。
では何故私のコメントを引用したのでしょう
か?
沖浦さんのおっしゃる話と私のコメントは関
係ないじゃないですか。

沖浦さんは聖教新聞のCMみたいなことを言
いたい訳でしょう?
(「人間がいます。聖教新聞。」でしたっけ
?)

沖浦さんのもう一つのいけないところは、
「オレはこういう事を言いたい。」
と決めたら強引にでもそちらに持ってこよう
とするところではないでしょうか?

「議題を逸らさずに」
として私のコメントを引用した割には、最初
からズレでいますよね?

無駄だからやめましょう。

2011/7/8  17:35

投稿者:沖浦克治
 大沢さん

 仏法が人のためにある教えなら、仏は人です。
 人しか人のための法は説けません。
 凡夫しか凡夫を救えません。

 大聖人が御本仏であるかどうか?
 信じる私の問題です。
 ここは認識の問題ですので、価値ではありません。
 例えば、大聖人が人だと思って御本尊に唱える題目と、本仏だと信じて唱える題目の効用は変わりません。
 祈りの強さはそう言うことに左右されません。
 御書経文に明らかなんです。

 『問う其の義を知らざる人唯南無妙法蓮華経と唱うるに解義の功徳を具するや否や、答う小児乳を含むに其の味を知らざれども自然に身を益す耆婆が妙薬誰か弁えて之を服せん水心無けれども火を消し火物を焼く豈覚有らんや』
 (四信五品抄)

 ですので、大聖人が本仏かどうか?
 法を行じる人間にはそれほど関係がありません。

 大聖人が一切衆生が久遠南無妙法蓮華経如来だと悟られ、それを自行化他のお題目として世間に出された。
 この、最初の方が大聖人です。 
 だから、私は本仏だと定めています。
 ですが、摩訶不思議なお方だとは思いません。
 私と全く同じ人間です。
 コロンブスがアメリカ大陸を発見したから、コロンブスがアメリカ大陸を作ったわけではありません。
 同じく、大聖人がそう言う悟りを開かれたからと言って、その法を大聖人が作り出したわけではありません。
 どうも、ネットの学会員と法華講の方々は、ここに迷いがありますよ。
 釈迦の言葉ですが、

 『私は、皆に、わけへだてなく、いっさいの法を説いてきた。まことの仏陀の教えというのは、奥義や秘伝などといって、握り拳のなかに、何かを隠しておくようなことはないのだ』

 ですので、大聖人から興師へ唯授一人の道理がありません。
 今後創価思想はその点を極めて行くでしょう。
 今、私は凄く期待しているのです。
 人のための法ならば、全てが秘密なく、万人に開示されていなければなりません。

2011/7/8  17:32

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、貴方方日蓮正宗と、私共創価仏法の決定的な相違が、宗教はだれのためにあるのか?
 と言う考えなんです。
 私共は、仏法は人のための教えだと信じます。
 貴方方は人が戒壇本尊と言う物のために存在すると言う教えです。

 人のための宗教なのか?
 宗教のための人なのか?

 ここをキチンと話す必要があります。

2011/7/8  16:38

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

おっしゃられる通りです。
私もそう思います。

ただ、挙げた私のコメントと沖浦さんの質問
はリンクしないと思いますが、どのような意
図でしょうか?

2011/7/8  13:58

投稿者:沖浦克治
大沢さん、今日は

 論点がずれないように絞りましょう。
 貴方の書き込みをテーマに致します。

>現実に人類全体に関わる大問題である宗教を
、単なる「弱い人間のすること」、「馬鹿」
扱いして済ませるのは余りに・・・・・・

 宗教は何のためにあるのか?
 私は人間のためだと信じます。

 貴方はどう思いますか?

2011/7/8  12:53

投稿者:信行
皆さんを救ったりアドバイスする立場にありませんので

己を指してこのような表現ができるとは、自惚れか、慢心か、はては妄想か。
筆致を見るに増上慢に相違なき也。
人を救ふは愚か、全く信頼には足らず、然るに誰人も頼らぬ故に取り越し苦労は不要であろう。
ラ・フランスは美味ゆえに好むが、この御仁はといへば。

2011/7/8  12:39

投稿者:大沢克日子
おおひがしさん

別に怒りませんので大丈夫です!
ただ、宗教(仏法)は世の中の極理を説くも
ので、およそこの世を貫く道理として因果の
理があります。
私たちの生活においても、勉強を頑張って試
験に合格する、沖浦さんがトレーニングを頑
張って何かの競技で優勝した、おおひがしさ
んが努力した結果高収入を得ている、のよう
に、原因があって初めて結果が伴うのです。

対して、おおひがしさんが「宗教」に対して
求めているのは、「自身でなにもしなくても
最後に祈れば等しく救われる」というもので
、世の中の理から外れていると思いますが、
いかがでしょうか?

それでももし仏様が、
「最後に祈りさえすれば全て救ってあげよう

と説いてあるならば別ですが、釈尊も日蓮大
聖人も、そのような事は説いていません。
(もしそうならば私にしても沖浦さんにして
も、顕正会の皆さんにしても、わざわざ日々
修行せずに、寝て過ごして最期の瞬間に祈る
でしょう)
*実は最期の瞬間に雑念なくお題目を唱える
ことほど難しいことはないのですが。
⇒日々修行に励む原因でもあるのですが。


おおひがしさんはご自身が今の生活に満足し
ているから、宗教を信じる世間の人々を馬鹿
扱いするのでしょうか。
だとしたらご自身の事しか頭になく、数多の
人々が何故信仰しているのかを真剣に考えよ
うともしない自己中心の人物ということにな
らないでしょうか?

沖浦さんと意見の一致を見ないという点です
が、これは宗教に起因するものではありませ
ん。
今回の諸天の一連のコメントを見ればわかる
ますが、論点がドンドンと流れているから、
いたずらにコメントが重ねられているのです

(それに乗ってしまう私も私なのですが)
学会の古い人や顕正会の一部幹部に見られる
悪い傾向ですが、とにかく言ったもの勝ちと
いう風潮が残っていると思います。

繰り返しになりますが、おおひがしさんが今
現在悩みがないからといって、宗教を信じる
世間の人々を馬鹿扱いするのは、現在の自分
の姿しか見ていない極めて愚かなすがた
だと思います。
確か御書にも、
「三世を知るを聖人という」
という内容の言葉があったと思います。

現実に人類全体に関わる大問題である宗教を
、単なる「弱い人間のすること」、「馬鹿」
扱いして済ませるのは余りに脳天気だと思い
ます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ