2015/5/29

悩み多き人生  
先般、匿名キボンヌという奇妙なハンドルネームの人物からコメントを頂戴したので、昨日は挨拶代わりに思うところを少しばかり述べた。すると、早速の返信があった。直前にコメント全文を掲載したので、興味のある人はご覧になられるといいだろう。

やれやれ、何をそんなにムキになっているのか、というのが第一印象であるが、こういうことを書くとますますムキになるかもしれないので、今日は抑制的に書こうかと思う。

小心者・・・

う〜ん、なるほど、鋭い観察眼だ。

文章はウソをつかないというか、ウソをつけないのだろう。拙ブログは個人情報に類することを極力書かずにきた。ゆえにわたくしの氏素性を知る人はいない。その意味で、わたくしが小心者かどうかも本当のところはわからないはずなのだが、見事に言い当てているところが鋭い。

小心者にもいろいろある。

とことん小心者という人もいれば、小心者のクセに虚勢を張る人、あるいは小心者ながら時に大胆な行為をする人もいる。

わたくしは三番目ではないかと自己分析しているわけだが、実際の経験上のことを言えば、その大胆な行為はたいていが失敗に終わることになる。やるんじゃなかった、そうすれば恥をかかずに済んだのに、ということがたくさんあるのだ。なぜ失敗するのか? その原因は心理状態にあるのだと思う。しょせんは小心者なのである。ゆえに大胆なことをする時というのは、いわば異常な心理状態にあるのだ。大袈裟に言えば精神異常であろうか? そんな状態ではうまく行くわけがない。よく言われているのが平常心ということだ。何か大きなことをやる時にどれだけ平常心でいられるか、スポーツの世界でもあるいは音楽芸能の世界でも、平常心が大切であると言われるのはそういうことなのだろう。

ともかく小心者なのだから、そんな大胆なことをせず、とことん小心者に徹すればいい。そうすれば失敗することはない。

しかし、失敗はしないけれども、成功もしない。何もしなければ、成功などあり得ない話である。

当然、そこにはジレンマがあって、何もしなければ失敗もしないが成功もしない、はたしてこんなことでいいのだろうか、という自問自答があるわけだ。それで普段は小心者なのに、ある時には突然のごとくにスイッチが入って大胆なことをしてしまう。しかも、その時にはたいていが精神的バランスを失しているので、うまく行かないのだ。

そういうわけで、わたくしの人生は失敗の連続である。成功体験はゼロ・・・と言えばウソになるが、まあ、プラスマイナスで考えればゼロを通り越して大きくマイナスに傾いているはずである。

さて、すでにお気づきの人もいらっしゃるかと思うが、拙ブログは今月で満十年を迎えた。ある意味、これも成功体験に含まれるかもしれない。あるいは、わたくしの人生にとって、これが最上位(?)の成功体験かもしれないのだ。
たぶん、思うだろう、えっ? これがいちばんの成功体験なの? ずいぶんチンケな人生を送ってきたんだなあ、アナタは・・・
このように思う人がいても不思議はない。それはそうだ。独白ブログである。グチ日記である。それを十年続けたことが人生最上の成功体験だなどと言っているのだから、もはやどうしようもない。

しかも今、痛烈なバッシングを受けている。まさに踏んだり蹴ったりだ。

話を少し戻そう。小心者はアイデアマンである。

いや、厳密には違うのかもしれない。必ずしも小心者=アイデアマンではないのかもしれない。けれどもわたくし自身はわりとアイデアマンのほうだと思う。

これも不甲斐ない話だが、正直に書いておこう。ようするに小心者は実行力がない。頭の中であれこれ考えても実行する勇気がないのだ。そういうわけで実現可能性はほぼゼロにしても、たくさんのアイデアを抱えているのが小心者なのである。

そこに十年前、ふとブログを始めてみようと思い立った。何か遠大な構想があって始めたわけではない。文字どおりグチ日記のつもりで書き始めたのだ。それが意外にも受けた。受けたというのはわたくしの勝手な思い込みかもしれないが、少なくとも各方面からさまざまのコメントが寄せられるようになって、それなりの手応えを感じるようになった。

つまり、実生活ではまるでダメ人間であるが、ブログの世界ではそれなりに活躍できている。実生活では何一つ実現できないアイデアの数々を、ブログの中では実現できる。ようするにブログでは文章化=実現化なのである。

情けない限りだが、ともかく実生活がダメであればあるほど、ブログに傾注する、自分のアイデアの数々をブログの中で実現していく、という循環が起こってくる。

まあ、ここまで書けば十分だろう。

ところで、わたくしの微妙なポジションについて批判があった。どっちつかずのアイマイな態度というか、そういう立ち位置についての批判である。ズルイと映るのかもしれない。

しかし、これはまさに微妙なところである。

なぜならば、もしこれを顕正会の活動会員だとか法華講員などが糾弾するのならば、わかるのだ。ところがそうではなく、いわば無関係の人が批判しているのだ。この意味がわからない。わたくしがわからないというよりも、おそらくは多くの人が理解不能なのではないかと思う。

わたくしの想像を書こう。

先ほども書いたように、拙ブログは十年を越え十一年目に突入した。一回一回のブログにはさまざまのアイデアが注入されている。また、当初は必ずしも方向性が定かではなかったが、十年間の試行錯誤の中で、ほぼ方向性が固まってきた。それはいわばわたくしのオリジナルの方向性であり、スタイルなのだ。

つまり、わたくしのこの微妙なポジショニングというのは一朝一夕に出来上がったものではなく、幾歳月を経て形成されたものである。よって、これは容易にはマネの出来ない、わたくしオリジナルのスタイルなのである。

しかも、そこそこ注目され、好評(?)も博している。これが気に食わないという人がいても不思議はない。たぶん、そんなところだろう。

大まかには以上である。個別の議論は煩瑣になるので控えるが、いくつか確認しておきたい。

貴辺はでは、その大聖人なる人の法門を網羅して理解しているという立場ですか?そういえば、貴辺はきっとそうではないと言うだろう、そこが問題なんですな、深理に達せずに上辺を批判するなら、顕正会の貴辺にとって気に入らない問題有る行動と同じであり、スタンスはただ批判の立場に貴辺がいるだけである。

ひじょうに難解な文章である。ぶっちゃけ、何を言っているのかわからないヒドイ文章である。もし必要ならば修正を施した上で再投稿されたい。

爺さん。

こういうのはいかがなものかと思うが、まあ、そんなことを言っても仕方がないだろう。では、逆にお聞きしたい。かく言う貴辺はまだ相当に若いということになりそうだが、いったい何歳くらいなのだろうか? 差し支えなければお答えいただきたい。

ついでに、貴辺の慧眼ではわたくしを何歳くらいの爺さん(?)と見立てているのか、参考までにお聞かせ願えればと思う。

2015/5/29  20:42

投稿者:成田
匿名キボンヌさんは、厳虎さんのダブルスタンダード・ど
っちつかずを批判されているようですが、結局はどちらの
立場であっても「嫌い」なわけですよね。
ならば、どちらでも良いのではないでしょうか。そういう
スタンスの方の意見からも得るものはあると、ワタクシは
思います。

2015/5/29  15:41

投稿者:ユタ
 こんにちは。

 沖浦さんが立ち去られたと思ったら、大沢さんとん
っ?さんのバトルがあったり、匿名キボンヌさんの来訪
と、注目の外せないブログですな。

 いいぞ、もっとやれ!……あ、失礼。

 ところで、

>世間では日蓮系の強引さは嫌われている、
>私も昔から嫌いだ。

 実に耳に痛いお言葉です。

>しかも独善を表にする石山系は特に。

 良かった〜、大石寺は富士系で……って違う?

 で、んっ?さんの、

>マグマグさんから「巌虎さんは女性」と伺っていたの
ですが,違うのでしょうか?

 私は別の人ですからですが、同じようなことを聞きま
したよ。
 どうなんですか?せめて、それくらいお答えくださ
い。
 ……そもそも、『厳虎』さんはお1人ですか?

http://blog.goo.ne.jp/localfor

2015/5/29  12:58

投稿者:んっ?
巌虎さん,こんにちは!

>爺さん。
>こういうのはいかがなものかと思うが、
>まあ、そんなことを言っても仕方がないだろう。

私は,マグマグさんから「巌虎さんは女性」と伺っていたのですが,
違うのでしょうか?

だから,落ち武者君の様な「自信家」に好意を持つのだと。

まあ,NETでのやり取りに「年齢・性別」は如何でも良い事で,
其れがまた,先入観なしの論議に繋がる利点だと思っているのですが。

2015/5/29  11:37

投稿者:匿名キボンヌ
藪から棒なコメントにわざわざ一記事扱いしていただけるとは幸甚。いくつか質問いただいているのは、当然でしょう。まるで正体不明ですからな。

>もしこれを顕正会の活動会員だとか法華講員などが糾弾するのならば、わかるのだ。ところがそうではなく、いわば無関係の人が批判しているのだ。この意味がわからない。

動機についてご質問ですが、私のホームグラウンドが2ちゃんの「創価公明・日蓮って」で推察できるでしょう。

あそこは玉石混交だが、天台宗の僧侶や真言宗僧も来る、たまに鋭いコメがあり見逃せません。

そこに出没しているということで、どうです理解できるでしょう。こちらのブログもそのスレで知り、時々覗いていてネタ探ししてたというわけです。

世間では日蓮系の強引さは嫌われている、しかも独善を表にする石山系は特に。私も昔から嫌いだ。
これだけで動機は十分でしょう、石山系のH講員などがそこに書き込んで派手に自爆しているね。

管理者さんは私の文章が理解不能ということを書かれてたが、ダブルスタンダードな立ち位置はおかしいと言っているだけ。前後を読めば理解できるでしょう。私の周辺であの文章に関して貴辺のようなことを言った奴はいないね。

私の年齢だの、貴辺の実年齢だのまるで興味はない、貴辺の考え方がほぼジジィという事に尽きます。これ以上ここに蟠踞するつもりもないので、スレされても答えられない。

「創価公明・日蓮って」に書き込めば応答できるかもしれないが、スレチの一言で終了になると思う。それではお邪魔しました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ