2015/6/29

鬱屈とした季節  
関の山氏からコメントが寄せられた。前々回の拙稿だ。

実際に、現実的に考えると戒壇自体が時代錯誤、歴史の彼方の思想でしょう。

おっしゃることはゴモットモかと思う。しかし、さらに言うならば、これは戒壇に限った話ではなく、仏法自体が時代錯誤であり歴史の彼方の思想であると主張する人もいるはずなので、もはやそうなると拙ブログの存立理由も失われてしまうことになるだろう。実際、昨夜遅くには、次のようなコメントが寄せられた。

2015/6/29 0:38
投稿者:傍観者v
>戸田先生が御出現なされなければ、大聖人の予言は外れ大聖人は嘘つきとなって、大聖人仏法そのものが全否定されます。

依報にしてる法華経が仏説でない時点で、日蓮の教え自体波状です。
そして、遺文自体も嘘ばかり書いてる嘘つきですね。


戒壇どころの話ではない。大聖人の仏法を全否定するかのごとき激烈なるコメントである。

関の山氏の場合は物凄く真摯というか誠実な感じがして、わたくしの立場としては肯んずることの出来ない内容ではあるものの、それほど悪い気がしない。しかるに傍観者v氏のコメントと来たら、イヤミというか悪意というか、もちろん相手の心のうちはわからないけれども、わたくしとしては物凄く不快である。これは正直な気持ちなので、ありのままに表明させていただいた。

そもそも上掲は沖浦氏に対するコメントなので、わたくしはいつものごとく独白に徹すればそれで済む話である。しかし、看過できないと思った。

まず、氏の立場が不明瞭である。大聖人を否定しているのはわかる。では、釈迦仏法はどうなのか、釈迦仏法すら全否定するつもりなのか、それとも法華経だけを否定する立場なのか、その場合は他に真実の経があると言いたいのか、ならばそれは何なのか、まるで不明である。ようするにイチャモンをつけるだけが目的なのだと、少なくとも現時点ではそのように見なされても文句は言えないだろう。夜な夜なそんなことを書いていて楽しいのだろうか?

もちろん沖浦氏の言っていることもデタラメである。けれども彼の場合は大聖人の仏法を否定しているわけではなく、肯定した上でさらに欲張って戸田城聖氏の存在意義を高らかに謳っているのだ。ゆえにわたくしの立場として反論を構えるならば、戸田氏のくだりだけを咎めればそれでいいのだ。ところが傍観者v氏はヤブカラボウにも大聖人の仏法を否定する挙に出た。

トンチンカンである。

むしろそれならば関の山氏のコメントのほうが遥かにマシだろう。ようするに議論が噛み合っているのだ。拙稿で戒壇について云々していたから、戒壇そのものが時代錯誤であると、このように言ってきたわけだ。そこで本日の冒頭において、戒壇だけではないだろう、仏法そのものが時代錯誤であるとの主張も相当であると、わたくしは返したわけである。

いや、もちろん、わたくしの返答が正解であるとは言い難いところで、あるいは正統派の顕正会員ないし日蓮正宗信徒であれば大聖人の仏法の正義を高らかに宣揚し、かつまた戒壇建立の必要性を訴えるのかもしれない。それが出来ずに自暴自棄的ないし逆ギレ的に、そんなことを言ったら戒壇どころか仏法そのものが時代錯誤となってしまうではないか、などと返答するのもおかしなことなのかもしれないが、まあ、それがわたくしのやり方なのだとご理解いただくしかないだろう。

遺文自体も嘘ばかり書いてる嘘つきですね。

再掲である。沖浦氏のコメントは省略するけれども、確かに上掲は戸田城聖氏が出現しなければ大聖人は嘘つきとなって全否定されるという文言に対応しているようにも読めるところである。しかし、そこに具体性はない。いったいどこがどのようにウソなのか、それをまったく書いていないところがイヤらしい。それ以前に、己の思想信条を表明せず、立場をアイマイにしたままでいるのが、実にイヤらしい。

依報にしてる法華経が仏説でない時点で、日蓮の教え自体波状です。

そして極めつけは、これである。この短い文章において、二箇所の間違いが存すること自体、破綻である。

なんだ、このザマは、と言いたいところだ。

失笑安国論

これは沖浦氏のミスであるが、実にコッケイである。文字どおり失笑を禁じ得ない。しかし、彼は間違いに気づいて、すぐに訂正のコメントを入れている。

しかるに傍観者v氏は書きっ放しで訂正していない。もし間違いにすら気がついていないとしたら最悪だ。

依報

まずはこれである。御書に依報という言葉はたくさん出てくる。しかし、依報にしている法華経などという用法はないはずである。たぶんこれは単純なミスで、依報ではなく依経のことだろう。こういうミスはありがちなことなので、もしこれだけならばわたくしもあえて取り上げることもなかっただろう。問題は次だ。

波状

ハジョウ? なんだろう、これは・・・

たぶん正解は次のごとくだ。

依経にしている法華経が仏説でない時点で、日蓮の教え自体破綻です。

どうでもいいことから書くと、「してる」という表記を「している」に改めた。これはどちらも使われているので前者を間違いとは言えないが、わたくしは後者を使うようにしている。たぶん一般的に、前者は話し言葉であり、柔らかい表現とされていると思う。後者はその逆である。ただ、こういった些細な特徴からも、その人物像が見えてくるという意味がある。文は人なりだ。

そして最大の問題点は波状だろう。波状ではまるで意味が通じない。

ここからはわたくしの勝手な推測に過ぎないが、たぶん破綻と書くつもりがウッカリ波状と書いてしまったのだろう。だとすると、この人物は破綻をハジョウと読んでいることになるわけで、これは正直なところ恥ずかしい間違いである。どうだろう。義務教育レベルなのかどうかわからないが、少なくとも高等教育レベルの国語力があればこんな間違いはしないはずである。ゆえに恥ずかしいのだ。

しかも頭が固い。文章表現はわたくしよりも柔らかいのかもしれないが、頭のほうは固いらしい。

というのは、この問題は単なる国語力の問題ではないのだ。社会人としてそれなりの経験を積んでいれば自ずと身につく語彙のはずである。テレビやラジオのニュースを聞いていれば、たとえば経営破綻といった用語を何度も耳にしているはずなのである。程度の差こそあれ、若い頃に間違えて覚えてしまって、そのまま年齢を重ねてしまうということを、誰もが経験している。わたくしも例外ではない。しかし、途中で間違いに気がつくことが出来るか、そしてこれを修正することが出来るかは、けっこう難しいことである。

だから退会しても日蓮(特に正宗系)という呪縛からは離れられず、法華講であれ創価であれ、逆の移行も含めて、枠の中でカルトサーフィンを繰り返すのです。

ゆえにこうした意見も寄せられるわけだ。ここでは省略するが、この続きの文章にはわたくしへの批判が書かれている。ようするにオマエも例外ではないと言いたいわけなのだろう。

ともかくわたくし自身、頭ではけっこうわかっているつもりである。齢を重ねれば重ねるほど修正が利かなくなる。ゆえに本質的な部分では何も変わっていないし変えられないでいるのかもしれないが、心掛けとしては頭をクリアというかニュートラルというか、ようは柔らかくしておいて、いつでも修正が利くようにと思っているわけである。

この意味で、傍観者v氏はヘンに凝り固まっている。失礼ながらも、これがわたくしの正直な感想である。

2015/7/1  10:18

投稿者:傍観者v
>法の正邪より、自分の功徳が大事なんです。

日蓮仏法のどこに、法の正邪が関係ないといってる!
もう、沖浦日蓮オバカ教だな(笑)

>自分と誰かを比較してあれこれ思う事は愚かです。

昨日自分で書いていて忘れてるのか?
相当ボケが進んでるようだ。
日蓮信仰をしていると、病んでしまう良い見本だね。(笑)

2015/6/30 15:58
投稿者:沖浦克治
 人生の勝負に勝っている私が、ネットだけで虚しく自己主張する貴方に、負ける道理がありません。


管理人殿。
管理放棄しないで管理しましょうよ。
管理できなければ、閉鎖したらいい。
中途半端はいけませんね。

それと、ここは顕正会のアンテナサイトと噂されてるよ。
是正協議会の内部情報を集めて浅井先生に報告でもしていたの?

2015/7/1  6:23

投稿者:沖浦克治
 所詮信心は御書と師匠と御本尊。
 それに対座する自分自身。

 『夫信心と申すは別にこれなく候、妻のをとこをおしむが如くをとこの妻に命をすつるが如く、親の子をすてざるが如く子の母にはなれざるが如くに、法華経釈迦多宝十方の諸仏菩薩諸天善神等に信を入れ奉りて南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを信心とは申し候なり、しかのみならず正直捨方便不受余経一偈の経文を女のかがみをすてざるが如く男の刀をさすが如く、すこしもすつる心なく案じ給うべく候、』
 (妙一尼御前御返事)

 自分と誰かを比較してあれこれ思う事は愚かです。
 

2015/7/1  6:12

投稿者:沖浦克治
 私は創価人となって53年目に入ります。
 
 その間、御本尊を疑ったことは一度もありません。
 だからこそ、多くの困難を唱題で乗り越えているのです。

 祈りも無い人が御本尊を持っても無意味です。
 その見本が、無意味な論争をされている方々です。

 法の正邪より、自分の功徳が大事なんです。
 所詮、法は人によって流布します。
 その人の功徳の振る舞いしか、広宣流布は出来ません。

2015/7/1  5:38

投稿者:沖浦克治
7月1日!!

 後半戦開始!!

 功徳出すぞ〜〜!!

2015/6/30  23:59

投稿者:んっ?
落ち武者曰く

>大聖人の仏法は、功徳出した人が正しい信心していると説きます。

「Best Lifters of Masters 3
 1. Hachisu Mitsugu Japan Total 515,0
 Best Lifters of Masters 4
 2. Okiura Katsuji Japan Total 480,5」

あれれっ? 
誰かさんが逃げ回った蜂須さんの宗教は何なのかな?
誰かさんの理論だと蜂須さんの信仰の方が正しい事になるが?

良かったね? 齢重ねてマスターが3から4になってww
あと数年は「逃げた」って云われないで済むからww

ところで,WAXの方はHPも閉鎖して,
年金対策で代わりに代表にしてた息子を兵庫に追い返して
アマゾンで在庫処分したら,終に閉店かな? 

2015/6/30  22:13

投稿者:傍観者v
>11年前のこの日、私は自身の不徳故、神戸市役所を辞めました。

倫理道徳を無視した行動が招いた結果でしょ。
凄い功徳だ(笑)

>人生の勝負に勝っている私が、ネットだけで虚しく自己主張する貴方に、負ける道理がありません。

日蓮信仰をしていると羞恥心も無くなる良い見本だ!(笑)
そして自己主張といえば、創価学会の恥さらしの殿堂!沖浦殿宿題がまだですよ。


宿題の一部----------
日達師が池田三代会長に帰依したと云う証拠を出して下さい。
また大聖人の御書からでもいいし、歴代会長からの発言でもいいですから、僧侶が在家に帰依してもおかしくない文証を提示して下さい。

最後に、牧口、戸田、池田の三氏が聖人と云う根拠を示して下さい。
もちろん、道理に則り常識の範囲でお願いします。

------------------


>何時でかかって来なさい。

>逃げませんよね〜〜!!

お・き・う・ら・くん。逃げないで回答してごらん。
それとも、自分で書いたことを忘れるボケ老人か!
だから、面談してもいってる側から忘れるボケ老人は相手に出来ないんだよ。

管理人殿と二人がかりでいいから、二枚舌の日蓮信仰が正しいとか証明してミソ!
ここまでいわれて証明できないヘタレさん。

2015/6/30  21:43

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、今晩は。

 大聖人の仏法は、功徳出した人が正しい信心していると説きます。

 ですので、功徳を書けない人は間違った信心なんです。

 明確ですから、やりやすいですね。

2015/6/30  19:06

投稿者:んっ?
こら!落ち武者君,何度云えば解るのか?

>今日は6月30日・・・・
>11年前のこの日、私は自身の不徳故、神戸市役所を辞めました。
>巌虎さんにもご心配いただきましたが、
>あれは辛かった・・・・
>でも、あの時辞めて良かった! 
>人生、何が幸いするかわからんな・・・・・

こういう事を書くなと云ってるだろうが!
抑々「不徳」の意味を理解して使っているのか?
若し,知っていたなら「功徳です」なんて云えないだろうがねww

2015/6/30  15:58

投稿者:沖浦克治
 人生の勝負に勝っている私が、ネットだけで虚しく自己主張する貴方に、負ける道理がありません。

 所詮ハンネって世間で信頼されません。

 良い見本ですね・・・・・・・・
 
 と、独り言・・・・

2015/6/30  13:37

投稿者:マイケル
巌虎さん、こんにちは。
何度かコメントを利用させて頂き、感謝申し上げます。

にわか法華講員の、マイケルと申します。

素朴な疑問さんが仰られているように、顕正会さんに
留まっておられる理由と言いますか、そういったものが
おありなのでしょうか。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ