2015/3/20

うごめく謀略者たちを尻目に  
いつものことながら、各方面から種々雑多のコメントが寄せられて、とてもじゃないが対応し切れない状態だ。そういうわけで、不満もあろうかと思うが、いつものごとく必要最小限の対応で済ませたい。

2015/3/20 7:48
投稿者:ミズスマシ
厳虎さんへ、
2015/3/18 9:47の投稿者:軍楽しょう氏はなりすましだそうです。

とバーズ氏のブログに書いてありました。


ナリスマシかどうかはその気になれば調べることが出来る。バーズ氏と連絡を取って、IT情報を交換すればいいのだ。ただし、現時点ではそこまでやるつもりはない。

2015/3/18 9:47
投稿者:軍楽  しょう
巌虎さん、初めまして。

5級試験での合格者数が、113箇隊中18箇隊でゼロ0とは気付かなかったです。そんなに新聞を読んでないので。幹部が新聞代を払ってくれてますので。

女子部や婦人部はどうですか?調べて後日お載せ下さい。

こんな低たらくなら、登用試験はモット悲惨でしょうね。

さて、バーズさんは雲隠れしてますね。山門さんにコテンパにやられ、敗走してしまったのか?意外にバーズさんは弱いのですね。口だけの人?

ひょっとして死んでるのでしょうか?病気で苦しんでいるのか?心配です。

いずれにせよ、私もこのまま顕正会にいて良いのか、解らなくなりました。
組織に何ら、歓喜はありません。全然まとまりがありません。


私の紹介者も、退転しました。ヒトに勧めておいて、無責任ですよね。


ナリスマシだとは思わなかったが、不自然であることは確かだ。

なぜならば彼は一時期、バーズ氏のブログによくコメントを書いていて、わたくしもそれを目撃していた。男子部大会の前後においては、軍楽隊の一員として妙法の音楽を奏でられることの感激を語っていた。バーズ氏も音楽には造詣が深いので、話が合ったのだろう、その話題で盛り上がっていた。ゆえに上掲の文章は、それとは明らかに落差がある。

人の心は移ろいやすいということなのだろうか?

いずれにしても本人からの釈明を待つことにしよう。今の段階でああだこうだと断定するのは早計であるし、失礼でもある。

さて、それはそれとして、書くべきことがある。わたくしは今朝のナリスマシ情報がもたらされるまで、上掲の文章をベースに書こうと思っていたことがあるのだ。しかもそれは現時点でも有効である。

まずはセロリ氏のブログを紹介しておこう。

顕正新聞平成27年2月25日号の登用試験の合格発表を見ましたが、

なんと男子部の第18男子部は合格者が一人もいませんでした!

1月度総幹部会で部長が交代しておりますから、間違いなく存在する部のはずです。


http://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/13408713.html

これは組織の空洞化が始まっている証拠として掲げられたものであるが、わたくしはこのところボケッとしていて、これにはうっかり気がつかなかった。

合格者が一人もいない。これは悲惨である。他のところを見ると、平均で二十人前後の合格者がいる。そうした中でゼロは組織崩壊の姿そのものである。また、平均二十人と書いたが、第十九婦人部は合格者が一人である。これも凄いことだ。ゼロよりはマシであるものの、いわゆる部の単位としては恥ずかしい限りである。

さて、ここで反論(?)の可能性を書いておこう。たぶん部外者にはわからないだろうけれども、顕正会の内部にいる人ならば反論があるに違いない。ことに本部首脳は思っているだろう、巌虎よ、事実誤認もほどほどにせよ、と。

反論に(?)をつけたのには意味がある。反論は反論でも自爆的反論だからである。

わたくしは気になって、登用試験の結果だけでなく、五級と三級を確認して見た。すると、第十八男子部はいずれも合格者ゼロなのである。

オイオイ、いったいどうなっているんだよ。

そこで昨年の十一月度総幹部会の記事を再確認してみたところ、驚くことが判明した。なんと、折伏成果がゼロなのである。もちろん第十八男子部のことだ。

さらに遡って七月度総幹部会を確認してみた。

第十八男子部 一八八名

ご存じない人のために説明しておくと、顕正会の折伏法戦は二月から四月、六月と七月、そして九月から十一月の三回に分かれている。

つまり、ご覧のように六・七月の成果が記されていて、九・十・十一月の成果が記されていないということは・・・先ほどはゼロと書いたがゼロというよりは第十八男子部そのものの存在が記されていないわけなのだが、それはたぶんこの間に深刻なゴタゴタが起こって組織が崩壊してしまったということなのだろう。

ちなみに百八十八名というのは、第一男子部が六百名で最高、第八男子部が百十七名で最低ということなので、少ないほうではあるがカラッキシというわけでもない。女子部では三十八名、婦人部では七十三名というのがあるので、少なくとも七月末の時点では第十八男子部がそんなに見劣りすることはなかった。ゆえにこれ以降、十一月までの間にいったい何が起こったのか、それは関係者しか知らないことであるが、ともかく崩壊してしまったことは動かぬ事実であろう。

以上、セロリ氏にはよく調べずに書いてしまったという失点があるものの、誰も気づかずに素通りしてしまったであろう問題にメスを入れることが出来たという意味において、大きな功績がある。

わたくしは総幹部会のたびに人事が行なわれることに違和感があって、おそらくは退転者が後を絶たないのでその補填の意味で人事を行なわざるを得ないのだろうと推測していたわけだが、今回の一件はその真相にかなり肉迫するものだと思う。唐突ながら、これで無条件降伏の意味も見えてきたはずである。いくら強がっても事実は覆せない。もう組織はボロボロである。このまま進んでいって何の得があるのだろうか? 引き返す勇気も必要である。

なお、軍楽しょう氏が顕正会に留まるも留まらざるも、わたくしの関与せぬところである。こう書くと冷たいようだが、しょせんは自分で決めるべきことである。自分の人生なのだから・・・

2015/3/22  10:47

投稿者:007
>バーズ氏のブログ

このG会員らしき?特定宗教に組しない?と唄ってるブログにブックマークされてるブログだね?

http://ameblo.jp/ka-na-so-ka/

特定宗教に組しない?割には、読者のG会員が、多い事多い事。

最もこのバーズ氏、自分のブログで、元Y友氏の部下でG会系のK林Y典氏のサイトへリンク、紹介してるが、バーズ氏、本当に顕○会員かね?
http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7b04.html

こういう人物こそ「謀略」と思うが、違うかな?

それとこのブログで論議されてる大石寺教義なるものはこのサイト主にかなり論破されているよ。
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

最後に先日、テレビでオウム特集やっていたが、信教の自由を錦の御旗に主張する教団に対して、坂本弁護士の「人を不幸にする自由はない!」との言葉が胸に響いた。


2015/3/21  11:01

投稿者:大沢克日子
〜大嫌いだ、様

巌虎様と「高レベル」の議論をなさるのに異議はありませんが、「国立戒壇の御遺命」を唯一唱える顕正会がご覧の状況で、国に向けて物申す勢力になっている訳でもなく、御宗門に物申すことも最早できない。

しかし、私は「国主立ということを言いなさい」と言っているわけではありません。ただ私は、国主立という言い方もできるのではなかろうかという意味で言っているだけで、正規に大聖人が我々に示され、命令された御戒壇は何かと言えば御遺命の戒壇、いわゆる本門寺の戒壇であります。そして、これは本門寺が出来た時に行うということです。ですから、正しい御遺命の意義における本門寺は、まだ当分は出来ないだろうけれども、これからの我々の信心修行、折伏の成果において具体的に現れてくるということを考えていきたいと思うのであります。
(大日蓮平成16年12月号61〜62頁)

御隠尊上人は上記のように総括なさっていますが、御宗門が御遺命の戒壇とは具体的に何かを示されるのは、将来広宣流布成就、本門寺建立の暁にということになります。

いくら〜大嫌いだ、さんが「高レベルな」議論をなさったところで、〜大嫌いださんが存命中に御宗門から御遺命の戒壇について何か出る訳ではないでしょう。正本堂についても、御隠尊上人猊下が総括なさった以上の事は出ないでしょう。

となると、〜大嫌いだ、さんがいくら御宗門が嫌い、戒壇論を訂正せしめる、そうすれば妙縁寺様に復帰すると息巻いたところで「高レベルの空論」になって、それこそ居酒屋か何かで「私は浅井会長を訂正せしめた」「御宗門はおかしい」と高レベルの酒飲み話にとどまって、〜大嫌いだ、さんはいずれ死んでいくことになりはしませんか?
居酒屋であろうがネットであろうが、議論が全く無駄とは思いません。元妙信講員の立場であれば色々納得できないこともあるでしょう。
ですが、私たちが直面する現実にどう対応するんだという観点も必要だと思います。

失礼は承知で申し上げましたが、顕正会が直面している現状はそれこそ「もう残された時間は少ない」のであって、高レベルの議論をしている間に浅井会長が死んでしまったらそれこそ大変な事態になるのではないでしょうか?

せっかくの議論を空論にしない工夫も必要では?

2015/3/21  8:38

投稿者:んっ?
>お隣に行って、
>よせ、俺はそのおかずは嫌いだ!!
>こんなこと、よほどの愚か者でも言いません。
>それを、日蓮正宗と言う宗派が平気で行っている。

*大意
顕正会員のブログに行って
よせ,俺は戒壇様は嫌いだ
こんな事を云う俺は余程の愚か者だ
其れを沖浦新宗という個人が平気で行っているww

2015/3/21  7:49

投稿者:俺は、『法主本仏論』に洗脳された宗門が大嫌いだ。
>いつものことながら、各方面から種々雑多のコメント
が寄せられて、とてもじゃないが対応し切れない状態
だ。そういうわけで、不満もあろうかと思うが、いつも
のごとく必要最小限の対応で済ませたい。>

結局、いつも通りの言い訳をして、『三大秘法義』とい
う下種仏法の根本的な質問に答えることなく、『返答不
能』で逃げ回るだけ。卑怯だ。

>
それにしても宗門復帰という至極まともな正論に抵抗す
る人が、これほど多いとは驚きである。それはたぶん自
己正当化の論理に基づいているのだろう。>

『事実』と『意見』をすり替えた上で、レッテル貼りを
している卑怯者の『詭弁』の代表例だ。

「宗門復帰という至極まともな正論」という前提条件
は、『事実』でなく、所詮、厳虎さんの『意見』に過ぎ
ない。

「宗門復帰という至極まともな正論に抵抗する
人」→「自己正当化の論理に基づいている」

結局、「厳虎さんの『意見』に抵抗する人」は、「自己
正当化の論理に基づいている」という、『論理』の破綻
に至るのだ。(大笑)

「類は友を呼ぶ」と言うが、悩乱した大沢某・沖浦某を
引き寄せる厳虎さんも、彼等と同レベルの『悩乱』とい
うことだ。

大沢某・沖浦某の低レベルな投稿に、厳虎さんが御丁寧
に答えている事によって、この掲示板の水準が更に下が
っている様子を例えると、「住民が野良犬にエサを与え
て、狂犬化させてしまった」ようなものだ。(爆笑)



2015/3/21  6:16

投稿者:沖浦克治
 大沢さん

>創価学会や邪宗日蓮宗も含めて、他宗のことなどどうでもいいのです。

 では、日蓮正宗の方々にキチンと話すべきですね。

 創価学会が戒壇本尊を否定しようが認めようようが、捨てて置きなさい。

 こういう事が貴方が法華講内部でキチンと言えるなら、そういう事をお書きなさい。

 私は御書講義をほぼ毎月支部で担当しておりますが、私の主張をそのままお話いたします。

 創価学会が戒壇本尊を受持の対象から外した前の月の講義で、戒壇本尊は本懐ではあり得ないと、皆様方にお話いたしております。

 それが仏法者としての正しい道です。
 組織で疎まれるから、嫌われるから、そういう理由で自分の主張を曲げるなら、大聖人門下を名乗る資格はありません。

 それと、貴方が邪宗日蓮宗と書かれた。

 ですが、日蓮宗から見ると、日蓮正宗は邪宗なんです。

 そういう事実をキチンと把握されるべきですね。

2015/3/21  6:10

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 ようかい(漢字だと意味が伝わりにくいので仮名にします)するとかしないとかと言うレベルのお話をしておりません。

 余計な口出しとは、日蓮正宗が創価学会が勤行を短縮した時、怠業だと罵ったことや、会則を変更し、戒壇本尊を受持の対象から外した時、大法謗だと大騒ぎしたようなことです。

 私は、日蓮正宗や、顕正会、そういう低劣なレベルの話をっしておりません。

 大聖人仏法の立場なら御書を読み、その上ではなしております。

 顕正会、日蓮正宗共に、大聖人を御本仏と定め、形だけは大聖人門下の集団だと世間に示しています。

 ですので、大聖人門下である私は、国立戒壇であるとか、本門戒壇の大白蓮華御本尊だとか、そういう大聖人仏法に無いことで、他宗を非難することは、大聖人を御本仏と定める人間が、絶対に行ってはならないことだと書いております。

 当然、自分たちの宗派の中で、それらを内部規定に定めることはご自由です。
 ですが、それを持って他宗を責めてはいけません。
 ソニーの社規が、東芝の社員を束縛出来ません。
 同じなんです。

 そういう行為は、隣のお宅の夕飯のおかずに文句を言う行為と同様です。

 お隣に行って、

 よせ、俺はそのおかずは嫌いだ!!

 こんなこと、よほどの愚か者でも言いません。

 それを、日蓮正宗と言う宗派が平気で行っている。 
 ですので、大聖人仏法の立場からお教えしております。

 自分所の法主がどう言ったとか、会長がどんな指導をしたとかは、御書から見て数段低い所に位置しております。

 ですので、大聖人仏法に存在しな、法主の嫡々一人だとか、そういうものは、他宗に同意を求めるべきではないのです。

2015/3/20  23:27

投稿者:セロリ
たびたびすいませんm(__)m

顕正新聞平成27年5月5日号を待つというのはトンチンカンな
発想でした。

2月25日号を確認すれば早かったですね。

先ほど確認したところ、「1月18日現在の組織での発表」でし
た。

つまりその当時は第18男子部は存在しておりませんから、合格
者がいるはずがありませんでした。

お詫び申し上げます。

ブログにも書きます。



http://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/MYBLOG/yblog.html

2015/3/20  21:42

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

創価学会や邪宗日蓮宗も含めて、他宗のことなどどうでもいいのです。

今回は、顕正会(国立戒壇論)と日蓮正宗の関係について言っているのです。

日蓮正宗からみれば、処分した元妙信講は迷惑極まりない存在だし、「富士大石寺」の名前を勝手に使うなという思いですが、顕正会としては大石寺と無関係とはいえないのです。

沖浦さんが容喙できないと言ったのはそういうこと。

〜大嫌いだ、さんにしても、巌虎さんにしても、ご覧の元妙信講員らにしても、(誤った立場とはいえ)戒壇の大御本尊様に対する熱い思いはあるのです。

名ばかり会員ならわかりませんが、活動会員で御戒壇様への思いがない者はいないはず。

扇動するだけの幹部はどうかわかりませんが。

2015/3/20  21:26

投稿者:沖浦克治
大沢さん、今晩は。

 きわめて常識的な事なんですが、大聖人仏法に、国立戒壇と言う思想はございません。
 御書に無いのですよ。

 更に、本門戒壇は御書で、

 『戒壇とは王法仏法に冥じ仏法王法に合して王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて有徳王覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時勅宣並に御教書を申し下して霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり、三国並に一閻浮提の人懺悔滅罪の戒法のみならず大梵天王帝釈等も来下して・給うべき戒壇なり』
 (三大秘法禀承事)

 三大秘法については、

 『 問うて云く如来滅後二千余年竜樹天親天台伝教の残したまえる所の秘法は何物ぞや、答えて云く本門の本尊と戒壇と題目の五字となり、』
 (法華取要抄)

 以上の様に、国立戒壇と言うものは、大聖人仏法に存在しません。
 
 更に、本門戒壇と言う伽藍を建てて、その中のこの御本尊を安置しなさいと言う御書も皆無です。

 結論として、大石寺を戒壇本尊を、国立戒壇や、本門戒壇に安置すると言う思想などは、大聖人仏法に影さえありません。

 ですから、本門戒壇や国立戒壇を建て、戒壇本尊を安置することは、日蓮正宗や顕正会の内部の取り決めで、大聖人仏法の外でのお話なんです。

 これをキチンと認識できないなら、対話が成立致しませんよ。

2015/3/20  21:07

投稿者:大沢克日子
私の次のコメントは沖浦さんだと思っていました。
思った通り(笑)。

国立戒壇論を取るにしても、その戒壇安置の本尊は本門戒壇の大御本尊以外にはないのです。
いくら浅井会長が御宗門の悪口を言おうが何しようが、顕正会がそれを変える訳にはいかない。

沖浦さんは何としても口出ししたいところでしょうが、沖浦さんが容喙できないところなんです。

その意味で、顕正会は日蓮正宗と無関係という訳にはいかないのです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ