2015/3/21

顕正新聞第1334号を中心に  
いよいよ馬脚をあらわし始めたようである。次のコメントがまさにそれである。

大沢某・沖浦某の低レベルな投稿に、厳虎さんが御丁寧に答えている事によって、この掲示板の水準が更に下がっている様子を例えると、「住民が野良犬にエサを与えて、狂犬化させてしまった」ようなものだ。(爆笑)

大爆笑だ。

掲示板の水準? 何を寝ぼけたことを言っておるのかと思う。ここは掲示板ではない。個人のブログである。そのブログのコメント欄に各方面からさまざまの声が寄せられているのだ。貴辺もその一人であるが、何の制限もなく投稿できることを深く考えるべきだろう。

しかもである。再掲しよう。

大沢某・沖浦某の低レベルな投稿に、厳虎さんが御丁寧に答えている事によって・・・

何を寝ぼけたことを言っておるのか、貴辺も耄碌したものである、ここ最近において、わたくしがいつ彼らに御丁寧に答えたと言うのだろうか、そんな事実はどこにもない。

ご存じないようなので書いておくが、大沢氏はかつて頻繁にコメントを寄せていた。しかし、ここ数年はまったくのご無沙汰だった。その理由はいわばケンカ別れのようなものである。わたくしの口舌の徒ぶりに業を煮やして去って行った、それが大沢氏である。先月あたりから再び頻繁に投稿するようになったけれども、わたくしは必ずしも氏の投稿に対して丁寧に返答しているわけではない。

また、沖浦氏は拙ブログが独白を看板に掲げていることをよく承知していて、こちらが何も反応を示さなくても苦情めいたことはまったく言わない。実際問題として、今月は顕正会の話題ばかりを取り上げているので、沖浦氏に対しては挨拶程度の応対しかしていない。これが事実である。

以上、貴辺は一個人のブログに過ぎない巌虎独白を掲示板と勘違いし、しかも独白ブログであることを弁えずに返答がないことに不満を漏らし、かつまた大沢・沖浦への対応との差を詰るがごとくの言動をしている。これらは単なるイチャモンに過ぎないことを自覚すべきだろう。こんな御仁が妙信講の大先輩だとしたら恥ずかしい限りだ。

さて、今日は顕正新聞第1334号である。

 日興上人はつねづね「上野殿御返事」の
 「今末法に入りぬれば、余経も法華経も詮なし、但南無妙法蓮華経なるべし」
 との御文を、噛んで含めるように、繰り返しお説法されたという。


二月七日の会長講演であるが、この部分がわからなかった。日興上人が具体的にどのような御指導をあそばしていたかについて、浅井先生は上掲のごとく言っているわけだが、この根拠はどこにあるのだろうか?

ご存知の人がいれば、ぜひともご教示願いたいと思う。

二面以降は各種の登壇記事がぜんぶで二十本掲載されている。先日の軍楽しょう氏ではないが、これらを隈なく読んでいる会員は少ない。ヘタすると、顕正新聞の編集部だって読んでいないかもしれない。テキストデータを機械的に入力するだけであれば、読んで内容を理解する必要もないからである。

まあ、しかし、今回の記事群にはそれなりの特色があって、たぶん斜め読みしているような人たちも、一つの傾向に気がついたはずである。

「学会員を救う特集号」こそ決定的な楔
 学会員の道念に訴え全員救わん

「道念ある学会員なら必ずめざめる」
 特集号で広宣流布は加速を大確信

先生は学会員の臨終をも憂えられる
 「道念とは臨終を憂えること」に感涙

「池田大作は戒壇の大御本尊の敵」
 「学会員を救う特集号」で戦わん!

今こそ背正帰悪の真只中
 「特集号」片手に全学会員を救わん

大聖人の絶大威徳を拝せる有難さ
 学会では「人間革命」を「現代の御書」と

原田稔の欺瞞と謀りを一刀両断
 学会員は必ずめざめるを大確信

「何としても八百万学会員を救いたい」
 先生のお心を思い胸が熱くなる

学会員を救わんとのご慈愛に熱涙
 学会崩壊と広宣流布近しを確信

「学会員を憎いと思ったことはない」
 先生のお心を知り学会幹部が驚く

「学会もとうとうここまで来たか」
 学会歴50年の幹部が動執生疑!

学会員を堕獄へ導く魔の本性 露わ
 「池田大作こそ天魔でなくて何か」

極限の大謗法に学会員が動揺!
 池田大作に騙された学会員を救わん

「学会員を救う特集号」の威力!
  多くの学会員に動執生疑が

「お題目は日蓮大聖人の御名」に大感動
 学会では「南無池田大聖人」と唱える
「折伏理論書」拝読、悪師に付く恐ろしさ実感


一つの傾向とかの問題ではないかもしれない。ともかく特集号の話題で持ち切りなのだ。創価学会員はこれをニガニガしく思うかもしれないが、わたくしを恨んではいけない。文句があるならば顕正会本部に言うべきだろう。

個々の記事についてはいろいろ興味深いところであるが、やはり最後の記事がひじょうにセンセーショナルだ。まさか本当だろうか、さすがにそれはないだろう、と思うのだが・・・

学会の先輩より「池田先生は大聖人様だから、南無池田大聖人様と唱えなさい」と言われていたことから、必死に勤行で「南無池田大聖人」と唱えておりました。

先ほども少し触れたように、今回に限らず拙ブログの存在そのものをニガニガしく思っている創価学会員もいると思う。何しろわたくしは宗門シンパを標榜しているくらいであるから、創価学会系の人物から睨まれても仕方がない面があるのは否めない。しかし、上掲の記事を紹介する目的はむしろ正反対の意味があるのだ。

ようするに、こんなことは常識的に考えられない、南無池田大聖人だなんて、誰が考えたってあり得ないだろう、むしろこんな記事を載せる顕正新聞こそウサン臭い、ということなのだ。

わたくしは顕正会に辛いのだ。顕正会のダメさ加減にスポットを当てるのが拙ブログの目的と言ってもいいくらいなのである。

一方、宗門には甘い。これは誰かに言われるまでもなく、自覚していることなのだが・・・

2015/6/4  0:56

投稿者:匿名
最終稿は会長が全て目を通され、表題は全て会長がつけてくださるから新聞は完璧であり、有り難いと聴いた。

2015/3/22  12:39

投稿者:んっ?
河童君、こんにちは!

「お教えしましょう」だって?ww

何度も云ってるが、
私は沖浦新宗の信者ではありませんので、
君から邪義を教わりたいとは思わない。

「十四謗法」を知ってるかって?
残念ながら知らないな〜。
君が全て犯している
「十四誹謗」なら知ってるけどね?ww

それで、「怨嫉謗法」とやらは
何という御書に載ってるのかね?ww

2015/3/22  9:59

投稿者:ホリ
俺は、『法主本仏論』に洗脳された宗門が大嫌いだ。さんへ

投稿、拝見しました。

「住民が野良犬にエサを与えて、狂犬化させてしまった」ようなものだ。

このたとえ話には、僕も爆笑しました。お見事です。

『頭金』を打たれて、『詰み』になっているのに、ブチ切れながら、将棋版をひっくり返して、「耄碌ジジイ、憶えていろ!」と負け惜しみを吐いているヘボ将棋指しみたいですね。厳虎さんは

『法論』に返答出来なければ、そりやあ負けですよ。
『本尊模刻』『正本堂の誤った戒壇論』『題目登録商標事件』等、本門の本尊・本門の戒壇・本門の題目の謗法与同罪を総括しないことが、「オトナの対応」「正論」と言う厳虎さんには、その反論に答える義務があるのは当然です。

だけど、醜い罵倒といつもの挙げ足取りに終始して、『法論』『本論』に答えようとしないのは、残念といえば残念ですし、やっぱりこういう人だったかといえばこういう人だったですし。笑




2015/3/22  6:25

投稿者:沖浦克治
 功徳を書きましょう。
 
 今朝もスタッフとサンライズですが、8時半に女房来て山頂へ上がります。
 
 一緒にジムも最古参のメンバーご夫婦も来られ、初めて一緒に滑ります。
 
 で、GSはお休み・・・・・
 たまにゃ良いですよね。
 
 でも、午後のスラロームは入ります。
 そこまで息抜きできるほどのレーサーじゃございませんので。
 
 忙中閑あり・・・・

 冥益の人生です。

2015/3/22  6:09

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 登山会お疲れ様でございます。
 私も何十回と行きました。
 今も懐かしいですね。

 学会員どうしでいがみ合っておりません。
 んっ?さんと言う方が、一方的に私にストーカーを繰り返しておられるだけです。

 私は捨てて置くことが出来ません。
 怨嫉謗法と言う最も重い法謗を見逃すなら、私が与同罪に問われますし、大聖人は謗法を責めよと、御遺言です。

 『南岳大師の云く「諸の悪人と倶に地獄に堕ちん」云云、謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め水の中に火を尋ぬるが如くなるべしはかなしはかなし、』
 (曾谷殿御返事)

 責めることが門下として当然ですね。
 但し、ここでも散見される如く、口を極めて罵ることは責めることではありません。

 教導する。

 これが謗法を責める唯一の方法です。
 ですので、んっ?さんには、御書を引用しその都度誤りを指摘しております。

 いがみ合いではございませんが、この破謗法の行が、そう見えるなら、貴方の問題です。
 私の問題ではございません。

 『例せば餓鬼は恒河を火と見る人は水と見る天人は甘露と見る水は一なれども果報に随つて別別なり、』
 (曾谷入道殿御返事)

 大聖人御遺命の謗法呵責が、いがみ合いにしか見えない。

 折角の登山です。
 戒壇本尊に境涯革命をお祈りなさい。

2015/3/22  6:00

投稿者:沖浦克治
んっ?さん、おはようございます。

 怨嫉謗法について、少々お教えいたしましょう。

 十四謗法をご存知ですか?
 その中で、最後の四つを怨嫉謗法と呼んでいて、他の十種類と区別しています。

 御書にありますので、お読みなさい。
 怨嫉謗法は人に対するものです。
 これは開目抄の舎利弗の過去世にあるように、相手がどういう宗派の方で、どんな人であっても、絶対に犯してはならない重大な謗法です。

 人を、軽んじる、憎む、嫉む、恨む。

 これが最も重い謗法です。
 御書には、

 『妙楽云く「障り未だ除かざる者を怨と為し聞くことを喜ばざる者を嫉と名く」等云云』
 (開目抄上)

 と書かれてあります。
 貴方は今真剣に学ぶべきですね。

 貴方の怨嫉謗法スパイラルは、重症です。
 頑張って抜け出しなさい。

2015/3/22  0:04

投稿者:大沢克日子
学会員同士でいがみ合っているんですか?

私は今、総本山に来ています。
仮眠したら丑寅勤行、御開扉、日興上人記念法要に参詣です。

いつもは総坊で宿泊ですが、総坊が満員なので広布坊に宿泊しています。
たしか千数百畳位あったと思いますが、寝具をお借りしてこれから仮眠です。

やはりお山に来ると違うなあ。

2015/3/21  20:23

投稿者:んっ?
河童君、こんばんは!

相変わらず、わけわかめな事をww

何百回も云ってるが、
私は「沖浦新宗」の信者ではないので
「怨嫉謗法」なる造語には縛られないww

「割り込み」?
一体何の話をしているのか?

今一度、巌虎さんの独白を読んでみなさい。
「挨拶程度しかしないが、
河童君は文句を云わない」と書いてるだけ。

頭破作七分で、日本語が読めなくなってるww

そして、此また何度も云ってるが
「個人情報」をアチコチに貼付けて
管理人さんやブログ主さんの
手を煩わせる行為をしてきたのは君!

ホテルの電話番号や、車の写真は
君が認めなかったら、
何ら「個人情報」ではなかったはずだろう?

しかも、今度はさんさんパークまでww
私はユタさんへのレスで一度書いたのみ。
こだわってなぞいないが?
君は何時も自爆してくれるから面白い!

2015/3/21  20:00

投稿者:沖浦克治
 
 今日は土曜日でGS午前中で、帰宅後ベンチプレスやりました。

 サンライズやっていますので、スタッフと行って新しいワックスのテストでした。

 ワックスのテストは、左右に異なるワックスを塗って、複数メンバーで滑ってから、どちらが良かったかを話し合い、意見がい一致した時だけ採用します。

 他所では、直線コースへ計測器セットして、テスターがワンピース着てクラウチングで滑って計測することが多いのですが、私共はあの方法は捨てました。

 スキー板はまっすぐ滑る時より、ターンする状態が桁違いに多いのです。

 そして、ターンはどういう時にもブレーキ動作です。
 
 そのブレーキ動作の状態で、滑走性が少しでも落ちないワックスを求めて開発しております。

 ターンして、板に遠心力と重力による荷重がかかった時、滑走性がどれぐらい保たれるか?

 私共の最大の課題です。

 所が、そういうテストを見たことがありません。

 いち早くテスト方法を現実の滑走に求めた。

 凄い功徳です!!

2015/3/21  18:50

投稿者:沖浦克治
 んっ?さん、今晩は。

 貴方には何百回も注意しています。
 怨嫉謗法はダメですよ。

>*大意
顕正会員のブログに行って
よせ,俺は戒壇様は嫌いだ
こんな事を云う俺は余程の愚か者だ
其れを沖浦新宗という個人が平気で行っているww

 これが怨嫉謗法です。
 根底に私への悪意があります。
 そういう場合、大聖人仏法では全てが怨嫉謗法だと、一括りになるのです。

 そろそろ抜け出す努力をしなさい。
 本題です。

 巌虎さん自身が、私の書き込みを容認されておら得ます。

>また、沖浦氏は拙ブログが独白を看板に掲げていることをよく承知していて、こちらが何も反応を示さなくても苦情めいたことはまったく言わない。実際問題として、今月は顕正会の話題ばかりを取り上げているので、沖浦氏に対しては挨拶程度の応対しかしていない。これが事実である。

 貴方が、私と巌虎さんの間に勝手に割り込んでいるだけです。
 貴方は怨嫉謗法の罰で頭破七分の現証が出て、正常な判断が出来なくなっています。
 現実生活で負け続ける原因がそこなんですよ。

 私が巌虎さん所に割り込んで云々と貴方が書く。 
 その貴方自身が、巌虎さんの所で、私の車の写真を貼ったり、ホテルの電話をアップしたり、サンサンパークに執着した書き込みを続けている。

 自分自身がここで大迷惑をかけながら、他人を責める。
 頭破七分そのものです。

 良くないですね〜〜!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ