2013/5/31

教子氏の怪しげな情報について  
いつものことながらバーズ氏の着眼点は素晴らしい。

ひょとしたら、中等部や高等部があるのかなと思いまして・・・

ようするに、わたくしが顕正新聞の記事にイチャモンをつけたことに対して、反論を試みようとしたのだが、その目のつけどころが素晴らしいのだ。普通ならそこまで調べないだろう、そんなの決まり切ったことである、というような点まで調べ上げるのだ。この姿勢は敬服に値する。

大石寺関係団体・・・

その余慶とでも言うべきなのだろうか、上野小学校のホームページから思わぬ収穫を得ることになった。

当然ながら上掲は創価学会を意味するのだろう。大石寺そのものは由緒ある寺院なので問題ないが、おそらく公立学校の立場としては特定の宗教団体の名前を出すことを控えざるを得ないのだろうと思われる。それにしても大石寺関係団体とは凄い表現である。

大石寺無関係団体(言わずと知れたアレ)はいつも無関係だね

これは諸般の事情通氏のコメントだが、まあ、大した意味はないのだろう。バーズ氏のコメントに触発されて、ちょっとイヤミを書いてみたくなったのだと思われる。

さて、次が問題だ。

 結論から言いますと、この女子部 総班長たるオバサンは嘘を付いてます。そう、『成り済まし』です。

 考えてみて下さい。いくら勇ましい女性だって、痴漢をされた事をさも【武勇伝】の如く
『私、痴漢を捕まえたのよ(笑)』
なぁんて、言うだろうか?
 実際に痴漢に遭った女性は、親にも言えない!警察にも言えない。
 この総班長オバサンは、目立ちたいだけ!なんです。
 本物の被害女性への冒涜です。


オバサン・・・

まずはこれがひじょうに気になった。教子氏はくだんの総班長よりも若いらしいが、だからどうしたと言っておきたいところである。教子氏だって、そのうちオバサンになるのだ。

それはともかく、なぜにナリスマシだと断言できるのか、そこがわたくしにはまったく理解できない。上掲にはその理由らしきものが書かれているけれども、それはあくまで一面的な見方に過ぎない。ようするに、一般的には教子氏の指摘するように、親にも警察にも言えないような場合が多いのだろう。しかし、マレには勇敢なタイプもいるわけだ。それがくだんの総班長である。ゆえに教子氏の所論は何か決定的な証拠がない限り、まったく説得力を持たない。

 さて、私のブログで
【ひき逃げをした顕正会 信者(不良少年)】
をアップしました。おかげさまで、大反響でした。


教子氏は大馬鹿野郎だ。

バーズ氏から再三にわたって指摘されているにもかかわらず、まったく改まっていない。反省できないタイプということか? あるいは何がどのように間違っているか理解できないのだろうか? ひじょうに面倒臭いけれども、大事なことなので書いておきたい。

 8日午前7時50分ごろ、横須賀市武3の県道交差点で、同市に住む在日朝鮮人の定時制高1年の少年(16)が運転する原付きバイクが、横断歩道を渡っていた小学4年生の女児(9)をはねた。

これは教子氏のブログである。いちおうリンクを貼っておこう。

http://ameblo.jp/kyouiku-iinkai/entry-11521145445.html

在日朝鮮人・・・

わたくしはすでにこの時点でおかしいと思った。こんなニュース報道があるはずがない。

 8日午前7時50分ごろ、神奈川県横須賀市武の県道交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた同市の小学4年の女児(9)が、ミニバイクにはねられた。女児は右太ももに軽傷を負った。

 県警横須賀署は自動車運転過失傷害と道交法(救護措置義務)違反の現行犯で、ミニバイクに乗っていた同市の定時制高校1年の少年(16)を逮捕した。少年は容疑を認めた上で、「免許も持ってない」と供述しているといい、道交法違反(無免許運転)容疑でも調べる。

 同署によると、事故直前に警戒中の白バイが、ヘルメットを着用せずにミニバイクを運転する少年を発見し、サイレンを鳴らして追跡していた。少年は事故後に逃走しようとしたが、近くで交通取り締まり中の署員が取り押さえた。

 現場は信号機のある十字路。女児は登校途中だったという。


http://sankei.jp.msn.com/region/news/130408/kng13040813340006-n1.htm

いずれリンクは切れてしまうと思うが、これは産経ニュースのウェブ版である。

在日朝鮮人とはどこにも書かれていないではないか?

教子氏はこの釈明をしなければいけない。それともどこか産経以外の他のニュースではその旨の報道をしたのだろうか? 正規のニュースソースとしてそのような情報が流れるとはとうてい思えないのだが、いかがだろうか?

次はいよいよ大馬鹿野郎の本領発揮である。

 実は最近になって、この無免許 ひき逃げ少年が、顕正会(けんしょう会・新興宗教)の信者だと言う事が発覚しました。

以下、馬鹿馬鹿しい限りだが、大事なところなので全文転載する。

 私(教育委員会)の上司たる「教育長」と、神奈川県警 生活安全部の「警部補」が→大学の同期生で親友。現在も付き合い(飲み会)が有る、大の仲良し。

警部補『少年は、一応 反省してはいるが、謝罪の言葉は まだ無い。女の子に対しても
『悪いのは俺だけど、飛び出して来る女の子も、イケナイんです。普通 飛び出さないっしょ(笑)

 女の子は耳が悪いんすか?まぁ白バイのサイレンも聞こえづらいんすかね?

 あのオマワリも、俺なんか捕まえないで、強盗とかヒッタクリ、暴走族を捕まえれば良かったのに…

 これで俺も、少年院行きだよね(泣)』

と言う始末。

 少年の自宅を家宅捜索したら、浅井昭衛(顕正会の教祖)の本や顕正新聞が多数有り、まるでゴミ屋敷だった。』

以上、警部補が→親友の教育長に対して語った内容。


ツッコミどころ満載で、何をどのように書いたらよいのか、迷うところだ。

客観的な立場で書けば、少年が顕正会員であるかどうか、それはわからない。わたくしには確かめようのないことだ。しかし、こんなこと書いちゃって大丈夫なの、というのが普通の感覚だと思う。警部補が教育長に語ったこと自体、守秘義務違反であり、それを教育長が教子氏に伝え、それがさらにこうしてネット上に漏洩してしまっているのだ。

警部補と教育長は親友だそうである。であれば、酒の場において、いわゆる「ここだけの話」として上掲のような会話があったとしても不思議はない。しかし、それを部下の教子氏に漏らしてはいけないだろう。ましてやそれを教子氏がブログに書いてしまうのは言語道断の所業である。上司の顔を潰すだけでなく、自分自身の信頼をも失う行為なのだ。

つまり、本当ならば教子氏は知っていても書かないのが筋なのだ。ところがである。文面から伝わってくるのは自慢である。今一度、コメントを再掲しよう。

 さて、私のブログで
【ひき逃げをした顕正会 信者(不良少年)】
をアップしました。おかげさまで、大反響でした。


わたくしやバーズ氏はともかくとして、はたして一般の読者がどのように感じるか、ひじょうに気になるところである。まさに教子氏に必要なのは冷静な自己分析だ。

それと家宅捜索が気になった。素人感覚ではなぜ家宅捜索が必要なのかがわからない。必要性の認められない家宅捜索が許可されるとも思えない。たとえば殺人犯がいて、いまだに凶器が発見されないとしよう。すると自宅のどこかに隠している可能性もあるので、これならば捜索令状が出るだろう。もちろん犯人が特定されている場合の話である。ひるがえって、くだんのひき逃げを起こした少年の自宅がなぜに捜査の対象になるのか、わたくしにはまったく理解できない。教子氏にはぜひともこの点についてのご教示をお願いしたいものである。

最後にもう一言だけ言っておくと、理屈はともかく感覚的には、いかにもウソ臭い、というのが率直な感想である。

今回の話は教子氏が情報源であって、他には傍証となるべきナニモノも存在しないのだ。ゆえに教子氏の創作である可能性もあり得るわけで、まさにカギカッコの会話そのものがそれを物語っているようにも感じられるところである。又聞きに過ぎない話をあれほど克明に再現できるものなのか、ということである。

しかし、面白いものだ。

わたくしとバーズ氏は立場が異なる。顕正会を批判する立場と擁護する立場。ある意味、正反対である。ところがここに教子氏が加わると俄然、違ってくる。わたくしとバーズ氏の距離が一気に縮まってくるように思えるのだ。



同日追記:更新直後、在日朝鮮人云々について、次のニュースを発見したので、全文転載する。

ひき逃げ:白バイ追跡中の少年、女児はね軽傷−−横須賀 /神奈川
毎日新聞 2013年04月09日 地方版

 8日午前7時50分ごろ、横須賀市武3の県道交差点で、同市に住む在日朝鮮人の定時制高1年の少年(16)が運転する原付きバイクが、横断歩道を渡っていた小学4年生の女児(9)をはねた。少年は逃走したが、近くにいた横須賀署員が取り押さえ、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の両容疑で現行犯逮捕した。女児は右足打撲の軽傷。

 同署によると、少年は交差点の約200メートル手前で、ヘルメットをかぶらずにバイクを運転していたところを県警第1交通機動隊の白バイに見つかり、追跡されていた。女児をはねた際に転倒し走って逃げたが、近くで通学中の児童を見守っていた同署員が数十メートル追いかけて取り押さえたという。

 追跡中の事故について、同隊は「事実を詳細に確認したうえで適切に対応します」としている。【河津啓介】


http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20130409ddlk14040234000c.html

これは意外だった。この件について、教子氏には謹んで訂正及びお詫び致します。

2013/6/10  21:18

投稿者:村石太ダー&世捨て人&あけみ
脱会して 大丈夫かなぁ?政治家 警察 医者 教育者〜
日蓮正宗系というのは ホウボウというので 普通の人に嫌われるのかなぁ?大石寺と創価学会の戦いは いつまで 続くのかなぁ?
創価学会の 子供の名前について 人生が 決められるのかナァ 名前の身分制度があるのかなぁ?超能力者は 大幹部なのかなぁ?
宗教研究会(名前検討中 政治研究会(名前検討中

2013/6/1  2:03

投稿者:【教育委員会】

 他人の私に向かって

>教子氏(⇒私【教育委員会】)は、大馬鹿野郎だ!

と 言っときながら、ブログ記事の最後に【赤色の文字】で

>毎日新聞で『在日朝鮮人』
との表記が有りました。
 教子氏には謹んでお詫び致します。

  情けない輩ですね、巌虎と言う者は…

 私のブログ
『女の子をひき逃げする
【顕正会信者(不良少年)】』
記事を再度 読みなさい。
 読んでみたら解るが、今回のひき逃げ少年を紹介した後に

『証拠足跡サーチリンク記事』
と言う【リンク】先を読みなさい。

 読売新聞では、ただ単に
『少年』
としか、表記されてないが、毎日新聞とNHKでは
『在日朝鮮人!』
と、ハッキリ表記している。

 そして今回、

>ひき逃げ少年の自宅を家宅捜索する必要が無い。

 オマエ、頭オカシイの?気でも狂ったか?女の子はケガしてんだよ。1歩間違えたら、死んでたかも知れないんだよ。

 SMAPの草なぎ剛さんが現行犯逮捕され、直後に彼の自宅が、家宅捜索された。有名な話だ。

 彼の件は、警察が『やり過ぎ』かと思う。
 事実、警視庁赤坂署に、抗議電話が殺到した!

 だが、彼は救われたんです。もしあのまま・泥酔したまま、車でも運転したなら…
 或いは、パパラッチ週刊誌に、恥ずかしい写真を載せられたら⇒彼のタレント生命は、そこでオシマイ!なんです。

 彼の件(⇒レベル)であっても、逮捕され そのうえ家宅捜索。ましてや、ひき逃げ不良少年をや

 何度も言うが、女の子がケガしてんだよ。ケガした子供を置き去りにして、走って逃げてんだよ。家宅捜索をしない理由が無いんだよ。

 巌虎よ、他人を批判する前に、自分がシッカリしなさい。

 クダラナイ、顕正新聞ばっかり読んでないで、他の新聞を読んで勉強をしなさい。もっと法律を勉強しなさい。

 私も言葉が乱暴になったが、仕方ない。私よりも優秀な人に言われたなら、まだしも…

 私よりも下劣で尚且つ、ひき逃げされた女の子を蔑ろにして、ひき逃げをした加害少年の味方をする無脳者に
『大馬鹿野郎!』
などと言われ、黙ってられないんです。正当防衛です。

http://ameblo.jp/kyouiku-iinkai/

2013/6/1  1:33

投稿者:バーズ
こんばんは。

私は「在日朝鮮人」の記述は見つけていました。ですが、どこの報道機関だったかは気にしていませんでした。
毎日新聞でしたか。
だとすると、反学会の連中が言う「創価学会は在日」はウソですね。
学会が在日朝鮮人の宗教なら、毎日新聞はこの記事に「在日朝鮮人」の文字を書かないと思います。
学会はいつから在日朝鮮人の宗教にされたのか知りませんが、反学会ブロガー達はこればっかり繰り返しています。
まず学会批判と人種差別は切り離すべきですし、そもそも人種差別をする連中に宗教を批判する資格はないと思います。人種差別をする連中こそ批判されるべきです。
別に学会の肩を持つわけではないけど、人種差別は絶対にダメ!

また余計なことを書いてしまいました。

http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ