2012/8/26

泣き言は嫌いだ  
何やら過日の総幹部会において、サプライズがあったらしい。これはいつものごとく、新聞掲載を待ってから取り上げたい。

化義は時代とともに変わる必要があると考えます。

高速太郎氏のコメントである。たぶん化義は化儀の間違いだろう。化儀は時代と共に変わる必要があるとのことだ。

まず、化儀とは何か、それが難しい。化儀・化法という言葉があって、御書にも出てくることは出てくるのだが、どうも今は別の意味で使われているような印象が拭えない。ようするに化儀は儀式的な意味であり、化法は仏法の本質的部分を意味する、というのが現代的な解釈だ。なるほど、これならば化法は不変であるべきだが、一方の化儀は時代によって変遷があっても構わないという考え方もあり得るだろう。しかし、大聖人の御使用例がそっくりそのままであるとは思えない。ゆえにわたくしは化儀・化法について、巷間言われているような使い方をしない。

いずれにしても具体例が必要な話である。

大師講ををこなうべし。

顕正会では「御在世の信心」という言葉がよく使われる。おそらくは宗門で使っている「祖道の恢復」と同義なのだろう。浅井先生は平易な表現を好む。一方の宗門は難解な表現が好きのようだ。

それはともかく、上掲の御指南をどのように拝するかが問題だ。ようするに御在世の信心ないし祖道の恢復を言うのであれば、大師講を復活させなければいけない。

これがいわゆる化儀の問題なのだろう。

つまりはこういうことだ。用語としての化儀の適否はともかくとして、問題となるのは具体例である。おそらく創価学会は大師講をやらないだろうし、顕正会もやっていない。宗門も然りだ。これはあくまで一例であって、そこにはありとあらゆる問題が横たわっている。ゆえに高速太郎氏の結論はとりあえず前掲のごとくで結構だが、あとは具体的事案として何を挙げるかである。

信じると云うことは、その対象に常に不信を持つこと

抽象的な文章だ。含蓄のある文章と言い換えてもいいかもしれない。

そもそも御書の構成そのものが上掲のごとくなっている。つまりは問答形式ということだ。疑いを設けて、それを一つひとつクリアしていく。これによって信を強くするのだ。生意気を言うようだが、拙ブログがやっていることも同じである。

さて、話を変えよう。

最近は戒壇について考えるのに少々飽きてしまって…。

ポリ銀氏から厄介なコメントを頂戴した。

別に戒壇について考える必要はないというか、いわゆる信行学の範疇で言えば、まずは三大秘法の名目を知ることであり、その上で戒壇建立の御遺命がわかっていれば、合格なのだと思う。ポリ銀氏は教養人だから、さらに深いところまで考えてしまうのだろう。

末寺にあてがわれた御命題のことばかり

何となく顕正会における成果主義の雰囲気が感じられなくもないところだ。

ポリ銀氏の気持ちはわからなくもない。

たぶん今の中堅以上の僧侶は宗門と創価学会の蜜月時代をよく憶えていて、その頃のバラ色の生活(?)を回復したいという願望みたいなものがあるのだろう。祖道の恢復ではなく、欲望の恢復だ。しかし、なぜに宗門が隆盛をきわめたか、彼らにはその原動力がわかっていない。すなわち国立戒壇の大目標である。これが戦後の創価学会の大躍進につながり、結果として宗門の隆盛へとつながるわけである。ところが今の僧侶たちは二十数年前の記憶はあっても、それ以前の記憶はない。まったくないわけではないだろうが、きわめて記憶が薄くなっているのだ。

幸か不幸か、ポリ銀氏は教養人である。これがために普通の人ならば気がつかないようなところまで見えてしまっている。そこらの並みの僧侶よりもよく見えているのだ。

しかし、ここでポリ銀氏に苦言を呈しておこう。

泣きそうになります。

そのピュアな気持ちはわかる。

だが、しかし、ナイモノネダリをしても仕方がないのだ。

たとえば顕正会が絶好の例である。ポリ銀氏もよくご存知のごとく、戒壇論においては顕正会の主張にかなりの信憑性がある。顕正会が全面的に正しいと書けば、さすがに反論があるかもしれないが、ここでは仮にそうだとしておこう。

ところがである。その顕正会が今ではガタガタなのだ。国立戒壇だとか六千万だとかデカイことを言ってはいるものの、現実が伴なわない。外部からは窺い知れない部分が少なくないけれども、おそらくは見た目以上に深刻な状況だろう。

であれば、理想の組織はどこにもないことになる。つまり、ポリ銀氏はナイモノネダリをしているだけなのだ。

わたくしの思うに、自分の置かれた状況の中でベストを尽くす、それしかないのだ。先日の増税の話を思い出してほしい。政府はズルイ。財政が苦しいから増税やむなしと言う。ところがわれわれ一般人は家計が苦しくても収入を増やす術がない。ようは今あるお金で何とかヤリクリしなけければいけないのだ。

まったく同じ話だと思う。ナイモノネダリをしても仕方がない。自分の置かれた状況の中でやれることをやる、また逆に、やりたくないならやらなきゃいい、それだけの話なのだ。

2012/8/30  10:02

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、

 私共創価の人間は、

 泣き言は嫌いなんですよ・・・・

2012/8/30  10:00

投稿者:沖浦克治
 この子の体験を、セットの合間に、アルゼンチンで、ワールドカップで苦闘を重ねる生徒に、メールで送りました。

 創価の体験が、南半球にまでアット言う間に届いて、人を勇気づける。

 ネットやらない手はありません。

2012/8/30  9:53

投稿者:沖浦克治
今日は、今月の最後のスクワットでした。

 180キロで3回、185キロ2回が目標・・・・

 でも、不可能と思えるような数字でした。

 朝、聖教新聞に5歳の全盲の男の子の体験を、池田先生がご紹介でした。

 『「僕は目が見えません。
 だけど、僕にも使命があります。
 人に勇気を与えられる人になります。」

 そして希望の声を響かせながら、呼びかけたのだ。

 「僕も、がんばっています。
 だから、男子部の皆さんも、気合を入れてがんばって下さい!」と。
 講堂を埋め尽くした若人たちは涙と決意の笑顔を光らせ、大拍手で応えた。』

 これ読んで、この重量挙げられないなら、私はパワーリフターじゃありません。

 キッチリ挙げました。
 185キロの1回目、

 立てるか立てないかのギリギリで立って、次もう一回。

 しゃがんで途中で止まりかけましたが、

 俺は目が見える、目が見える・・・・

 そう念じて挙げました。

 創価の人間でないなら、祈りを知らないなら、先生を師匠と仰がないなら、この子の体験読んでないなら。

 絶対に潰れていました。

 創価学会辞めないでよかった・・・・

 功徳です!!!



2012/8/29  20:00

投稿者:沖浦克治
 組織で広宣流布は出来ません、人と人の力です。

 先日の聖教新聞に、白山市の、波多野光枝さんの事が載っていました。

 友人葬を先駆けてやられたお方です。
 折伏した方がお亡くなりになって、葬儀をボンさんに頼んだら、

 そんな遠いところ行けるか!

 と断られました。
 仕方がないので、ご自分で道師されて葬儀をなさいました。

 波多野の婆さんが、自分で葬式するそうだ!

 村人が興味津々集まる中、波多野さんはくるりと振り返って、

 今からナ、最高のお経あげますからナ。

 方便、品寿量品、題目を朗々と唱えられました。
 村人は粛然として声も出ません。

 池田先生が白山市を訪れられた時、波多野さんに聞かれました。

 お婆さん、今まで一番辛かったことはなんですか?

 波多野さんが葬儀の事を言われ、

 あの時がナ、一番つらかたです・・・

 先生が言われました。

 おばあちゃんは偉いよ!!

 振り向いて幹部に言われたのです。

 大学出た君たちにも、この方の真似は出来ません。

 以下は今日の新聞からです。

 『学会が組織によって前進していくと思ったら、大間違いです。
 赤裸々な人間の力と力、智慧と智慧で前進していくのです。』

 先生の、64年9月、菰野町での青年たちへの言葉です。

 組織だ組織だ、指導を受けろ受けろ、と浮かれ騒ぐ以前に、人としての力と智慧をつけるべきです。

2012/8/29  19:55

投稿者:睦月
誤解をしていましたさん。

誠実な返事をいただけて感謝します。


2012/8/29  19:07

投稿者:沖浦克治
睦月さん、今晩は

 私がネットに参入したのは、2002年9月15日、正信掲示板でした。

 最初からネットと言う新しい情報発信の場で、創価学会の信心の功徳の体験を、実況中継するつもりでした。

 当時、私は少なからずマンネリで、ネットと言う新しい媒体で、創価の正義を語る試みをすることに、新鮮さを感じていました。
 信心の正義の宣揚は、信じて行じる人の功徳の体験を語ることが本筋です。

 『日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず、』
 (三三蔵祈雨事)

 御本仏のご指南ですので、疑う必要もありません。
 信受して従う。
 これが本筋。
 そして、体験をネットで語るには、は実名で連絡先まで明確にし、何方でも裏付けがとれることが絶対条件です。
 これでないと、どう言う信頼性もありません。
 無責任に体験を語るなら、罰を出してしまうでしょう。

 ですので、最初から実名。

 創価の戦士なら、当然すぎるほど当然のことです。
 

2012/8/29  15:29

投稿者:横レスです。
祖道の回復とは宗祖の時代に戻れではありません。そもそも宗祖の御在世そのままが正しいなら「仏像を拝んでも良い」「世雄げも読む」などになってしまう。大師講だけを挙げても意味がありません。

2012/8/29  13:51

投稿者:誤解をしていました
睦月様

誤解をしてしまいました。

すみません。

文章は自分の意思の30%しか表現できないそうです。

私のように揚げ足取りをする人間は、自分でも最低だと思いますが、宗教に少なからず翻弄された過去がありまして、すこしかっとなりました。

日蓮正宗系の宗教って組織信心をほぼ、強制するじゃないですか?一人信心はだめだとか。だから、組織の側にたってものを言う人が大嫌いなんです。どこの組織によらず。

2012/8/29  12:09

投稿者:睦月
いつものことかもしれませんが、私もちょっと言葉がたらなかったかしれませんね。

まず、誤解させしまったかもしれませんが、私は最初に
宗教とは限らずという印象をもつような形で言ったはずですが、あの言い方では誤解されてもしかたなかったかもしれませんね。

ようするに、私は厳虎さんが記事の最後のほうで言っていることに共感するところがあったので、それに対して意見を言ったのですが、つまりないものねだりの所ですが、ようするに自分のことでもあったのですよ。あなたはこのブログは始めての方かは知りませんが、私も過去に、けっこう宗門や教義たいして疑問を言っているのですよ。もちろん実際には言っている以上の疑問がある訳ですが、やはり信徒という立場を公表している以上は、所属している所に対しての批判は控えなければならないと思うからです。

自分のことを他人ごとのように言ってしまって、ちょっと誤解させてしまったかもしれませんが、しかし私には沖浦さんのように実名でインターネットでやる勇気は正直言ってないんですよ。自分に出来ないことが出来る人は、やはり尊敬しますし、励まされることも多々あるのです。

どうも私のコメントで気を悪くさせしまったようにも感じましたが、ようするに今回の記事が自分のことでもあったので、それに対しての私の意見として言ったのです。

今回も言葉足らずで誤解させてしまったか心配ですが、自分自身のことを他人事のように言ってしまっているところは反省しなくてはなりませんね。

2012/8/29  10:07

投稿者:睦月は本当に馬鹿ですね
睦月様

あなたの考えは大変な間違いをされています。

(己の理想を他人に求めるなど、実に馬鹿げたことですよ。)はい、まずは論理の飛躍からの論の開始。根拠なき結論は無意味な言説。

別に誰のこととか、日蓮正宗のことではありませんが、団体にしろ国にしろ、歴史が長いほどそうだと思いますが、そこには門外漢などには決して理解できない秩序があります。その秩序を多大な犠牲を払って守っている者に対して、自分の理想を求めようとするなど実に馬鹿げたことですよ。(はい、これも単純な論理整合性のミス。宗教は信仰対象に理想をもとめさせるという、根本が理解できていません。宗教信者の教義論争に世間的な倫理観を持ちこむおバカちゃん。)

いつでも逃げれる道をもって、意見を言うだけの立場など気楽なものですが、守っている方はそうはいかない訳です。当然ですが、いつでも逃げれる立場の者が、多大な苦難のなかで守り抜いている者の思想など理解できるはずなどありません。(はい、自己の立ち位置こそが評論家的なくせに評論家的姿勢を攻撃するという、あほまるだしの言説)

所詮人間などは、相対的にしか物事を見ることができないものだと思いますが、理想など己の身で試せばいいだけのことです。そのときには、守る側の苦労も少しは理解できるかもしれませんね。そう言う意味では、実名で意見を語る沖浦さんが一番まともなのかもしれませんね。(あ〜ほんとにこいつはバカだな。結論がネットでの実名開陳だと。じゃあてめえも実名さらせ。)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ