2014/10/9

五万人結集の欺瞞について  
昨夜の、のび太氏のコメントは、かなり悪質である。出典不明の文章を貼り付けているわけだが、これはもう悪意丸出しの文章と言わざるを得ないだろう。とりわけ最後の部分が問題だ。

最近の公的(幹部会や、顕正新聞には載らない)な場ではない所での浅井の指導の中には、会員を多く拡大するには多少の犯罪行為は気にするな、拡大せよとの指導もあったと聞きます。

まず、どうでもいいことから書くと、ここはアホ丸出しの文章である。ようするにカッコ書きの位置が不適切なのだ。

最近の公的(幹部会や、顕正新聞には載らない)な場ではない所での・・・

最近の公的な場ではない(幹部会や、顕正新聞には載らない)所での・・・


上段が原文、下段がわたくし流の修正案だ。わたくし流とは書いたものの、おそらく一般の教育水準に達している人ならば、誰だって同じように書くだろう。

それはともかくとして、問題は続きの部分にある。再掲しよう。

会員を多く拡大するには多少の犯罪行為は気にするな、拡大せよ・・・

これも余計なこと書いておくと、多く拡大するはヘンだろう。こういうのを重複表現という。

それはともかく、この筆者は挙証責任を果たせるのだろうか?

彼は浅井先生が上掲のような発言をしたと言っているわけだが、それをいったいどうやって証明するのだろうか?

誰かから聞いたのだそうである。いったい、いつ、どこで、どのようにして、聞いたのだろうか?

幹部会や顕正新聞には載らないということは、きわめて上層部のごく少数の大幹部を対象にしての発言と考えられる。おいおい、本当かよ、と言いたいところだ。もし彼の言っていることが本当ならば、大幹部の中にスパイがいることになる。これは凄いことだ。

ここまで書けば充分だろう。

たぶん顕正会本部としては一々相手にしていたらキリがないので放置するだろうが、もし法的に訴えられたら大変なことになるだろう。その覚悟があって書いているのかどうか、何も考えずに書いているのならば、即刻撤収されたほうがよろしかろうと思う。

このように、わたくしが強気でいられるのは、実に簡単な話である。本当のことしか書かないからだ。

かつて顕正会の中にいて経験したこと、そして今は顕正新聞の中から、問題点を抽出して批判を書いているわけである。だから逆に、ガセネタだとか不確かな伝聞だけでいい加減なことを書いているのを見ると、オマエ何やってんの? と言いたくなるのだ。

さて、そこで今日の話題であるが、せっかくなので男子部大会のことを書こう。最初にわたくしの結論を書いてしまうが、あえて太字で書く。

壮大なる詐欺

顕正新聞第1321号は「男子部大会」特集号と銘打たれている。なかなか充実した紙面であり、読み応えバツグンであるが、しかし、褒めてばかりはいられない。結論は上掲のごとくである。

まず、すでに周知のごとく、五万結集はウソである。当該会場にはそこまでのキャパシティはない。では、具体的には何人集まったのかであるが、それはわたくしの知ったことではない。わたくしの知り得ることは顕正新聞の記述からである。

立正安国の熱情たぎる五万男子部大会

この日、会長・浅井先生のもとに馳せ参じた男子精鋭は実に五万人。

満場の五万男子も心は一つ、

日本はもとより海外十四ヶ国からも馳せ参じた五万男子の

五万男子は命の底から同心し、

先生の烈々の気魄は五万男子の魂をゆさぶった。

五万男子が総起立。


第一面から、五万をキーワードに拾い集めたものである。ぜんぶのページから集めようと思ったが、断念した。もうこれだけで充分だろう。

一つだけ五万人となっているが、あとはことごとく五万である。これはやはり多少は後ろめたい気持ちがあるのかもしれない。五万人と言ってしまうと、五万キッカリを意味するような印象が強い。一方、五万男子の表現はややアバウトさがあって、切り捨て・切り上げが許されるような印象がある。

いや、もちろん、そんなのはオマエの勝手な印象に過ぎない、と言われればそれはそのとおりだろう。

では、聞きたい。五万、五万と言うが、では本当に五万キッカリだったのかと。

そんなことはあるまい。たぶん、切り上げの数字である。切り捨てであることは考えられない。なぜなら、その場合は五万突破だとか五万有余などと書くはずだからである。

また、もし仮に五万キッカリだったとしたら、その不思議を強調するに違いない。わたくしならば、大人数ゆえに誤差はあるかもしれないが集計の結果が五万丁度だったことは不思議の一語に尽きる、みたいなことを書くだろう。

以上、実際の結集が三万人だったのか四万人だったのか、わたくしにはまったくわからないが、五万人に達していないことは確実だろう。これが壮大なる詐欺の一局面である。

そして、壮大なる詐欺にはもう一つ、重要な局面がある。それがどこにあらわれているかと言えば、それはまさに会長講演である。

詳細は次回に譲りたい。

2014/10/10  22:29

投稿者:ユタ
 のび太さんへ。

 こんばんは。そういうことだったのですね。
 いくら中立を装うとも、厳虎さんは明確に脱会の意思
を示したわけではないので、やはり現役の顕正会員なん
ですよ。
 だからどうしても顕正会擁護に回るのは、致し方無い
ことだと思います。
 で、ましてや、のび太さんは学会員でしたね。
 学会員に対しては牙を剥くのが、顕正会員というヤツ
ですから。気にしたら負けですよ。

 まあ、これで厳虎さんが宗門に牙を剥いたら、一応は
迎撃しないといけないのがめんどくさ……あ、いや、も
とい、大変ですが。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2014/10/10  21:47

投稿者:のび太

関の山さん、ユタさん、権兵衛さん、こんばんは。

悪質なコメンテーターのび太です。(笑)

私に言わせると巌虎氏こそ悪質なブロガーです。何が悪質かというと、中立を装い顕○会擁護の論評をすることです。権兵衛さんの指摘のとおり瑣末な批判はするが、より本質的な問題から目をそらす論点ぼかしです。
浅井氏を頂点とする顕○会の反社会的犯罪の数々、勧誘ノルマに明け暮れる顕○会員の独善的人命軽視など本質的な問題には批判ではなく、擁護をします。
このような、中立を装いながら、実は顕○会親派!
これを看過すると、顕○会に対する社会的批判を中和させてしまうのです。本当に日本が滅びてしまいます。
みなさんが感じる顕○会に対する疑問や矛盾を声に出していきましょう。ではでは、

2014/10/10  9:54

投稿者:権兵衛
いつもと違って、書き出しは顕正会擁護の論調でしたが、途中からバランスとって五万人批判に書き進めておられる。そしていつもの是々非々論で結構なことです。

さて、前回記事でコチラで問題視しているあのブロガーは、他人には常識を強いる割にご自分は原理主義で、自己チュー全開でヘンですよね。そして巌虎氏も。

>日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ
日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ
これが顕正会の主義主張だからである。

こんなこと思想信条の自由だと書いてしまうコチラも似たり寄ったりですが、顕正会の運動や未成年勧誘や逸脱した監禁などが社会的に問題になっているので、皆糾弾し問題視しているんではないですか?

某ブロガーが自然現象をカルト的に説明するのもどうかと思いますが、それを思想信条だと擁護する管理人さんもおかしいですよね。

>拙ブログの愛読者ならば、わたくしがそんな人間ではないことは百も承知のはずである。

こうやって同じ会に属しているのに、私は現役顕正会員だが、顕正会の運動とは是々非々、とやらは、まるで「クレタ人のパラドックス」のようです。そしてあなたが不思議と庇うバーズ氏はこんなことも過去にやっていますね。

ttp://plaza.rakuten.co.jp/sanmon77/diary/201410090000/

ブリトー石橋と書いてますが、コレは現バーズ氏です。どういう経緯で論争になったのか分かりませんが、自分が「顕正会をガツンと破す」という某HPのコンテンツを破折できない(忙しいと言ってますが、時間は腐る程あるでしょう)ので、人に頼んで書かせるってどういう人なんでしょう?潔く負けを認めれば済む話です。

結局その後に頼まれた人も参加してないので目的は果たせなかったようですな。

2014/10/10  7:55

投稿者:ユタ
のび太さん、おはようございます。
差し出がましいことを、申し訳ありませんでした。
すいませんが、あれというのは何でしょう?
「多く拡大する」という表現のことですか?
私なら、「更に拡大する」と書きますが……。そういうことじゃない?

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2014/10/9  23:20

投稿者:のび太

ユタさん、こんばんはのび太です。

あなたの提案された文章がよりスッキリしてますよ。(笑)
〜でないという否定までカッコで括るより、「公的な場」を規定するカッコのほうがおしゃれです!(笑)

それとね、ユタさんずるいよ!アレを指摘しないの?
これだけ国語的なイチャモン付けてこれだよ?

オイラもこれ以上、悪モノになりたくない!!!

では、また (笑)

2014/10/9  20:27

投稿者:ユタ
 こんばんは。

>最近の公的(幹部会や、顕正新聞には載らない)な場
ではない所での・・・

最近の公的な場ではない(幹部会や、顕正新聞には載ら
ない)所での・・・

 僭越ですが、私なら、
「最近の公的な場(幹部会や顕正新聞紙上)ではない所
での……」
 と書きます。
 まあ、どうでもいいことですね。

 あと、浅井会長の指導ですが、私が脱会する数年前か
らは、
「そんなに無理な活動をしないように」
 といった感じの内容だったと思います。
 しかし一部の幹部は、
「浅井先生の御心を察するに……我々は先生の御言葉に
甘えることなく、これまで通りの熱戦を……」
 などと勝手に深読みして、却って会員を煽るからおか
しいんですよ。
 あ、ソースはありません。
 私が実際に集会に参加した時の話なんで。
 会長も去ることながら、この洗脳幹部達をクビにした
方が団体も良くなるんじゃないですかね。
 偉そうなことを言いましたけど、私は幹部になりませ
んよ。
 横から野次飛ばしてる方が楽なんで。

http://blog.goo.ne.jp/localfor

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ