2013/10/8

「不当捜索」特集号を読んで  
沖浦氏からの近況報告は省略させていただくが、新しい人が来られたので全文紹介しておこう。

2013/10/7 23:10
投稿者:mr.x
たまたまインターネットで顕正会の不当逮捕事件を調べていてここを見つけました。 自分は現役の顕正会員で、16年の間、信心させて頂いているものです。 さて細かい話や難しい教学の話しはさて置き、やはり臨終の証拠というのは不思議です。 生きている間の事は色々な要素がありますし信心していなくとも、幸せな人は大勢います。しかし臨終の証拠。遺体にでる現象というものは否定のしようがありません。 自分は以前に同じ組織の方の父親の葬儀に特別に参列させていただいた事がありまして、成仏の相を見た事があり。正しくご金言の通りの相でありました。 と同時に臨終に失敗したことの話しも聞いた事があります。恐ろしいです。 つまり顕正会なれたとしても、おおせのとうりの信心でなくては駄目だということです


ほほう、奇特な方である。拙ブログに現役の顕正会員が来られることは滅多にない。たとえ閲覧していてもコメントを残すことはない。しかるに、この人は上掲のごとく懇切丁寧な書き込みをされている。立派なことだ。

そもそもが顕正会をキーワードに検索しても出てこないのが拙ブログである。よくたどり着いたものだと感心する。

臨終の証拠については特に議論をするつもりはないけれども、検証がひじょうに難しいことである。もし臨終に明々白々な差があれば、まずは医師たちが悉く入信することだろう。そして葬儀社の人たちも次々に入信するに違いない。

一般の人は遺体をまじまじと見る機会がない。ゆえに鑑識眼が養われていない。手っ取り早く言えば、見る目がないのだ。
片や医師は多くの臨終に立ち会っているし、葬儀社の人はそれこそ毎日のように遺体を目にしているのだ。
この意味で、医師や葬儀社の人たちが顕正会員の臨終を目の当たりにして、次々に入信するような事態になれば、臨終の証拠はまさに疑う余地のないものになるだろう。

残念ながら、今はその域に達していない。顕正会員たちがいくら声を大にして叫んだところで、あくまでそれは主観に過ぎないのだ。

さて、本題に入ろう。

警視庁の仏法弘通妨害は憲法違反

「強要・脅し」を捏ち上げ仰々しい捜索、報道
日蓮大聖人の御遺命堅持の故に魔障出来
 怨嫉者の黒い謀略やがて白日の下に


顕正新聞第1289号の一面大見出しだ。先月十一日に起きた顕正会施設への家宅捜索とその報道について、いずれ浅井先生の口から何らかの言及があるだろうと予想していたが、案の定、九月度総幹部会で大々的に取り上げられていた。より正確に言うと、予想以上だった。わたくしの想像ではさらりと触れる程度であって、ここまで積極的に反応するとは思わなかったのだ。

国立戒壇を堅持し二百万近きゆえに魔障
御本仏の師子王心拝し一筋の御奉公を
 顕正会は「正しいから強い」のだ!!


二面から四面まで三ページ立てで会長講演が載っている。上掲はその大見出しだ。

そうそう、その前に書いておくことがあった。

「不当捜索」特集号

当該号は一面の最上部に上掲のごとく謳ってある。これは大量配布を視野に入れてのことだろう。つまり、今回の不当捜索について、顕正会側にはまったくヤマシイところがなく、全面的に戦うことを宣言しているに等しいわけだ。

事実、会長講演では次のごとく言っている。

 今回の件に対し、顕正会は断固たる法的処置を取ります。

さすが武闘派(?)だけのことはある。

今回の会長講演ないし特集号について、わたくしの全般的な感想を書けば、そこそこ成功している、ということになるだろう。

当該講演の大半は創価学会批判に費やされている。思いっきり端折ってしまえば、今回の不当捜索は創価学会の謀略である、と言っているわけだ。当然、創価学会側にも反論というか、それなりの言い分があることだろう。しかし、まずは顕正新聞の当該号を虚心坦懐に読むべきである。

わたくしの思うに、当該講演は浅井先生のうまさがよく出ている、実に単純明快というか、平易であり、ようはわかり易いのだ。

つまり、一般人がこれを読めば、顕正会への誤解が解け、逆に創価学会への不信感が増大するという、そういう巧みな構成になっているのだ。何もわたくしは顕正会の肩を持っているわけではない。ともかく当該講演を虚心坦懐に読めば、誰もがそのように感じるはずだと思うのである。一般人のみならず、もしかしたら創価学会員が読んでも相当かもしれない。

集団替え玉投票事件

投票所襲撃事件


創価学会のツワモノたちならば、何を今さらと思うかもしれない。上掲はずいぶん昔のことであり、いずれも顕正会独自の情報ではなく、巷間に流布されている書籍に出ている話である。いわゆる創価学会ウォッチャーにとっては周知のことであり、どこにも目新しいところがない。今回の浅井先生の講演はいわばその大半が過去の焼き直しに過ぎないのだ。

しかし、すでに書いたように、浅井先生のうまさがよく出ている講演である。

ようは過去の創価学会関連の膨大な情報の中から、何をどのようにセレクトするかということがベラボウに難しいのである。ゆえにヘタな人が書けば、あれもこれもと欲張って、まとまりのない散漫な文章になってしまう。あるいはやたらと冗長で読むのが億劫になってしまう。たいていがそんなところである。

ところが浅井先生は新聞紙面三ページ分でうまくキッチリとまとめ上げている。これが先生のうまさなのである。

そこで、一般人が虚心坦懐に当該講演を読めばどのように感じるか、あるいは創価学会員といえどもこれを虚心坦懐に読めばどうか、ということを想像するに、浅井先生の文章力は相当のものと言わざるを得ないのだ。

「K対策」について

創価学会にはご覧のごとくの内部文書が存在するそうである。

 この文書は、顕正会の折伏によって学会員が続々と御遺命の正義にめざめてしまうので、組織崩壊の危機を感じた学会本部が密かに作成した内部文書です。作成年月は三年前の平成二二年一月二八日。学会の全国各地域の幹部にこれが通達されております。

これが事実とすれば、危機感は相当である。顕正会なんぞ相手にしていない、などとノタマウ人もいるけれども、それはヤセ我慢というか表面的なものなのだろう。あるいはその人が深刻な事態を知らないだけなのかもしれない。

会長講演ではかなり詳細に文書の内容を取り上げているが、わたくしがもっとも注目したのは次のくだりである。

 〔通報に関して〕原則は被害を受けた本人、もしくはその家族が通報する。通報する場合、通報者は教義上対立する立場からの通報∞感情的な通報≠ナはなく、あくまで一市民としての立場から、犯罪行為・迷惑行為に対する通報であることに留意する。

一市民としての立場から通報する・・・

浅井先生は、創価学会員の立場を隠して一市民の立場から通報するのは姑息だ、と言っているわけだが、わたくしは図らずもこの動かぬ証拠(?)を発見した。

それはフェイク第1413号である。煩瑣になるのでごく一部分だけ掲げるが、次の一節がまことに象徴的である。

狡猾な浅井は警察の背後に某宗教団体があるかのように事件の本質を誤魔化し、更なる勧誘を煽っていた。

フェイクが創価学会系の謀略情報紙であることは周知の事実である。ところがフェイクの執筆者は正々堂々と創価学会と書くべきところを、なぜか某宗教団体などと濁して書いているのだ。これはおかしいだろう。なぜに隠す必要があるだろうか?

さしずめフェイクの執筆者はK対策に従順のようである。

さて、「不当捜索」特集号について、ざっと見てきたわけだが、いずれにしても今秋は当該号の大量配布が行なわれることだろう。先般のテレビ報道は相当のインパクトがあった。だが、しかし、しょせんは一回きりである。続報でもない限りは一般人の記憶から薄れていくものと思う。一方、顕正会の活動会員たちの憤怒・憤激はそう簡単に治まるものではない。それが大量配布につながるわけだ。

以上のような理由で、もし今回の一件が創価学会の謀略に起因するものであるとすれば、結果的に彼らの謀略は失敗だったことになるだろう。

2013/10/11  9:48

投稿者:§浅葱§
すいません、名前が出ましたので書きますね。

すいませんが、個人的な理由があって、今はブログはやりません。

他の方のブログにコメントでお邪魔する程度にしてますので、ご理解下さい。

2013/10/11  6:07

投稿者:沖浦克治
 おはようございます

 顕正会の会員が違法行為をしたなら、その方を調べ法に基づいて罰せればいい。

 それを、即教団の責任にすることを許すなら、あらゆる教団が信徒個人の違法行為によって、権力が自由に捜査可能になります。

 日本人が海外で犯罪をすると、日本全体の責任ですか?
 
 同じです。
 違法行為は取り締まる。
 当然ですが、それがそのまま宗教弾圧になってはなりません。

 最後にですが、本当に顕正会が今回の捜査が創価学会の謀略だと言うなら、その時点で顕正会は駄目ですね。

2013/10/11  0:31

投稿者:昔の名前
こんばんは

不当捜索の話題が続いているようですが 何が不当なのかが
明確では無いような
違法で無ければ適法な捜索とも言えますが そもそもなぜ捜索されるに至ったのか そこを避けていてはいつまで経っても
イタチごっこでしょう

創価学会のせいにするのは顕正会の勝手ですし もしそうなら
と言うブログを書くのも 厳虎さんの勝手ですが 都合の悪い事を他にすり替えるのは 必ずぼろが出るものです

2013/10/10  13:36

投稿者:沖浦克治
教育員会さん、今日は

 貴方のご納得を必要と致しません。

2013/10/10  10:13

投稿者:【教育委員会】

>沖浦克治さん
>のび太 さん
>大変だ さん
>§浅葱§さん
そして
>巌虎さん

 沖浦さんには、困ったものです。もう少し、被害者のことを考えたらどうですか?

 イヤがる相手を6時間も監禁したんだから
⇒家宅捜索をされて当然。逮捕されなかっただけ、有り難い!と思え!

 宗教団体だから、守られる?

 顕正会は、創価学会と同じく所詮 カルト教団。
 若者〜お年寄りを騙すのが⇒創価学会と顕正会!

 警察は、人気商売では ありません。時には嫌われても、被害者の為に&加害者の更生の為に。

 家宅捜索を機に⇒顕正会に居ても
『功徳なんか無い。かえって不幸に なる。』
と、多くの真面目な顕正会の信者が、気付いたなら…

 オウム真理教の信者も昔
『警視庁の家宅捜索に、断固抗議する』

 現在は、多くのオウム信者は脱会してます。警視庁の「おかげ」です


>大変だ・のび太・§浅葱の3氏も⇒
⇒ブログを始めて下さい。
 私【教育委員会】が、やってる「アメーバ ブログ」が良いです。
 3氏のブログを読んでみたい!


 私【教育委員会】も、今日 ブログを更新

『桜塚やっくんみたく成らない方法』
『知的障害者を付け狙う⇒顕正会の信者』
『スズメ蜂に刺されない方法』
『詐欺に引っ掛からない方法』
をアップ。
http://ameblo.jp/kyouiku-iinkai/

 巌虎さんも、浅井家顕正会から心が離れてるなら、脱会すべきだが…
 こんな所に居ても、幸せに なれない。ましてや、成仏できない。顕正会&創価学会

http://ameblo.jp/kyouiku-iinkai/

2013/10/10  7:43

投稿者:沖浦克治
おはようございます
 
 私は顕正会に警察の強制捜査が入ったことを憂慮いたします。

 国家権力が宗教弾圧していい道理がありません。
 私共は信教の自由を死守する立場。

 その立場から、こう言う権力の横暴をみて、声をあげないなら、創価の正義は失われます。

 今回の捜査には創価学会員として、強く抗議をいたします。

2013/10/9  18:11

投稿者:のび太
こんばんは!

顕○会がなぜカルト教団か検証しますね。(一応掛けてます)

平成13年 7月 千葉市にて会員3人が暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕。
平成13年 7月 秋田にて女性信者が暴行の疑いで逮捕。
平成14年 6月 高知市の幹部会員が殺人、覚せい剤取締法違反で逮捕。
平成15年 9月 横浜市の会員二人を軽犯罪法違反(つきまとい)で書類送検。
平成15年11月 神奈川県藤沢市で会員二人を強要未遂の現行犯で逮捕(逮捕したのは神奈川県警公安一課)
平成17年 3月 神奈川で会員一人が暴行、軽犯罪法違反(つきまとい)で書類送検。
平成17年 7月 横浜市にて会員二人が監禁容疑で逮捕
平成17年11月 神奈川で会員一人が暴行で書類送検
平成18年 7月 群馬で入会強要。会館の捜索
平成18年11月 宗教法人・顕正会へ入会迫る、強要未遂で勧誘者宅捜索
平成18年11月 女性のお守りを切り勧誘 「顕正会」の4人逮捕
平成19年 1月 顕正会本部を家宅捜索=信者3人を逮捕−大学生に入信迫る
平成19年 1月 顕正会の2人を書類送検、入会強要未遂の容疑で
平成20年 1月 強要容疑で顕正会の男逮捕、本部捜索 新潟県警
平成21年 1月 顕正会会員の少年逮捕 傷害容疑で新潟県警

上記が平成21年までのおもだった事件です。

このブログでも「創価学会の謀略」などと抜かすアホがいるが、ヒットラーが使った手法と浅井先生は同じ手法を使っています。つまり仮想の敵を作りそちらに注意をそらす。幼稚ですね。

2013/10/9  15:44

投稿者:沖浦克治
 mr、xさん、

 アホらしいですよ、ネットのハンネでなら、創価学会んが衝撃が凄くて意気消沈したなどと書く。

 だから私の所へ来て同じことをおやりなさいと書きました。

 すると長野が遠い・・・

 ですから、長野市にある顕正会の開館はあれはお飾りですかとお聞き致しました。

 お飾りでないなら、私の事をキチンと伝え、連絡をするようにすればいい。

 所がそれも出来ない。
 惰弱で臆病で、弱虫の集団ですか??
 長野県の顕正会って言うのは。

 そう言う臆病集団が、ネットでなら、創価学会員が意気消沈したなどと、自慢話を書く。

 所詮はネットの人材ごっこのままごと遊びです。

2013/10/9  13:11

投稿者:mr.x
沖浦さんへ
自分は丁寧にお答えしたつもりですが、それが伝わらないのであれば仕方ないです。 アホらしくなるのであれば無視すれば良いのだと思いますよ。 限りある時間を有効にお使いください

2013/10/9  5:32

投稿者:沖浦克治
 何だ・・・・

 顕正会、顕正会って騒がれても、

 この程度か・・・・

 情けない宗派だわ・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ