2015/2/18

曼荼羅道具論の終焉  
前回のコメント欄では白熱した議論が展開された。参加者こそ少ないものの内容的にはけっこう充実した議論だった。

その結果をズバリ言おう。沖浦氏の負けである。

んっ?氏の最初の一撃で勝負がついた。そこで沖浦氏はノックアウトされた格好である。

実は一年ほど前にも似たような議論があって、わたくしもあれこれと書いた。興味のある人は一昨年の暮れに遡って拙稿をご覧になられるとよいだろう。当時は学会未活動者という名乗りの人物が盛んに投稿していたが、ある日突然のごとく、消えてしまった。

物体本尊は本尊にあらず・・・

彼はこんなようなことを主張し続けていたわけだが、おそらくは己の間違いに気がついたのだろう。そこで消えた。

ところがその片棒(?)を担いでいた沖浦氏は、相も変わらず自説に固執し続けている。彼の曼荼羅道具論は事実上の破綻を来たしているにもかかわらず、ここに来て、再び持ち出してきた。

 曼荼羅は出世の本懐でも、三大秘法でもありません。
 私共が信心をするための道具です。


これに対する、んっ?氏の反論が秀逸だった。

2015/2/16 10:21
投稿者:んっ?
「百界千如は有情界に限り一念三千は情非情に亘る,
 不審して云く非情に十如是亘るならば草木に心有つて
 有情の如く成仏を為す可きや如何,
 答えて曰く此の事難信難解なり天台の難信難解に二有り
 一には教門の難信難解二には観門の難信難解なり,
 其の教門の難信難解とは一仏の所説に於て
 爾前の諸経には二乗闡提未来に永く成仏せず
 教主釈尊は始めて正覚を成ず法華経迹本二門に来至し給い彼の二説を壊る
 一仏二言水火なり誰人か之を信ぜん此れは教門の難信難解なり,
 観門の難信難解は百界千如一念三千非情の上の色心の二法十如是是なり,
 爾りと雖も木画の二像に於ては外典内典共に之を許して本尊と為す
 其の義に於ては天台一家より出でたり,
 草木の上に色心の因果を置かずんば
 木画の像を本尊に恃み奉ること無益なり」(観心本尊抄)

「道具」などではない! 「非情」といえども「仏」!
誰かさんは,「道具」に帰命するのか?


結論を言えば、沖浦氏の曼荼羅道具論は易信易解の爾前権教にカテゴライズされる、ということだ。

別の言い方をすれば、沖浦氏には曼荼羅御本尊が仏様の当体であることがわからない、紙や板に認められた御文字が仏様の当体であることがわからない、とてもじゃないが信じられない、文字通りの難信難解ということなのだ。

それから蝸牛氏が常に念頭の置いているであろう、次の御書も重要である。

一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり。当世の習ひそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり。

これも観門の難信難解を仰せられたもので、まさに絶妙の御表現であられる。

沖浦氏にとっては、御本尊を道具としたほうが信じ易く解し易いのだろうけれども、それでは易信易解の爾前権教と見なされても文句は言えまい。習い損ないと揶揄されるのもムベナルカナだ。

以上、今回のポイントは易信易解・難信難解である。このキーワードを避けて百万言を費やしたところで、無意味である。もし自分は負けていないと思うのならば、これに正面から取り組むべきだろう。

今日はこれで終わりにしよう。実は体と用の関係について考えていたのだが、頭が悪いものだから考えがまとまらなかった。

2015/2/20  7:39

投稿者:通りすがり
おはようございます、レスありがとうございます

>貴方も他人のあら捜しより

そちらのお祖師さんにあの世で教訓してあげてください。
私は文学経典の法華経には興味はありません。

2015/2/20  7:06

投稿者:沖浦克治
 通りすがりさん、おはようございます。

 書き込みが前後しましたが、

 貴方も他人のあら捜しより、ご自分の生活の良い事や喜ぶが書けると良いですね。

 では、又・・・・

2015/2/20  7:04

投稿者:沖浦克治
 昨夜、秋田のワールドカップへ行く選手のエッジチューンを致しました。
 
 何とか成績を出してほしいと、祈りを込めてエッジ触りました。
 
 板は凄く良くなったとおもいますが、後は本人の運と技術です。
 
 何時もこうやって生徒をワールドカップへ送り出しますが、その度に祈るしかない自分の無力さを知らされます。
 
 でもね、こういう生徒たちが頑張っている。
 
 私もアスリートとして沢山刺激を頂きます。
 
 コーチ冥利に尽きます。
 
 幸せですよ。

 功徳って、こういうふうにも出るんですね。

2015/2/20  7:01

投稿者:通りすがり
またダラダラとご自分の脳内規約を垂れて言い訳なさってらっしゃいますね。
それが己心の創価学会の教義なんですか?

私はあなたの個人的な教義話など興味ありません、こういう人のブログで記事に関係のない自慢話するのは迷惑だからやめましょうと言ってるだけです。

管理人さんもやんわりと御退出を示唆されているのが、読めませんか?
ご自分のブログとか掲示板で存分に自慢なされればいかがでしょうか。

>貴方は功徳とは六根清浄と言われた。
 では、貴方ご自身の六根清浄はどういうふうに、現実の貴方の人生に顕現していますか?

誤解されてますね、わたしが言ったのではありません。
よく読んでくださいね。2015/2/19 6:31の投稿文です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日蓮さんの遺文では

功徳とは六根清浄の果報なり、所詮今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は六根清浄なり、されば妙法蓮華経の法の師と成つて大なる徳有るなり、功は幸と云う事なり又は悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり、功徳とは即身成仏なり又六根清浄なり(御義口伝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

老眼がだいぶ進んでおられるようです、一度眼科に行って検査してもらいなさい。
あなたが同列とみなしている日蓮さんの言葉ですよ。日蓮さんの生涯で六根清浄が獲得できたかどうか、そんなことは知りません。最後は温泉湯治に向かう願いも空しく池上で没しましたね。

温泉治療にも行けない現世利益だったようです、もっと詳しく知りたければあの世に行って日蓮さんに聞いていてください。

>修羅の境涯です。良くないですね。

貴方のお祖師さんはアラ探しの名人でした。善導然り法然さんのこともそうですね。
特に法華経に書いてもない事を遺文で多く捏造されてます。貴方の指摘であれば修羅なんですね。だとすれば御本仏とかよく言えますね。

2015/2/20  6:43

投稿者:沖浦克治
おはようございます。

  最近苦手のスラロームが良くなって来ました。
 
 GS、相当期待できます。

 功徳〜〜〜〜!!

 功徳でてるんですから、曼荼羅が道具だと信じて唱題しても、仏様と信じて唱題しても、結果に変わりがないことが、大聖人仏法の最重要事である現証で証明されていますね。

 私も昔は戒壇本尊本懐を固く信じ、御本尊は人間の命より大事だと教わって、それを信じて唱題しておりました。

 その時も沢山功徳を出しましたよ。
 そして現在は、戒壇本尊本懐論は邪義と見破り、御本尊は道具だと知って唱題し、同じく沢山功徳を出し続けています。

 この現証はどうしようもありませんね。

 『日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず、』
 (三三蔵祈雨事)

 この御文否定するなら、大聖人門下辞めるべきです。

2015/2/19  18:55

投稿者:沖浦克治
 通りすがりさん、今晩は
 
 私は保身のために信心をしたことは一度もありません。

 世界選手権で2度、アジア大会でも1度勝ちましたが、全ては創価の信心の正しからんことを、アスリートとして勝利の実証をもって証明したかったからです。

 世間で勝てない人間が、世間の信頼を得ることは出来ません。

 地涌の菩薩を名乗るなら、どういう苦労をしても世間で先ず勝。

 その事実がその人の広宣流布のスタート地点なのです。
 
 現世利益はそのために不可欠なんです。
 貴方は功徳とは六根清浄と言われた。

 では、貴方ご自身の六根清浄はどういうふうに、現実の貴方の人生に顕現していますか?

 それを具体的に書けないなら、所詮は理論の弄び。
 仏法は行が肝心です。
 人生における六根清浄の事実をお書きなさい。

 そういう事が出来ないで、ただ単に他人の書き込みのあら捜しをして満足する。

 修羅の境涯です。
 良くないですね。

2015/2/19  7:37

投稿者:通りすがり
オッキーさん、おはようございます。レス有難うございます。

>世間では南無妙法蓮華経は日蓮と言う事が定着しています。

ネットではそうではないことが常識ですよ。あと十年もすれば、唱題主唱者でないことは定着するでしょう。

>現世利益が功徳の代表的なものです。
 創価学会はその現世利益を前面に出している教団なのです。
 
それはオッキーさん己心の創価学会ではないですか、よく引用される人間革命には、こう書かれてありますよ。

●自分の名聞名利や野心のために仏道修行をすることは断じてならぬ。信心はどこまでも純粋で なければ、厳しい魔と戦う強靭な生命は身につきません。ここのところが最も重要かつ大事な要 なんだが、みんなこれだけは永久に忘れないでくれたまえ。(人間革命十巻 一念)

●人間には,名聞名利や私利私欲を貪る心がある。だが,広布に生きようと,懸命に信心に打ち込んでいる時には,そうした生命は冥伏されている。しかし,油断が生じ,惰性に陥る時,悪しき性癖が噴き出し,心は邪心に染まっていく。ゆえに,大聖人は「月月・日日につより給へ・すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」(御書1190ページ)と仰せなのである。(新・人間革命 清流)

●保身や私利私欲、名聞名利を目的とするのではなく、牧口先生のように、人びとの幸福のために、生涯、正法正義を貫き通す人材を、私は青年部のなかから育てていく。 この戸田の弟子であることの“誇り”をもち続け、広宣流布という“大理想”に生き抜こうという人間だ!(新・人間革命 厚田)

●名聞名利の心をいだき、自分のために学会を利用しようとするような者が幹部になれば、会員が不幸である。やがては、学会自体が蝕まれ、内部から崩壊していく要因となることは必定である。(新・人間革命 布陣)

●人間革命、宿命転換、一生成仏のための信心です。それには、見栄、大物気取り、名聞名利の心を捨てて、不惜身命の精神で戦う以外にない。広宣流布への師弟不二の信心を貫き通していくことです。遊び、ふざけなど、絶対にあってはならない(新・人間革命 敢闘)

まぁ、こう書いてもまた、そちらはそちらで、と返答されるんでしょうね。そしていつもの功徳話がアップされるんですね。

お疲れ様。

2015/2/19  7:23

投稿者:沖浦克治
 通りすがりさん、おはようございます。

 南無妙法蓮華経を最初に唱えられたのは、大聖人ではありません。
 ですが、世間では南無妙法蓮華経は日蓮と言う事が定着しています。

 私はその部分はそれで満足なんです。
 貴方が提示された件に、反論をする必要はありません。

 私は何方とも論争を求めてはおりません。 
 対話は致します。
 
 現世利益が功徳の代表的なものです。
 創価学会はその現世利益を前面に出している教団なのです。

 ですので、功徳を六根清浄と捉えることは教学上は必要ですが、その現実面で豊かな生活に反映されなければ無意味です。
 何故なら、仏法は世間に活きる教えですから。

2015/2/19  6:31

投稿者:通りすがり
オッキーさんの仏教用語理解はちょいズレですね。貴方は功徳ということを=ご利益と勘違いされてます。日蓮さんの遺文では

功徳とは六根清浄の果報なり、所詮今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は六根清浄なり、されば妙法蓮華経の法の師と成つて大なる徳有るなり、功は幸と云う事なり又は悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり、功徳とは即身成仏なり又六根清浄なり(御義口伝)

六根清浄が功徳なんですけど、それを貴方は「功徳を語れない人が、何故仏法を行じますか?」と断定されてますね。

そしていつものようにダラダラと果報の話しをされますが、ご存じですか?そうやって自分の得たものを自慢たらしく話すのは「無功徳」という行為に当たること。あれもしたこれもしたと貴方のように果報を披瀝して信仰にご利益期待しての善根は真の善根ではありません。

無益でもよい自分の信ずる道に黙々と邁進するのが仏の慈悲行、菩薩行なんですが、オッキーはまた、そちらはそちらでやってください、で終わるんでしょうね。

2015/2/19  6:21

投稿者:通りすがり
オッキーさん、予想通りの返答であまり面白く無いですね。
この間の投稿ではこういうことだったですね。

>私は今まで一度も論に詰まったことがございません。(2015/2/18)

ところが今回はこうおっしゃる。

>南無妙法蓮華経が大聖人以外にあろうがあるまいが、どうでもいいのですよ。
 私は大聖人を御本仏と定めた人生ですのでね。
 
でも別の記事投稿ではこういうことも言いますね。

>久遠実成の釈尊とは、久遠元初の南無妙法蓮華経如来の事です。
 皆成仏道の法華経とは、自行化他の南無妙法蓮華経。
 我ら衆生とは、大聖人を含む私共一切衆生の事です。(2015/2/16)
 
 私は自分自身が久遠の南無妙法蓮華経如来で、大聖人と全く同じで南無妙法蓮華経の当体
 だと知っております。(2015/2/16)
 
こういう矛盾したこと書いててもおかしさに気がつかないのが新教祖でしょうね。
結局貴方は「非学匠は理につまらずと云つて他人の道理をも自身の道理をも聞き知らざる間暗証の者とは云うなり」ということですね。

オッキーさんは「大聖人を御本仏と定めた人生」でありながら「私は自分自身が久遠の南無妙法蓮華経如来」だというんですから、べつに日蓮さんを取り立てなくてもいいじゃないですか。あなたが仏なんでしょう?それが証拠に別掲示板にこういうこと書いてますね。

 ここで蓮祖聖人だと言っていますが、まだこれは大聖人を特別視しています。
 そうではないのです。
 大聖人は一切衆生の中に含まれるお方です。
 それを、特別尊い存在に祭り上げることは、仏法ではないのですよ。(2015/02/16)

特別視していない人を「御本仏と定めた人生」って悩乱の極みですな。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ