2015/5/10

コメント投稿者に水を差すブログ  
今回は最初から最後まで余談の連続であることを、あらかじめお断りしておきたい。

すべての投稿に目を通してはいるものの、記憶に残っているものは少ない。どうでもいいようなコメントが多過ぎるからだ。その大半が沖浦氏がらみのもので、堂々巡りのようなやりとりも少なくない。

そうした中で唯一だろうか、関の山氏のネパール大地震云々の記述が問題提起としてはなかなか有意義なもので、わたくしもいろいろと考えさせられた。しかし、結局のところは沖浦騒動(?)にかき消されてしまった格好である。

まさに騒動である。これが紙媒体だったら、どれほどのムダだろうか? ようは資源のムダである。

では、余談めいた話をしよう。

あるところに立派なビルディングが完成した。しかし、見た目だけではそれがどういう目的で建てられたものか、判然としない。
たぶん素人であっても、建物を見れば、それがマンションであるか、オフィスビルであるか、あるいは店舗であるか、それくらいは区別がつくだろう。わたくしもわかる。
ところがくだんのビルはわからない。外観からはまったく判断がつかない。何しろ窓がほとんどない。しかも人の出入りもほとんどないのだ。
それはデータ・センターと呼ばれる建物だった。ようはパソコンにおけるハードディスクの役割りを担うものであり、いわばビルそのものが巨大なハードディスクなのだそうである。

なるほど、窓がないことも、人の出入りが少ないことも頷ける。今の時代はこの手の建物が日本中にたくさん建てられているらしい。

そもそも、なぜにそれがそんなに必要なのかがわからない。具体的にはどのようなデータが保存されているのか、それがわからない。もちろん企業秘密というか守秘義務というか、たぶん聞いても教えてはくれないだろう。

そこで以下はわたくしの勝手な想像であるが、もしかしたら拙ブログのデータなども、そうした建物に収納されているのかもしれない。あらゆる個人サイト、あるいは掲示板など、便所の落書きと言われても仕方がないような低レベルの投稿までもが、すべてデータ・センターに収まっているのではないか、ということなのだ。

ご存知のごとく、拙ブログは無料である。もちろん閲覧は無料、コメント投稿も無料、そして何よりもわたくし自身が一切の費用なしでこうして十年間、やってきたのである。こんな不思議な話はない。

インターネットは原則無料というか、無料にもかかわらずクオリティの高いサイトがたくさん存在するので、有料サイトはたいていが淘汰されていく運命にある。そんなわけで利用者側も感覚が麻痺してしまって、無料が当たり前のような錯覚を起こしている。かく言うわたくし自身、元来がケチなので有料サイトはほとんど見向きもしない。

それにしてもである。いったい無料サイトはどのような仕組みで維持されているのか、それがよくわからないのだ。いちおう、民法のテレビと同じ理屈なのだろうとは思う。あれも不思議なもので、テレビさえ持っていれば、タダで視聴できるのだ。

ただし、テレビ局は数が限られている。ところがインターネットの場合はチャンネル数がほぼ無限である。いったいそんなものがどうして維持できるのだろうか?

拙ブログは投稿数がすでに二千を超え、コメント数も三万有余を数える。ところが、わたくしのパソコンの中には、それらのデータは存在しない。おそらくはどこかのデータ・センターに収まっているのだろう。こうした個人ブログが無数にあって、掲示板もたくさんあって、それらの膨大なデータがどこかに保存されているのである。そのために立派なビルディングが建てられ、データを収めるための機器が設置される。タダのわけがない。ビルの建設費用にしても、機器の設置費用にしても、安くはないだろう。ところがわたくしはそれを払った記憶がない。基本的には回線の通信料だけである。

ともかく生産性のない世界である。虚構の世界だ。ゆえに、これが現代人のライフスタイルを形成しているとして、はたしてどこまで維持ないし発展が可能なのか、わたくしにはまったく想像がつかない。

さらに話を脱線させると、わたくしは現代日本を一億総ニート化の時代だと思っている。中高年のニート化が進みつつあるとの指摘もあるが、それはそうだろう。二十代三十代のニートの人たちが、年数を経ればやがては四十代五十代になるし、さらには六十代七十代にもなる。わたくしもその一人だ。

インターネットは無料だと書いた。通信料は必要であるものの、それ以外にはさして費用が掛からない。つまり、いちばん安上がりな遊びなのである。今の日本人の多くがこの世界にドップリとはまり込んでいる。生産性はほぼゼロに等しい。こんなテイタラクでいいのだろうか? はたしてこんな享楽がいつまで続くだろうか? わたくしにはまったくわからない。

話が脱線の連続だったが、最初に戻ろう。

各方面からたくさんのコメントが寄せられているが、もしこれが紙媒体だったらどれほどのムダであるかが一目瞭然である。紙は意外や意外、重さがある。ヒラヒラの薄い紙も枚数が重なれば相当である。

ところがネット環境においては、その実感が持てない。巨大なビルを建て、大量の機器を導入して、そこに便所の落書き同然のデータを保存するという、そのムダというか、ヘンテコさ加減に気がつかないのだ。

そんなわけで沖浦氏も沖浦氏だが、それにいちいち反応している人たちもどうかしているとしか言い様がない。

2015/5/11  8:02

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。
 
 昨日の大会は大成功でした。
 30名の参加選手があって、全てを新しい執行部が仕切っておやりでした。
 
 私は最初の男子の検量でお手伝いさせていただいて、その後司会と音響をやって、実務には全くタッチしていません。

 正直に感じたことは、私と言う重石がとれて、新しい理事さんたちが活き活きと動いておられる。
 アア〜〜、辞めて良かった・・・
 自分が組織運営に一所懸命がんばっているつもりで、実際にまわりから見てもそうであったとしても、同じ人間が長期間トップに居座ることはダメです。
 
 この協会を作った時から、次の執行部の誕生を願って来ました。
 おかげさまで今回、スムースな交代が出来、新生長野県協会は元気一杯!
 
 嬉しいです。
 
 本当に辞めて良かった。

 長野県パワーリフティング協会、
 万歳〜!!!

 功徳だ〜〜〜!!!

2015/5/10  18:28

投稿者:沖浦克治
巌虎さん、今晩は。

 無責任な人が管理人であるあなたを責めていますが、私は貴方の管理を信頼しております。

 管理云々ではなく、人間として信頼をしています。

 私は常に数種類の事しか書いておりません。

 創価の信心の功徳。
 他宗への攻撃の無意味さ。
 怨嫉謗法の虚しさ。

 概ねこういう種類の事を書いております。

 反論はみじめなほど低劣ですが、それはその方々のレベルの問題で、私には関係ございません。

 今後もこのブログを継続なさいますよう、お願い申し上げます。

2015/5/10  15:04

投稿者:んっ?
巌虎さん,こんにちは!

「枯れ木も花の賑わい」的な発言で擁護されたのは貴方自身ですよ?

何時もであれば,真っ先にネパール大地震絡みで
「題目送ってます」なんて書くであろう偽善者が
今回は自分が責められている為に,忘れています。

まあ,NETでは何とでも云えますから,
はなから信用出来る事でもないのですが・・・。

かと思えば,法華講員でもこんな奴も居ますから
http://6001.teacup.com/qwertyui/bbs/20179
要は何処に属しているかとはあまり関係ないようですね?

2015/5/10  14:59

投稿者:折伏被害者
>>あるところに立派なビルディングが完成した。しかし、見た目だけではそれがどういう目的で建てられたものか、判然としない。
たぶん素人であっても、建物を見れば、それがマンションであるか、オフィスビルであるか、あるいは店舗であるか、それくらいは区別がつくだろう。わたくしもわかる。
ところがくだんのビルはわからない。外観からはまったく判断がつかない。何しろ窓がほとんどない。しかも人の出入りもほとんどないのだ。


浅井教の会館は、まさにこの通り。

社会と隔絶して閉鎖的なコミューンを形成している。

2015/5/10  14:15

投稿者:大沢克日子
>対処は掲示板アラシと同じで、反応しないことです。それが一番です。

ボーカン者さんから上記のご指摘をいただいていますが、本当にそれに尽きると思います。
ネット上とはいえ同じブログでコメントしている者同士ですから、「そんなことをしていたら…」とどうしても思ってしまうのですが、それがダメですよね。

ネパール大地震についての関の山氏のコメントの後、改めて思い起こしたのですが、私は日蓮正宗帰伏後約10年経過しますが、折伏の場で大災害関係の話をあまりしたことがないと思います。これはしてはならないとか全くしないとかいうことではなくて、折伏を受けている方の興味というか反応というがそうならなかったからとだと思います。
対して顕正会時代は毎回経済破綻に大地震、いざ地震が起これば「先生のおっしゃった通り」と騒ぎ立てるばかりでした。
職場の上司から
「他人の不幸がそんなに面白いのか?」
と言われたのもその頃です。

後日新潟方面の大地震発生の折、法華講の同志と一般ルート双方から「顕正会員が被災地をまわって浅井先生がどうの、罰がどうのと布教して被災者の反感を買っている」という情報を聞きました。
先日挙げた創価学会弾圧の端緒や、宗祖日蓮大聖人の御書(弘安四年の小蒙古御書)等も心に留めながら折伏する必要があろうかと思います。

私がこちらの巌虎独白を閲覧している理由は、やはり元会員として、顕正会の動向、行く末に興味があるからです。
加藤礼子さんが人知れず亡くなられた情報はこちらでうかがいましたが、正直な話浅井先生がどうなるのか、そして浅井先生亡き後の顕正会についても興味をもっています。そしてその時の巌虎独白のコメントも。

現役バリバリの、当時の私と同じような事が書かれているようなものではなく、違う観点(しかも未活とはいえ現役会員)のブログとして非常に貴重だと思います。

一切規制がなく、来る者拒まず去る者追わずというルールも貴重だと思いますが、冒頭のボーカン者さんの忠告に従いたいと思います。

2015/5/10  11:33

投稿者:ボーカン者
題名・今回のブログに水を差すコメント。

上から目線で、なにか物言いをされているブログ主さん。

>各方面からたくさんのコメントが寄せられているが、もしこれが紙媒体だったらどれほどのムダであるかが一目瞭然である。

そのムダを整理し、管轄するのは管理人さん、貴方なんですよ。規制も設けず野放しにしておいて当事者不在の言い草は責任放棄としか言い様がないですね。

コメント欄にあっていい人悪い人の選別もせずに、有意義な議論がないとはよく言えたものです。

禁止事項しなければネットは猥褻画像がアップされる時代なんです。管理者は暴言や脈絡のない発言、個人情報公開など未然に防ぐためにアク禁を宣言して、除外すべきなんです。

それも行使せず放棄したままで、コメント欄の多くをゴミ呼ばわりは、身勝手ではないですか?

>それにいちいち反応している人たちもどうかしているとしか言い様がない。

これはそのまま、貴方の管理能力のなさを露呈しています。あなたは貴方がそういうった事に間接関与していることに無自覚です。

管理もせずにそれを目にするのが、いやならさっさと閉じればいいでしょう。

コメント欄の荒れはそのまま、貴方の責任能力の荒れです。それをサーバーがどうだとか、無料だからと、つまらんことを言う前に為すべきことを為すべきですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ