2014/8/30

各方面からのコメントを受けて  
興味深いコメントがたくさん寄せられているので、それを取り上げたい。

名無しの権兵衛さんは原発問題に関してご不満のようであるが、すべては沖浦氏のコメントに尽きていると思う。

 私は、

 原発は存在自体が悪!!

 と信じる一人です。


なぜ悪なのかが問題で、これは答えがひじょうに難しい。また、たとえ悪であっても必要悪という考え方があって、日本は資源がないのだから仕方がないではないか、といった主張をする人もいる。

いずれにしても難しいわけだが、わたくしは名無しの権兵衛さんのコメントの中に答えが出ていると思う。

放射能無毒化科学

顕正会の本には幸福の定義として、生命の維持発展が妨げられない状態を幸福という、みたいなことが書かれている。福島原発事故で今も家に帰れない人がいるのは放射能のせいである。もし放射能が無毒であれば避難する必要はなかったわけだし、今すぐにでも帰れるのだ。つまり、放射能は生命の維持発展を脅かす有毒物であるからして、すなわち悪ということなのである。

以上、もし放射能を無毒化することが出来れば、それこそノーベル賞級の発見発明であろうし、その時には反対する人などいなくなるに違いない。

さて、引き続き権兵衛さんのコメントを取り上げよう。今度は浅井先生が悪口罵詈を喜んでいることについての批判である。

喜んでる方が「不当捜査だ、迫害だ、学会の謀略だ、信教の自由だ」と機関紙、総会で主張したりするのですか?

これはアゲアシ取りの類であろう。

少し古い漫画ですが小林よしのりのゴーマニズム宣言に
「布教するのなら逆風を覚悟せよ、釈迦やキリストが人権侵害や信教の自由を主張して布教したか?」とありますが、当たらずと言えど遠からずと思います。


釈迦やキリストのことはよく知らないが、大聖人はわりと法廷闘争を好まれたというか、おそらくは当時の制度の中で最善を尽くされたのだろうと思う。この意味で顕正会が法律を盾にしてさまざまの問題に対するのはさほど違和感のないことだと思うのだが、いかがだろうか?

関の山という人からも同様のコメントが寄せられているが、こちらは掘り下げ方が多角的であり、なかなか考えさせられるものがある。

喜んでいるのに、では何故に埼玉県教育委員会に厳重抗議して某校長に屈辱的謝罪をさせたのか? 喜んでいるはポーズだけなのか?

一つ誤解を払拭したいと思う。まず、わたくしに対する誤解があるといけないので言っておくが、周知のごとくわたくしはこれまで浅井先生を徹底的に批判してきたし、これからも批判するつもりである。しかし、あくまで是々非々であって、擁護すべき点があれば擁護するのである。

今回の件で言えば、浅井先生は自分自身に対する悪口罵詈には寛容というか、もちろん気持ちのいいものではないだろうけれども、けっこう忍辱の姿勢を貫いているように見える。では、何に反応するかというと、真面目に活動している会員への不当な行為に対し、反応しているのだ。

ここでやや脱線すれば、以前、拙ブログの存在を不思議に思っている人がいて、これだけ顕正会を徹底的に批判していて無事でいられるのはおかしい、という意味のコメントを寄せられたことがある。なぜならば一時期、創価学会系と思しき顕正会批判のサイトが次々に閉鎖に追い込まれてしまったことがあったからで、拙ブログだけが安閑としていられるのが不思議に思えたということらしいのである。

しかし、この答えは簡単で、仏法は道理だからである。生意気を言うようだが、わたくしの書いていることはけっこう常識的であり、さほど無理がない。浅井批判もしかりであって、道理に基づいて書いているのだから問題がないのである。しかもである。わたくしは末端の真面目な会員たちをいじめない。むしろ彼らを擁護する立場なのだ。ゆえに彼らをいじめている本部首脳を、延いては浅井先生を、わたくしは徹底的に批判するのである。

そして、ここが甚だ複雑なところなのであるが、実は本部首脳だって、もちろん浅井先生だって、末端の真面目な会員たちをいじめたいわけではないのだ。つまり、この点では浅井先生とわたくしは一致するのである。

話を戻そう。

浅井先生は自分自身への批判には無頓着である。一々反応していたらキリがないという意味もあるだろう。しかし、末端の真面目に活動している会員たちには無頓着でいられない。彼らが困っていれば助けたい。法的な問題であれば弁護士を派遣するというのも、そのあらわれなのだろう。

埼玉県教育委員会もお役人的に穏便主義で良かったのでは?

いわゆる事なかれ主義のことだろう。

熱血的担当者で「抗議はわかりました、しかし此方にも主張があります、出来たらどちらが正しいか世に問いましょうよ、マスコミや学者を交えた記者会見でも開きますか?」と反論された方が良かったのでは?

これはもちろん、有力な選択肢である。実際、顕正会側がどのような反応を示すか、興味深いところではある。しかし、世の大半が事なかれ主義であって、上掲のようなことが実現するのは滅多にないことである。

宗教勧誘(真摯なお勧めだろうと)など何も顕正会だけではない。他宗教や思想団体もやっているイザコザだ。
それを校長さんにあんな謝罪させて腰砕けになるではないか?もう金輪際、宗教問題に関わるのはやめようと。


おっしゃることはごもっともで、顕正会よりも厄介な団体が他にもたくさんあるだろうから、結局は事なかれ主義がいちばん賢明だという選択にならざるを得ないのだろう。

宗教勧誘で困った生徒が今度「助けて下さい!」と相談しても「いや、信教の自由があるので、当事者同士で話し合いなさい」と突き放される恐れがあるがどうするのだろう?

これまた脱線気味の話になるが、ストーカー殺人なども同様の意味があるだろう。これはあらゆる事件に共通することで、いつも言うようにしょせん凡夫には未来がわからない、ゆえに何か事が起こってから、ああすればよかった、こうすればよかった、と嘆くことになるのだ。学校関係者が信教の自由があるので当事者同士で話し合いなさいなどと言うのは、一見すると常識的でありがなら同時に逃げを打っているようにも見える。それで何も起こらずに済めば御の字ということなのだろう。実際、確率的には何も起こらないほうが大きいわけで、それゆえに事なかれ主義が賢明という結論になるわけである。

2014/8/29 14:25
投稿者:本部勤務
今月成果1万8千有余の半数超が外国人、ほとんど東南アジア系の人びとです。
本部の入信勤行の半数は外国人、自宅拠点もしかり。
もう、メチャクチャな状態です。

ある隊では、百人をこす全てが外国人で、誓願を勝ったといっても、隊座はシラケムードです。
今月もすでに二千名が入信してますがそのほとんどは外国人です。
国内の実体は明らかに停滞しているのに、これを問題視しない首脳部はどうかしてる。
男子部大会は婦人部も男性を連れていれば入場可能になり、一万人ちかくがこれでカウントされます。

もう、メチャクチャ。


コメント欄は少し前のものだが、投稿自体は最新のものである。実に衝撃的だ。

わたくし自身には調べるすべがないものの、本部勤務という名乗りが本物であれば、事実をお述べになっているのだろう。入信者の過半数が外国人。ある隊ではすべてが外国人。まさにメチャクチャである。

いや、もちろん、いずれは一閻浮提広宣流布の時が到来するわけで、いよいよその兆しがあらわれてきたという解釈もなくはないだろう。だが、しかし、わたくしはすでに数年前からこの問題について言及しており、さしあたっては国内と国外の成果を分離すべきであると主張してきたのだ。それをしない限りは成果の粉飾であり、欺瞞そのものだからである。

それにしても過半数が外国人とは驚きである。わたくしは当てずっぽうに、せいぜいが一割か二割くらいだろうと思っていた。しかし、それが五割を超えているとなると、もはや絶望的状況かもしれない。

イヤミなことを書けば、顕正会はいずれ外国人だけで一億人を突破するかもしれない。しかし、それでは本門戒壇は建たないのだ。国立戒壇に固執する顕正会としては絶対に避けなければいけない事態だろう。

2014/9/2  7:26

投稿者:沖浦克治
ユタさん、おはようございます

 貴方には貴方の信念を貫く自由がございます。

 同じく私にもあります。

 大飯原発再稼働差し止め訴訟で、注目すべき判決がでました。

 【国富の喪失】

 被告は原発稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いという問題を並べて論じるような議論に加わり、議論の当否を判断すること自体、法的には許されない。多額の貿易赤字が出るとしても、豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失だ。
 〜引用終わり〜

 私には貴方のご意見は愚かでバカバカしく、サタンの側についいると思えます。

 

2014/9/2  2:18

投稿者:ユタ
 こんばんは。

 戸田会長は原爆などの核兵器を「サタン」という言葉
に置き換え、核兵器に対する非難はしても、原発に対す
る非難はしていなかったかと。

 私は高騰中の化石燃料の大量消費で引き起こされる電
気料金の値上げによる国民の生活圧迫、そして環境汚染
の方がよほど「サタン」だと思います。
 原発1基でそれが防げるのであれば、安いものだと思
いますよ。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2014/9/1  6:12

投稿者:沖浦克治
 昨日の朝刊に、東電福島原発の吉田所長の記事が載っていました。

 東日本は壊滅したと思った!

 現場を一番よく知る人の感想です。

 最も信頼できます。

 戸田先生は原爆宣言で言われました。

 『なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであり、怪物であります。』

 原発は魔ものであり、サタンであり、怪物なんです。

2014/8/30  18:04

投稿者:傍観者v
>法的な問題であれば弁護士を派遣するというのも、そのあらわれなのだろう。

勧誘トラブルであれば会のトップの責任も発生するかも知れない。
会長先生は、火の粉が降りかかる前に火消しに走ってるだけと考えられる。

2014/8/30  17:52

投稿者:関の山
続きです。

>今回の件で言えば、浅井先生は自分自身に対する悪口罵詈には寛容というか

動画で見たが、総会で高校生が「自分如きが」と卑下しているのを黙って見ていたり、敵対者の抗議電話に「お前は馬鹿だ、潰すぞ、男子部を派遣してやる!逃げるのでは無いぞ!」と大人気なく怒鳴ったりで実際のところはどうだろう?立正佼成会の庭野教祖は批判記事を出した読売新聞を「読売菩薩」と呼んで感謝していた?とか。(真実は知らないが)

>これはもちろん、有力な選択肢である。実際、顕正会側がどのような反応を示すか、興味深いところではある。しかし、世の大半が事なかれ主義であって、上掲のようなことが実現するのは滅多にないことである。

だから困るのだ。顕正会(他教団も)の立場などどうでもいい。しかし実際に「興味も無い」「聞きたくも無い」宗教の話や誘いを学校の先輩、後輩、クラブ活動など人脈を使って誘いに来るので「うるさい!うざい!」ともムゲに言えず悩んでいるのだ。勧誘者は教団の教義が正義と信じ込んでいるので始末が悪い。中には勧誘されても気が弱い人もいて「嫌だ!」とも言えない生徒もいるだろう。

それを教育委員会や学校長は相談や対応していたのであって、その事情も掴めずに信者の監督責任もあるのに、被害妄想的に「信教の自由、学校教育法は」とかで抗議する団体(顕正会だけではない!)は寧ろ、自己中心的、ご都合主義、権力圧力的と世に問われても仕方ないではないか。

だから埼玉県の教育委員会も「信教の自由は認めますが
それは断る自由もある事、学校は勉学の場であって宗教勧誘の場では無いのです」と熱血な担当者がいてそのように反論してほしかったです。当初は教団もカチンと来るだろうが、長い目で見れば、筋の通った立派な論だ、と真剣に布教伝道や信者管理を考えるようになるのではないか?

それと教団自体も自分たちの主張を言うだけでなく、本当に宗教が興味が無く、でもシツコク勧誘されて困っている人々のために一般からの相談センター(勧誘の苦情など)もうけて信者の監督責任強化とその人物への勧誘停止命令など出されると一般から宗教団体に対して見方
が変わると思いますよ。(顕正会以外の宗教も)






2014/8/30  17:07

投稿者:関の山
まずは、主催者様からの早々なお返事感謝します。


>私は、原発は存在自体が悪!!と信じる一人です。

戸田さんは「原水爆を使用した者は悉く死刑にすべきと主張します」と嘗て言ったのだが、所詮は第三者からの時勢に合わせた発言であると思う。では誰が勝者敗者沸け隔たりなく死刑に出来るのか?敗者は勝者に裁かれるのは歴史の常だが、勝者は誰が裁くのか?アメリカ、ロシア、中国などの大国を裁けるのは誰だ?
大体、勝者は自分の恥を隠し敗者を悪者扱いが常でしょう?(ナチの暴虐を裁いても、ドレスデン爆撃やベルリンレイプ事件を裁いていないではないか?)
まあ、それ以前に地球が核の冬に入り滅亡でしょうが。

>放射能無毒化科学

宇宙戦艦ヤマトの放射能除去装置じゃないのですが、反原発と平行してを国上げて(国際的にも)開発すべきだろう。
石油だって天然ガスも昔は危険な燃料だったはずだ。ニトログリセリンもノーベルのダイナマイトの発明で危険度は下がった。今の反原発運動はただ感情に流されてるだけに見える。その結果単に電力代が高くなり、家計や企業活動が圧迫されて不満が爆発するのを考慮に入れていない。
では反原発運動家は自ら進んで今の何倍ものべら棒に高額な電気代を払い生活して見本を示すべきだが、そんな活動家は誰もいないだろう。



2014/8/30  14:54

投稿者:ユタ
こんにちは。

今しがた、“不敬の”御開扉が終わったところです。
外国人信徒が急増しているのは宗門も同じですよ。
大石寺行のバスや大石寺境内で中国語が聞けない時なんて無いくらいです。
恐らく今、どこの宗教でも日本人の新規入信者は頭打ちなのではないでしょうか。
ま、これも御仏智ですな。
もっとも、私は外国語には非対応ですがね。
私の小説の外国人達も、日本語ペラペラです。
いや、本当に日本語対応できるようになってから日本で入信して欲しいと思いますよ。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ