2012/12/19

師走の宿題  
話の流れとして、今日は選挙結果のことも書かないといけないし、沖浦氏との議論も継続中であるし、ひじょうに面倒だ。

 種脱相対は日蓮正宗の方や、創価学会の原理主義に近い方々が良く引用されますが、ほとんどが誤った解釈です。

 大聖人は下種で、釈迦は脱益。

 これは、釈迦仏法の立場です。
 大聖人のお立場では、全ての教えは下種なんです。
 
 釈迦も、天台も、伝教も、キリストも、マホメットも、孔子も、老師も、孟子も全て、下種です。

 この点を少し論じませんか?


また、わけのわからんことを言っている。しかし、沖浦氏にはその前にやることがある。すなわち前回の宿題だ。

まずは末法においても機根が変化していくことを、御書をもって論証する必要がある。

この問いに対し、沖浦氏は次のごとく答えた。

 機根はドンドン変化致します。

 『但し人の心は時に随つて移り物の性は境に依つて改まる、』
 (立正安国論)

 この人の心が機根です。
 時にしたがって移るのですよ。


まったくダメである。お話にならない。

なぜダメなのか、本人は気が付いていないだろうし、あるいは読者の中にも理解できない人がいるかもしれないので、いちおう書いておこう。まずは次をご覧いただきたい。

大枠で捉えた時の機根ですが・・・

これでほぼ理解できたことと思う。

人間は十人十色・百人百様・千差万別である。それを個別に論じたら際限がなくなる。ゆえに大枠で捉えた時にどうなるかが問題なのだ。

これは前々回の拙稿を書き直したものである。これに対し沖浦氏は大枠云々と返答した。今はまさにその流れの上にあるのだ。であれば、立正安国論の当該御文はまったく当てはまらない。

そもそも人の心が変わっていくことが、そのままイコールで機根の変化を意味するのかどうか、それすら議論が定まらない。もし仮に、それが正しいとしても、大枠の話とはぜんぜん別次元である。

シツコイようだが、再掲しよう。

大枠で捉えた時の機根ですが、鎌倉時代は機根は良くないですね。

現在は全く異なります。現在の日本は、機根が世界最高なんです。


これを御書をもって論証するのが沖浦氏の宿題である。個々人の心の変化ではなく全体の傾向性、それが大枠で捉えるという意味である。

さて、選挙の話だ。

大方の予想通り、自公政権の復活である。しかし、わたくし自身は腑に落ちないと書いた。納得しかねるものがある。どうも釈然としないのだ。

「でも、自民党だからこの程度で済んでるんだよ。他の政党に政権取らせてご覧なさい。もっと酷いことになるから」

これはユタ氏の友人がかつて言っていたことらしいが、なるほど、これが答えなのかもしれない。すると今回の選挙は消去法的選択ないし消極的選択、こんな表現が当てはまることになるかもしれない。実際、自民圧勝に国民がフィーバーしているようにも感じられないし、そもそも投票率の低さからしても、もはや政治には期待しないという人たちが国民の多くを占めるようになってきたことを、まさに象徴していることなのかもしれない。

自公政権にノーを突きつけた。それが前回の総選挙だった。

であれば、わたくしの感覚ではそう簡単に逆戻りすることはない。今回は民主が負けるにしても自民も負ける。第三極が票を伸ばして、どこがいちばんでもなくなる。ドングリの背比べのような感じになるだろう。そこで政界再編が行なわれる。具体的な再編図はまったく想像できないものの、いわばそれが今の混沌とした世相を反映しているというか、その縮図そのものだろう、などと思っていたのだ。

そんなわけで、結果が出る前から世論調査などでは自民圧勝が言われていたけれども、わたくしにはまったく腑に落ちなかった。電話アンケートの場合、たとえ無作為抽出で行なったとしても、今は自宅に電話を置かない若者も多いので、必ずしも正しい結果を反映しないのではないか、実際の投票結果は違ったものになるのではないか、などとも思っていたのだ。

ところがどっこい、である。自民が圧勝し、公明も党勢を回復した。自公だけでいわゆる安定多数を確保してしまったのだ。わたくしにはまったくの予想外だった。

さて、ここで質問である。

のび太氏やんっ?氏のような熱心な支持者に聞いてみたいことがある。答えて貰えるかどうか微妙だが、いちおう書いておこう。

小選挙区の場合、当然ながら地元に公明の候補が立たない地域がたくさんある。いわばほとんどの選挙区がそうなのだ。当然、比例は公明に入れるのだろう。では、選挙区のほうはどうするのか?

わたくしの興味はズバリ、自民党候補に投票したのかどうか、さらに言えば、組織として具体的な指示を出していたのかどうか、である。

東京在住の場合、都知事選での投票行動がどうであったか、それもまた興味深い。今度の知事はベラボウな高得票で当選したという。個人的な評価で恐縮だが、あの人そんなに取れるかな、というのが正直な感想である。ゆえに公明の組織票が相当に効いているのではないかと想像するのだが、この辺の真相も気になるところである。

ちなみに百五十万顕正会は今回も動かなかった。

もっとも百五十万は看板だけなので、動いたところで大勢に影響はないのかもしれないが・・・

2013/11/10  17:54

師走の宿題 | 巌虎独白,?????????????????????????? ???????????????????????????????????????????????????????????????????:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx

http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx?

2012/12/19  23:50

投稿者:のび太

お答えしましょう。

>小選挙区の場合、当然ながら地元に公明の候補が立たない地域がたくさんある。いわばほとんどの選挙区がそうなのだ。当然、比例は公明に入れるのだろう。では、選挙区のほうはどうするのか?

わたくしの興味はズバリ、自民党候補に投票したのかどうか、さらに言えば、組織として具体的な指示を出していたのかどうか、である。

厳虎さんから上記の疑問がありましたのでお答えいたします。

創価学会には、公明党員の人がいます。会員の中で党活動もやって見たい人たちです。
そして党は県単位で他党候補の支持を出します。
党員の学会員は、党議拘束がかかりますが、その他の会員は自由です。活動家は、それでも中央の方針で行動します。沖浦氏のような支援活動に対し、否定的な人も未活動家として尊重します。公明党候補に対する支持決定も双方の役員が連絡協議会で手続きを踏み承認されます。
今日、日経平均株価が一万円を越えてきました。
何かの吉瑞でしょうか。
ではまた、、。


2012/12/19  22:01

投稿者:ソース焼きそばソース抜き
白川の 川の清きに 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき

いつの時代の狂歌でしたかね?
まさにぴったり。

公明党が勝ったとおっしゃるなら、なぜ第一党になっていないのですか?

年を取れば取るほど強くなるのが創価なら、いつまで死なない不死身になれると言うことですか?

第一党は、差し置くとして、不死身は願い下げですな。
いつまでも、仏界に至れない。
これでは、永不成仏の二乗止まりては?

私は、自身が極論でものを言っていると自覚しています。

が、これしきの偏見を破れずして、どこに道理が、たちましょうや?

仏法と申すは、道理なり

でしょう?

2012/12/19  17:53

投稿者:ユタ
こんばんは。昨今の治安情勢に鑑み、少年法の廃止と在日外国人(特に某半島関係の!)の通名を廃止・禁止を公約に盛り込んでくれる政党があったら、それだけで得票率がダントツだと思うのですが……。残念ですね。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2012/12/19  14:54

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、今日は

 天下は破れば破れよ 世間は滅びば滅びよ 人はともあれ 我が身さえ富貴ならば。

 以上は、これは天下を二分し11年も争われた「応仁の乱」の直後に記された軍記「応仁記」にありますが、当時の人々の心を示す言葉です。

 今はそう言う時代でも機根でもありません。
 東日本大震災の時の被災者の皆様方の、他者を思いやる行動は、世界中に感動を与えました。

 ある国の報道機関は、

 これは本当に強い国の強い国民だけが示せる振る舞いである。

 以上の様に絶賛いたしましたし、災害で家屋ごと流された金庫は、90%以上が持ち主に戻りました。
 更に、これだけの大災害で、一件の暴動も略奪も起こっていません。

 機根が変化した証拠です。

 現実を認めないといけませんね。

 

2012/12/19  12:23

投稿者:んっ?
巌虎さん,こんにちは!

新聞やニュースはご覧にならないのですか?
別にもったいぶって秘密にしなければならないことではありません。

猪瀬直樹氏は「自民・公明・維新」の推薦でしたし,
衆議院選は公明党が人物本位で推薦した選挙区もあります。

http://www.komei.or.jp/campaign/shuin46/sokuhou/ldp_cand.pdf

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ