2015/6/22

鬱屈とした毎日  
唯授一人の血脈相承について言えば、わたくしには沖浦氏を納得させるだけの用意がない、というのが結論である。ようするに御相伝書を用いるか否か、これが重要なポイントであって、もはや沖浦氏はそれを認めない立場なのだろう。だったら話は終わりである。これは前回も繰り返し言ったはずである。

それにしても沖浦氏は唯授一人とは書かず唯綬一人と書く、何か理由があるのだろうか?

 大聖人仏法が世界で10億人ほどの方が実践する時、世界にシンボルとしての戒壇建立の必要性が生まれます。

シンボル?

たぶん何の気なしに使った表現なのだろうけれども、まあ、これが沖浦氏の本門戒壇に対する理解度を示しているのだろう。本尊を道具と言ったり、戒壇をシンボルと言ったり、するとどうだろう、さしずめ題目はスローガンとか、そんな感じなのだろうか?

大聖人の仏法は三大秘法である。この三大秘法を名目だけで示せば、本尊と戒壇と題目ということになる。これを道具だのシンボルだのスローガンだのと言い換えてみるとどうなるか、である。ずいぶんチンケな感じがするのではないかと思う。つまりは推尊入卑ということだ。

アゲアシ取りの気味が感じられなくもないが、もう一つだけ指摘しておこう。

 殊更、伽藍としての戒壇建立にこだわる必要はございません。

このように言っていた人がである。

・・・シンボルとしての戒壇建立の必要性が生まれます。

と言うのだ。

伽藍としての戒壇建立は不必要だが、シンボルとしての戒壇建立は必要であると・・・二文を合体させれば、こうなるだろう。オイオイ、いったい何なのだ。

アゲアシ取りであるのは事実だろう。しかし、沖浦氏の理解度がこのテイタラクだというのも事実なのだ。そもそもが御書をもって説明すべしと言っておいたのに、それが出来ていないのだからどうしようもない。

ちなみに池田大作氏だったろうか、戒壇建立をモニュメントのような意味合いで言っていたことがあるけれども、これも間違いである。師匠がモニュメントと言い、弟子がシンボルと言う。師匠も師匠だが、弟子も弟子だ。カタカナ語というのは何となくわかったような気にさせてくれる意味で、ひじょうに好都合の言語である。しかし、実際には何もわかっていない。

じゃあ、オマエはわかっているのか?

このように問われれば、わかりません、と答える以外にない。大聖人の仏法をわかったつもりになるのがいちばん危ない。そしてわからない場合、さしあたっては御書の文言を忠実に拝する。これが正解である。ようは解釈をしない。解釈というものは、得てして自分の都合で文意をねじ曲げてしまうものだからだ。

以上で終わりにしよう。

ニワカ感などとずいぶん失礼なことを書いてしまったが、事実は事実である。誰もわかっちゃいない。もちろん、わたくしもである。

逆にわたくしの場合は、わからないことは正直にそのように言う習慣が身についていて、知ったかぶりをしないのだ。ゆえに今回は冒頭において唯授一人のことを書いた。結論はわからないということだ。けれどもこれは、ある意味では当たり前の話である。何しろわたくしは相承を受けていないのだから、わからなくて当然なのだ。わかっちゃったらおかしいだろう。

沖浦氏からは、これ以外に五人所破抄を中心とした詳細な論考が寄せられているが、割愛させていただくことにする。

2015/6/24  11:27

投稿者:関の山
元々戒壇は、朝廷が僧に戒を与えて云わば免許を与えて管理したりの権力側機構なわけです。

実際に、現実的に考えると戒壇自体が時代錯誤、歴史の彼方の思想でしょう。
広宣流布自体も無理。あのカトリックですら、全世界を
広宣流布(地球全てカトリック信者)する事は出来なかった。大軍隊を持ってもです。

日本に広宣流布も、仏教学会、他宗教の反発、論争にとても勝てるとは思えない。大乗非仏説はおろか、大石寺教学の疑義を公式に突いて来るでしょう。
そこには「自分達に都合が悪いから認めないのだ」「散々破折された論を」など屁理屈は通用しない。
あらゆる学問、科学を持っても証明しなければ誰も
納得しないでしょう。
他宗教、無宗教(この方々が大半)の方々は、信教の自由を主張し、デモや訴訟多発や国連人権委員会にも訴えかけ、収集が付かなくなると思います。

広宣流布は一神教化するわけですから、他宗寺社教会には全て御本尊がかけられ、場合によっては伽藍の破棄、撤去されるかも知れません。政治、経済、教育は宗教中心 他教信仰は法的に犯罪扱いになるかも知れません。隠れキリシタン、不受不施派弾圧時代の到来、信教の自由の終焉です。

そんな状態になった日本を世界はどう見るでしょう?











2015/6/24  8:26

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

>唯授一人の血脈相承について言えば、わたくしには沖浦氏を納得させるだけの用意がない、

 私を納得させられないなら、世間様は更に納得なさいませんでしょう。

 世間で信頼されなくて、どうやって布教出来ますか?
 顕正会が正しくて、それを世間に広めるためには自分たちの教義を世間で納得していただく必要があります。

 ですが基本的にどの宗派の教義も、一般の方々は素直には受け入れて下さいません。
 
 そこで信徒の方々の現実生活での功徳の実証が不可欠のなります。

 あの方が信心されてるなら、あの宗教は間違いないだろう。
 
 これが大事なんです。
 どれほど論を尽くして他宗を責め、自分の宗派を宣揚して見ても、所詮は内部規定の押し付けでしかありません。

 功徳を出しドンドン書く。

 これのみが布教の武器です。

2015/6/24  6:44

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 今日はお昼の支部座談会で御書講義致します。

 つたない教学ですが、頑張ります。

 功徳だ〜〜!!

2015/6/23  23:02

投稿者:提案
顕正会への疑問 ブログ読んでみました!

2015/6/23  22:04

投稿者:沖浦克治
功徳です!!

 昨日右膝の診察でした。
 前回2月のMRIとレントゲンを撮り、診察受けた時先生が言われました。

 これは相当悪いですね。
 変形膝関節症で、かなり進んでいます。
 ここまで来てしまうと人口関節を入れた方がいいですね。

 人口関節入れたら、スキーもパワーリフティングも引退です。
 困りますよね、世界選手権もありますし。

 それで言いました。

 6月のフィンランドの世界選手権が終わってから再診して下さい。

 それで昨日受診致しました。 
 先生がレントゲン写真睨んで、その後私の方を向いて言いました。

 沖浦さん、非常にいい状態です。
 
 私・・・・?????

 だってね、先生見てるレントゲン写真もMRIも、この前撮ったものです。
 同じ写真見ていて、状態良い??

 後で考えたら、本当に可動域は良くなっているので、触診して良いと思うと写真まで良く見えたんでしょう。
 ともあれ、引退せずに済みます。

 手抜きしないで創価やってると、身体も勝手に治ります。

 功徳〜〜〜〜!!

2015/6/23  18:59

投稿者:んっ?
ありゃありゃ,「結要付属」まで否定しだしたww

2015/6/23  14:13

投稿者:沖浦克治
更に間違っていますね。

 唯受一人が御義口伝、唯授一人が本因妙抄と産湯相承事。

 唯授一人は、嘘で、唯受一人は正しい。

 少し混乱して御免なさない。

2015/6/23  8:50

投稿者:沖浦克治
 肝心な所を打ち間違えました。

 この唯受一人と、先に出てきた唯授一人は全く異なります。

 以下に訂正いたします。

  この唯授一人と、先に出てきた唯受一人は全く異なります。
 前者は、

2015/6/23  7:58

投稿者:沖浦克治
  唯授一人は御書に2回出て来ます。

 本因妙と産湯相承事。
 本因妙抄では、その部分を堀日亨師は、後世の誰かの加筆だと言われています。
 ですので、ここの部分は偽書。

 産湯相承事は、大聖人が御入滅前に興師にだけ語ったとされているものを興師が後で書にしたとされていますが、肝心の最後の部分が後世の誰かの加筆だと、同じく堀日亨師が書いておられます。

 弘安五年可壬午十月八日       日蓮在御判

 この部分が偽書ですので、当然全体は信頼できません。
 後世の誰かが興師の名を借り、自分たちの正当性を作るために書いた、とすることが妥当です。

 字が異なりますが、唯受一人は御書にございます。

 唯授一人と唯受一人、更に唯綬一人

 『彼彼三千互遍亦爾の釈之を思う可し秘す可し秘す可し唯受一人の相承なり、口外す可からず然らば此の去の字は不去而去の去と相伝するを以て至極と為すなり云云。』
 (御義口伝巻下)

 この唯受一人と、先に出てきた唯授一人は全く異なります。
 前者は、

 相伝した人が確かに言っているので、相伝を受けた側が正当なんだ。

 具体的に言うと、大聖人が、

 日興よ、俺の法は全てお前に授けたぞ、その証拠としてここに記しておくぞ。

 こういう系譜ですね。
 この系譜はあり得ません。
 証明するべき衣文が偽書です。

 大聖人は、自分が釈迦仏法の一切を譲り受けたと言われました。

 『彼彼三千互遍亦爾の釈之を思う可し秘す可し秘す可し唯受一人の相承なり、』
 (御義口伝巻下)

 唯受一人。

 御義口伝にありますが、大聖人以前2千年以上前に釈迦は入滅しています。
 ですので、釈迦が、

 日蓮よ、俺の法は全てお前に授けたぞ・・・・

 こんなこと言うはずありませんね。
 釈迦が授けたくとも授けようがありません。
 大聖人はまだ生まれておられませんから。

 ですので、大聖人はご自分で戦われて釈迦の全てを受けとられた。

 授はさずけるとの意味で、他発所動。
 受は受け取るとの意味で、自発能動。

 前者は授ける仏が主体。
 後者は受け取る弟子が主体。

 全く異なる概念です。

 余談ですが私は唯綬一人と書いています。
 糸の様に細い絆でもわずかでも大聖人と、創価の本流とつながっていたいと思うのです。

2015/6/23  6:06

投稿者:んっ?
寛師教学だあ〜!ww

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ