2015/10/14

秋の彩り  
このところコメントの量が多めである。いちおう目は通しているものの、次から次へとコメントが寄せられるので、対応し切れない。これはもう、独白ブログということで、お許し願うしかないだろう。

どこかの週刊誌が顕正会特集を組んだらしい。これをベースに議論をしたいという話があったけれども、わたくしはそれを読んでいないので話には加われない。

ただし、一つだけ言っておこうと思う。

くだんの週刊誌はあまり著名でないらしいが、たとえ一流出版社の著名な週刊誌であったとしても、今のわたくしはそれほど読みたい欲求には駆られない。というのは以前、何度か週刊誌のネタを取り扱ったことがあるけれども、もはや顕正会ネタとしてはそれほど面白くないのだ。大抵が既知のことであり、今さらお金を出してまで読む気にはなれないのである。

そこでさらに付け加えるならば、そうした雑誌などの情報よりもコメント投稿者諸氏の情報のほうが値打ちがある。というよりも、皆さんのコメントこそが一次情報なのであって、おそらく雑誌などはその二番煎じに過ぎないのだと思う。

いや、もちろん、記者独自の取材による斬新な記事もあるだろう。しかし、顕正会問題に限っては、何だかんだ言っても実際に顕正会の中での体験をお持ちの皆さんの視点こそが重要なのであって、外部の人間の言っていることなどはまるでトンチンカンの場合が少なくないのである。

そういうわけで、今後もどこかの雑誌などで顕正会特集が組まれるかもしれないが、あまり読む気がしないというのが今のわたくしの心境である。もっとも、これは気分的なものなので、また読みたくなるようなこともあるかもしれないし、それをブログのネタに使うかもしれない。ようは気分次第なので、その点、ご容赦願いたいと思う。

さて、顕正新聞第1354号の一面は、竜の口法難御報恩勤行会における会長講演である。これについていろいろと書こうと思ったがやめておこう。簡単に概要的な意味で説明しておくと、従来の講演とは微妙に異なる記述がある。これは矛盾だとか自語相違という意味ではなく、おそらくは新たな研究成果を織り込んだのだろう。たぶん基礎教学書執筆にあたって、大聖人の御化導についても再検討したのだと思われる。その成果が当該講演にも反映されているような気がするのだ。

二面以降は班長会特集である。それも八月度の班長会だ。十月も半ばだというのに、何をやっておるものかと思うが、これはわたくしの遅筆(?)が原因なのであって、顕正会の責任ではない。

しかし、面白いことに、こうした時間差攻撃は案外に有効である。その具体例を見ていこう。まずは総男子部長の発言である。

先月の総幹部会で言及された世界大恐慌がわずかの間にその姿を現わしたことに、先生の諫暁に即座に諸天が呼応していることを実感といたします。

あるいは副総合婦人部長いわく、

 「前代未聞の大闘諍の引き金となる世界大恐慌」が、わずかひと月後に始まったテンポの速さにはただ驚きを禁じ得ず・・・

さらに総合女子部長いわく、

わずかひと月で大恐慌が始まるという、諸天のただならぬテンポには驚愕いたしました。

めずらしく先生の予言が当たった。それゆえか幹部諸氏も大喜びで、ご覧のように言っているわけである。

しかし、しばし待て、である。

わずかひと月云々は確かにそのとおりだろう。けれども、それからさらに一ヶ月以上を経過した今現在の株式市場はどうか、である。わりと安定しているのではないかと思う。

これで時間差攻撃の意味がわかっただろう。

シツコイながらも説明しよう。浅井先生は七月末の総幹部会で世界大恐慌について云々した。なんとその一か月後に中国を震源とする世界同時株安が発生した。これを見て、幹部諸氏は小躍りしたわけである。しかし、その後の株価は落ち着きを取り戻し、さすがに世界大恐慌と言えるレベルには遠く及ばない。これが現時点の客観的な姿だと思う。

イヤミながらも、恐慌に見舞われているのは顕正会ではないか、と言いたいところだ。

世界同時株安の発生前後に、あの幻の総支隊長が出現した。そして先般は顕正会員の逮捕があり、本部会館などの家宅捜索があった。さて、次に何があるか、凡夫のわたくしにはまったくわからないが、顕正会にとっては悪いことばかりが続いている。まさに恐慌状態である。

当然ながら、わたくしの書いていることも偏向が過ぎると思う。顕正会を悪く書き過ぎている。

しかし、今の段階で世界大恐慌を云々するのはさすがに大袈裟過ぎるわけで、そこが顕正会特有の悪癖ではないかと思う。ようはそのバランスを取って、顕正会のほうこそ恐慌を来しているのではないかと、あえて書いたのだ。

2015/10/18  1:04

投稿者:大沢克日子
◆mr.xさん、ありがとうございます。

「以前に申し上げたように、三大秘法がいちばん大事なので」

「最も大切な三大秘法」の源を尋ね、根を討ねるべきです。

三大秘法の根源は本門戒壇の大御本尊です。

そして総本山は、本門戒壇の大御本尊、末法万年の総貫主日興上人、一閻浮提の座主日目上人在す故に根源なのです。

当流においては、総本山を離れ三大秘法を論じても空論だと思います。よくよく源を尋ね根を討ねるべきです。

私たちの日々の修行、自行においても化他行においても、修行の在り方としては下種三宝に帰依し、一心に三宝を念じていくことを通して具体的に行じていくこともよく考えなければならないと思います。

◆現役さんのおっしゃられた基礎教学書、明日販売開始なんですね。
注目すべきは言うまでもなく従来の理論書(その他書籍)との変更点で、おそらく巌虎さんがブログに取り上げることもあると思います。

逮捕事件については「不当逮捕」、「学会の謀略」、「取り調べ中も顕正会の正義を貫き警察官、検察官らが感動」、「浅井先生が断固たる対応」という話になるのでしょうか?

実際は追加逮捕にまで及ぶということは、先に捕まった人が具体的な証言をして、容疑が固まったから追加逮捕ということになったのでしょうが。

2015/10/17  22:46

投稿者:mr.x
大沢氏へ

>「国立戒壇の御遺命」についても、その御遺命に安置さ
れるのは本門戒壇の大御本尊、そしてその大御本尊を伝持
遊ばされているのは御歴代上人ですから、顕正会は日蓮正
宗の存在なくして存立し得ないのです。
この意味を含み、mr.xさんのコメントは首肯し得るものが
あります。

以前に申し上げたように、三大秘法がいちばん大事なので
す。顕正会も富士大石寺も仏様の大慈悲なくして瞬時も存
立しえません。過去世においてさんざん悪業、謗法の罪を
無量の永きにわたり造り続けてきた自分達は大聖人様の大
慈悲のおかげで現当二世の大功徳いただけるわけですか
ら、分をわきまえるべきです。開目抄には『聖賢の二類は
孝の家より出でたりいかに況や仏法を学せん人、知恩報恩
なかるべしや。仏弟子は必ず四恩を知って知恩報恩をいた
すべし』と。仏弟子を名乗るものが大事としなければいけ
ない中身とはこの仰せにあると思います

2015/10/17  20:28

投稿者:現役
明日朝隊で短く集まり、部長からお話があるそうです。
誘拐事件のことではないか?と勘ぐりますが、ただの
基礎教学書販売促進だったりして?とも思います。
結果を報告します。

2015/10/17  20:05

投稿者:大沢克日子
mr.xさん、こんばんは。

安保法案で「存立危機事態」の定義が議論を呼びましたが、顕正会はまさに存立危機事態にあると思われます。しかもそれは、外部の攻撃によってもたらされたものではなく、内部で醸成されたものです。

巌虎さんはしばしば顕正会の在り方、存在理由について触れており、御宗門との関係についても言及されていると思います。

「国立戒壇の御遺命」についても、その御遺命に安置されるのは本門戒壇の大御本尊、そしてその大御本尊を伝持遊ばされているのは御歴代上人ですから、顕正会は日蓮正宗の存在なくして存立し得ないのです。

この意味を含み、mr.xさんのコメントは首肯し得るものがあります。

2015/10/17  17:14

投稿者:mr.x
大沢氏へ
>ところが顕正会は「成果」で任用・降格・組織改変が頻
発している。そして成果のあがっている幹部が幅を効かせ
て偉そうにしている。
全く変な話だと思います。

だから内外の問題がいつまでもなくならないんでしょう
ね。

>逮捕事件への顕正会当局の反応、相変わらず不明瞭で極
めて遅いと思いますが、先日の「御大会式」でも言及はな
かったのでしょうか?

顕正会の御大会式は支隊長以上でないと参加できないので
自分はわからないですが。

>組織や戦いのあり方、人材登用のあり方に根本的な問題
があって、それに対応できるのは浅井先生のみですか
ら、浅井先生は緊急に措置を取るべきですし、それがない
まま浅井先生が亡くなって顕正会の組織がこのまま残った
ら、顕正会の未来はないでしょうね。

そうでしょうね。いとも簡単に内部崩壊すると思いま
す。大聖人様の御意にかなわず、消えてなくなるならばそ
れまでという話でしかないです。本門戒壇様まします富士
大石寺が安泰であり日興上人、日目上人の如くに命か
けて御遺命に戦う貫首上人猊下がおられれば、御本仏の仏
力、法力により広宣流布は成るのであります。

2015/10/17  16:20

投稿者:大沢克日子
先日、テレビで南米ウルグアイのムヒカ前大統領の特集を報道していました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、彼は「世界で一番貧しい大統領」として知られています。

自宅は大統領公邸に住むことを嫌い、郊外の質素な自宅(私でも住むのに不自由を感じそうな自宅)、大統領専用車ではなくオンボロの自家用車。

普通そういうことをやると人気取りのパフォーマンス的ないやらしさが出てしまうものですが、飾り気のない田舎のオッサンでした。

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、限りなく多くを必要とし、もっともっとと欲しがることである。」

貧乏とは無限の欲があること、どこまで行っても満たされない餓鬼界の人々ということになりそうですが、顕正会の幹部の体面のための「数合わせの摂受にも満たない戦い」はそういう「貧乏な心」に基づく活動にはなりませんかね。
結局そういう活動の連続に身を置かれるということは「地獄」であろうし、やがて心の余裕を失って、チョットしたことでキレて会員を平気にドツクような修羅っ気の強い幹部が生まれる。

もちろん全員そうだとは言いませんが、そういう人が散見されるのは間違いないところで私たち現役・元顕正会員は多かれ少なかれ見聞きしてきたことと思います。

外国の(元大統領とはいえ)一般人の方が心に余裕があり、仏法を行じる人々が三悪道に苛まれるというのは何とも残念なことだと思います。

2015/10/17  7:22

投稿者:大沢克日子
mr.xさん、おはようございます。

「中身より器をつまり体面を気にするに重きを置く幹部が散見されます。数合わせの摂受にも満たないような戦い(・・?が逮捕事件につながってるんじゃないんでな
いのと思う以外にないですね。」

「浅井会長も数を頼んでやるん
ではないと仰せなんですが。誓願がないと戦いじゃないんでしょうか?何を誓うんでしょうか?何に誰に誓うんでしょうか?」


「数合わせの摂受にも満たないような戦い」を顕正会当局(浅井先生)が評価してしまうから、そういう幹部が散見されるようになるのではないでしょうか?

浅井先生は昭和の時代から明らかに無茶・無謀な「誓願」を立ててきた張本人で、「大聖人様に固くお誓い申し上げる」、「もう残された時間は少ない」と会員に指導し、数合わせを達成した者は登用し、未達の者は降格したり組織を作っては潰し…を頻繁に行ってきました。それでも長年にわたって誓願全敗なのですから、顕正会自体に御本尊様の御加護(顕正会流に言えば御守護)は無いのではないかと思います。
組織や戦いのあり方、人材登用のあり方に根本的な問題があって、それに対応できるのは浅井先生のみですから、浅井先生は緊急に措置を取るべきですし、それがないまま浅井先生が亡くなって顕正会の組織がこのまま残ったら、顕正会の未来はないでしょうね。

ちなみに私どもの講中においては、人材登用の方針も明文化されていまして、一言で言えば「信心の志が本当にあるかどうか」が任用基準です。信心を持ちはじめるのも「無二の志」、信仰を貫くのも「志」、役職に任用されるのも「志」、仮に解任されることがあるとしても「志」なんですね。

ところが顕正会は「成果」で任用・降格・組織改変が頻発している。そして成果のあがっている幹部が幅を効かせて偉そうにしている。

全く変な話だと思います。

逮捕事件への顕正会当局の反応、相変わらず不明瞭で極めて遅いと思いますが、先日の「御大会式」でも言及はなかったのでしょうか?

2015/10/17  7:09

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。
 
 昨日清水美弥選手の事を書きました。
 実は後に続く若手(11歳〜13歳)が沢山います。
 
 私のジムでは、筋トレは第二次成長期が終ってから、と言う常識を否定しております。
 現在最も若手は11歳の小学校5年生女子。
 昨夜、スクワット60キロ3回やりました。
 60キロがサブジュニアの日本新。
 それを11歳が3回です。
 
 13歳の女子、中学校一年生は、先日の白馬村大会でチャレンジで出てデッドリフト90キロを軽々と引きました。
 18歳までの日本記録が82,5キロ。
 
 他にもそういう生徒がいます。
 ですが、満年齢14歳まで選手登録が出来ません。
 
 JPAは一日も早く日本中学連盟を作るべきです。
 それなら、12歳から公式大会へ参加出来ます。
 
 ともあれ、これらの子供たちの台頭は、これまでの日本の筋トレを常識をひっくり返すでしょう。
 トレーニングへの革命拠点を持てた。
 ジムオーナー冥利に尽きます。

 創価の信心の功徳って、半端じゃございません!

2015/10/17  1:58

投稿者:mr.x
大沢氏へ

さらに付け加えると、大事なのは器なのか、その中身か。
という所に尽きると思います。世法でも同じ事が言えると
思います。中身より器をつまり体面を気にするに重きを置
く幹部が散見されます。数合わせの摂受にも満たないよう
な戦い(・・?が逮捕事件につながってるんじゃないんでな
いのと思う以外にないですね。 法は不知を許さずと理論
書にもあるんですけどね。 浅井会長も数を頼んでやるん
ではないと仰せなんですが。誓願がないと戦いじゃないん
でしょうか?何を誓うんでしょうか?何に誰に誓うんでし
ょうか?顕正会がないと広宣流布が出来ないんでなく
て、お手伝い。なんです。国を救うのは仏様。凡夫と仏様
の一大事因縁と浅井会長の過去の指導にもありまし
た。 謙虚さが足りないだけのような気もしますが。一連
の逮捕事件についてどうするんでしょうかね?

2015/10/17  1:37

投稿者:mr.x
大沢氏へ

>しかし、同志のおかしな信仰を見ながら・聞きなが
ら、異体同心の想いからその人に先ずは内々に教訓し、相
手が聞き入れなければ師匠にその事実を報告することを怠
れば、その人も同罪、与同罪なのです。

本人の成仏がかなわぬことはもちろん、看過する者も成仏
がかなわぬのです。

本人に注意するにしても、異体同心ではなく相手を責めた
てる気持ちで外形だけ「謗法は不可」と言うような人は論
外ですが。

以前に組織の中で、そのようなケースで報告した所、五逆
罪になる可能性があるなどと隊長がのたまっていまし
た。そこから隊長は信用していません。感激の語り合
い、と口に言いながら支隊長。支隊長補からもこちらから
の連絡はすべて逆縁報告しても一切連絡なし。ビデオ放映
に決集折伏して隊長がきずいても何もなし。さすがに、2
年近くも続いているので、信用できる人間はいないです
ね。これは自分だけと思いますが。精神障碍者で証拠もい
ただけてないからとしか思い当たる節はないですね。まあ
自分がお仕えしお味方申し上げるは大聖人様ですし、師匠
は浅井会長ですので特に問題はないですよ。自身の宿命か
魔障か。いずれにしろ乗り越えられなければ所詮はそれま
でなのです。いかに多くの支隊や班が消えたことか。他人
は関係ないですからね。貫くかどうかは自分ですから。後
生を恐れる信心が失われたら終わりだと思います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ