2012/8/21

暑いのは嫌だ  
高速太郎氏は拙ブログを最近になって知ったという。これは驚きだ。

自惚れを承知で言えば、拙ブログは日蓮正宗系統の人たちには周知の存在であろう。もちろん、インターネットを活用している人たちに限っての話であるが、少なくとも足掛け十年近くもブログを続けているので、必ずどこかで閲覧する機会が訪れるはずなのだ。何しろ日蓮宗の人が来訪したこともあるし、今年になってからはキリスト教の人がお出ましになったほどである。

それはともかく話を進めよう。

 最近、厳虎さんの、このブログを知り遡って少しだけ読ませて頂きました。
 但し、充分には、理解していません。
 時間を見つけて、読み込んで理解したいと考えています。


ぜんぶ読もうと思ったら大変なことになるので、やめたほうがよろしいだろう。

わたくしが他人のブログを拝見する時、そのブログがすでに大量のバックナンバーを保有している場合、過去の投稿は読まないことにしている。面倒臭いからだ。その代わり、新規の投稿は必ずチェックする。その人が執筆意欲を失っていないのであれば、これからも有意義な文章を書くだろうから、とりあえずはそれでよしとしている。欲張っても疲れるだけだからだ。その上で、どうしても必要な場合に限って、過去の投稿も読む。

拙ブログの読者もそのようにしたほうが賢明だろう。

パソコンでご覧になっている人は左側にある検索窓を使って、何かしらのキーワードを入れてみる。日寛上人で検索すれば、今ならば七十数本の投稿が確認できる。総投稿数が一千七百有余あるので、それを片っ端から読むよりは効率的だろう。しかし、七十数本も多いと言えば多いので、さらに絞り込みを行ないたいところだが、拙ブログの検索窓にはそのような仕組みはない。

そういうわけで、実はわたくし自身も過去に何を書いたか、完全には把握し切れていないのだ。ゆえに、委細に調べれば、たくさんの自語相違があるかもしれない。

 最初から質問で申し訳ないのですが、教学(仏法)を厳虎さんは、どのように捉えていらっしゃ
いますか?
 いわゆる、宗門(日寛上人)の教学を正しいとしている立場なのでしょうか。


教学(仏法)をどのように捉えているか・・・

これは漠然とした質問なので、答えるのが難しい。

宗門(日寛上人)の教学を正しいとする立場なのか・・・

これはまず現証として、わたくしは法華講員ではない。いちおうは顕正会員である。この現証の意味するところは宗門教学を正しいとしない、ということになる。

ただし、これは単純化した話であって、現実は複雑怪奇である。

たとえば高速太郎氏は、宗門(日寛上人)と書かれているが、これはすなわち、宗門教学=日寛上人、という認識なのだろうと思われる。ところがどっこい、顕正会ではこれに異議を唱えているのだ。

いわゆる戒壇論における事の戒壇の定義であるが、現行の宗門の見解は日寛上人の御指南に反する、このように顕正会では言っているのだ。ようするに、現宗門の戒壇論は間違いであり、顕正会の主張する戒壇論こそが日寛上人の御指南そのままである、こう言っているわけなのだ。

もし高速太郎氏が正本堂問題に詳しいのであれば、この辺の事情はよくおわかりになることだろう。しかし、正本堂問題にはからっきし疎いとなると、これを説明するのは困難だ。とりあえずは浅井昭衛の著書をいくつか読んでみて、当然ながら宗門側の言い分にも耳を傾けて、その上で思索を重ねるしかないだろう。

宗門教学を正しいとする立場なのか・・・

修正を加えながらの再掲であるが、上述の件は戒壇論に限った話であって、本来ならば宗門と顕正会はそれ以外の問題で相反しない。しかし、これも現実は違っている。主には葬儀法要の問題だろう。これに関しては、宗門vs顕正会・創価学会、という構図になっている。実に複雑怪奇だ。

そこで今のわたくしのスタンスを申し上げるならば、事実上の無所属、ということになる。

無所属のわたくしにできることは、さしあたっては日々の勤行、それから御書の研鑽である。折伏はどうした、と言われると返答に窮する。実際、大沢氏から再三のお叱りを頂戴しているくらいだ。

なお、付言すれば、御書は大石寺の平成新編を使わせていただいている。ご存知のごとく、御書には真偽の問題が付きまとう。わたくしには真偽を判断するだけの実力がないので、今は平成新編を信用して拝読を重ねている段階である。

まあ、こんなところだ。

2012/8/23  16:01

投稿者:沖浦克治
 戒壇本尊本懐論などは、この世間の事法が真の道からみて、大間違いです。
 更に、今ネットで、創価学会を盾にとって、他人に本部で指導を受けよ、組織に付けなどと浮かれる人がいますが、これらの人は大間違いを犯しています。

 これらの人たちは、自分たちを正当化するために、創価学会を利用するだけの人。
 信心利用の大悪人です。
 今日の人間革命にキチンと出ています。

 世間で戦うことが仏道修行です。
 創価学会は世間の一部ですので、その中で人生を賭けて戦うなら、立派な仏道修行です。
 然しながら、創価学会の中で戦わないなら、仏道修行は出来ないと言う考えは、大聖人仏法から見て誤りです。

 そして、そう言う事をネットで書く人に限って、創価学会の組織にはついていません。
 ついていないからこそ、そう言う事が書けるのです。

 世間で勝てないなら、社会で功徳の実証を示せないなら、創価ではありません。
 御書、会長指導に明明白白です。

 今月の大白蓮華の、巻頭言を読みました。

 私が常々書いていることを、池田先生がお書きでした。
 嬉しいです。

 ですが、私が常に書いていることは、この半世紀の創価学会在籍中に、数限りなく先生が言われたことなんです。
 ですから、同じことで当然です。

 不思議なことは、これほど明快に先生が、創価の人間は社会で勝利せよ、と言われておられるにも関わらず、世間で戦えないネットでの創価学会員を名乗る人達の存在です。

 ネットで安い人材ごっこをいくらやっても、人生は転換致しません。
 その当然の道理がわからないで、ネットでだけ自己主張を繰り返す人達。

 虚しい存在です。

 そして、最も惨めなことは、自分たちが世間に無能を晒していながら、その事に気づかない事実です。

2012/8/23  15:59

投稿者:沖浦克治
仏法は、世法そのものなのです。

 世法と言う劣った法の内側に、優れた仏法が存在しているのではありません。
 御書に明確です。

 『爾前の経の心心は、心より万法を生ず、譬へば心は大地のごとし草木は万法のごとしと申す、法華経はしからず心すなはち大地大地即草木なり、爾前の経経の心は心のすむは月のごとし心のきよきは花のごとし、法華経はしからず月こそ心よ花こそ心よと申す法門なり。』
 (白米一俵御書)

 世法の奥に仏法と言う特別な法があると考えることは、爾前経なのです。
 更に、この御文の直前には、

 『まことのみちは世間の事法にて候、金光明経には「若し深く世法を識らば即ち是れ仏法なり」ととかれ涅槃経には「一切世間の外道の経書は皆是れ仏説にして外道の説に非ず」と仰せられて候を妙楽大師は法華経の第六の巻の「一切世間の治生産業は皆実相と相い違背せず」との経文に引き合せて心をあらわされて候には彼れ彼れの二経は深心の経経なれども彼の経経はいまだ心あさくして法華経に及ばざれば世間の法を仏法に依せてしらせて候、法華経はしからずやがて世間の法が仏法の全体と釈せられて候。』
 (白米一俵御書)

 明確に仰せです。
 世間と仏法を別けてはいけない。
 ですので、自分は創価学会員だから大した者だ、と言う考えは間違いです。
 信じる宗派で人を差別することも間違いです。

2012/8/22  8:16

投稿者:高速太郎
スミマセン 訂正です!

×国法 → ○王法

2012/8/22  7:22

投稿者:沖浦克治
 自分と異なる価値観を持った人を認められない所が、怨嫉謗法の入り口です。

 のび太さん、二大でも、三大でも、どっちだっていいのです。

 要は、題目唱えて戦った人が勝。

2012/8/22  7:02

投稿者:沖浦克治
 のび太さん

 今日の人間革命をお読みなさい。
 何故怨嫉謗法がいけないか?
 わかりやすく書かれてあります。

 『何事も感情的であるな。』

 心を師とするのが怨嫉謗法。
 心の師とするのが創価仏法。

 貴方だけではなく、私も含めて、ネットで書き込む創価学会員は、肝に銘じないと駄目ですね。

2012/8/22  6:22

投稿者:沖浦克治
 
 広宣流布と言い、令法久住と言っても、根底は自身の人間革命が原点なのです。
 社会で勝ってこその創価です。
 貴方の書き込みには、偏見があります。

 先ず、貴方が何かを祈る。
 100日で見事に叶う。

 でも、それが他人が間違っている証拠にはなりません。
 私は寛師教学を否定しています。
 キチンと功徳があります。
 ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会は163名が集まり、JPAでは驚異の目でみられています。
 祈った結果です。
 ですが、それが寛師教学が間違っている証拠にはなりません。
 寛師の捉え方は認識の問題です。
 価値そのものではないのです。

 以前、寛師が正しいと思い、蓮祖興師と肩を並べる存在と信じていたこと二十年ほどありました。
 戒壇本尊本懐論を心から信じていたのです。
 私が教授になった、昭和五三年当時は、そう言うじだいでした。
 六巻抄が必須の時代。

 当時の題目も、現在の題目も、功徳が出るのは全くおなじです。

 三大秘法であろうが、二大秘法であろうが、そう言う事が題目の功徳に影響はございません。

 ネットで創価学会員を名乗る人の、大半がこの事実を知りません。

 身延の題目にすら功徳があることが、人間革命に載っています。
 まして、創価学会んの唱える題目が、寛師の評価ごときで変わるものですか。

 少し教学を真面目に学ぶべきですね。

2012/8/22  6:21

投稿者:沖浦克治
のび太さん、おはようございます

 先生のお姿は長野研修道場でのものですね。
 長野県に籍を置くものとして嬉しいです。
 
 100日が勝負は結構ですが、それは貴方が何かを祈念し、100日先に勝利の結果を書けばいいでしょう。
 自分の功徳を書く。
 これが創価の基本です。
 昨日の人間革命にありました。

 『第一に、あくまでも自身の人間革命を活動の根本としていくことです。
 自身を磨き、人格を輝かせていくことが、信仰の最大の実証となるからです。
 第二には、地域を大事にし、近隣との深い信頼関係を結ぶ、友好活動の継続です。
 友好、信頼の拡大は、仏縁の拡大になります。
 第三には、一家の信心継承です。
 子に、孫に、甥や姪にと、信心が受け継がれていってこそ、広宣流布の永遠の流が作られ、一族の永続的な繁栄があります。
 これらがなされていくならば、必ずや北海道広布の盤石な総仕上げがなされると、私は声を大にして訴えておきたいのであります。』

 自身の人格の向上と、地域社会への創価の広がり、そして縦軸として子子孫孫への創価の継承。

2012/8/21  23:45

投稿者:のび太

沖浦さん今晩は、今日の聖教新聞に元気な師匠の写真が掲載されていました。今月の撮影と記されていました。
嬉しいです。

私に対する意見は参考にさせていただきます。
だいぶ過剰反応のような気もしますが気をつけてくださいね。今日からあなたの名前を祈念として仏壇にあげました。私の祈りは必ず叶います。安心してください。

三大秘法 VS 二大秘法 今日から百日が勝負です。(笑)

お元気で!

2012/8/21  22:58

投稿者:高速太郎
 厳虎さん こんばんは!

 ご返事ありがとう御座います。

 今まで、ブログに気がつかなかった事を不思議に思われているようですが、若干の弁解を・・・

 私は、インターネットとの付き合いは結構長く約20年位になり、今でも多いときは、数万ページ
をダウンロードして分析することを行っています。
 しかし、いわゆる学会系や宗門系のブログや掲示板がその中に含まれる事はありませんでした。
 ブログや掲示板を読むようになったのは、3年くらい前からです。
 無料のブログや掲示板を活用している方が多いの、探そうと思えば簡単なのですが、プライベイ
トでコンピューターを使用することは、あまりありません。
 震災後もインターネットを個人で使用する時間が少なくなってあまり読んでいませんでした。

 ブログの読み方も種々説明いただきありがとう御座います。
 また、私の漠然とした質問にも関わらず、聞きたい事を的確に答えて頂きよく理解できました。


 申し遅れましたが、わたしは、創価学会員です。正本堂問題は実体験しています。
 そこで、重ねてお聞きしたいのですが、顕正会に諸外国の会員がいらっしゃると思うのですが、
厳虎さん自身は、この方達にとっての国法及び国立とは、どのようにとらえているのでしょうか。
 また、一閻浮提は、全世界もしくは宇宙全体ととらえているのですか。

 お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ