2016/3/17

コマツタヒトタチ  
最近のコメント欄は沖浦氏対その他の投稿者という構図になっている。その意味で沖浦氏は一人立つ精神の体現者だ。

しかし、わたくしのスタンスはあくまで是々非々であるから、沖浦氏の立派な点は認めるにしても間違っている点はしっかりと指摘したいと思う。また、同様の意味で、その他の投稿者に対しても言うべきことは言わせてもらうつもりだ。

メダルの譬えはいただけない。

これではあたかも聞法下種が銅メダルの価値しかないように読めてしまう。もちろん、そのようなつもりで書いたのではないのだろうけれども、しかし、そのような読み方も出来てしまう意味において、あまりうまい譬喩ではなかったと思う。蛇足ながら説明させていただくと、この娑婆世界は耳根得道の国であり、また、たぶん妙楽の言葉だと思うが、聞法を種として発心を芽とする、とあるのだ。これは下種仏法の立場からすれば、まさしく聞法下種の大事を裏付ける文証となるだろう。

とは言え、沖浦氏のデタラメさ加減も相当である。前回のコメント欄の前半を見ると、氏は御本尊の相貌について無知であることをさらけ出してしまっている。提婆達多の件がそれだ。

実はわたくしも御本尊のことについては疎いので、第六天の魔王と提婆達多の関係がよくわからなかった。ゆえに、んっ?氏のコメントを読んでも、あれ? そうだったっけ? という感じだった。具体的には次である。

提婆達多は地獄界の代表だ。

初歩的な勘違いだね?


この具体的な文証がとっさには思い浮かばないのだ。

それでたまたまだが、今朝、御義口伝の提婆品を拝読していて発見した。第六 年始八歳の事の一節である。

提婆は地獄界なり、竜女は仏界なり。

これが文証なのかもしれない。

しかし、竜女が仏界というのがやや解せないところで、彼女は畜生界の代表だったのではないかとも思えるのだが、いかがだろうか? この辺の事情に詳しい人がいれば、ぜひともご教示をお願いしたいものである。

いずれにしても沖浦氏のデタラメさ加減は前回のコメント欄でのやり取りを見れば一目瞭然である。

ただし、御本尊の相貌という意味から離れれば、沖浦氏の言っていることもそれなりの根拠があるのだと思う。わたくしがすぐに思い浮かんだ御書は、建治三年の上野殿御返事である。

欲界第六天の魔王、無量の眷属を具足してうち下り、摩竭提国の提婆・阿闍世・六大臣等の身に入り・・・

以上のような理由から、沖浦氏を破折するにはそれなりの覚悟と同時に相当の教学力を身につけていないと、返り討ちに遭うことになる。それで泥仕合めいたことをして楽しむのも一興だが、時間のムダでもあるだろう。人生は長いようで短い。その点を承知の上で投稿していただきたいものである。

さて、今日は一大秘法論を書こうかと思っていたが、面倒臭くなってきたのでやめておこう。

結論だけ先に書いておくと、沖浦氏あたりが言っている一大秘法はまったくのデタラメである。創価学会の首脳部はその点をよく考えて教義の再構築をしないと、おそらくは今後ますます混迷を極めることになるだろう。いつも言っているように、今までずっと正宗教学をベースにやってきたわけだから、それを改変することは生易しい作業ではないのだ。そちこちに自己矛盾・自家撞着が生じてしまう。それを正宗ないし顕正会から突っ込まれる。当分はこの繰り返しである。あるいは永遠にそれを繰り返すことになるのかもしれない。お互いの組織が存続し続ける限り、この争いはずっと続くのかもしれない。

ああ、面倒臭い。

そして顕正新聞だが、これもボヤボヤしている間に溜まってきてしまった。二月度総幹部会の話題も書かないといけないし、その前にも一号半(?)くらい残っている。

ああ、実に面倒臭い。

これも結論だけ書いておくと、二月度総幹部会を報ずる顕正新聞第1369号は「学会員を救う特集号4」と銘打ってあって、なるほど、本年は創価学会員を集中的に狙い撃ちにする方針なのかと思いきや、そうではなかった。わたくしの印象では創価学会批判もさることながら宗門批判も相当である。むしろインパクトとしては宗門批判のほうが強いように感じるのだ。あの十年前の宗門批判キャンペーンの再来を思わせるような、そういう雰囲気を漂わせている紙面なのである。

ああ、実に困ったものだ。

2016/3/26  7:33

投稿者:んっ?
ああ,それから誰でもお友達(ただし有名人に限る)の河童君や?

法華講の嫌われ者が此処に↓常駐してるから
http://6001.teacup.com/qwertyui/bbs
嫌われ者同士挨拶ぐらいしてあげなさい!ww

それと,樋田君とお友達だと言い張るのであれば
簡単な証明方法があるからお教えしましょう。

彼に電話して此処のアドレスを教えて
「私は河童君と親友です」と書き込んでもらえば一発!ww

2016/3/26  7:12

投稿者:沖浦克治
さ〜〜!!
 功徳書くぞ〜〜〜!!!

 今朝は信頼できるスタッフと共に、レストレーション・チュンナップをテスト致します。
 このエッジチューンは私の開発で、最近脚光を浴び始めています。

 スノーワックス、
 レストレーション・トレーニング、
 レストレーション・チュンナップ。

 私は白馬村に来て3っつの開発を致しましたし、現在も進行形です。
 うれしいですね、70歳を過ぎて尚現役で活躍できる。

 創価の冥益とはこういう人生です。

 功徳〜〜〜!!

2016/3/26  7:01

投稿者:んっ?
日本語が読めない河童君,お早う!

>御本尊が人より上に位置づけるお方です

誰かそんな事云った人居るの?ww
誰も云ってない事を云ったように印象操作。
君のやり方はゲス!

>御本尊が法華経そのものだとか、仏の当体だとか、
>三大秘法、一大秘法だなどと言う事は、
>法華経を讃嘆するように見えて実は法華経を殺しているのです。

「南無」の意味理解してますか?ww
仏でないものに帰命しても仏にはなれない。
此れ,仏法の基本ですww

そんな事より
君は先ず,
自宅の三畳仏間のDIY仏壇におわす,
君のいう所の「六界曼荼羅」に
「八界曼荼羅と罵って申し訳ありません」と懺悔する事から始めなさい。

頑張らなくて良いですよ?ww

2016/3/26  6:14

投稿者:沖浦克治
おはようございます。

 何故日蓮正宗がダメなのか?

 大沢さんなどは、御本尊が人より上に位置づけるお方です。
 概、日蓮正宗にはその傾向が顕著です。
 これは大法謗です。

 『然れども詮を論ずれば慈恩大師は深密経唯識論を師として法華経をよみ、嘉祥大師は般若経中論を師として法華経をよむ、杜順法蔵等は華厳経十住毘婆沙論を師として法華経をよみ、善無畏金剛智不空等は大日経を師として法華経をよむ、此等の人人は各法華経をよめりと思へども未だ一句一偈もよめる人にはあらず、詮を論ずれば伝教大師ことはりて云く「法華経を讃すと雖も還って法華の心を死す」云云、例せば外道は仏経をよめども外道と同じ蝙蝠が昼を夜と見るが如し、又赤き面の者は白き鏡も赤しと思ひ太刀に顔をうつせるもの円かなる面をほそながしと思ふに似たり。
 今日蓮は然らず已今当の経文を深くまほり一経の肝心たる題目を我も唱へ人にも勧む、』
 (妙密上人御消息)

 御本尊が法華経そのものだとか、仏の当体だとか、三大秘法、一大秘法だなどと言う事は、法華経を讃嘆するように見えて実は法華経を殺しているのです。

 日蓮正宗がダメなのはこのためです。

2016/3/25  20:55

投稿者:沖浦克治
大沢さんの書き込みを読んで思う事。

 日蓮正宗と言う宗派は、人間より御本尊が大切なんですね。

 戦時中神札を受ける大法謗を犯し、時の法主は厳罰で焼死なさいました。

 昭和23年の宗報で、あれは罰だったと宗門は表明しております。

 戒壇本尊を守るため神札を受けざるを得なかった。
 軍部によって戒壇本尊が破壊されてしまったら、人類を救う事が不可能になる。
  
 こういう邪義を唱えていました。
 戒壇本尊は衆生の命より上に位置づけられています。
 寛師と言う習い損ないの邪師の説でしたが、愚かにも宗門はその邪義に染まってしまった。

 御書の何処をどう読んでも、戒壇本尊が一大秘法だとか法華経だとか、仏そのものとかは出て来ません。

 習い損ないの邪師にまんまんと騙され、この21世紀になっても、まだ目が覚めない。

 こういう宗門切り捨てて本当に良かったですよ。

2016/3/25  20:46

投稿者:沖浦克治
大沢さん、今晩は

 益々頭破七分が進んでいますよ。
 私の仏間が3畳で誰かご迷惑なさいますか?

 以前、ネットで創価学会の恥部である広宣とか教宣とか言う所の方々が、私を激しく非難なさいました。

 法華講員と親しくしたことがお気に召さなかったのです。
 でもね、私は法論と3度の質問会を通じて分かったのです。

 創価学会員も法華講員も全て同じく、南無妙法蓮華経如来なんだ。
 仲良くするのが当然だ。

 今もお付き合いがあります。
 貴方はご自分の価値観を私に押し付けている。
 それが頭破七分の証拠です。

 その方々は、私の仏間が三畳だと大騒ぎでした。
 150坪の家に三畳の仏間とは何事か!!

 嫉妬と僻みですね。
 本当にそう思う人は、ご自分で150坪の家を購入し、148,5坪の仏間作れば良いですね。
 私はそのように返事しておきました。

 貴方も、150坪の家を購入されて、100坪殿仏間をお作りなさい。
 私は反対致しません。

 阪神大震災の時池田先生が奥様に言われました。

 『人の命が御本尊より大事だと教えておいて良かった。』(趣意)

 仏間におわすのは御形木御本尊です。
 場所とりませんよ。

 それとね、私の仏間をネタに怨嫉謗法すると、罰で貴方は仏間を持てません。

 女房をネタにして怨嫉謗法をすると、貴方の家庭が破壊されます。

 還著於本人。

 今貴方は三世に亘る福運を台無しにしています。
 損ですね。

 頑張るんですよ。

2016/3/25  8:45

投稿者:大沢克日子
沖浦さんは「池田先生がおっしゃいました(趣意)」で、池田先生に言われたのでとにかく言い返すということなので、いつまでも終わらないでしょう。ですから本記事についてのコメントは本当に最終にします。

沖浦さんは先日、パワーリフティング、スキー等を指導してくれた三人の指導者がいて、沖浦さんの事を殆ど誉めず、厳しく指導してくれた。そのお陰で今日の沖浦氏の姿がある(趣意)と殊勝なコメントを残しています。

その指導者たちに対して、
「私が今日大成したのはそもそも私に素質があったからで、あなたたち指導者は単なる道具に過ぎない」
また、150坪の家に住みながら、指導者たちが沖浦宅に住むことになった場合に、
「私たちの家は夫婦二人暮らしで大して大きな客間などそもそもありませんから、こちらの三畳間でお過ごしください。(私たちはあちらの部屋で恋女房とゆったりと過ごしています)」
などということはお世話になった指導者に普通は言いませんよね。
やはり敬う相手であれば、先方が遠慮しても色々するのではないでしょうか?
ましてや日蓮大聖人が何年も過ごされるとしたら…

今コメントしていて自分で気付きましたが、私も本当に気持ちを引き締めて御給仕申し上げたいと思います。
沖浦さん問題は別として…

2016/3/25  8:06

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

>ですが、それがどうか致しましたか?

喩えかと思ったら本当に三畳仏間なんですね(笑)。
別にどうもしません。

既述の通り、人それぞれ色々な都合があるし好みもあるから、別にどうだって構いません。ただ単純にバランスが悪いと思っただけですから。

別に一尺だろうが二尺だろうが好きにすればいいと思います。

>私は女房と2人暮らし。
>大きな仏間は要りませんし、唱題する時声が響いて気持ち良いのです。

やはり沖浦さんは「自分」が基準なのですね。
「声が響いて気持ちいい」のも「自分」が気持ちいいんでしょうね。

「大きな仏間は要らない」というのは「沖浦さんにとって」ということでしょう。
仏間に在すのはどなたなんでしょう?

「私と女房の二人暮らし(だから大きな仏間は要らない)」
というのはあなたたち夫婦の基準でしょう?

だったら普通は「大きな仏壇」も「大きな鈴」も要らない(普通の人だったら種々の環境で今はできない)と思うはずですが…。
何のために三畳仏間に不釣り合いな仏壇や鈴を置くんでしょうか?
別に沖浦さんの勝手ですが、自己満足のためですか?

「自分基準」は、「大聖人は本仏ではない」・「御本尊は道具」・(そのままの意味を取り違えているけど)「衆生(自分)がそのまま仏」と宣揚する沖浦さんならではの基準ですね。

衆生が仏で御本尊が道具だったら、仏壇の前で沖浦さんと奥さんでお互いに向き合って勤行唱題したらいかがですか?
「大聖人は本仏ではなく衆生(自分)が仏」
ならば、三畳仏間は本堂でしょうから、鈴ではなく一層のこと磬でも置いたらいかがですか?
沖浦さんは昔からロクに寺院参詣などしなかったでしょうから「磬」と言っても知らないかもしれませんが。

私たち日蓮正宗信徒に基準などありませんが、御本尊様を大聖人様と拝してその家の一番環境の良い場所に安置し奉ろう、その人の現状を踏まえて清潔で最も良い場所に安置しようとそれぞれが自然の感覚だと思いますし、経済的に安定改善してより良い環境になればそれに応じて仏間・仏壇・仏具も自然とよりよい環境にしていくと思います。

一言一言に沖浦さんの信心が顕れますね。

2016/3/25  7:58

投稿者:んっ?
河童君,おはよう!

君は先ず,
自宅の三畳仏間のDIY仏壇におわす,
君のいう所の「六界曼荼羅」に
「八界曼荼羅と罵って申し訳ありません」と懺悔する事から始めなさい。

頑張らなくて良いですよ?ww

2016/3/25  7:21

投稿者:沖浦克治
 功徳を書きます!!

 今日のポールトレーニングはGSです。
 
 帰宅後デッドリフト、185キロ5回狙います。
 これが出来ると、来週からは190キロ5回狙いになって、5月半ばまでそのままのセットに致します。

 5月7日で私のスキーシーズンが終了致しますので、9日の月曜日からは、ワールドクラシックパワーリフティング選手権大会へ向けた最終仕上げが開始です。

 創価の戦士として世界を舞台に戦う人生が開けました。
 おかげ様で、世界への費用も既に用意が出来ております。

 創価の冥益が嬉しいですね。

 功徳〜〜〜〜!!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ