2014/9/23

限界に挑戦  
沖浦氏よりデッドリフトのグリップについてご教示をたまわった。あれが普通なのだそうだ。さらに詳細を問うならば、利き腕を順手にするのか逆手にするのか、あるいは利き腕に関係なくその人の好みで決めるのか、その辺が気になるところではある。

ところで、わたくしが組織を離脱した理由と、以前は熱心に活動していたのかどうかを問うコメントが寄せられた。

これは過去の拙稿を隈なく読んでもらえればわかることだが、さすがに量が多過ぎて読む気がしないだろう。そこで簡単に答えておくと、まず、元々それほど熱心ではなかった。ただ、読書が好きだったので、浅井先生の著書は一通り読んでいたし、自惚れながらも読解力には自信があった。

そこであの平成十六年の八月を迎えたわけである。

同年は一国諫暁の年である。前年に悲願の百万達成を果たし、満を持して一国諫暁を開始したのだった。
ところが途中でおかしくなってしまった。一国諫暁がなぜか宗門諫暁にすり替わってしまったのである。

この理由はさまざま考えられるが、大きくは一国諫暁が空振りに終わったことにあるのだろう。

先ほど書いたごとく、百万達成の後、満を持して諫暁を開始した。しかし、不発というか、思ったほどの成果を上げられなかった。
熱心な活動会員たちは百万達成後に開けるであろうバラ色の世界を夢見て、歯を食いしばって頑張ってきたのである。ところがそれは幻想に過ぎなかった。現実はそれほど甘いものではなかった。
会員たちもそれに気がつき始めた。燃え尽き症候群のような意味もあるだろう。百万までの戦いをこの先もずっと続けていくなんて、そんなことは無理な話だった。

この現実に浅井先生はあせった。

この時期、宗門法華講に移籍する人たちが増えつつあったのも事実だろう。

そこでとうとう浅井先生は大きな方向転換するわけである。

平成十六年八月の幹部大会で、浅井先生は一国諫暁ではなく宗門諫暁を開始した。いや、もちろん、これ自体は間違っていない。いわゆる諫臣争子の戦いこそが、浅井先生の首尾一貫した姿勢であるからだ。ゆえに一国諫暁と宗門諫暁が対を成していると考えれば矛盾はない。

では、何が問題だったかであるが、日顕上人に対する呼び捨てがいけなかった。

ご存知のごとく、それまでは阿部管長と呼んでいた。ところがこれ以降、阿部日顕と呼び捨てるようになった。

実は同時期、水面下でも動きがあった。もちろん水面下であるから容易には見えてこないのだが、今ならば多くの証言が得られることだろう。かつて顕正会では日達上人・日顕上人の御本尊を用いていた。以前の創価学会員や法華講員は両上人の御本尊を所持する人が多く、この人たちがいわゆる正義にめざめて顕正会に移籍してくる時はその御本尊を携えてやってくるのだ。場合によっては、それがそのまま顕正会の自宅拠点になることもあった。

たぶん、今では考えられないだろう。

つまり、あの平成十六年の宗門諫暁を前後して、顕正会では日達上人・日顕上人の御本尊の撤廃が行なわれたのである。

簡単に書くつもりが、けっこう詳しくなってしまった。まさに上述のことが大問題なのだ。このことは道理文証現証の上から明確に言えることで、すなわち大矛盾である。

結論を書こう。

顕正会が宗門を諫暁すること自体は問題がない。これは昔からの首尾一貫した姿勢である。だが、しかし、そこには自ずと節度が求められるはずで、その節度を失ってしまったのが今の顕正会の姿なのである。

巌虎さんが不思議がられているが、私は顕正会バーズ氏のブログはもっと不思議に思うね。

これについても書いておこう。

ある程度タイミングよく来る?「組みやすい論客」などは何だろうね?検索で来るのかな?

バーズ氏は今のインターネットの世界では完全にマイペース派であって、仕事や顕正会の活動を等閑にしてまでブログに熱中するというような、そんな本末転倒の愚を犯す人ではないのだ。ゆえに、たまに議論を吹っ掛けに来る人もいるけれども、いつ返事があるともわからないので彼らも張り合いがないのだろう。ある意味、バーズ氏もそれを承知していて、半ば意図的に時間差攻撃を行なっているフシがあるのだ。もしこれが事実ならば、コメント投稿者よりもブログ主のほうが圧倒的に有利である。

褒め言葉として、バーズ氏にはそうした老獪さがあるのだと思う。

2014/9/30  16:54

投稿者:関の山
以前、顕正会員バーズさんのブログに紹介された「司法に断罪された創価学会」著者乙骨氏には、実はこのようなアンチ意見がありますので、ご参考にどうぞ。

http://otukotu.s15.xrea.com/otukotu/

2014/9/29  21:42

投稿者:のび太

お久しぶりだす。

10人程の会員と教学のお勉強をしてました。

http://www.seikyoonline.jp/news/top/1214842_2118.html

2014/9/28  17:17

投稿者:関の山
天邪鬼さん、お返事ありがとうございます。

あのよっぴん氏、現代仏教学や紫水晶?のオカルト論のコメンターはサイトもありますので「自演」は無いとおもいますが、タイミング良く?現れる学会系?コメンターなどは怪しいですね? 謀略的?コメンターに攻撃されてるぞ、とのストーリー作りでしょうかね?
IPが一緒の反論も自演なら仲間やネッカフェ使えば、まあ・・・関係ないでしょうね。
軍楽さんなどはどうでしょうね?

以上は世間的には「そう?だから?それがどうしたの?」程度ですが
警察関係や創価学会やサイバーエージェント社への挑戦的挑発、おちょくりはかなりまずいとおもいますね。
しかも、学会のスパイ?男女が2百万円貰ってスパイ
したや、神奈川県警の警部補が顕正女子会員に痴漢したや、某校長の収賄の匂わせ、サイバーエージェント社やアメーバへの悪口、F社長への悪口暴言などは言論の自由の度を越してると思いますね。
彼一人でなく、顕正会本部の監督責任も問われる恐れも
あると思いますね。心配になります。

尚、下記のニュースが気になりましたのでご参考にして下さい。

http://news.livedoor.com/article/detail/9298771/?http://news.livedoor.com/article/detail/9298771/

2014/9/26  9:19

投稿者:天邪鬼
関の山さん、こんにちわ。

こちらの管理者さんは、敵を作らない主義ですので、バーズさんのことも本音は聞けないと思いますよ。

あのブログは沈黙の勝者をきどってますが、実は何にも知らない人で、いまだにアチラコチラに反論保留して放置というケースが山ほどあります。

恥のかきっぱなしが多いですが、ようするに相手を見て、やっているんです。
時々タイミングよく出てくるコメンターは自演ですよ。

2014/9/25  13:18

投稿者:関の山
そうだろうか?
半ば意図的に時間差攻撃を行なっているのだろうと、老獪だろうと下記のブログ記事はかなり問題あるのじゃないかな?

サイバー警察の警官が「アメーバは使わない方がいい、アメーバは評判悪い」と公務員の警官が一企業(サイバーエージェント社)の営業妨害、名誉毀損じみた事を電話で言った?

乙骨某氏なる反学会本を使った一方的勝手推論、欠席裁判状態、F弁護士への確証無き誹謗。
そして佐倉某氏なるアンチ乙骨著書を紹介して「このような意見もあるが」との公正さの無さ。

学会員の沖浦さん、んっ?さん、どう思われますか?

あとあの公安警察への挑戦じみたブログは、もしも公安警察が怒って、顕正会本部に厳重抗議でも来たら本部に迷惑かける事になり非常にまずいよね?

読者の方々、いかが思われますか?

http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-683c.html

http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-091e.html

http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-dbf4.html

2014/9/24  8:01

投稿者:沖浦克治
 東日本の範囲です。
 
 「一般には北海道・東北地方・関東地方の1都1道12県を指す。[1][2]
 広くは中部地方も含め[3]、狭くは北海道のみを「北日本」[4]さらに狭くは東北地方も「北日本」に含め、関東地方および中部地方のみを指す場合もある[5]。
 地質学の分野では、フォッサマグナの糸魚川〜姫川・青木湖・松本盆地・塩尻・釜無川・早川・富士川以東を東日本とする[6][7][8]説もあれば糸魚川静岡構造線以東を東日本とする説もある。」
 
 諸説ありますが、概ね日本の東半分です。
 
 原発が重大事故を起こすと、最悪でこれだけの範囲に人間が住めなくなる。
 吉田発言はそれを証明しております。
 
 ギリギリの修羅場での発言には、嘘偽りや、今後のための予防などが入る余地がありません。
 小出助教が言いました。
 
 「原発は機械です。
 機械は必ず故障します。
 操作するのは人間です。
 人間は必ずミスを犯します。
 ですので全ての原発は、何時か必ず重大事故を起こします。」
 
 至極当たり前のご意見ですし、万人が納得出来ます。
 機械が故障せず、人間がミスしないなら、飛行機が落ちる道理がない!!
 
 飛行機事故は何百人の犠牲。
 原発はそれが何千万人単位。
 
 この当然の道理すら理解できない愚か者たちが政治やってます。
 
 最悪ですよ。

2014/9/24  8:00

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 原発再稼働で、合意を得ねばならない自治体の範囲ですが、東電福島原発の吉田所長が書いています。
 
 あの時東日本は終わったと思った。

 東日本の範囲が1000キロなら、半径500キロ圏内の自治体の全ての承認がいることが当然です。
 その中の市町村で、一つの反対があっても稼働させない。
 そう言うルールを持って検討する。
 マンションの建て替えには全住民の合意が必要です。
 今は少し緩和されようとしております。
 以下抜粋。
 
 このため国土交通省は、耐震性が不足している老朽化したマンションの建て替えを促すため、取り壊す場合の要件を、現在の「全員の合意」から「入居者の8割の合意」に緩和することにしました。
 〜引用終わり〜
 
 マンションですらここまで厳しい合意が要る。
 原発ならこの1万倍は厳しくて当然です。

2014/9/23  19:33

投稿者:ユタ
 こんばんは。

 「限界に挑戦」してください。
 東海道新幹線も最高速度270kmから300kmへの引き上げを検討していますし、東北新幹線も300kmの限界越えに成功し、“はやぶさ”が320km運転をしています。
 顕正会の限界は……200万人でしょうか。

 新幹線の速度を上げるよりも難しい数字……ですかね。
 因みに開業当時の東海道新幹線の最高速度は210kmでした。

 すいませんね。いきなり新幹線の話をしだしてしまいまして。
「限界に挑戦」のタイトルが、何故か新幹線の速度を上げるイメージに結び付いたもので……。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ