2012/12/16

沖浦氏への反論  
今日は投票日だ。

昨日までの各種世論調査によると、自民の圧勝が言われている。これがわたくしには腑に落ちない。このままでは自公政権に逆戻りすることになりかねない。それがイヤだから三年前には民主党に期待したわけだろう。期待はずれだったのは事実であるが、さりとて再び自公に任せるという選択肢もどうかと思う。そこで登場したのがいわゆる第三極だったはずだ。しかし、諸般の事情を勘案すると、第三極はいまいち信用しかねるのも事実である。

なお、きわめて個人的な関心で恐縮だが、わたくしは山本太郎の当落に注目している。彼はそこらのタレント候補とは一線を画している。本物だと思う。

さて、結果はいかに・・・

いちおう、時間を書いておこう。これは十六日午前十時現在の所感である。

 大枠で捉えた時の機根ですが、鎌倉時代は機根は良くないですね。
 御書に明白です。

 『然るに今の世は闘諍堅固白法隠没なる上悪国悪王悪臣悪民のみ有りて正法を背きて邪法邪師を崇重すれば国土に悪鬼乱れ入りて三災七難盛に起れり、』
 (如説修行抄)

 こう言う状況です。
 現在は全く異なります。
 東日本大震災での被災者の方々の他人を思いやる非難の姿が、外国のメディアで大きく取り上げられ、驚きと尊敬の対象となったことは記憶にあたらしいです。

 ある海外のメディアは、階段に座って避難する方々が、通路を開けているのを見て書きました。

 本当に力のある国の国民だけが、こう言うことが出来る。

 現在の日本は、機根が世界最高なんです。

 『破戒無戒を毀り持戒正法を用ん世には諸戒を堅く持べし』
 (佐渡御書)

 これが現在の日本です。
 そう言う国で、

 お前は邪宗だ!
 
 こんな事言って広宣流布できませんよ。


沖浦氏のコメントだ。少しばかり長いので、次に要点のみを再掲しよう。

大枠で捉えた時の機根ですが、鎌倉時代は機根は良くないですね。

現在は全く異なります。現在の日本は、機根が世界最高なんです。


これは恣意的解釈だ。まず、大聖人の仏法においては正像末の三時を基準に論ずる。それが大枠である。ところが沖浦氏は末法においても機根がコロコロ変わると言っているわけだ。鎌倉時代は悪かった。しかし、今は世界最高であると。

ゆえに、まずは末法においても機根が変化していくことを、御書をもって論証する必要がある。

次に、誰が機根の善し悪しを判断するか、そこが問題である。沖浦氏が今は世界最高であると言ったところで、説得力はゼロである。その理由は御書に明白である。

智慧第一の舎利弗すら尚機を知らず。何に況んや末代の凡師機を知り難し。

いかがだろう。これですでに充分なのだが、せっかくなのでダメ押しをしておこう。

所謂病は重し薬はあさし。

これは末法の機根を端的に御教示あそばすものである。

日本一州円機純一

この響きが素晴らしい。おわかりだろうか、これは世界最高の意味に他ならない。つまり、沖浦氏が言う遥か以前に、すでに日本は世界最高の機根を有しているのだ。

一閻浮提八万の国の中に大なる国は天竺、小なる国は日本なり。名のめでたきは印度第二、扶桑第一なり。

国に約しての御教示であるが、意味するところは前掲と同じである。以上、三つの御書を勘案すれば、答えは明瞭だろう。

末法の衆生は最悪の機である。もちろん日本人も例外ではない。病は重しである。しかし、そこに御本仏出現して三大秘法を弘通あそばす。ゆえに日本人は世界に先駆けて御本仏に縁することが出来る立場にいるのだ。その意味においては最高の機である。

これで沖浦氏のごとき凡師(?)が機根のことをとやかく言うことの愚かしさがよくわかったはずだ。

 貴方のご引用の御書は、曾谷入道殿許御書ですね。
 これは釈迦仏法の立場でのご指南で一面の真理です。

 既に南無妙法蓮華経が表に出ている現在、釈迦仏法にとらわれる必要はありませんし、むしろ害を与えることが多いのです。
(以下省略)

これも沖浦氏である。懲りない人だ。

いわゆる種脱相対という言葉がある。これは日蓮正宗の専売特許みたいなもので、日蓮宗では認めていない。この意味を踏まえて上掲を読むと、あるいは錯覚を起こす人がいるかもしれない。確かに沖浦氏にも一理あると。

もし沖浦氏がこれを意図しているのであれば、これはもう大悪党である。たぶん、そうではなくて、気が付いていないのだろう。

沖浦氏の宿題は、釈迦仏法と大聖人仏法の画然たる相違について、もっと詳細に論証すべきことである。その上で機根の捉え方についても論ずるべきだろう。はたして矛盾なく説明できるかどうか、ひじょうに興味深いところである。

ようするに沖浦氏は自分にとって不都合な御文が出てくると、それを釈迦仏法の枠に押し込んでしまって、深く考えようとしない。それが結論なのではないかと思う。


同日追記:一部訂正した。

2012/12/21  0:28

投稿者:のび太
山本太郎さん残念でした。

若さを武器に果敢に街頭やってました。
かって連のボランティアも周囲で訴えてました。
初挑戦で7万票は、立派です。

演説を最後まで聞いた私の感想は、生活感のある話を織り交ぜると聴衆の足を止められたような気がします。
子供の未来、生命、安全、などのキーワードだけじゃ最後まで聴きません。

のび太が、何故原発に反対するのか?

「私は、トイレのないマンションに住みたくない」ということです。

2012/12/20  16:40

投稿者:ユタ
 こんにちは、沖浦さん。早速フェイクが喜んで書いてるようですね。しかも、写真付きで。(その写真が本当だとすれば)随分と景気良く燃えましたなぁ。知り合いの顕正会員にも教えてあげましょう。鬼の首を取ったかのように、更に上へ報告することでしょう。今度の日曜勤行が楽しみですね。
 因みに、意外と宗門では消防法はあまり遵守されていないように見えます。某宿坊では非常口誘導灯が切れたままになってましたし、某寺院では大勢の信徒が集合した時に有事が発生した場合の避難経路に不安を覚えた所もありましたし、この点に置いては、顕正会の方がまだ軍配は上がるかと思いますね。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2012/12/20  9:17

投稿者:村石太ダー&コピペマン&ザード
自公政権 で プログ 検索中です。
消費税増税して また 文化 芸術〜。
公共施設 ゼネコン〜。
社会保障というけれど 確かに福祉も大切だけれど、中小企業倒産かなぁ
税収は どうなるかなぁ。
脱原発はなく、 国防軍〜
野田氏辞任 総理は 誰かナァ?
参議院選も 近いかなぁ。結果は 同じかナァ。政治研究会(名前検討中 税収(歳入と歳出

2012/12/19  7:15

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、皆様方

 日蓮正宗の延寿寺が火災にあったようです 。
謹んで関係者の皆様方へ、お見舞いを申し上げます。

2012/12/18  6:54

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、おはようございます

 選挙も終わりましたので、本来の話題を書きます。
 種脱相対は日蓮正宗の方や、創価学会の原理主義に近い方々が良く引用されますが、ほとんどが誤った解釈です。

 大聖人は下種で、釈迦は脱益。

 これは、釈迦仏法の立場です。
 大聖人のお立場では、全ての教えは下種なんです。
 
 釈迦も、天台も、伝教も、キリストも、マホメットも、孔子も、老師も、孟子も全て、下種です。

 この点を少し論じませんか?

2012/12/18  6:36

投稿者:沖浦克治
 朝の一句

 立て看板 つわものどもが 夢のあと

2012/12/17  22:39

投稿者:のび太

こんばんは、今回の総選挙で公明党に対する多くのご支援をいただき、心より感謝申し上げます。
また、我が党に対する建設的なご批判を含め、政権政党の責任ある政策を実行してまいります。

自民党の圧勝は、友党ではありますが、反面、日本の右傾化を懸念する声もあがっております。
公明党の意義は、同じ与党として、もし自民党の暴走がでてきたら、しっかりとコントロールしてまいります。

いずれにしても、景気回復、雇用の創出を訴えてまいりました。支援者の多くが、一人の国民としての要望でもあります。
どうぞ、これからも公明党をしっかり見ていただきたいと思います。

多くのご支援、誠にありがとうございました。




2012/12/17  10:15

投稿者:んっ?
巌虎様,こんにちは!

お陰様で完全勝利をさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>

2012/12/17  7:25

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、皆様方、

 67歳になりました・・・

 目標は3年後70歳です。

 フルスクワットで230キロ、ベンチプレス120キロ、デッドリフト250キロ、トータル600キロ目指します。

 70歳で74キロ級でそこまで行ったら、世界中で無敵になります。
 世界で無敵って格好いいと思うので、私はミーハーなもので、必ずなります。

 アルペンレースはその時世界マスターズGSで優勝して、パワーとアルペンの二つの世界を取ります。

 コレも格好いいので、必ずなります。

 ついでの事に、基礎スキーでクラウンとります。

 以上、70歳の目標です。

 創価であればこそ、歳とともに強くたくましくなれます。

 本当に功徳です!!

2012/12/16  17:49

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、

 御書を学ぶにはコツがあります。

 本質を読み取らねばなりません。

 戸田先生だけがそうなさいました。

 私共は戸田先生の創価思想を学ぶ人間です。

 ですので、戸田先生に習います。
 
 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ