2015/7/16

顕正新聞第1346号精読  
顕正新聞第1346号は五月度班長会の記事を中心に組まれている。今日はそれを取り上げるわけだが、まずは総男子部長の登壇である。

向こう四年こそがまさに勝負・・・

お気の毒なことだが、もはやこうした年限を切る手法は失敗することがわかっている。何しろ百万の時の経験則がある。あの時は失敗だった。ゆえにまた失敗するだろうと見るのが常識的である。

今、東京五輪のことでスッタモンダが起こっている。新国立競技場の建設問題だ。けれどもオリンピックが開催されるであろうことは確実であり、これ自体が白紙に戻ることは考え難い。

では、顕正会の場合はどうか、ということになる。

四年後にいったい何をどうするつもりなのか、それがはっきりしないのである。一国諫暁をするのだろうことはわかっているが、その具体的なビジョンがまったく見えてこない。諫暁書を作って配布するのだとしても、その反響は高が知れている。十万人のデモ行進をするにしても、自己満足の域を出ない。いずれにしても、広宣流布・国立戒壇建立に向けて大きく前進しなければいけないわけだが、四年後にそうしたエポックメーキングが起きるとは思えない。

ということは、向こう四年云々はいわゆる折伏法戦における締め切りと同じくらいの意味しかないわけであって、ともかく四年後を目指して頑張ろうと言っているだけの話に過ぎないのではないかと思う。

これに関連する意味で、第三男子部長の登壇を次に紹介しよう。

・・・来たる十一月三日、他国侵逼を迎え撃つ「三千」の陣容で、浅井先生の下に馳せ参じてまいる覚悟であります。

どこが関連しているのか、と思う人がいるかもしれない。ようするに構造的にまったく同じなのだ。半年後に南東北大会が開催される。第三男子部はこれに向けて三千人の結集を達成すべく頑張ると言っているわけである。しかも他国侵逼を迎え撃つとまで言っているのだ。さすがに大袈裟過ぎるだろう。

つまり、単純化すれば目標を設定してそれに向かって突き進む、ただそれだけの話なのである。そこに他国侵逼だとか、巨大地震、経済崩壊など、さまざまの要素を付加して、顕正会には重大な使命があるかのごとく思い込ませる。ようはこれが浅井先生の手法なのだ。

ずいぶん辛辣なことを書いてしまったが、ともかく百万の時のことがあるので、わたくしもそれを経験している立場なので、傍観者の無責任な発言ではないという点はご理解いただきたいと思う。

もっとも今は傍観者の仲間入り(?)であるが・・・

次は総合婦人部長と副総合婦人部長の記事をご覧いただくが、さて、閲覧者諸氏はこれをどのように読むだろうか?

 さらに先生は、月々に急テンポで動く世界情勢は、すべて「前代未聞の大闘諍」へと向っている様相を教えて下さいました。

・・・顕正会の熱気の最高潮へと身を委ねて戦える心躍る思いでいっぱいになりました。

思いっきりヘンな文章である。婦人部の大幹部がこのテイタラクではどうしようもない。わたくしはこのように思っているわけだが、閲覧者諸氏はどのように思われるだろうか? あるいはわたくしのほうに重大な錯覚があるのだろうか?

今さら昔の話を蒸し返すのも失礼な話かもしれないが、女子部で長いこと総合女子部長の座に君臨していた人物も、おかしな文章を書いていた。拙ブログのどこかにそれが残っているはずである。そしてご存知のごとく、彼女はその後、引退と表現するべきなのかどうか難しいところだが、ともかく表舞台から姿を消してしまった。

失礼ながら上掲の婦人部最高幹部二人も、似たような兆候が出てきたのではないかと思う。

しかし、半分は編集部の責任である。そうした文章の不具合は編集部のほうで直せばいいのだ。勝手に直すのが問題ならば、本人たちに書き直しをお願いすればいい。

初めて知る沖縄の正しい歴史に涙
 県民も自虐史観から救われるを確信


第八女子部長の記事に付された見出しであるが、これが前述の話とは正反対で興味深い。というのは、本文中には次のように書かれているからである。

始めて正しい歴史を知り・・・

拙ブログでは繰り返し指摘してきた事案である。「始めて」は現代国語としては不適切であると。しかし、浅井先生も頑固な人で、これだけは一向に改まらない。それで弟子たちも先生のマネをして「始めて」を多用するわけである。

ところが、当該記事の見出しは、本文中の始めてを無視して初めてと書き直している。これは本来の編集部らしい仕事をしていると言えるだろう。今後もこの調子で頑張ってほしいものだ。

 いま新入信者、元未活動者、長一人を脱皮した班長はじめ、参加者全員が・・・

女子部総務の記事である。ここまでは文章にケチをつける場面が多かったわけだが、この記事は別の意味で取り上げさせていただいた。

元未活動者・・・

この表現が興味深かった。たぶん初出だろう。ようは活動から遠ざかっていた人が再び積極的に活動するようになったことをこのように表現しているのである。ヘンと言えばヘンであるが、そもそも未活動という表現自体が適切ではないとの指摘もあるくらいなので、それを考えれば今さらツッコミを入れるのもどうかと思う。むしろ絶妙の表現のようにも思えるくらいだ。

さて、今度は婦人部十和田支区組長の記事であるが、彼女は平成十九年に母親の折伏で高校入学と同時に入信したという。次のくだりはここ一二年の出来事と思われる。

 それよりは、いつも傍で励ましてくれる母と共に戦いたいとの思いが募り、婦人部に移籍させて頂き・・・

つまり、それまでは女子部に所属していたわけである。それがご覧のごとく婦人部へ移籍した。まだ二十代も前半なのに、なぜに婦人部なのだろうか?

紹介しなかったが、彼女は難病を患っているので、そうした理由もあるのかもしれない。しかし、いつも言っているように、もはや顕正会は婦人部女子部の垣根がアイマイで、単に年齢だとか既婚未婚の区別などでは分類できなくなっている。ようはわけがわからないのだ。

次はいわゆる創価学会ネタである。

 ○○さんの家には学会版本尊が二体も置かれており・・・

女子部第百四十八区総班長の記事だが、細かいことは省略しよう。上掲で気になったのは、家に仏壇が二つあるということなのか、それとも一つの仏壇に二体の本尊が安置されているということなのか、である。後者は思いっきりヘン、前者もそこそこヘン、といったところか? もっとも大きなお屋敷であれば、前者のケースはそれほど不自然ではないだろう。ともかく記事にはそうした情報が書かれていないので、これ以上は何とも言えないところである。

もう一つ、創価学会ネタを紹介しておこう。

すぐに五千円で御本尊様を買わされたことで学会に不信感を懐くも、幸せになりたい一心で・・・

女子部第百三区総班長の記事だ。買わされたという意識というか認識は、おそらく十人十色であろう。創価学会は大組織なので、おそらく年間で万単位もしくはそれ以上の新規入信者がいるものと思われる。ゆえに入信者の意識も十人十色で、喜んで入信した人もいれば付き合いでシブシブ入信したというような人もいるかもしれない。当然、後者であれば、本尊を自ら求めたというよりは、買わされたという意識のほうが強いだろう。

ちなみに顕正会の場合は、入信早々に本尊を下付されることは絶対にあり得ないことなので、上掲のようなことは起こり得ない。しかし、経本と数珠を買わされたと思う人はいるかもしれない。

当該号はおおむねこんなところである。

2015/7/20  5:49

投稿者:沖浦克治
 http://www.myvi.ru/watch/18173027076_xx-XULy7YEWQK3ciyRnqHQ2

 36分ぐらいから、今回の集団安全保障法案への公明党の現在の考え方と、支持母体である創価学会の現実の活動家の方、のインタビュー。
 更に、愛知県武豊町の元公明党町会議員、本村強さんのインタビューもあります。
 公明党を離党され、今は無所属で今年4月の選挙は無所属で出て当選なさいました。

 池田先生が公明党を立党された時の、あの公明党・・・
 私たちが必死で応援した公明党・・・・・

 今はもうなくってしまいました。

 私も今後は投票を考え直します。
 実は、前回の参議院選挙で、支部に行きました。

 公明党への投票はお断りいたします。

 キチンとお断りいたしました。
 投票の前々日、支部長さんが拙宅にお見えで、

 沖浦さん、公明党への投票をお願いします。

 と、深々と頭を下げられました。
 私は返答が出来ませんでした。
 以前、私はこの支部長さんのお立場でした。
 絶対入れて下さらない方が、

 沖浦が言うなら入れる。

 言っていただけた時の嬉しさ・・・
 命に焼き付いています。

 ですが、もう公明党は民衆の中で戦い民衆の中で死んで行く政党ではなくなってしまった。
 公明党の議員になると、座談会も出ない、同中も行かない。
 創価の人でなくなってしまう現状がある。

 返答する言葉がありませんでした。
 支部長さんが帰宅されて、女房がポツンと言いました。

 私だけでも公明党へ入れようか・・・

 涙が出そうで、私は横を向いて黙っていました。

 あの支部長さんのようなお方が、公明党を支えて来た。
 私もその一人でした。
 支部長にお喜びいただけるなら、自分も入れよう。

 そうして夫婦で公明党へ投票いたしました。

 でも、もう公明党は平和の党ではなくなってしまった。
 安保法案が可決された翌日、聖教新聞の体験欄は戦争で悲惨な思いをし、そこから信心で立ち直ったお年寄りの体験が載っていました。

 もう、創価学会と言う組織で、公明党を応援する時代ではないのじゃないか?

 今後は周りの創価学会員へこの問いかけをしてまいります。

 でも、淋しいですね。

2015/7/19  21:08

投稿者:元実践者
かつての私がそうでした。
組織カルトにマインドコントロールされていると
思います。

自己を確立するより楽なんですね?ある点。

だからあーでもない、こーでもないとエネルギーを
もらし続けているのです。

2015/7/19  20:48

投稿者:折伏被害者
>マイケルさん

私は短絡的に皆さんの信心を妨害しようとしてるわけではありません


きっかけは人それぞれでしょうが、何度も繰り返しになりますが、自
分の人生なんですから、自分の頭で考えてください。
迷っている時は強い言葉に惹かれるものですが、それに流されるので
はなく、その言葉の本当の意味や裏に隠されてる思惑、真実を見抜く
力を持ってほしいのです。

宗門の先輩に聞くのも良いですが、鵜呑みにしたのでは盲信という事
になります。
そして知らず知らずのうちにマインドコントロール状態になるのです


ここで私が発している問いは、富士門流の外に居るものが素直に感じ
る疑問です。
いくつかの問いかけをしましたが、だれ一人明確な返答はしてくれま
せんでした。
何故でしょう?

ここで今まで戦わされていた議論は、殆どが富士門流内を前提とした
ものです。
最近の傍観者v氏は例外ですが、あのような専門的知識を持たない私
やマイケルさんのような人には、もっと初歩的な問題が重要なんです


発言こそしないものの、このサイトを見ている人の大多数はそういう
人達ではないかと思っています。
彼らが知りたいのは、低レベルと言われようと、初歩的な事なんです


私も最初はそうでしたが、しびれを切らして書き込みをした訳です。

どうか自己を確立してください。

2015/7/19  20:04

投稿者:マイケル
折伏被害者さん

レス、有難うございます。

折伏被害者さんの投稿をよく読まないうちに、コメントしてしまいました。
申し訳ありません。

カルト集団との事、胸にグサッと突き刺さるものがありました。

元々家系が真言系で、そこから色んな悩みを抱えていた時に、日蓮正宗に
出会い信心を始め、今は立ち止まっている状況です。

元来抱えていた悩みというものが、この信心で解決していたのであれば
疑念を感じる事もなかったのでしょうけど・・・。

う〜〜〜ん、微妙なとこだな〜。
上手く言えなくて、ゴメンなさい。

2015/7/18  19:27

投稿者:折伏被害者
>マイケルさん

何度も言ってますが、私は無宗教です。
でも信仰を頭から否定してる訳ではありません。
組織宗教(信仰)を否定してるんです。
布教=組織化ではないと思ってますからね。
組織が必ず腐るということは歴史が教えてくれてますよね。

では、富士門流が私の目にどう映ってるかという御質問に、一言でお
答えします。

『カルト集団』です。

そして、その体質の根源は日蓮にあると思っています。

その理由は、御自身でカルトの特徴をお調べください。
疑問に思うことは、人に聞くより自分で調べるべきです。
それが自分の頭で考えるということですからね。
この情報化社会、資料はどこにでもあります。
書籍は買う必要はなく、図書館を利用すれば無料です。
膨大な情報の中から、自分で正しいと思うものを取り入れれば良いの
です。

法華講員ということですが、宗門の事も先入観を持たず見てください

客観的視点を失わないことが大事なんです。
客観的視点を失った時がマインドコントロール下に置かれた時なんで
す。

辛い作業かもしれませんが、直視する勇気をもって、自己を形成して
ください。
その上でマイケルさんなりの結論をだし、信仰の道を歩めばいいと思
います。
そして、客観的に自己を振り返る姿勢を持ち続けていたら、一時的に
間違っても修正できますから。

2015/7/18  17:27

投稿者:マイケル
折伏被害者さん

レス、有難うございます。

実際に顕正会員の方にお会いした事がなく、ネットの情報でしか顕正会
という組織を知らないものですから、何だかな〜というのが正直なところ
です。

折伏被害者さんは、無宗教なんですか?

もし無宗教であればぜひ、お伺いさせて下さい。
折伏被害者さんから見た富士門流(御宗門を含め、創価学会、顕正会等)
は、どのように映っていらっしゃいますか?

2015/7/18  12:16

投稿者:そうか!
あっ!

体面は避けてるんでしたね。

なりふり構わず、なんですね。

生活の薫りがぷんぷん臭いますwww

2015/7/18  12:09

投稿者:そうか!
ワックスやジムのPRをしようと思えば、そりゃあハンネでは駄目ですよね。

タダで利用させてもらいながら批判ですかぁ?

人の褌で相撲を取るのも創価の功徳ですかぁ?

財務にばかり利益を持って行くのではなく、少しはお礼もしなくっちゃ(笑)

2015/7/18  6:31

投稿者:沖浦克治
 んっ?さんなどに見られる、怨嫉の念に心を焦がす書き込みは、フェイスブックでは困難です。
 簡単にブロック出来ますし、そういう事を書くと一斉に袋叩きにあいます。

 ハンネの掲示板には、怨嫉謗法への抑止力が働きません。
 フェイスブックでは抑止力が有効です。
 私の友人が指摘なさいました。

 最初は知識が豊富で、その主張にも何らかの整合性があるように思えていた方々が、今では、何の成長もなく子供ままのようにしか見えない。
 月日がたてばたつほど、その差は開く一方だ。

 とのご意見は、私も全く同感でございます。

 今までの経験から書きますが、ネットでハンネ執拗に自己主張をされて、自分の意見を否定されると、感情論で反論を書く方々は、何かしら心を病んでおられる方が多いのです。

 書くことで自己主張をし、一定の満足感を得られる。
 自己の意見を否定されると、全人生を否定されると感じ、怨嫉の念を持った書き込みに変化致します。
 所詮、心の中の何処かでは、そういう書き込みがいけないことは知っておられる。
 でも止められません。

 心の麻薬がハンネでの自己主張。

 自我はドンドン膨らんで、書けば書くほど精神的な飢餓感に苛まれる。
 最後には支離滅裂となって、まともな社会生活が出来ない状態になります。
 こうなるとネット自体が出来なくなります。

 頭破七分。

 最初にあげた方々は、そういう厳罰の状態になる前に、一日も早くネットを止めるべきなんです。

 数年間、常に警告をし続けております。
 最後になりますが、

 体面を避けるネットこそが、一凶!

 肝に銘じないといけませんね。

2015/7/18  6:28

投稿者:沖浦克治
 掲示板を主にして、ネットを14年ほどやりました。

 この2年はフェイスブックが主になっています。
 掲示板の恐ろしさは、ハンネで書き込みが出来ることです。

 実際の自分自身を隠して、色々書ける。

 素晴らしい側面があって、同じだけ恐ろしい側面があります。
 以前、ナンバーリクエストがなかったころ、営利誘拐の有効な手段が電話でした。
 いたずら電話も盛んでしたし、自分の番号が相手に分からないことを悪用する人が絶えませんでした。

 ハンネは同じ側面を、非常に強く持っています。
 この板でもそうですし、他の板でも刑事犯罪に問われるべき書き込みが散見されます。

 修羅畜生の温床になる土壌を、ハンネ主流の掲示板は持っているのですね。
 私は現在は、相手の顔が見えるフェイスブックへ、ネットの拠点を移しました。
 多くの心有る方々はそうなさっておられます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ