2012/9/3

一病息災を願って  
めずらしい人たちが登場した。ことにユタ氏のコメントは衝撃的だ。これに対し、沖浦氏とおおひがし氏がそれぞれの立場からコメントされているが、いずれも含蓄のあるものだった。

まず、ユタ氏のコメントから拾おう。

早逝&堕獄の覚悟

具体的な病名まではわからないが、以前より難病に罹っていることは聞いていた。それが今回、癌化の恐れだとか入院治療の必要性を医師より告げられたとのことだ。

ウソだと思われるのを覚悟で書いておくと、実はわたくしも難病に罹っている。厚生労働省が指定する四十数個だったろうか、そのうちの一つの病気を患っているのだ。病名については、別に書いても差し支えないと思うが、とりあえず伏せておこう。

幸いなことに、わたくしの場合は元気である。

一口に難病と言ってもいろいろあるわけで、わたくしの罹患した病気はそれほど深刻なものではない。また、同じ病気であっても症状は人それぞれであり、わたくしの場合は至って軽度であり、現在は治療を行なっていない。それどころか経過観察さえ、やめてしまったほどだ。

さて、わたくしがユタ氏に対し言えることは、何もない。その代わりと言ったら語弊があるけれども、大聖人の御指南を掲げておきたい。

命はかぎりある事なり。すこしもをどろく事なかれ。

法華証明抄の一節だ。

この御書は弘安五年二月二十八日に上野殿に与えられた。どうやら上野殿は重病に倒れ、死の危機に瀕していたごとくである。弘安五年は大聖人御入滅の年だ。大聖人御自身も我が身の余命幾ばくもなきことを自覚あそばされていた。また、上野殿の父君は早くに亡くなっている。文永二年だ。そして、上野殿の弟は弘安三年に、わずか十五歳で亡くなっている。つい二年前のことだ。

こうした背景を踏まえて上掲の御文を拝すると、ただ単に字面を追うのとは違った味わいがあるのではないかと思う。

病によりて道心はおこり候か。

妙心尼御前御返事の有名な一節だが、ひじょうに短い御書なので、ぜひとも全文を拝したいものだ。

又人の死ぬる事はやまひにはよらず。

死ぬのは病気に限ったことではない、という意味だ。

当時のゆき・つしまのものどもは病なけれども、みなみなむこ人に一時にうちころされぬ。

いわゆる蒙古襲来によって、壱岐・対馬の人たちはみな打ち殺されてしまった。

病あれば死ぬべしといふ事不定なり。

難病だから必ず死ぬとは限らない。

又このやまひは仏の御はからひか。そのゆへは浄名経・涅槃経には病ある人、仏になるべきよしとかれて候。病によりて道心はおこり候か。

病気の人は仏になることができる? なぜ? おそらくは病気をキッカケにして信心が起こるからなのだろう。

 どうせ今健康でも、100年生きられません。
 最後には死ぬんです。


けだし名言である。

沖浦氏は御書が心肝に染まっているのだろう。だから御書を意訳的にしかも平易に自分の言葉に直すことができる。

ただし、創価の信心の是非は別だ。

2012/9/6  7:46

投稿者:ユタ
沖浦さん、おはようございます。私はおおひがしさんの御指摘の通り、弱い心で人に影響されやすい人間です。日和見というのですかね。だから、所属先は慎重に探したつもりだったのに、まさかそこがおおひがしさんのような方に目を付けられていた所だったとは……。私も、つくづく運には恵まれなかったようです。
もし今度どこかに所属することになった時、トラブルが発生していた後で、後から入ってきた知らない人間が巻き込まれることの無い所がいいですね。

2012/9/5  21:59

投稿者:沖浦克治
 ユタさん

 以前、私が不徳故の罰で苦しんでいる時、ある法華講員がメールで、

 その罰は創価学会にいるからで、宗門に来なさい。

 と言いました。
 私は、
 
 絶対に創価学会を辞めません。
 3年後を見ていて下さい。
  
 と返信致しました。
 所がその法華講員は、慧妙に投稿し、慧妙は創価学会の罰として載せました。
 私は、

 3年後を見ていろ!!

 祈りに祈って、変毒為薬をしました。
 そのころ、唱題中に数珠を3回切りました。

 3年経って、住まいは10倍になって、トレーニングジムを経営し、創価の功徳を見に来いと、慧妙に告げましたが、なしの礫。

 宗門ってね、この程度です。
 創価学会の本尊が偽だ、魔札だと言う、法主能化は、宗門ごと、私一人の祈りの負けこそこそ退散してそのままです。

 魔の通力が8年も続きますか。

 あれは、愚かの見本ですね。
 宗門で、私と論争して勝てる人は皆無です。
 
 だから、魔の通力だと言って、逃げる逃げる。

 あれで仏法とは、片腹痛いですよね。

2012/9/5  21:51

投稿者:沖浦克治
 ユタさん、今晩は

 同じ題目でも、創価の題目は力が出ますね。
 同じ勉強でも、優等生の多い学校へ行って学ぶと、効率がいいでしょう。
 私は、生徒を見る、トレーナーが仕事です。
 ジムを経営しているのです。 
 沢山、アスリートが来ます。
 常に言います。

 強くなりたかったら、私と一緒にトレーニングしなさい。
 飛びぬけて強い私と一緒にやれば、一緒に強くなります。

 アルペンレースやるなら、飛びぬけて早い選手がいるチームに入りなさい。
 そう言う所で練習すると、速くなります。

 題目も同じです。
 創価の人は、

 何があっても、お題目。
 何かあったら、お題目。

 凄まじい祈りを、ご本尊を通して、宇宙に解き放ちます。

 超新星の爆発の様な祈りの唱題!!

 創価の題目です。
 ですので、この集団に入って唱題すると、自然に強い祈りが身につきます。

 

 

2012/9/5  10:07

投稿者:ユタ
おはようございます。先ほど病院の方が終わりまして、取りあえず入院は回避できました。検査の結果、いい数字が出たからです。次は2週間後ですが、このまま行けば通院だけで済みそうな感じです。
創価の題目でしたか。効果てきめんのようですね。もっとも、宗門は“魔の通力”と称するでしょうが(笑)

2012/9/4  21:57

投稿者:ユタ
 沖浦さん、こんばんは。レス遅れまして、失礼しました。どのような板なのかは分かりませんが、私もブログをやっていたことがありましたので、お気持ちは分かります。ネチケットを守って頂けるものでしたら、特に構わないですよ。
 

2012/9/4  20:30

投稿者:ユタ
高速太郎さん、こんばんは。ハンネについての御指摘にあっては、法華講員からも同様のことがありましたので全く気にしておりません。
私も実家は仙台市でして、信心していた頃は富沢の顕正会仙台会館や、荒町の仏眼寺によく参詣していたものです。創価学会で最寄りの会館と言いますと、若林郵便局近接のあそこでしょうね。顕正会の会館と比べて、無駄に敷居が高すぎるということは無さそうですね。

2012/9/4  18:43

投稿者:高速太郎

ユタさん、こんにちは!

 ハンドルネームの件は、大変失礼しました。申し訳ありません。

 話は、変わりますが、私は仙台市(宮城県)在住です。

 先日、宮城県から山形県の稲の状態を見て来ました。宮城県内は、黄金色に色づき始めて頭を
垂れているところも見受けられ、一部は早生の刈り取りも始まっています。もうすぐ、本格的な
稲刈りに入ると思います。

 山形県に入り県境付近はまだ色づいていませんが、内陸から庄内(日本海側)は、宮城県とほ
ぼ同じ状況です。

 気仙沼港では、通年の半分くらいですが、サンマもあがり始めています。

 自然の恵みは、本当にありがたいものです。

 地方都市の仙台に住んでいる私でも、普段はビルに邪魔され大きく開けた青空を見ることが出
来るのは、このような時だけです。

 ユタさんも、たまには外出され自然を満喫して、気分転換してはいかがでしょうか。

2012/9/4  6:47

投稿者:沖浦克治
 ユタさん、おはようございます

 仏縁と言っても、貴方はそのままで久遠の南無妙法蓮華経如来です。

 縁もなにも、仏様そのものです。
 
 御書に書いてありますよ。

 『過去久遠五百塵点のそのかみ唯我一人の教主釈尊とは我等衆生の事なり、』
 (船守弥三郎許御書)

2012/9/4  6:38

投稿者:沖浦克治
 ユタさん、厳虎さん、おはようございます

 ここでのユタさんへの書き込みを、私がネットで布教をする証拠として、私の板に引用させていただきました。

 事後報告になりましたが、お許し下さいませ。

 私は、創価学会員を名乗って、ネットで知識の披露をするだけの人が、嫌いなのです。

 卑しくも創価名乗るなら、布教をせよ!!

 心底思う一人です。

 それで、ネットで布教活動する証拠として引用いたしました。

 自慢ではなく、事実を提示いたしました。

 御不快ならば、お詫び申し上げます。

2012/9/3  23:42

投稿者:ユタ
失礼、訂正です。ジャーマンではなく、シャーマンの間違いでした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ