2012/8/18

駄文探訪  
今朝の沖浦氏のコメントはおおむね正しいが、細部に問題がある。

創価学会は一貫して創価三代の聖人方の神格化は拒んでいます。

聖人が問題だ。この表記自体がすでに神格化そのものであることに気がつかないといけない。

たとえば、法主本仏論と呼ばれるものがある。これは主に創価学会が主張していることで、早い話が日蓮正宗批判である。沖浦氏が唯授一人を否定するのも、おそらくは同じ方向性だと思われる。

しかし、わたくしの知る限り、日蓮正宗では御法主上人という表記が一般であって、御法主聖人とは表記しない。

沖浦氏はこの点をよく考えるべきだ。

そもそも氏が何を言おうがわたくしの知ったことではないが、しかし、矛盾は明らかだ。この際、三人の聖人方ではなく、三人の上人方に変更したらどうかと提案しておこう。いずれにしても違和感は拭えないのだが・・・

翻れ!三色旗! 投稿者:のび太 投稿日:2012年 8月18日(土)07時57分51秒 FL1-122-131-131-135.stm.mesh.ad.jp 返信・引用
「さよなら原発10万人集会」7.16代々木公園
あれから一ヶ月たちました。
同志も意気軒昂です。


のび太氏のコメントに付されたリンクをたどると、上掲の記事に行き当たった。時間が前後しているのが気になるが、それはどうでもいいことだ。

少し質問してみたくなった。

創価学会員は今般の消費増税をどのように考えているのだろうか?

先日、増税法案が可決された。これには公明党も賛成した。すると創価学会員も賛成なのだろうか?

わたくしはこれが疑問なのだ。まず、公明党は本来ならば増税に反対なのではないか、それが庶民の味方であるはずの公明党の面目ではなかったか、と思うのだ。そして公明党の支持母体であるところの創価学会は、まさしく庶民の集まりである。はたして増税を喜ぶ庶民がいるだろうか、というのがわたくしの素朴な疑問である。

たぶん沖浦氏がこれを読めば、だから自分は公明党の支援はしないのだ、というコメントを書くことだろう。

それはわかっている。そうではなくて、わたくしが聞きたいのは平均的な創価学会員の意見である。もし創価学会が断固反対を主張したら公明党も反対に回らざるを得ないだろう。だとすれば今回の増税法案は否決されたかもしれないのだ。このように考えると、何やってんだよ! と文句を言いたくもなるのだ。

そうそう、消費税の直前には内閣不信任案の可否が問われた。

さて、この時、公明党はどのように動いたか?

なんと自民党と共に欠席してしまったのだ。

これも創価学会員の意見を聞きたいものだ。単純に考えれば、公明党は野党なのだから不信任案に賛成すべきである。あるいは消費増税賛成と同様、政権与党に擦り寄るのであれば、否決の側に回る選択肢もあった。しかし、結果は第三の選択肢すなわち欠席(=棄権)だった。

何やってんだよ!

これが偽らざる感想である。わたくしの思うに、正常な感覚をお持ちの創価学会員であれば、公明党の不甲斐なさに減滅するはずである。沖浦氏のように支援しないことも有力な態度表明だ。次の総選挙は組織が何を言おうと支援しない、投票しない、これが正解ではないかと思う。

以上、脱原発のデモに創価学会員が参加するのはけっこうだが、それならば同様の意味で他の問題でも積極性を見せるべきだろう。自分の意見を持たない、単なる集票マシーンであってはいけない。

さて、本題である。

六千万は最近の顕正会における流行り言葉だが、たとえ六千万が合言葉のごとくになっていても、内心では疑問が渦巻いている。しょせん人間とはそういうものだろう。

上掲は前回の拙稿である。

わたくしは他人にイチャモンばかりをつけているけれども、実は自分自身の馬鹿さ加減にも気がついていて、どうしたものかと日々悩んでいるのだ。上掲は我ながらヒドイ文章だと思う。

たぶん、どこがどのようにヒドイのか、それほどでもないのでは? という意見もあることだろう。確かにそれはそうなのだが、実はこの前後の段を踏まえて読むと、ダメさ加減がよくわかるのだ。

煩瑣になるので掲げないが、興味のある人は前回の拙稿を確認されるとよいだろう。すなわち上掲の一段は、仮に丸々削除したとしても全体の文脈に支障を来たさない、つまりは蛇足だったのだ。あるいはもう少し丁寧に、幹部たちが六千万を云々している具体的な文言を引用するなどして、話を膨らませればよかった。それならば意味はあっただろう。ようは中途半端だったのだ。

駄文をもう一つ紹介しよう。

ゆえに、もし大聖人を偏屈で独善的ではないとする場合、残された道は一つしかないとわたくしには思える。

http://white.ap.teacup.com/ganko/1704.html

これが最悪なのだ。

文章の良し悪しは判断が難しい。いろいろな角度からの判断が必要だ。しかし、最終的には直感的というか、平たく言えば理屈じゃない面が大きいと思う。そこでわたくしが心掛けていることは、意味が通じるかどうか、という一点のみである。ようは相手に伝わらなければ意味がない。最終的にはただそれだけの話なのだ。

残された道は一つしかない・・・

再掲であるが、これがなぜに最悪なのか、その答えは実に簡単である。もし残された道が一つしかないのであれば、それは誰もが容易に答えを出せるはずなのだ。ああ、なるほど、一つしかないね、アレだよね、確かに他には考えられない、ということだ。

ところがである。

上掲の文章はどこまで行っても意味不明なのである。前後を丹念に読んでもわからない。何しろ筆者がわからないのだから、読者はなおさらわからないだろう。

当然、書いた時はわかっていたはずだ。わからずにハッタリをかまして書く場合もあるかもしれないが、少なくともわたくしはそういうハッタリを使わない。ところが数ヵ月後の今は、自分で読んでもわからない。まさに駄文である。

切れ味の悪いブログ?

なるほど、自虐的なタイトルではあるが、まさにそのとおりだった。ハテナは要らなかったようだ。

鈍刀を振り回すブログ

これが次のブログのタイトルだ。どうやら自分でも自覚はあったごとくである。

2012/8/19  7:09

投稿者:沖浦克治
 体験書きます

 ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会、参加を締め切ったのですが、今日ぐらいまでは郵便で少し来ます。
 160名程度に増えるでしょう。

 昨年、事務局と会計、技術委員長が辞めて行かれました。
 それは構いませんが、私が、全国大会誘致で金儲けを企んでいる。
 然し、村中で嫌われているので、誰も協力しないし、日本協会も白馬村開催にはOKを出すわけが無い。
 レフリーも、自分たちが一緒になって半分ほど辞めさせたし、役員だって残っていない。
 だから、ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会開催は不可能だし、もし開催できたとしても、選手が集まるわけがない。

 概ねこう言う噂をまき散らして、妨害をなさいました。

 宿命転換には原則があります。
 悪口雑言された所から、された分だけ境涯が開けます。

 その通りの結果になりました。
 既に、白馬村に全国からトップリフターが160名集まることは、全国のパワーリフティングの組織から、驚異の目を持って見られています。

 一体どうやったら、あれほど集まるんだ?

 祈りと行動です。

 益々頑張ります。
 世界大会やるまで死ねません。


2012/8/19  7:07

投稿者:沖浦克治
 のび太さん、おはようございます

 私も世界で5回勝ちましたし、昨年はアジアもとりました。

 昨シーズンはジムの生徒をワールドカップに6人送りこんで、3人が入賞しています。
 
 次の五輪へも沢山出しますよ。

 そして、今回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会を地元白馬で開催いたします。

 それが当然です。

 貴方はネットで他人の事を書かないで、ご自分の地域貢献をお書きなさい。

 功徳を聞いて書くのか、当事者として書くのか。

 理の一念三千と、事の一念三千の差です。

2012/8/19  6:55

投稿者:のび太

おはようございます。

創価学会員は社会の様々な分野で存分に活躍しています。

第17回ディベート甲子園で関西創価中学準優勝、創価高校第3位でした。
創価の姉弟よおめでとう!

http://koshien2012.nade.jp/


2012/8/19  6:16

投稿者:沖浦克治
 赤字国債に限って言えば、

 日本の国で使用するエネルギーを全て自前で賄えるなら、近い将来国債発行をゼロに出来ます。
 その後、赤字を償還すればいいのです。
 
 太陽光発電や、風力発電。
 最近は、光合成を人工的に起こすことに成功しています。
 光合成で、燃料を作ったり、食料を作れるなら、赤字何て解消しますよ。

 近い将来必ずそうなります。

2012/8/19  6:01

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、結論ですが

>次の総選挙は組織が何を言おうと支援しない、投票しない、これが正解ではないかと思う。

 既に、70%近い創価学会員はそう言う状態です。
 選挙はね、極々一部の活動家がやっていて、大多数の創価学会員は興味を示しません。
 
 私の支部では、選挙期間は座談会の出席者が激減いたします。

 そろそろ、貴方方も事実を認識しないと駄目ですね。
 民衆は愚かに見えますが、本当は極めて賢いのです。

 創価学会の一般会員は、公明党程度には騙されませんよ。

2012/8/19  5:56

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、おはようございます

 ですので、創価学会員は公明党を支持するのだから、公明党の公約や、増税がどうのこうのと言われても、それは、3分の1の創価学会員は答えることもあるでしょうが、3ん分の1の大多数を占める公明党に関心が無い、私の様な一般会員にとっては、無意味なご質問なのです。

2012/8/19  5:51

投稿者:沖浦克治
 蛇足がございました。

 削除してお読みくださいませ。

 *有権者が70%ですと、

2012/8/19  5:50

投稿者:沖浦克治
のび太さん、おはようございます

 創価学会員で、公明党に投票する人は半分いません。
 事実です。
 顕師の退座要求に、1600万を超える署名が集まった事はご存じでしょう。

 外部で書いた方もおられますでしょうが、ごくわずかです。
 あの署名は、創価学会と宗門の内紛ですから、外部の方に署名をお願いすることは筋違いですし、あってはなりません。
 せいぜいが、ご家族の未入会の方の署名をいただく程度まで。
 そして、署名しない創価学会員もいます。
 私は当時5人家族でした。
 一人も署名していません。
 顕師を首にして宗門とつながっているより、別れてすっきりする方がいいと言う考えでした。

 ですので、あの署名は創価学会員の90%ほどの人数でしょうね。
 すると、会員数は1800万人ほどになります。
 有権者が70%ですと、

 日本の有権者数は、1億と四百万人少しです。
 人口が、1億2千8百万弱。
 有権者の割合が、81%ほどです。
 ですので、創価学会員の有権者は1460万人程度です。

 2010年参議院比例代表:公明党得票数は7,639,433票です。

 お確かめください。

 http://todo-ran.com/t/kiji/12149

 この中に外部のF票が20%あるならば、純粋に創価学会員の公明党への投票数は、600万と少し。
 これを分母の1800万で割ります。

 34%!!!

 のび太さん、数字は冷酷ですよ。
 
 

2012/8/18  23:37

投稿者:のび太
<つづき2>

その上で、増税に対する野党六党の提出した内閣不信任案に無責任に賛成する訳にはいかない。
また民主党と一緒になって不信任案に反対するのも支援者としては納得がいきません。
私は、公明党が欠席したスタンスを絶妙のバランス感覚と思っています。(笑)
分かり易い政治という意味では、野田内閣は解散して国民に信を問うべきです。不甲斐ないとはこの事です。

>わたくしの思うに、正常な感覚をお持ちの創価学会員であれば、公明党の不甲斐なさに減滅するはずである。
沖浦氏のように支援しないことも有力な態度表明だ。次の総選挙は組織が何を言おうと支援しない、投票しない、これが正解ではないかと思う。
以上、脱原発のデモに創価学会員が参加するのはけっこうだが、それならば同様の意味で他の問題でも積極性を
見せるべきだろう。自分の意見を持たない、単なる集票マシーンであってはいけない。<引用終了>

最後にアンチらしい辛辣なご意見ありがとうございました。正常な感覚を持っていないのび太の見解でした。
単なる集票マシーンで票が集まるほど世間は甘くありません。創価学会婦人部はそこらの政治評論家より語りますね。

2012/8/18  23:32

投稿者:のび太
<つづき1>
今般の消費増税とは、「社会保障と税の一体改革関連法」のことを指しているものと考えます。
この法律が参議院で可決成立したのが8月10日です。
現在の民主党内閣が自公に打診をして、公明党がイチャモン付けながら成立させた法案です。(笑)
覚えてますか?民主党はマニュフェストに絶対に増税はしない!!と言って政権を取ったんです。
先ずここは確認しておきましょう。小沢さんが離党しました。民主党に投票してくれた国民に対する背信行為とも受け取れます。民主党も赤字国債で借金まみれの政治を何とかしなきゃならいと考えました。まず無駄使いを無くせば赤字国債を発行しなくてもいけるのではないかと予算の削減を行いました。行政刷新会議での蓮舫大臣(当時)の発言が有名になりました。
だらだら話しても仕方がないので1つの結論をだします。
日本は貧乏だということを自覚することです。今回は諸天善神が処を辞してとか言う話ではありません。(笑)
宗教は個人の信念に基づいて絶対を主張しますが、政治は政策を最大公約数として具体化する作業です。
私もそうですが、増税を喜ぶ国民など一人もいません。しかし未来を担う若者や子供たちへツケを回していって良いのだろうか?厳虎さんに良い方策があれば教えを請いたいです。<つづく>

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ