2015/3/28

二月度総幹部会の会長講演を中心に  
植木職人の件はそんなにイジワルな見方をする必要もあるまいと思う。何となく、顕正会員には貧乏人ばかりのイメージがあるけれども、マレにはお金持ちもいるのだ。同様の意味で、まさか大沢氏がウソの話をでっち上げているとは思えないので、マレにはそういう創価学会員がいるのかもしれない。

閻浮大闘諍、他国来難、日本広布は同時
御遺命を守護し奉った顕正会いま日本を独走
  大御本尊誹謗の久遠院日騰の大罰をみよ


さて、今日は顕正新聞第1336号に載る二月度総幹部会の会長講演を見ていこう。上掲は講演の大見出しである。

まず一段目の一閻浮提大闘諍と他国侵逼と日本の広宣流布は同時との見解は、御書に基づいて論じているので安易に否定はできないところだが、それにしても現状では広宣流布まで相当の時間を要するように思えてならない。そう思うのは凡夫の浅き思慮ということなのだろうか?

ちなみに講演前半の世界情勢を論ずるくだりには、次のような言葉が出てくる。

現在、国際間には、利害はあっても善悪はない。それは、未だ世界を律する法がなく、正しい統治権力がないからです。

浅井流の国立戒壇論の片鱗を垣間見るような文章である。しかし、この件に関して、いまだかつて浅井先生は詳述したことがないのではないかと思う。ごく単純に三大秘法抄を引用して戒壇建立の必要性を云々するだけであって、それが必ずしも政治学などを志す人たちの納得を得るだけの理論には至っていないのではないかと思うのだ。ならば、広宣流布はまだまだ遠いと言わざるを得ないだろう。

次に顕正会が日本国を独走している件については、興味深い事実が紹介されている。

 「日本国を独走」と言うと大仰に聞こえるかも知れないが、そうではない。

なぜだろう。

 世間でも、もう顕正会の力に気づき始めている。

ほほう、それはどういうことだろうか?

 小学館で発行している「SAPIO]という月刊誌がある。政治・経済を中心に据えた総合誌ですが、その一月号で「総選挙と巨大教団」という特集を組んだ。その中で「日本の10大新宗教団体」を挙げているが、一位は幸福の科学、二位は創価学会、三位は立正佼成会、そして第四位に、なんと顕正会が入っていた(大笑)。

現物を確認していないので何とも言えないところだが、確かに四位は凄いことだ。顕正会もメジャーになったものである。続きをご覧に入れよう。

 しかし、幸福の科学、立正佼成会は邪教である。また創価学会はすでに極限の大謗法に堕してしまった。そのうえこれら三団体は、すでに停滞し、活動力を失っている。

邪教だの大謗法だのと言うのは顕正会の宗教的信念だからさておくとして、停滞だの活動力を失っただのと言うのは、はたしてどこまで正鵠を射ているのだろうか?

わたくしの勝手なイメージだけで言わせてもらえば、確かに立正佼成会はそんな感じがしないでもない。けれども幸福の科学は三団体の中では比較的に新しく、近年は政界進出の意欲を前面に押し出しているくらいだから、それなりの活動力を保持しているわけなのだろう。創価学会は言わずもがなである。

つまり、浅井先生としては、現状は四位であるものの、上位三団体がダメなので、顕正会こそが事実上の一位なのだと言いたいわけなのだ。これが日本国独走の意味である。

ところで、例の「学会員を救う特集号」は、二月二十四日の段階で発行部数百三十万部を達成したとのことである。すると今頃は二百万部を超えているかもしれない。

それはともかく会長講演はこれ以降、創価学会のことをあれこれと論じている。

 蛙を茹でるとき、いきなり熱湯の中に入れると蛙は驚いて飛び出してしまう。しかし水の中に入れて徐々に水温を上げていくと、静かに茹で上がるという。

生々しい譬えである。

 曽て学会では、第二代・戸田会長はもちろん戒壇の大御本尊を讃嘆していた。また学会員もみな深く戒壇の大御本尊を信じていた。そのような中で、もし池田大作が大御本尊を否定すれば、重大な騒ぎが出来する。

前掲の譬えと連動していることは一目瞭然であろう。

 そこで大作は、徐々に大御本尊を忘れさせていった。そして「戒壇の大御本尊」の御名も知らぬ学会二世・三世や新入信者の割合が増えてきた今日、ついに戒壇の大御本尊否定という、極限の大謗法に踏み切ったのです。これこそ第六天の魔王の巧妙な手口であります。

池田氏を擁護するつもりはないけれども、これはさすがに考え過ぎだろう。むしろ、いつも言っているように凡夫には未来はわからないのであって、そんな何十年も前から用意周到に事を進めることなど、できっこないことなのだ。今日のような事態に至ったのは結果論であって、どこでどのような展開が待ち受けているかなど、凡夫には絶対にわからないことなのだ。

ただし、宗門と袂を分かった平成以降の二十年ほどのスパンにおいては、浅井先生の言っていることも相当であろう。

江戸大地震で横死

最後は久遠院日騰の大罰についてだが、久遠院日騰上人と書くべきなのか久遠院日騰師と書くべきなのか、ちょっとわからない。御書全集の冒頭では日亨上人が前者の表記を用いている。また、おそらく現宗門の平均的な表記としては後者が使われているのではないかと思う。顕正会の場合は彼を謗法者と見なして呼び捨てにしているのかもしれない。

ともかくも彼は震災で亡くなっているわけだが、このことに関して日霑上人ないし日柱上人が筆記を残されている。

 ここに日霑上人は、御自身の所懐を一紙に記された。これを第五八世日柱上人が所持され、その写しを私は保存しております。

御筆記の内容は省略しよう。実はこの話、わたくしはずいぶん前に耳にしている。たぶん昔の冨士ないし顕正新聞を調べれば出てくるだろう。それを確認していないので甚だ恐縮なのだが、当時はあたかも原本を所持しているような表現をしていたのである。ところが今回は写しであると言っている。写しならば、さもありなん、である。しかし、原本だとすれば、なぜに浅井先生がそれを所持しているのだろうかと不思議に思うし、先生は凄い人なのだと錯覚してしまう。いずれにしても、これはアイマイな記憶を頼りに書いていることなので、その点はくれぐれもご注意願いたい。

2015/3/29  11:14

投稿者:大沢克日子
んっ?様、こんにちは。

ロジカルに名を借りた感情論ではないですか?

「経机」やら「壁面」やら、何をおっしゃっているのでしょうか。

私の訪問した学会員宅(初心者には思えなかったけど)では、仏壇に池田先生の写真を飾っていた。本尊の直前だから、本尊を拝もうとくれば否応なく池田先生の写真を拝む位置にあるのです。
「経机」や「壁面」ということではありません。
まあ、池田先生の写真を本尊の直前に置いているのに、池田先生の写真を拝まずに本尊だけ拝む方法があるというのなら話は別ですが、私の感覚としては変なので、あれってどうなの、と聞いた訳です。

巌虎さんが引用した顕正新聞の記事については

「なんと御本尊の両脇に、池田大作とドレス姿の香峯子夫人の写真が飾ってある・・・

これはどうなんだろうか、創価学会員の釈明を聞きたいところだが、わたくしの思うに御厨子の内側か外側かがポイントとなるだろう。内側なら大問題だが、外側ならそれほどでもないと思う」

本尊の両脇に池田夫妻の写真が飾ってあるということだから、何やら葉っぱみたいな形の徳利のあたりに並べて置いているのか、別の形なのかよくわからないけれども、詰まるところ池田夫妻の写真を拝むかどうかということだと思う。

どちらにしても、一部にそういう人がいるからといって、表向きは「ロジカル」などといって感情的に全否定しようとしなくても良いのではないかと思います。

「一部にそういう学会員がいるかもしれないが、今の創価学会でも日蓮正宗時代と同様に、人の写真などを拝まないことになっています」
といわれれば
「そうなんですか。学会では本来そうなっているんですね?今度そういう学会員がいたら言っておきます」
ということになるし、沖浦さんのコメントのように
「学会員は仏壇に何を置いても別に構わない」
といわれれば
「そうなの?」
で済む話。

まあ、沖浦コメントが学会の最先端を行くようなところがあるから、何年かしたら「写真を拝んで何が問題なの?」ということになるかもしれませんが。

2015/3/29  9:24

投稿者:んっ?
大沢さん,お早う御座います!

>沖浦さんもんっ?さんも妙に過剰反応しますね。
>それだけ過剰反応するとかえって何かあるのではと
>かえって不審に思ってしまいますが。

あはは! 
意図を見破られて,今度は印象操作ですか?
河童君とやり方がそっくりですね?ww

私はS42年入信で,子供の頃は自宅が拠点でしたが
大沢さんの様に仏壇のある壁面に写真を掲げたりなんて家は見た事がありません。
法華講の中には大沢さんのような方が居られるのでしょうね?

お尋ねしますが,経机は仏壇の一部でしょうか?
此処に祈願帳や写真,会館の完成予想図etc.を置く事は
礼拝の対象としている事になるのでしょうか?

勿論,巌虎さんお尋ねの「厨子の内部」の話ではありませんよ。
「厨子の内部」に其のスペースが無い事は貴方も御存知の上での発言でしょう?

また,自宅を拠点として開放されてるお宅や,学会の会館では
仏壇に向かって右か左の壁面に三代会長の写真が
額に入れられ掲げられてますが,
此れは「帰依・礼拝」の対象としている事になるのですか?

「三宝」の中に歴代「人師」を入れる事とは,根本的に異なりますが
此の点は如何お考えでしょうか?

私はエンジニアの端くれですから,文章能力はありませんが
ロジカルに話をして頂かなければ,口先で誤魔化そうとされても
屈服は致しませんし,トコトン追及しますよ?

それから,河童君は沖浦新宗の狂祖様ですので
彼の発言を以って論を進めるのは卑怯です。

2015/3/29  7:35

投稿者:大沢克日子
沖浦さんもんっ?さんも妙に過剰反応しますね。それだけ過剰反応するとかえって何かあるのではとかえって不審に思ってしまいますが。

私のコメントを読めば容易にわかることですが、私が見た例をもって創価学会全員がそうだとか、そういう人が多数などとは思ってもいませんし、そのように書かれてもいません。
私の講中では、学会員のお宅を訪問するケースも多いのですが、(折伏の内容以外で)特に変わった出来事があれば「今日さぁ、こんな学会員がいて…」と話題になることがあります。

池田先生写真を仏壇に飾っているような学会員宅の話が時々話にでることもありますが、学会員宅を訪問して仏壇の状態を目にできるのは訪問したうちの一部で、その中の一部にそういう事例があるということです(逆にいうと目にしていないお宅の中にそういう事例がもっとあるのかもしれない)。

私から言わせれば写真の問題以上の「そもそも」論があるので、ハッキリいってそれ自体に固執するつもりはない。

沖浦さんのコメントに
「創価学会員が、自分の仏壇に何を飾ろうが自由ですよ。
  そういう規制はありません。
  ですが、私は仏壇には御本尊しか安置致しません。
  それが一番私には快適に拝めますのでね。
  ですが、もし位牌も飾りたいなら自由です。
  その人が決めることなんです。」
とある通り、沖浦さんもんっ?さんもそのようにしていない。だけど一部にはそういう学会員もいる。

日蓮正宗ではそういうことはしないことになっている。
(あくまで推測ですがいくら浅井会長命でもおそらく顕正会員の中でそうしている人はいないと思う)
創価学会においては仏壇に何を置くのかは学会員個人の自由に任せられているし、その中で池田先生の写真を置いている人もいる。

ただそれだけの話じゃないでしょうか?

2015/3/29  6:08

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

>マレにはそういう創価学会員がいるのかもしれない。

 そりゃ、1600万人もいるんですから、そういう人がいても不思議ではないですね。

 でも、本当におられたとしても、その人を持って私共正常な創価学会員一般に当てはめることには無理があります。

 日蓮正宗で破廉恥罪で逮捕された僧がかなりいましたね。

 でも、それを持って、日蓮正宗は破廉恥宗派だとは断定できません。
 
 同じです。

 海外で日本人が立小便をしたら、日本国民が全員立小便をしていると非難されて、貴方方その批判を認めますか?

 認めないですよね。

 あれはたまたまそういう日本人なだけだ。

 こういう事です。

 日蓮正宗のダメな所は、創価学会と創価学会員のあら捜しばかりしていて、一つでも見つけると、大騒ぎして、創価学会全体に当てはめようとするところです。

 この点は顕正会も同様です。
 戒壇本尊特別論を、このたび創価学会は正式に否定致しました。

 すると、宗門顕正会共に大騒ぎじゃないですか。

 愚かですよ。
 
 御書に無いことを無理に根幹に据える方が間違っているのです。

 その本質を捨てたままで、創価学会の御書による判断を責めて大騒ぎ。

 現実が上手く行っていない人ほど、他人の批判をする。

 世間ではこれが常識です。
 その常識から見ても、日蓮正宗、顕正会共に現状が上手く行っていない証拠です。

 仏壇に池田先生の写真飾って創価学会は会員に拝ませている。

 こういう事を広める僧などがいるなら、日蓮正宗は末期症状ですね。

 未来なんかありません。

2015/3/29  5:55

投稿者:沖浦克治
おはようございます。

 Yahoo!ニュースからです。

 北海道函館市の沖で27日、作業船「第18明祐」(19トン、4人乗り)が転覆した事故で、函館海上保安部は28日朝、船室で甲板員、永田勝行さん(64)=長崎市在住=を発見、救助した。
 〜引用終わり〜

 事故は悲しいですが、奇跡の生還をされたお方がおられた。

 良かった〜〜!!!

2015/3/28  22:01

投稿者:んっ?
>同様の意味で、まさか大沢氏がウソの話を
>でっち上げているとは思えないので、
>マレにはそういう創価学会員がいるのかもしれない。

いえ,大沢さんはミスリードをしようとしてます。

「仏壇」の「厨子」の中には「写真」を入れられるスペースはありませんよ?
仏壇屋は「正宗用」「学会用」と分けて造ってる訳ではないので
御安置されてる人なら直ぐに嘘だと解ります。

其れが証拠に「写真を厨子に入れて」と書いて,「仏壇内の厨子」とは書いてません。

要はタダの「額」でしょう。

2015/3/28  20:55

投稿者:んっ?
巌虎さん,こんばんは!

>その中で「日本の10大新宗教団体」を挙げているが、
>一位は幸福の科学、二位は創価学会、三位は立正佼成会、
>そして第四位に、なんと顕正会が入っていた(大笑)。

何故,「新宗教」のみなんでしょうか?ww

順位 教団名 宗教団体数 所在地 信者数
1 神社本庁 79,012 東京都 68,053,757
2 幸福の科学 1 東京都 11,000,000
3 創価学会 1 東京都 8,270,000
4 浄土真宗本願寺派 10,280 京都府 6,940,967
5 浄土宗 7,071 京都府 6,060,900
6 立正佼成会 591 東京都 4,288,466
7 高野山真言宗 3,515 和歌山県 4,108,500
8 日蓮宗 5,172 東京都 3,853,592
9 天理教 35,797 奈良県 1,635,486
10 霊友会 3,017 東京都 1,577,086
11 曹洞宗 14,581 東京都 1,553,418
12 天台宗 3,342 滋賀県 1,530,000
13 佛所護念会教団 14 東京都 1,434,177
14 顕正会 1 埼玉県 1,350,000
15 真宗大谷派 8,800 京都府 1,310,000
16 出雲大社教 225 島根県 1,260,603
17 真言宗豊山派 2,647 東京都 1,208,687
18 世界救世教 706 静岡県 1,031,506
19 パーフェクトリバティー教団 448 大阪府 1,009,722
20 妙智会教団 11 東京都 957,099
21 真如苑 116 東京都 859,759
22 大山祇命神示教会 1 神奈川県 800,000
23 生長の家 129 東京都 711,427
24 崇教真光 1 岐阜県 650,000
25 信貴山真言宗 182 奈良県 586,900
26 法華宗(本門流 ) 508 東京都 560,000
27 世界基督教統一神霊協会 1 東京都 560,000
28 真言宗醍醐派 1,066 京都府 527,590
29 法相宗 169 奈良県 518,324
30 日蓮正宗 738 静岡県 500,000

上記の内,学会のみ世帯数,つまり,本尊流布の数です。
大体,各々半分が実態でしょうね?

2015/3/28  20:15

投稿者:沖浦克治
んっ?さん、今晩は

 貴方やはり怨嫉謗法が止められませんね。

>河童君

 これはダメだと何度も何度もお教えしているでしょう。
 何故改まりませんかね?

 人を敬う、それも全ての人が三大秘法の当体である、南無妙法蓮華経如来だとして心から敬う。

 これが、不軽菩薩の修行です。
 その修行が、法華経の肝心であって、諸仏の出世の本懐は、その敬う行為を衆生に教え広めることだとあります。

 具体的に、池田先生は、

 『広宣流布の社会は励ましの社会。』(趣意)

 と定義されました。

 貴方方は罵りの社会の住人なのです。
 
 怨嫉謗法は損ですよ。

 

2015/3/28  12:09

投稿者:大沢克日子
御法主日顕上人猊下に対する浅井昭衛の不遜なる「対決申し入れ書」を破折す
(三)「河辺メモ」における大御本尊誹謗≠フ妄言を破す
[浅井の疑難は創価学会の二番煎じ]より

 また、得々と久遠院日騰師のことを述べているが、日霑上人は、
久遠院便妙・国学の友大堀有忠に語って云はくとは死人に口なし能き証人なり、彼の便妙なる者、吾が信者ならざる方外の友杯に妄りに法話をすべきの人にあらず、是れ必ず死して其の人の亡きを幸とし斯る胡乱なる証人を出し給ひし者か、若し万が一彼の人にして此語あらば彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報なるべし豈慎まざるべけんや(富要七巻一〇一頁)
と仰せになり、久遠院日騰師の発言の真偽については「死人に口なし」の類であり、日騰師にしてそのような発言があるはずがない、根拠のない言いがかりであると述べられるのである。その上で、万一斯様な発言があったとするならば日騰師であっても罪障は免れない。仮にそうだとすれば、地震の被害で遷化されたのはその報いの現れといえるとも述べられている。つまり日霑上人は久遠院日騰師にかかる発言があったとは述べられていないし、恐らくは言いがかりであるとされているのである。貴殿が引用した箇所においても日霑上人は、久遠院日騰師の被災の原因について「是れ宿業ならんや、現報ならんや」と宿業か、現報かと仰せられていて、久遠院日騰師に大御本尊を否定する発言があったとは断定されていない。その上で日霑上人は、学頭になられた久遠院日騰師ほどの方であっても宿業にせよ現報にせよ仏法の報いはあるのであり、身を慎んで仏道修行に邁進せよと御指南されたものと拝される。
(引用終わり)

浅井会長も「後生を肝に銘じその独りを慎む」ということを引用していると思うけれども、浅井会長は口先だけでそう言っているのか、浅井会長のみならず私たちにとっても「後生を肝に銘じ独り慎む」ということは大切だと思います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ