2015/1/27

本年最初のサイテー  
ユタ氏の読み筋どおりに更新するのがシャクではあるものの、そろそろ話をまとめないといけないだろう。前回の特別企画は、全体の反応はそれほどでもなかったが、ごく少数の人たちの間で大いに盛り上がった模様である。わたくしとしては満足できる結果を得られたと思っている。

結論を言おう。沖浦氏の敗北である。

このロジックは実に単純明快であり、おそらくは誰も反論できないと思う。以下、そのことを説明しよう。

神社参詣の是非ということで、わたくしは過去の創価学会の見解を折伏教典から引き出してきた。沖浦氏はこれに対して、昔のラブレター理論で対抗しようとした。また、んっ?氏とのやりとりの中では、御書を長々と引用して自説を正当化しようとした。

まず、御書の引用自体がナンセンスである。あえて語弊を承知で言えば、この際、大聖人は関係ないのだ。大聖人が何をおっしゃろうが関係ない。なぜならば今は創価学会の見解を問うているからである。

ところが沖浦氏はそれに何も答えられなかった。

・・・会則の教義条項にいう「御本尊」とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大謗法の地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません。

現物を確認していないけれども、これが十一月八日付の聖教新聞に掲載された原田会長の発言だそうである。創価学会は戒壇の大御本尊に対する態度・姿勢を変更した。つまり、折伏教典などに見られる過去の見解とは異なるわけである。

ここで沖浦氏の常套手段がいわゆる過去のラブレター理論なのである。

いちおう、この理論を正当なものと認めよう。そう、認めるのである。

では、神社参詣の是非はどうなのか、である。問題はくだんの理論を神社参詣の是非に援用できるかどうかなのだ。

ここで気がつかなければいけない。

わたくしは過去の創価学会の見解を出した。その上で現今の創価学会の見解を問い質した。神社参詣の問題についてである。ところが沖浦氏はこれにまったく答えていないのである。

過去のラブレター理論は、過去と現在との相違を前提に成り立っている。ようするに現在を正当化するために、過去は関係ない、過去のラブレターを持ち出して別れた相手のことをとやかく言うのはみっともない、などと言い放つわけなのだ。

戒壇の大御本尊に対する態度・姿勢においては、まさにそのとおりかもしれない。しかし、神社参詣の問題は話が別である。ゆえに、まずは現今の創価学会が神社参詣を是としていることの文証を示さなければいけない。ところが沖浦氏はその作業すらしていない。これでは話にならないだろう。

しかもである。再掲しよう。

大謗法の地にある・・・

この表現は実に重い。創価学会は今も謗法厳禁の精神を堅持している。たぶんタテマエではあるのだろうけれども、公式に言っているわけだからきわめて重要な発言である。これは日興上人の身延離山の精神にも通じるところかもしれない。

だとすれば、沖浦氏の日興上人批判は完全なる逸脱となるだろう。

そもそもが、謗法厳禁と神社参詣禁止はその精神において通底する。ゆえに過去の創価学会は神札を焼いたり、その他、種々の謗法払いを行なってきたのである。たぶん今はそれも相当に緩くなっているのだろうけれども、上掲のごとく、大石寺を大謗法の地と言い放つくらいなのだから、謗法には厳格なのである。たとえそれがタテマエであっても、公式見解であることに変わりはない。

よって、現今の創価学会が神社参詣を是とする何か決定的な文証が示されない限り、沖浦氏の敗北は確定である。繰り返し言うが、この場合、御書は関係ない。あくまで創価学会の見解を聞いているのである。

それはさておき、んっ?氏にもクギを刺しておかなければいけない。

これは本人も重々承知していることであり、わたくしのような外部の人間からは言われたくないだろうけれども、しかし、言っておかなければならない。ようするに創価学会が相当に変質してきたことは動かざる事実なのである。先ほど、タテマエという言葉を使ったのも、その伏線の意味を込めてだった。

実際、正信掲示板では次のような発言が見られる。

[13639] RE:神への信仰 Name:よしりん 2015/01/10(土) 07:41

広宣流布大聖堂に行った折りに
せっかくの東京なんだから
明治神宮にも参拝してきた。

大阪のような「いやらしさ」のないところが、
東京のいいところ。
大阪より、日本的?なところは、魅力的である。

[13640] おまけ Name:よしりん 2015/01/10(土) 07:52

無論、靖国神社にも参拝。

先人の尊い犠牲のもとでの今日の繁栄
報恩感謝するのは

当然の話である。


よしりん氏ですら、このテイタラクである。いわんや、それ以下においてをや、であろう。

わたくしの見るところ、よしりん氏は過去の創価学会に対する憧憬のようなものを持ち続けていて、他の創価学会員とは一線を画する孤高の存在のようなところがある。実際、ネット上では他の会員たちとあまり交流していない。正信会系の掲示板をホームグランドにしていること自体が、それを証明しているようなものである。いずれにしても古きよき時代の創価学会に憧憬を懐く点で、悪く言えば過去に縛られていることにもなるが、良く言えば一貫性がある、筋が通っている、筋金入りの信心、というようなことになる。

そのよしりん氏ですら神社参拝を肯定している。もはやこうなると大多数の創価学会員が同様なのだろう。これが現在の創価学会の実態なのだろうと想像されるわけだ。

話をまとめよう。

創価学会は謗法厳禁の精神から神札を焼きその他の謗法払いを行なってきた。いちおう今もその精神を堅持しているようには見えるが、それはあくまでタテマエであって、現実には相当に軟化している。おそらく現時点では態度保留ということなのだろう。さすがに謗法解禁みたいなことを公式に宣言するわけには行かないだろうから、このままアイマイにしたままで過ごすのかもしれない。

2015/1/31  21:20

投稿者:蝸牛
沖浦克治さん。

御回答ありがとうございます。

>  私は52年創価学会にいて、昭和37年の入会です。
>
>  当時は縦線と言って、遠隔地の方も同じ組織でした


ああそうですか。私も昭和37年の入会です。まあ親が入
信したもんで、まだ小学校にも行く前でしたが。

>  当時、法華講員の事を、旧信徒と呼び、折伏しない
方がなので、創価学会で掌握し私どもの組織に付けてい
した。

>  観念文の確か四座だと思いますが、祈念し奉る天皇
陛下帰依(記憶が定かではありませんが、概ねこういう
意味です)などと言うものもありました。

そういうことですか。時代によって経本が変化している
というのは知っておりますし、当然のことです。

ですから、個々人が自分の持っている経本で、勤行をす
るということは有りうることはわかります。ただ、それ
が、組織として「統一されていない」ということとは違
います。

末寺によって勤行が勝手次第のようにおっしゃったのか
なと思いまして、そんなことがあったのかお聞きしまし
た。私の読み違いだったのでしょう。

私の実家にも複数の時代の経本がありました。

時代に合わせて、組織は経本を発行すると思います。そ
れを無視して、勝手に末寺が自分たちの経本を作るとい
うことは、ある程度発達した組織ではありません。創価
学会が出現する前から経本は発行されていました。

>  方便品の長行もあったりして、バラバラでしたね。

化儀といわれるもので、執行主体にまかせられている部
分というのはあったのかもしれません。でもそれは、最
終的には管長・法主の許可・認可のもとになされている
ものでしょう。それを無視して行われると最終的には擯
斥処分を受けるということになります。

方便品の長行が掲載されている、日蓮正宗の経本という
のを御覧になったことがあるのですか。いつ頃発行のも
のだったのでしょう。

>  私は自分の体験した事実を書いているだけですよ。

ですから、その事実の根拠をお尋ねしているわけです。

>  草創の大先輩から教わったことですので、興味がお
ありならご自分でどうぞ。

沖浦克治さんが書き込みをされたので、沖浦克治さんに
お聞きしたわけです。

2015/1/29  10:44

投稿者:関の山
巌虎さん、こんにちは。

日興門流には神社の扱いは、真偽未定や偽書ですが


1、大石寺の大坊棟札(偽書?)裏書文書中「三堂並びに六万坊」 

2、北山の三堂、垂迹堂棟礼(偽書?)「御影堂、本化垂迹天照大神宮、法華本門寺根源」

3、保田の秘書(真偽未定)「天王鎮守の神ひ」

他に家中抄?文書中に「大黒の切り紙、日文字の系図」など不思議な文献?がありますね。

それと、かつては大石寺内にも天王堂なる神社?があったようですね。

大石寺近辺の寺社内の「山の神板本尊」なる写真を、とある本にて見た事があります。




http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10102386300






2015/1/29  8:31

投稿者:大沢克日子
沖浦さんにお詫びです。

電車の中でパッとみて瞬間的に「小保方さんみたいなことをやめろ」とコメントしましたが、他人のブログを引用していたのですね。

失言でした。
申し訳ございません。
お詫び申し上げます。

2015/1/29  8:20

投稿者:大沢克日子
沖浦さん、「資料を提示しておきましょう」って、出典を挙げずにネットで必死に検索して他人の物をコピペするようなことはやめましょう。

実は私、正月に少し時間があって、その人の記事を閲覧していました。

「へー、そうなんだ」と思って見ていた(何かの資料になるかと思って携帯に保存していた)のですが、全く同じ資料を出典を示さずに提示するのは違反ですよ。

小保方さんのような真似はやめましょう。

んっ?さん、沖浦さん、私はそういう情報を踏まえた上で、御観念文の大事について「こんなに凄いことだったのか」と考えを改めて、勤行の折念じているのです。

何を言っているのかわからないでしょうが。

2015/1/29  7:52

投稿者:沖浦克治
 今朝の聖教新聞読みました。
 
 4面に、会則の教義変更に関する解説が載っています。

 明快に書いてありますが、

 本門の本尊とは大聖人御図顕の全ての本尊で(十界曼荼羅と言う表現です)、戒壇本尊もそれに含まれるが、戒壇本尊のみが本門の本尊ではない。

 概ねこういう意味です。

 漸く創価学会の教学も、私に追いつきはじめましたね。

 功徳〜〜〜。

 ああ〜〜それとんっ?さんや・・・・

 これで創価学会は身延の本尊も力を認めたのです。
 今後は発言に注意しましょうね。

 まして、弘安二年の御本尊につながらなければ他の本尊は一切力用を発揮しないとなどとする宗門の独善的な本尊観は、大聖人仏法に違背するものであることは明白である。

 以上が創価学会教学部の公式見解です。
 今後は弁えましょうね。

2015/1/29  6:57

投稿者:沖浦克治
 ここに色々ありますよ。

 http://blog.livedoor.jp/naohito_blog/archives/51890500.html

 創価学会が勤行を短くした時、宗門はおおさわぎでしたね〜〜。

 自分たちがコロコロ変えてたのは良いのかな??

2015/1/29  6:54

投稿者:沖浦克治
 資料を提示しておきましょう。

 http://livedoor.2.blogimg.jp/naohito_blog/imgs/d/c/dcb5743b.jpg

 四座 

 奉祈念天皇陛下護持妙法爾前迹門之謗法退治一天四海本因妙廣宣流布大願成就御祈祷の御為に

 とありますが、今の法華講員の方々が全員この御観念文を使用されておられるなら、日蓮正宗の勤行は変化していないと言う傍証になります。

 お一人でも、これを御観念文でやっておられないなら、日蓮正宗の勤行が変化している確証です。

 どっちかな??

2015/1/29  6:31

投稿者:沖浦克治
蝸牛さん、おはようございます。

 私は52年創価学会にいて、昭和37年の入会です。

 当時は縦線と言って、遠隔地の方も同じ組織でした。

 移籍は困難で、私がいた兵庫支部の湊川地区では、四国から転居された方が一所帯そういう例がありました。

 当時、法華講員の事を、旧信徒と呼び、折伏しない方がなので、創価学会で掌握し私どもの組織に付けていした。

 当然地区にも数人がおられ、それぞれ所属寺院が異なっていて、教本を見せて頂きましたが、それぞれに異なっていました。

 観念文の確か四座だと思いますが、祈念し奉る天皇陛下帰依(記憶が定かではありませんが、概ねこういう意味です)などと言うものもありました。

 方便品の長行もあったりして、バラバラでしたね。

 今はもう手元にありませんが、貴方に求道心がおありなら、調査されればいいでしょうね。

 私は自分の体験した事実を書いているだけですよ。

 御受戒も同じです。

 草創の大先輩から教わったことですので、興味がおありならご自分でどうぞ。

2015/1/28  22:37

投稿者:蝸牛
蝸牛と申します。以前少し書き込みをさせていただきま
した。

沖浦さんは、以下のようにお書きです。

>  少し事実を提示しておきましょう。

「事実」とおっしゃってます。いわゆるエビデンスをお
持ちのようなので、お尋ねします。

>  先ず御観念文ですが、日蓮正宗に統一された勤行の
形式が出来たのは、戸田先生が折伏大行進をなされ、信
徒が激増した時からです。
>
>  それまでは、末寺によって勤行の形式は異なってい
ました。

異なっていたという証拠をお持ちのようですのでそれを
示してください。

>  経本も当然異なっていましたので、統一された御観
念文はありません。

どのような経本があったのでしょうか。具体的にどのよ
うに異なっていたのか、その内容を教えてください。あ
るいは異なっていたという経本の画像などを示していた
だけるとありがたいです。

>  戸田先生が、
>
>  勤行が末寺で異なると、創価学会員が困るから。
>
>  と、時の猊下にお願いして、現行の方式に統一され
たのです。

えーと、戸田さんがそのような発言をしたという記録が
あればありがたいです。もしかして戸田城聖全集にある
のでしょうか。あれば教えてください。

>  御受戒も、創価教育学会当時、牧口先生が、
>
>  儀式も何もなしに御本尊だけ渡すのは、あまりに値
打がない。
>
>  と宗門と話をされて、現在の形式になりました。

それも出典がどこか教えてください。

2015/1/28  20:30

投稿者:沖浦克治
今晩は、

 少し事実を提示しておきましょう。

 先ず御観念文ですが、日蓮正宗に統一された勤行の形式が出来たのは、戸田先生が折伏大行進をなされ、信徒が激増した時からです。

 それまでは、末寺によって勤行の形式は異なっていました。

 経本も当然異なっていましたので、統一された御観念文はありません。
 戸田先生が、

 勤行が末寺で異なると、創価学会員が困るから。

 と、時の猊下にお願いして、現行の方式に統一されたのです。

 御受戒も、創価教育学会当時、牧口先生が、

 儀式も何もなしに御本尊だけ渡すのは、あまりに値打がない。

 と宗門と話をされて、現在の形式になりました。
 日蓮正宗は、そう言うレベルの宗派だったのです。
 
 よく日蓮正宗は、他宗を異流儀と言いますが、当時は統一された流儀すらない宗派でした。

 こういう事実をキチンと認識なさるべきでしょうね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ