2013/7/8

売れてナンボの世界  
ユタ氏は小説家志望なので関心があるのだろう。以下のコメントが寄せられた。

2013/7/7 13:13
投稿者:ユタ
こんにちは。一番最後のクリエイターさんの発表なんですが、何度検索してもヒットしないんですよ。
どこまで本当なのかと思いましてね。


ようするに年収八百万の作曲家兼小説家のことを疑っているわけだ。

問題は何をどのように検索したかだろう。くだんの人物はどうやら本名を使わず、ペンネームを使っているらしいのだ。すると、単純に本名を検索したところで、何の結果も得られない。ゆえに、ユタ氏がどのような方法で検索したかによって、答えが違ってくるのだ。

初の小説が10万部

これは確かに凄いことだが、上には上がいるわけで、十万部やそこらでは世間で注目されることはないだろう。たぶん百万部を突破するくらいになれば、誰もが知る存在となるはずだ。

アニメ主題歌で
 年収八〇〇万円


なるほど、この辺にカギがあるらしい。わたくしはアニメに造詣がないというか疎いので、まったく見当もつかないが、アニメに詳しい人ならばこの辺が手掛かりになりそうだ。

ただし、上掲は顕正新聞の小見出しの一つであるが、必ずしも本文に忠実ではない。それは次のくだりを読めば一目瞭然である。

 その他にも、漫画原作の仕事や、自身が制作したドラマCD作品に・・・

つまり、さまざまな仕事をこなした結果が年収八百万なのである。

もし一つのアニメだけでそれだけの収入になるのであれば、それは超人気アニメなのだろうことが想像されるわけで、確かに有力な手掛かりとなる。しかし、本文に「数億円かけて作る地上波作品」とは書いてあるものの、その仕事で得られるギャラがいくらであるかは不明なのだ。

以上、年収八百万はわたくしのような貧乏人から見れば羨ましい限りであるが、業界的には大したことがない。ゆえに、まだ名前が売れていないのだろう。よって、検索しても出てこないわけである。

さて、次は沖浦氏であるが、後半部分だけ紹介しておこう。

 以前、は、

 『創価学会の根本中の根本は、一閻浮提総与の本門戒壇の大御本尊であることはいうまでもない。』
 (広布と人生を語る)

 この時から比較して、戒壇本尊の位置づけは大きく後退しています。

 近い将来、戒壇本尊を書写の対象としなくなると思います。


広布と人生を語るという本は、よく法華講員が用いているような気がする。ようは自語相違を責めるためだ。

そして上掲はまさにその典型であろう。

創価学会の根本中の根本・・・

沖浦氏は自ら創価学会の自語相違ないし変節を暴露しているわけだ。根本中の根本がコロコロ変わってたまるか、と言いたいところだ。

近い将来、戒壇本尊を書写の対象としなくなる・・・

これがまた凄い。じゃあ、いったい何を書写するのよ、ということなのだ。

前回の繰り返しになるが、これは見事な牽制球である。沖浦氏がこんなことを書くと、創価学会の首脳部は動きが取れなくなる。きわめて逆説的ながら沖浦氏は創価学会の暴走に歯止めを掛けているわけだ。なるほど、功徳が出るのも道理である。

さて、顕正新聞第1279号である。

「飢へて食を願い…恋いて人を見たきがごとく」
 仏様への恋慕渇仰こそ成仏の直道


一面には六月二日の日曜勤行指導が掲載されているが、これは見出しに明らかなごとく、恋慕渇仰がテーマだ。

わたくしはうまいと思った。

というのは、五月十二日の熊本会館での講演でも恋慕渇仰について論じており、今回はその再論というか敷衍というべきか、見事な掘り下げ方なのである。
同一テーマでありながら、内容的には重複しない。角度を変えて論じているというか、掘り下げ方を変えたというべきか、テーマは同じでも違った味わいがあるところが素晴らしい。
具体的に言えば、熊本では法華経本門寿量品を典拠として恋慕渇仰を論じたわけだが、今回は御書を基に論じているのだ。しかも上野殿の人物像についても掘り下げており、なかなか充実した内容である。

毎週、コンスタントにこれだけの講義が出来れば、大したものと思う。

2013/8/1  0:45

投稿者:のん
謀クリエターさんの話はもう終わってどうでもいいと思いますが'_';
山門入口様のブログに彼4年前に登檀した記事も掲載れていたので'_';
記憶違いの訂正です。
 

アニメの主題歌を歌ってたのはクラスメートではなく同級生のアイドルでした。
そのアイドルが私の作った曲をたいへん気に入ってもらえライブで歌ってもらえたでした。
クラスメートは卒業式に流す曲を作曲して欲しいと言われたでした…それでクラスメートと勘違いしてましたm(__)m


後、大学受験に関しては勉強したかったではなくて…一週間の勉強で受かった…そうでした

2013/7/23  17:29

投稿者:のん
例のクリエーターさんですが…
顕正会のビデオ放映にはごくたまにしか行かないのですが…彼が数年前にも登壇した時のもたまたま聞いた覚えがあります…うろ覚えですが彼が高校三年生の頃が卒業した頃の話だったと思いますが…
クラスメートが某アニメの主題歌を歌ってると言ってました…
そのクラスメートが僕が作曲した曲を気に入ってライブで歌わせて欲しいといってたとか…

そのアニメはCS放送のアニメチャンネルでやってたのはよく見てましたが…何度か主題歌は変わってましたが歌ってたのは某芸能人やそのアニメの声優の人達のしか知りません、10代のバンドが歌ってた曲はわかりません、調べたけどわかりませんでした、でもクラスメートが歌ってると言ったのら確かです。
あと自分が作った曲が投票で決まるランキングの上位に入って全国のカラオケ店で配信されることになったとかとも…
でもこれだけではペンネームや芸名は誰かのはわかりませんね。
たしか大学はどこも無理だと言われたけど勉強してないけど音大に受かっ
たとも言ってた気がします…
名前が印象的だったので覚えてましたが、その後また顕正会やってるのかと思ったら、また活動家で登壇しましたね。

2013/7/12  6:42

投稿者:沖浦克治
 富士ボーに、何方かが、小樽法論の録音を貼っておられます。
 
 今私も聴きました。
 あの部分だけを聴いての感想ですが、小平さん完全に負けていますね。

 身延の長谷川さんは、戒壇本尊が御書に全く無い、家中抄で始めてそれらしき記載がある。
 
 こう言う内容で批判されています。
 小平さんは、

 信心がないからわからない。

 これだけです。
 信心がない証拠として、身延が狐や狸、鬼子母神を拝んでいることを挙げています。

 論理のすり替えですね。
 
 戸田先生、池田先生の凄まじい実力がわかります。
 完全に理屈で勝てない所を、祈りで大勝利に変えておられる。

 凄い!!!

2013/7/12  6:15

投稿者:沖浦克治
白馬に来た当初、ワックスの製造販売を女房と2人ではじめました。
 次の年に息子が来て、2年前にワックスは全てわたしました。
 今は、私は自分の人間関係に販売は致しますが、製造開発は致しません。
 ワックスはあたれば、大きな利益があるビジネスで、今、性能が正当に評価され始め、昨シーズン後半からブレークの兆しがあります。
 何処まで広げることが可能か?
 息子の信心ですね。

 私はトレーニングと、板のチュンナップが仕事になりました。
 こちらに来たころと、全く異なる人生が開け、その道が天職だと思えます。
 創価の指導は本当ですね。

 65歳になって、漸く天職と言うべき仕事に付きました。
 今、その路線を走っています。

 数年前、法華講員の方々に、芦屋でステーキをご馳走致しました。 
 その時、津村さんが私に言いました。

 沖浦さん今後どう言う仕事されますか?

 当時はまだワックスやっていて、息子が手伝い始めたころでしたので、普通なら、ワックスビジネスを話します。
 所が、自分でも不思議なのですが、違う言葉が出ました。

 世界一のトレーニング弘めます。
 今、ジムを作った所ですが、次のオリンピックには、私のジムから復数の生徒を出します。
 その次は、メダルとらせます。
 見ていて下さい。

 そう言いました。
 すると、津村さんが、

 沖浦さんがそう言うなら、そうなるでしょうね・・・・
 
 と、静かにうなずかれたのです。
 思い出して不思議です。

 既にワールドカップ選手は復数出ました。
 来年の冬季五輪に、何人行くか?
 楽しみですし、気が引き締まります。

 功徳って不思議ですね。
 境涯が開けると、それまで功徳だったことが普通になって、普通だったことが功徳になります。

 人生は面白いです。
 こう言う生き様が出来る。

 創価の冥益です。


2013/7/10  19:19

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、今晩は

>>近い将来、戒壇本尊を書写の対象としなくなる・・・

>これがまた凄い。じゃあ、いったい何を書写するのよ、ということなのだ。

 富士門流の方々の大きな過ちは、戒壇本尊本懐論を採用したことです。
 御書には一言もありませんし、寛師の邪義を大聖人仏法に取り入れてしまった。
 天台宗が、3代目から邪義に染まったのと同じ現象です。
 戒壇本尊本懐を、御書に基づいて証明される方がいるなら、私は即時創価学会を退会しその方の宗派に入信すると宣言し、数年が経過しております。
 今に至るもそう言う方はお一人もおられません。
 これは、戒壇本尊本懐を御書に基づいて証明出来ない査証だと思います。
 それはそれで、大石寺の歴代法主たちは、戒壇本尊を書写の元としておりません。
 戒壇本尊には頭破作七分も副十号もありません。 
 滅度後には10年の異なりがあります。
 少しだけ冷静に判断するなら、何方でも戒壇本尊以外を書写した事実が理解出来ます。
 ですので、戒壇本尊以外のどの本尊を書写するというのかと言う設問は、富士門流では最初から成り立ちません。

2013/7/10  5:11

投稿者:沖浦克治
 東電の、吉田昌郎元所長がお亡くなりになられました。

 この方がおられなければ、福島は国を滅亡させていたと思います。

 恩人が亡くなられ、寂しいです。

 慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

 合掌・・・・・・

2013/7/8  22:27

投稿者:沖浦克治
巌虎さん、今晩は

 私の発言が、創価学会を利そうが、宗門を利そうが、別にどっちでも良いですね。

 創価学会は既にその役割を大部分終えました。
 今後はSGIです。

 そのSGIには、私の主張はぴったりなんです。
 ですので、宗門、創価学会云々は余事に過ぎません。

2013/7/8  18:50

投稿者:ユタ
 こんばんは。コメントを取り上げて頂き、ありがとうございます。
 まあ、小説家志望というか、私は100%趣味で書いてるだけですから。プロフェッショナルの方々とはだいぶ違います。
 検索したというのは、ネットで検索の他、私の知り合いにクリエイターさんが何人かいらっしゃるので、そういった方々に伺ったということです。
 やはりペンネームで活動していて、本名を公開していないとなると、なかなか捜し出すのは難しいとのことです。で、10万部の売り上げというのは素人目から見れば大ヒットのように見えますが、実はそれほどでもないらしいのです。いや、確かにヒットはヒットなんですよ。
 ただ、本当に話題性を出すには、更にその10倍以上は売り上げないとダメな厳しい世界なのです。

 本当に大功徳を自慢させたいのなら、せっかくですから、顕正新聞でその作品を宣伝してあげてもいいでしょうに。ちょっと腑に落ちないですね。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ