2012/9/6

教祖化の事実  
顕正新聞第1250号をすっ飛ばしてしまったようなので、ここで振り返っておきたい。

「諫臣」としての先生の諫暁なくして有り得なかった大罰の時代突入

七月度班長会での副総合婦人部長の登壇だ。

報恩抄には、謗法があってもそれを指摘する人がいなければ罰はあらわれない、という意味の御指南がある。たぶん彼女が言いたいのはそのことなのだろう。平成十六年に一国諫暁が行なわれた。その七年後に東日本大震災が起こった。先生の諫暁なくしてはあり得なかったというのは、この意味だと思われる。

しかし、これはいかがなものか、というのが正直な感想だ。

以前にも書いたはずだが、浅井先生は予言を外してしまった。正確に言えば、予言し損なったのだ。

大聖人は正嘉の大地震を予言していない。大聖人の予言は自他の二難である。ことに注目すべきは蒙古襲来を直前に予言していることだ。蒙古はいつ攻めてくるのか? 今年を過ぎることはない。これがすなわち文永十一年四月八日の発言である。そしてご存知のごとく、蒙古はその年の秋に攻めてきた。いわゆる文永の役である。

しょせん浅井先生は凡夫なので無理な話ではあるが、七年前の諫暁書で巨大地震を予言したことを、さらに直前に予言しておけばよかった。本年(昨年)は一国諫暁より七年目であるからして、いよいよ大地震が切迫してきたことを痛切に感ずる。このような意味のことを直前に発言していれば相当だった。

ところが言えなかった。

言えなかったにもかかわらず、後から後から言っているのだ。いわば上掲はその一例である。

しかし、懲りないものである。顕正会は新たな予言を打ち出しているのだ。今後の巨大地震についてだ。もっともこれは予言ではなく、日本全体の共通認識みたいなものだ。なぜならば、今や日本列島は地震の活動期であり、いつどこで大地震が起きても不思議ではない、ということなのだ。

日本全体の共通認識であれば、どうと言うことはない。もし地震が起こったとしても、先生の予言が当たったことにはならない。これでは顕正会が脚光を浴びることにはならないのだ。

やはり直前に、絶好のタイミングで、予言しなければいけない。

しかし、凡夫の浅井先生には、できっこない相談である。

これは何度でも言っておくが、凡夫には絶対にわからない、それが未来のことなのだ。大地震はそれこそ今すぐに発生しても不思議ではないし、逆に五年後十年後かもしれない、ようするにわからないのだ。

台風を例に説明しよう。

日本は台風の通り道である。毎年、台風が上陸している。しかし、上陸回数であるとか、具体的なコースであるとか、細かいことはわからないのだ。風速であるとか雨量もマチマチであって、当然ながら被害の程度も異なる。自然にはそういう気まぐれなところがある。

地震もまったく同じだ。

日本列島が地震の多発地帯であることは誰もが知っていることだ。しかし、いつどこでどの程度の地震が起こるかは、地震学者でさえ言い当てられないのだ。

よって、もし予言者なるものが存在して、自然界の気まぐれさというか不確定要素がたくさんあって予測不能・計算不能の事案を正確に言い当てられるのであれば、ぜひとも次の大地震を教えてほしいものである。来ることはわかっているのだ。問題はいつどこでどの程度の地震が発生するかだ。津波でもいいだろう。われわれは各種の映像によって津波の恐ろしさを学習しているので、その予言が可能ならば全員が事前に避難することが可能だ。巨大津波が来たけれども、死者不明者がゼロであったならば、その予言者はまさしく救世主である。

これで読者には予言の困難さがよく理解できたことと思う。それから救世主云々には興ざめしたかもしれない。顕正会員にその自覚があるかどうか知らないが、彼らは浅井先生をそういう類に祀り上げようとしているのだ。

建白書の載る第1251号においても注目すべき記事があった。以下は男子部第七十一隊長の発言だ。

 富士大石寺は大聖人様の御法魂まします宗門なるゆえに、大事な時には大使命を有するお方がお出になるものと、お聞きしておりますが・・・

上掲の文章の続きには日寛上人と日霑上人のことが出てくる。ようするに彼は、浅井先生こそが大使命を有するお方であり、二上人に肩を並べるほどの存在であると、そう言いたいらしいのだ。

お聞きしております・・・

誰から聞いたかが問題だ。たぶん浅井先生だろう。すると先生は、自画自賛しているようなものだ。もし違うのであれば、当該記事をボツにすべきである。わたくしの認識では、いずれは宗門の中に英邁なる御方がお出ましになって顕正会を認めて下さる、という意味だった。しかるに七十一隊長はそれを浅井先生に摩り替えてしまった。これが顕正新聞に掲載されている以上は、すでに顕正会の公式見解のようなものである。浅井先生もそれでいいと思っているわけなのだろう。

副総合婦人部長と言い、七十一隊長と言い、先生を祀り上げるのに必死のようだ。

2012/9/9  7:50

投稿者:ユタ
おはようございます。高速太郎さん、それを聞いて安心しました。宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士に信者がいたら、諸天供養の際、「東に向かって拝め」と言われても、困りますね(笑)
おおひがしさん、私はずっとフケっぱなしなので、最近の状況は分からないんですよ。御発言から察するに、私が無所属になってからも大して状況が変わっていないように感じますよ。

2012/9/9  0:59

投稿者:高速太郎
みなさん、こんばんは!

 話が輻輳してすみません。

 ユタさん、祈るのは何処でも出来ますよ。もちろん自宅でも・・・!
 宇宙ステーションで何ヶ月を暮らす時代ですよ。
 宇宙船への持ち込み品は、紙などの可燃物はダメです。

>アニメ「アイドルマスター」にハマっておりまして、
 私の読みは当たったと云うことですね。

 アイマスなどのアニメや「カワイイ」文化と伝統工芸(漆・木工・陶器など)を
融合させた新たな商品を作りたいと常日頃考えています。
 毎年フランスで開催される「ジャパン・エキスポ」は、今年で13回目になり
7月に開催されたのですが、おそらく4日間で20万人以上の来場者があったと思います。
 しかし、日本の企業などの参加が少なく日本の売り上げはたいしたことがありません。
 ほとんど(おそらく十億円以上)の売り上げ金は、フランスに落ちています。

 国でも理解してくれる人が出てきましたので、来年は予算化して取り組む予定です。
 「ジャパン・エキスポ」は、日本の漫画・アニメ・ゲーム・音楽などを紹介しています。

 ユタさん、アニメは今まで以上に日本経済を牽引してくれると思いますので
自信を思ってハマッてください。

2012/9/9  0:09

投稿者:おおひがし
なるほど、では罰が全然怖くない小生一人が呪う事に致しましょう。
なぁに、どんなに罰が下ったとしても奴がいままでやってきたことに比べれば微々たる悪ですよ。

2012/9/8  21:04

投稿者:沖浦克治
 途中で飛んで行きました

 三位房の追善を大聖人がされておられます。

 他人を呪ったら、自分が罰出ますよ。

 そう言う効率の悪い人生生きるタイプではありません。

2012/9/8  21:03

投稿者:沖浦克治
おおひがしさん、今晩は
 
 私は他人を呪いません。

 大聖人門下ですし、池田先生の弟子ですから。

 『 一日行房死去の事不便に候、是にて法華経の文読み進らせて南無妙法蓮華経と唱へ進らせ願くは日行を釈迦多宝十方の諸仏霊山へ迎へ取らせ給へと申し上げ候いぬ、身の所労いまだきらきらしからず候間省略せしめ候、又又申す可く候、』
 (四菩薩造立抄)

 裏切り者の三位房が無くなって

2012/9/8  19:40

投稿者:ユタ
 高速太郎さん、こんばんは。回答ありがとうございます。交通の便に関しましては、仏眼寺の方に分がありそうですね。顕正会仙台会館は、【お察しください】。私は車を持っておりませんので、公共交通機関の便利さは重要です。
 さて、秋元康氏のコメントですが……否定するものはありませんね。私は創価学会にいるとするなら、壮年部に配属されるであろう年齢です。そんないい年した人間が、アニメ「アイドルマスター」にハマっておりまして、そのアニメを見るに、実は運に恵まれて助かっているなという描写が多々見受けられるのです。だから尚更、秋元Pの言うことには納得できる面がありますね。 もっとも、その秋元Pの思想と立ち位置が、何故か「アイドルマスター」の中で悪役、“961プロダクション”の黒井崇男社長と似通っている部分があるのは皮肉ですが……。

2012/9/8  18:20

投稿者:高速太郎
ユタさん、こんにちは!

 東北池田講堂は、苦竹駅からは近いですよ。1kmくらいです。
 仙台駅からは、チョット遠いですね。徒歩で約1時間くらいです。

 宗教色の無い話です。Google+で秋元康さんが、AKB48の書いていた記事を紹介します。
 
 Google+のURL⇒ https://plus.google.com/113474433041552257864/posts/6HRFvaaUzwP

 ユタさんは、携帯電話を使用しているようなので、読めないかも知れませんから、
内容を少し紹介すると、

◆以下引用

 成功するためには、何が必要か?

………運です。

僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、
運がないとスターにはなれないのです。

〜(中略)〜

みんな、必死に努力して、
じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、
ずっと、小説を書いていたんですよ。

いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。

頑張れとしか言えないんだ。

◆以上引用終わり

 

2012/9/8  11:48

投稿者:おおひがし
小生もダメ人間は色々見てきましたが彼は群を抜いてダメ人間でした。
人に迷惑をかけるならまだしも、訴えられるレベルまで到達するには相当な事が無いとそこまでは行きません。
しかも彼自身は代理人を付けるお金もなく本人裁判。
原告の方はお金を払ってでも何とかしたいと言う悲惨な状況。
裁判に勝っても一円も帰って来ないと言う恐ろしく不条理な状態。
詐欺として立件しましょう、刑事告訴が妥当ですと何度も進言したのですが皆が口をそろえて言ったのは「もう関わり合いになりたくない」という一言。
本当は刑務所にブチ込みたいのですがなかなか世の中は上手く行かないものですね。

沖浦さんの呪いでどうにかなりませんかねw

2012/9/8  10:30

投稿者:ユタ
沖浦さん、おはようございます。
勘違い発言、大変失礼致しました。しかし沖浦さんの仰るような輩、何も学会だけのようではないですね。世襲制の顕正会ですら、恐らくナンバー部長クラス辺りがそうなのでしょうし、俗世間に目を向ければ、会社にもいる感じですね。弊社にも恐らくそれで出世したであろう役職者がいますから。

2012/9/8  10:24

投稿者:ユタ
高速太郎さん、おはようございます。私ごときの為に唱題して頂き、大変ありがとうございます。
苦竹にも創価学会の施設があることは存じていましたが、まだ見たことないですね。駅から遠いのでしょうか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ