2012/8/24

迂遠な議論は嫌だ  
高速太郎氏より引き続き質問を頂戴した。

 申し遅れましたが、わたしは、創価学会員です。正本堂問題は実体験しています。
 そこで、重ねてお聞きしたいのですが、顕正会に諸外国の会員がいらっしゃると思うのですが、
厳虎さん自身は、この方達にとっての国法及び国立とは、どのようにとらえているのでしょうか。
 また、一閻浮提は、全世界もしくは宇宙全体ととらえているのですか。


しかし、またしても漠然とした問いである。

お手本となるかどうかわからないが、先日の拙稿を思い返してほしいものである。駄文探訪の中の一節だ。

創価学会員は今般の消費増税をどのように考えているのだろうか?

これだけでも質問としては充分に成立している。なぜならば、この事案は賛成か反対かのいわば二者択一の問いだから、紛らわしさがまったくないのだ。ゆえに上掲だけでも充分なのだが、さらにわたくしは文章を続けた。創価学会員は消費増税に反対するべきではないのか、という意味のことを噛み砕いて書いたつもりである。

つまり、ここまで書いておけば、質問の意味がわからない、ということはまずあり得ない。ようは話がスムーズなのだ。

ところが前掲の高速太郎氏の質問は何を聞きたいのかよくわからない。ひじょうに困ったものである。

国法及び国立

何だろう、これは?

王法及び国立

後から訂正のコメントが入った。なるほど、何となく見えてきたような気がする。

ただし、あえてイチャモンをつけるならば、王法と国立は単語として不整合である。御書に国立という言葉は出てこない。一方の王法はたくさん出てくる。この意味では訂正前の国法及び国立のほうが体裁はいいかもしれない。

それはともかく話を進めよう。高速太郎氏の質問は次の意味なのだろうか?

「世界宗教だから国立戒壇はない」

浅井昭衛の著述の中に上掲のような項目がある。もし高速太郎氏の質問の意味がこれであるならば、さしあたっては顕正会の公式ホームページで当該資料を確認されるとよいだろう。顕正会の資料室は貧弱なので、すぐに見つかるはずだ。

その上で必要ならば再質問されるとよい。

なお、蛇足ながら申し上げておくと、質問の方法は人それぞれであり、それこそ千差万別であるが、少なくともクイズだとかナゾナゾをやっているわけではないということを心得ておきたいものだ。わたくしの場合は、先に結論を書いてしまう。もちろん、結論を伏せておく場合もあるが、そういう場合においても自分の考えを大筋で書いてしまうのだ。そのほうが話が早い。圧倒的に早い。前向きに議論をしたいのであれば、このほうが断然いいと思う。

一閻浮提は、全世界もしくは宇宙全体ととらえているのですか。

この部分は(単独では)意味の通じる質問である。

わたくしのイメージでは地球がそれに相当すると思う。ゆえに宇宙全体は違うのではないか、全世界のほうが近いのではないか、という気がする。

より厳密に言えば、現代国語における世界の意味だ。

なぜならば御書には世界という言葉がたくさん出てくる。多くは○○世界という表記になっていて、三千大千世界などはまさに宇宙的スケールを思わせる。娑婆世界は地球に相当するだろうか? 翻って現代国語における世界は宇宙を意味せず、地球の意味に近い。全世界も同様だ。

一閻浮提は地球に相当すると書いた。

これをどのように論証すればよいのか、ひじょうに悩むところだ。わたくしは御書における使用例から雰囲気として、たぶん地球で間違いないだろう、と考えている。創価学会の公式サイトに組み込まれている御書検索を用いると、一閻浮提は八十六件もヒットするのだ。これらを検討して行けば、自ずと正解が出るはずである。

身毒・尸那・扶桑乃至一閻浮提

撰時抄からの引用である。何となく雰囲気が伝わってくるはずだ。

三国並びに一閻浮提

三大秘法抄だ。これも同様の雰囲気がある。まさか三国からいきなり宇宙全体に飛躍するとは考え難い。よって一閻浮提は地球規模に相当すると考えておけば間違いないだろう。

論証と言えるレベルには程遠いが、一閻浮提についてはおおむねこんなところである。

2013/11/10  18:13

迂遠な議論は嫌だ | 巌虎独白,?????????????????????????? ???????????????????????????????????????????????????????????????????:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx

http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx?

2012/8/26  9:23

投稿者:ポリ銀
厳虎様

御無沙汰しております。最近は戒壇について考えるのに少々飽きてしまって…。

でも、やはり戻って来てしまう自分に切なさを感じてしまいます。

今の日蓮正宗では戒壇について論じられるのを聞いたことがありません。僕の周りに元顕正会が、僕以外いないからかもしれません。末寺にあてがわれた御命題のことばかりです。

元創価学会の婦人部・壮年部も、主力を占めはじめた団塊退職組は、国立戒壇???みたいな人ばかりですね。正本堂のことすら執着持っている人はいません。

昭和は遠くになりにけり。昭衛も忘れられた存在になりにけり。正信会も顕正会も区別がつかないような、そんな人たちに囲まれて法華講活動していると、虚しさと郷愁に襲われてしまいます。

宗門僧侶も若手になると、国立戒壇批判は教えられていても、国立戒壇を目指して突き進んでいたという、あの熱いころを実感している人はいません。去年の夏期講習会で日顕上人の息子さんが、「戸田さんのころのように頑張って下さいよ。夜中に御授戒決まったりしてたんですよ。あの頃は。」なんて挑発めいたことを言っていたのが、すごく皮肉な感じがしたことが…泣きそうになります。

2012/8/26  5:52

投稿者:沖浦克治
のび太さん、おはうようございます

 私は公明党には絶対に投票致しませんが、投票する創価学会員や、F活動をされる方を非難したことは一度もありません。

 この点は個々人の全くの自由です。
 然しながら、組織でもネットでも、選挙支援に頑張る人は、私のように選挙をしない人間を責める傾向があります。

 私が問題にしているのは、この点だけです。

 公明党は駄目政党でも、支援する自由はあります。
 
 同じく、

 公明党が素晴らしい政党でも、支援しない自由もあります。

 貴方をはじめとして、多くの方々がこの点に迷いがあります。

 そして、現状を見るに、創価学会員の大部分が投票すらしないのですから、これから創価学会の座談会などで、公明党支援の話を幹部がしたり、党の宣伝映像などは上映しないなどの配慮が必要でしょう。

 公明党を拒否する創価学会員は、選挙期間は座談会に参加しづらい。

 こう言う実態は、大乗仏法ではありません。

2012/8/26  0:13

投稿者:のび太
訂正です。

お休みなさいませ。以下は削除です。

失礼しました。

2012/8/26  0:09

投稿者:のび太
沖浦さん、こんばんは

>公明党は、消費税云云ではなく、 幹部議員が引退するのですから、坂口氏のほか、東順治、赤松正雄、遠藤乙彦、西博義、池坊保子の各氏の引退と共に、この機会を逃さないで、、衆議院から撤退すべきでしょう。

政治は、色々な見方や考え方があって当然ですが、私はまったくそのようには考えません。

>そうするなら、あの地震の時、日本が亡びるかどうかの瀬戸際で、自民党に煽られて内閣不信任案を出し、権力争いをするがごとき醜態は、二度と起こりません。

恐らく、菅おろしのごたごたを指しているのでしょう。
現在時点でのお話ですが、東電のビデオ会議の映像が全て出れば官邸主導の無能ぶりが明らかになると思います。確か6月に不信任案は否決されました。その頃は、
東電の隠蔽体質の影響で本当に深刻な状況がぼかされていたように思います。
さぁ、これから復興ということを考えて菅総理ではできないと踏んだのではないでしょうか。


>ああいう愚劣な政治家を衆議院に送りこむために、私共は創価学会の信心をしておりません。

そのように考える方もいると思います。評論家きどりが
何を言おうが無関係です。

お休みなさいませ。


 この際、6人とは言わず、全員が潔く引退し、これ以上の迷惑をかけないでいただきたいです。会議員の任期中に66歳を超えない。
6人が引退ですね。良いと思います。

>これを機会に衆議院から撤退しては…
政治ですから色々な考えや意見があって当然ですが、
私は、そのように考えません。


2012/8/25  12:34

投稿者:沖浦克治
 のび太さん、今日は

 公明党は、消費税云云ではなく、 幹部議員が引退するのですから、坂口氏のほか、東順治、赤松正雄、遠藤乙彦、西博義、池坊保子の各氏の引退と共に、この機会を逃さないで、、衆議院から撤退すべきでしょう。

 そうするなら、あの地震の時、日本が亡びるかどうかの瀬戸際で、自民党に煽られて内閣不信任案を出し、権力争いをするがごとき醜態は、二度と起こりません。

 ああいう愚劣な政治家を衆議院に送りこむために、私共は創価学会の信心をしておりません。

 この際、6人とは言わず、全員が潔く引退し、これ以上の迷惑をかけないでいただきたいです。

2012/8/25  11:32

投稿者:のび太

「増税は嫌だ」とおっしゃる厳虎さんへ朗報です。

公明党の斉藤鉄夫・税制調査会長は、消費税増税の影響を和らげる低所得者対策として、税率が8%に上がる2014年4月から、生活必需品への消費税率を低くする軽減税率の導入を目指す考えを明らかにした。
(8/25 読売新聞 2面)

2012/8/25  7:12

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、厳虎さん

 一閻浮提は、地球上と言う意味ですね。

 

2012/8/24  22:45

投稿者:のび太

こんばんは、

今日の聖教新聞一面に先生のお写真が掲載されました。
元気そうでうれしくなります!

http://www.seikyoonline.jp/news/top/1203446_2118.html

明日の午前八時ごろまで見られます。

2012/8/24  22:21

投稿者:高速太郎
厳虎さんへ こんばんは!
 暑い中、迂遠な質問にお付き合いして頂き、ありがとう御座います。

 ブログや掲示板に書いていて、論理がしっかりして筋も通っている、私から見ると論客の
方達は組織から一歩引いている方が多いように見受けられます。
 その方達は、仏法そのものに疑念を抱いている訳ではなく、組織とか、幹部とかの矛盾、
言動、行動などが納得できていないようです。

 厳虎さんも、「わたくしのスタンスを申し上げるならば、事実上の無所属、ということになる。」
と書かれていますが、その原因が何かを知りたくて質問しました。おそらく顕正会(浅井先生)
の主張(指導)に納得できない事があるからで、その中の一番の原因を直接的にお聞きして
も、本音で答えにくい事もあるのかなと思い迂遠な聞き方をしてしまいました。

 なぜそんな事を聞くかと言えば、私の中に厳虎さんのような方こそ組織に居るべきだとの
思いがあるからです。
 撰時抄、三大秘法抄から一閻浮提を地球としている思考から御書を根本にしている事が
わかります。今まで私が接した方達は、宇宙と考えている方がほとんどでした。
 押し付ける気は毛頭ありませんが、厳虎さんを組織に戻すための問答を試みて
いるわけです。

 結論を先に言えば、化義は時代とともに変わる必要があると考えます。
 また、信じると云うことは、その対象に常に不信を持つことだと思います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ