2015/5/11

独白者の狂気  
管理能力を問うコメントが寄せられた。しかし、これについては特に申し上げることはない。拙ブログは独白を基本としているので、そもそも管理などという概念を有さない。しかもである。コメント投稿者のほぼ全員が常識的であり、立派なオトナたちであるからして、その自主性に任せればいいのである。事実、これまでさしたる問題も発生せず、やって来れた。これも偏にコメント投稿者の皆様のお陰(?)である。

ということで、わたくしに対する批判は歓迎であって、それを排除するつもりはまったくないし、また逆に、わたくしのほうからも各氏に対して言いたいことを言わせてもらっているわけなので、これはこれでバランスが取れているのではないかと思う。これを管理能力の欠如だと言われれば、まさにそれはそのとおりであってそれまでの話であるが、各自の自主性を重んじる気風なのだと理解下さるならば、それもまた一つの理想的なブログのあり方なのではないかと思う。

特に申し上げることはないなどと言っておきながら、気がつけばナンダカンダと書いてしまっている。これも独白ゆえの気楽さだろうか?

せっかくなので話を続けよう。

ふてぶてしいヤツを見ると腹が立つ。

腹が立つというのは違うかもしれないが、まあ、誰もが似たような感情を懐くのではないかと思う。物凄く傲慢で厚顔無恥で尊大で、そんなヤツがいれば誰もが好からぬ感情を懐くものだと思う。コイツが泣きべそをかくところを見てみたいものだと、口に出しては言わないにしても内心ではそのような感情を懐くのが、おそらくは平均的な人間の心理であろう。

ネットの世界ではそれが言えてしまうのだ。現実の世界では口が裂けても言えないことをである。それが容易に言えてしまうのがネットの世界なのだ。

ある意味、沖浦氏とわたくしの共通項は、フテブテシサなのかもしれない。ハッキリ言って、タイプはまったく異なる。しかし、この独白ブログにおけるわたくしの傲岸不遜な文章は、読者にある種の感情を懐かせる意味において、沖浦氏のそれと共通なのかもしれない。ゆえに沖浦バッシングがいつの間にか巌虎バッシングにスライドするという現象を起こすのだろう。また、客観的な事実として、わたくしは沖浦氏に相当寛容であり、沖浦氏もまた、なぜかわたくしに対しては相当に擁護的である。この点に不満を懐く読者も相当数いると思われる。

ここでもう一つ、共通項を出しておこう。いや、これはわたくしの勝手な思い込みであって現時点ではまったく通用しないだろうことを自覚しつつ書くわけだが、おそらくは覚悟がハンパないのだと思う。

覚悟がハンパない?

自分で言っているようではオシマイだが、少なくとも沖浦氏は実名で胸を張って己の主義主張を展開しているわけだから、その覚悟たるや相当であろう。かく言うわたくし自身も、沖浦氏に及ぶか及ばざるかは知らないが、相当の覚悟を持ってブログを書いているつもりなのだ。

だからフテブテシクも感じられるのだと思う。

先日、沖浦氏は唐突に質問会なるものを打ち出した。ゆえにわたくしもそれについては否定的な見解を示したわけだが、しかし、沖浦氏の言い分も一理あるのだ。世の中にはいわゆる坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的な人が多くて先般の一連の応酬においてもそうした雰囲気が濃厚だったけれども、わたくしは氏の言い分も相当だと思う。ようするに顕正会では創価学会員を救うというキャンペーンを行なっているのである。しかるに沖浦氏のところには誰一人として近づかないのだそうだ。これは確かにおかしい。救うと言っている以上、救わねばならない。法華経は皆成仏道の教えである。どれほどの大悪人であっても救わねばならない。しかし沖浦氏はテゴワイ。それゆえに顕正会の活動会員たちも躊躇しているのだろう。

ということで、沖浦氏の質問会はいわば顕正会員へのメッセージなのだ。創価学会員を救うんでしょ? だったら遠慮せずにイラッシャイ、ということなのである。

沖浦氏はデタラメなことをたくさん言っている。これは事実であり、わたくしもこれまでたくさん指摘してきた。けれども、たまには筋の通ったことを言うこともあるのだ。その時に、素直にそれを認められるか否か、そこが分かれ目なのだろう。わたくしは認める方針である。

沖浦氏の過去の不祥事をあげつらう人たちがいる。

わたくしはこれに反対である。これはいわば反則技であり、即反則負けだと思っている。いや、もちろん、ここは議論の余地があるわけだが、ともかくわたくし的には反則だと思っているので、自分自身がこれを使うことはない。

この点について、わたくしは二段構えで考えている。

まずは単純に、議論で負けそうになって苦し紛れに反則技を繰り出す、そんなふうに思われるのが物凄くイヤなので、最初からそういう話はしないほうがいいというのが一つの考え方である。いかがだろうか? そうは思わないのだろうか?

もう一つが重要だ。

もし仮に沖浦氏と対面法論をすることになった時、どうするかである。既述のごとく、わたくしは氏の不祥事をあげつらうのを反則技だと思っているのでそれを持ち出すことはないし、議論で負けそうになったとしても同じである。では、他の人たちはどうするつもりなのだろうか?

結論は出たと思う。

ようするに、わたくしは場合によっては対面法論も辞さない、そういう覚悟でブログを書いているのだ。だから反則技を使わない。純粋に議論を戦わせる。

けれども、おそらく反則技を使っているような人は、ハナッから対面法論など考えてもいないのだろう。つまりはゲリラ的に、テロ行為のごとく、沖浦氏に立ち向かうしか術がないのだ。

相当に過激なことを書いてしまったようであるが、仕方がない。思っていることをそのまま書いただけの話である。これで余計に心証を悪くしたとしてもいいのだ。ようはこれが覚悟ということなのである。

2015/5/13  11:04

投稿者:沖浦克治

2015/5/13  7:23

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

「謙遜」なさっているようなので、申し上げておきます。

@問われた論点に対し真っ正面から簡潔に答える。

A沖浦さんのコメントを見た誰もが、「ああ、なるほど、沖浦さんのコメントももっともだ」
と納得するような内容で書いていただく。

B世間様から無用な反発(横難)を招かぬよう振舞いに気を付けていただく。

ちなみに@については、「御歴代についてコメントせよ」などということではありません。
また「大沢さんから要望がありましたので」などというふざけた嘘は書かないでくださいね。
Aについては昨日コメントした通りだと思います。
Bは沖浦説によればダメな私たちとは違って、功徳に満ち溢れた法華経の行者・沖浦ですから、ぜひ心掛けていただきたいと思います。
今まで沖浦さんはわざわざ他人の反発を招く放言をして、いざ批判されると怨嫉だなんだと言っていますが、沖浦さんの振舞い次第では無用な反発を相当減らせるのではないでしょうか?

テレビCMでも
「人間がいる。」
とか何とか言っているのですから、その人間(自分ではなくて他人)を研究してみてください。

他でもない沖浦さんですから、できますよね?

期待しています。

2015/5/13  7:14

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、つづきです。

 2005年に書いたものですよ。


2 :沖浦克治 (mh9zaJHs):2005/05/14(土) 20:22:12 ID:yRoq6bI. 実はね、日蓮正宗には鈴木日恭という法主がおりましてね。
 戦争中、国家諌暁をするべき千歳一隅の機会がきたんですがね。
 この人は軟弱にも神札を受けて逃げ回り、国家諌暁などは見向きもしなかったんですよ。
 知らなかったんですか?
 それでこの人は、後に法華の厳罰で焼死をしてしまったんです。
 仏法者として、最も肝要な臨終正念。を、しくじったのですね。
 方ご命日は誇り高き殉教をなされた、牧口先生のご命日から丁度七ヶ月目ですよ。

 何処に不惜身命ですか・・・??????
 〜引用終わり〜

 私は朝夕この鈴木さんの追善供養を父母と親友の後、一番先にしております。

 引用させていただくことへの御恩返しです。

2015/5/13  7:05

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、レスが入れ違いましたね。

 歴代法主などは、私は天下の創価学会員ですので、歯牙にもかけません。

 ですが、当然70人近くおられたのですから、中には優れたお方もおられて当然です。

 国家諫暁しなかったことと、人間性のレベルはイコールで考えるべきではございません。

 個人的には、日有さんは大好きですね。
 
 仏法上の位から論じるなら、現在創価で戦う方々全員が、宗門のどの法主をも凌ぐ位にある。

 地涌の菩薩といいます。

 当然戦いをあきらめた迹化の人々を凌駕いたします。
 この点も大聖人仏法では常識なんですが、貴方方日蓮正宗は伝統的に御書に暗い宗派。
 理解は困難でしょうね。

 大聖人と肩を並べる??
 私が??

 ご評価は嬉しいですが、それは恐れ多いので辞退いたします。

 万分の一、億分の一にも及びません。

 人類史上、大聖人と肩を並べられるお方はたったお一人です。

 戸田先生。

 このお方だけなんです。
 今後は弁えて下さいね。
 

2015/5/13  6:57

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、続きです。
 
 ご要望にお応えして宗門法主達のレベルをご紹介いたします。

 寛師は既に述べました。
 大石日応さんですが、日露戦争当時、法乃道(明治三十八年八月発行)に、次のような事をお書きです。

 「吾日本國に前代に未だ在しまさざる聖天子出現在しまし大詔を下して彼の暴悪なる露國を始とし遂に歐米諸國をも併呑し是等の諸國を吾か属國となし吾が 天皇陛下をして世界の大王仰しむるの時には一人の聖人出現して此の大法を世界に廣布せしむべきなり今既に巳に其の時機なること經文顯然なり若し爾ば吾國の他國に向て干戈を動かすこと彼の露國を剿滅し城下の誓をなすに止らずして獨佛等の各國とも戰鬪を開く時機敢てなきにあらず」

 愚かとしか言えない広宣流布観です。
 ロシア、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ諸国、更にアメリカと戦争をして負かして属国にする。

 そして、一人の聖人出現、して世界広布ができる。
 宗門の広宣流布観はこの程度のものでした。

 達師ご存じ?
 凡庸な法主でしたが、晩年は池田先生の帰依なさいましたので、私は親しみを感じております。
 ですが、彼が戸田先生の会長就任で75万所帯を達成すると言う決意を聞き、話した内容が残っています。

 「今創価学会が75万所帯をやると言う。
 これに、法華講が同じく75万所帯をやるなら、それを持って日本の広宣流布が達成できるのであります。」

 概ねこう言う意味の発言をしております。
 少し考えると理解できますが、この当時の日本の人口は8000万人ほど、所帯にしても当時は大所帯も多かったので、控えに見て2000万所帯程度でしょう。
 その中で、わずか150万所帯が宗門の考える広宣流布。

 ここまで宗門と言うものは、広宣流布を真面目に考える能力すら失っていたのです。

 顕師、如師御存じ?
 
 この人たちね、創価学会破門して、自分たちで広宣流布やるって大見栄きって、それから24年。
 少しも増えない。

 この様なんですか??
 これらの法主さん方が、

 俺たちは大聖人門下だ!!

 そんなこと言ったら大聖人に叱られます。
 これね、常識なんですよ。

2015/5/13  6:52

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

おはようございます。

「意味不明」なんて言わずに、読み取れよ。

御歴代を超え、大聖人に等しいんでしょう?

2015/5/13  6:42

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 意味不明の書き込みを止められて、私に何を書かせたいのか、明確にして下さい。

>沖浦さん、どうぞ謙遜なさらずに、力を出していただいてかまいませんよ。

 何に対して力を出せと言われていますか?

 寛師は習い損ないです。
 この点は疑う余地のない事実です。

 彼の習い損ないは、戒壇本尊本懐論、三大秘法当体論、六大秘法論などに明らかです。

 この点は私の方が、仏法の理解に優れております。
 それで、一体寛師の何を私に破折して欲しいのですか?

 私は寛師はダメ法主だったと思っています。
 何故なら、彼は国家諫暁を一度もしておりません。

 この点は、目師までで道師以後は宗門法主は一度もしていないはずです。

 大聖人は立正安国論で国家諫暁をなさいました。
 その後継者たちがやれない。

 これだけでダメですね。
 但し、私は宗門の法主を全て知っておりませんし、する必要も感じません。
 ですのであるいは何方かが国家諫暁をされた可能性は否定致しません。

 寛師はやっていません。
 
 ダメ法主ですね。
 御歴代に関してですが、スレを改めてお書きいたしましょう。

2015/5/13  6:23

投稿者:沖浦克治
傍観者さん、おはようございます。

 わたしから見て貴方の書き込みには主義主張の一貫性がありません。

 そういうものは駄文です。

 これからは反論や批評に耐える文章をお書きなさい。

2015/5/12  18:54

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

こんばんは。

沖浦さん、どうぞ謙遜なさらずに、力を出していただいてかまいませんよ。

「下劣な印象操作」といいますが、信仰上でも信仰外(例えば仕事など)でも、
「Aさんは習いそこない」
と発言したら、発言者はAさん以上の事は当然出来るとみなされます。
「比較したことはない」
などと謙遜しないでください。
「世間様」ではそういう発言をしたら、誰もが発言者はAさんより出来ると発言したと理解されます。

今まで御歴代がどうの、日寛上人は習いそこないと散々ほざ…おっしゃってきたのですから、誰が出来ずとも沖浦さんは楽々出来て当然。

私たちが出来なくても、沖浦さんは出来て当然、要求されて当然なのです。
万が一沖浦さんがそれで出来なかったら、
「何だ、口ほどにもない奴」
と言われるでしょう。

御歴代を超えて、御本仏日蓮大聖人と並んで出来て当然。

それだけの「覚悟」で種々ほざ…おっしゃってきたんでしょうから、ネット上だろうが何処だろうが、沖浦さんの力を見せていただきたい。

不当な要求ではないはずです。

聡明な沖浦さんですから、ご理解いただけたと思いますのでこれ以上は申し上げませんが、期待していますので余生を使って、日目上人以上のキレッキレの巧於難問答の行者の姿を見せてくださいね。

2015/5/12  18:53

投稿者:傍観者v
沖浦殿

>傍観者さん、今晩は。
> 駄文・・・

反論不能でギブアップですか。
沖浦殿は、大聖人様を語ることも、まして聖人である池田大先生を語る資格もございません。

私の勝利が確定したので、沖浦殿に関しては今後、負け犬の遠吠えとさせていただきます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ