2016/6/5

雑事にまみれて  
柄にもなく、ここ数日間は雑事に追われ、ブログの更新はもちろんのこと、各氏のコメントを拝見する時間もあまり取れなかった。・・・というような、もっともらしい言い訳をしておけば、いつものごとく都合の悪そうなコメントから逃げることが出来るだろう。それがわたくしの常套手段である。

さて、今日は顕正新聞第1376号の残りをやっつけてしまおう。

 また周辺一帯が断水したにもかかわらず、不思議と水が使えた部員もおり、頂いた別感の功徳に、大聖人様が衣を以て覆い下されたことを強く感じたものであります。

第二十七女子部長の活動報告の一節である。熊本大地震の話だ。

周りが断水しているのに自分の家だけ水が使える? そんなバカな話はないだろう。しかも同じ活動報告の中で、次のような話をしているのだ。

飲料水が不足する中、数時間かけて鹿児島まで湧水を汲みに行って下さった・・・

本部茶寮のスタッフがトラックで十七時間かけて熊本に救援物資を届けた。この浅井先生の深きご慈愛に地元会員たちが感謝感激している。さらには上掲のごとく、鹿児島まで湧水を汲みに行ってくれたというのだ。

しかし、それこそ別感の功徳をいただいて、熊本会館の水道が断水せずに使えていれば、よかっただろうにと思う。会館周辺がすべて断水しているのに、なぜか会館だけは断水しなかった。もしこのような現証が事実の上であらわれれば、それこそ入信者が続出することだろう。

 「この地震は西の戦いを急げとの諸天の励み!」

地元の女子部員たちが言っているらしい。諸天の励みというのは、世間的にはありがたくない話だ。

顕正会では功徳と罰の現証を説く。この地震などはいわゆる総罰に当たるのだろうけれども、実にアリガタメイワクな話だ。もっともこんなことを書くと、オマエは大聖人を信じていないのか、顕正会は大聖人の仰せのままを言っているだけなのだ、それをアリガタメイワクとは何たる言い草か、などと叱られそうである。

わたくしの思うに、罰論も大いに結構であるが、さしあたっては総罰ではなく別罰、すなわち個人の罰を云々すべきである。ともかく顕正会員が折伏をする、折伏に対して大反発をする、罰が出る。これが明々白々の現証としてあらわれれば、確実に入信者が増えていくだろう。しかし、残念ながら現実的にはそうなっていないのだ。むしろ会員たちのほうが行き詰っているフシがある。いわばそこに目を向けさせないために、総罰のほうにばかり力を入れているような感じが否めない。これが現状だと思う。そしてこれがそのままで、いわゆる他力本願的ということなのだ。地震だの津波だの、あるいは経済崩壊だの他国侵逼だの、ようはそうした外的要因に頼って入信者を増やそうとしているのだ。

次に第九婦人部幹事・神奈川支区部長の記事を紹介しよう。

 さらに、ある班長が三年近く折伏していた高校時代の校長も、基礎教学書が決め手になって入信に至りました。

これは立派な話である。時間をかけて折伏することはいいことだ。なぜならば、顕正会の折伏は騙し討ちのようなところがあって、いきなり呼び出してその日のうちに入信勤行に持って行こうとするものだから、結局は名ばかりの入信であって、実質的には即日退転なのである。それに比べれば、三年近くも時間をかけて入信に至るということのほうがどれほど確実性が高いか、つまりは本物の信心に目覚める確率が高いか、一目瞭然の話のはずである。

ただし、上掲には続きがあって、少しばかり問題を感じるところである。

・・・二年前から未入信のまま顕正新聞を購読し、また昨年末には広布御供養にも参加しておりました。

顕正新聞はいいかもしれないが、御供養はどうかと思う。これは広布御供養の精神からして問題だ。信心が純粋で応分の経済力を有する人。今は記憶のままに書いたので正確ではないかもしれないが、御供養の参加資格としてこのような意味のことが謳われているはずなのだ。校長先生だった人なので、おそらくは悠々自適の年金生活者なのだろう。ゆえに付き合い程度の気持ちでお金を出していたのかもしれない。しかし、顕正新聞はともかくとして、御供養のほうはいかがなものかと言わざるを得ないだろう。むしろ断わるべきが筋である。それをしないのは、いわば成果主義の裏付けともなるわけで、活動会員たちの苦労が感じられるところでもある。

 また、元正信会の幹部であった壮年を、ある総班副長が再折伏した際・・・

前掲と共通する部分がある。再掲しよう。

ある班長が・・・

ある総班副長が・・・


こうした登壇記事では、個人名プラス役職で表記するのが一般である。ところがここではある班長だとかある総班副長というボカした表記になっている。この辺がよくわからないところだ。

 しかしさらに驚嘆したことは、顕正会の働きかけがないにも拘わらず、すでに外部からの要請で基礎教学書が大手書店に並び、インターネットでの購入も始まっている・・・

ほほう、そうなのか、だったらわたくしもそろそろ入手して、拙ブログのネタに使おうかな?

完全に確信を失っている学会幹部
 「新潟副総県長」も言を左右に逃げ回る


男子部第二十二隊総支隊長補の記事の見出しである。こうも勇ましい男子部幹部が、なぜか法華講員の前では弱気になる。あるいは弱いところを見せまいと、法華講員との接触を回避する。実に不思議な話だ。

学会上司

ちなみに本文中のこの表現が気になった。創価学会では普通に使われている表現なのだろうか?

顕正会の場合、上司とは言わないだろう。わたくしの認識が正しければ、先輩幹部みたいな言い方が一般的ではなかったかと思う。先輩幹部、あるいは単に先輩だとか、上の幹部、たぶんこれくらいだと思うが、他にご存知の人がいれば、ぜひとも情報をお願いしたいものである。

2016/6/19  16:22

投稿者:大沢克日子
これは対外的にもそうですし、いただいたコメントのように御宗門から我々に対してもそのような形で指導されたことはありません。

私が法華講員になってから、東日本大震災という国家存亡に関わるような大災害が起きましたが、東日本大震災を契機に国中に折伏して回れというような話が出た訳ではありませんし、政府、マスコミ、各宗派が国難に際して非常に混乱し、私たち法華講員でさえもネット情報に影響されて海外避難を呼び掛けるような事例のある中、御宗門の御対応は非常に冷静なものだったと思います。

将来的には国諫ということもあるかもしれませんが、今後、大地震、大災害、戦争といった大事件が起きても基本的にはおそらく御宗門の御姿はそうであると思いますし、平時もそうですから、私たちは粛々とその方の状況に応じて、身の回りの方を折伏していけばよいのではないかと考えています。

折伏は相手のあることですから、相手が聞きたくもないのに無理矢理相手の興味から外れた功徳話や罰の話をしたところで仕方ありませんし、ましてや被災地をまわって相手の状況を無視して大災害をネタに布教をするのは言語道断、それこそカルトと言われるでしょう。

何としても日蓮正宗をカルトにしたい人はカルトというでしょうし、熱原法難の滝泉寺行智のようにどんな事を使っても理由付けをしようとしますから、こちらからわざわざその根拠を与え・イタズラに煽る振舞いをする必要はありません。

(下記は思いっきり私見が入っていますが)
小蒙古御書の記載ではありませんが、御宗門は御指南から外れて難(横難)が惹起しても、助けて下さらないと思います。
(…対して顕正会で事件になる理由、端緒はどうなのでしょう?)

今後、私たちが折伏弘教するにあたっては、気をつけなくては…。

今回のコメントは御宗門との見解でも法華講の見解でもなく、あくまでも大沢の私見ですので、引っかかる部分を中心にお寺の御住職・御僧侶、講中の先輩などの正しい指導に依られますようお願い致します。

2016/6/19  16:20

投稿者:大沢克日子
「上手く表現出来ないのですが、御宗門に対して「カルト」というレッテルを貼ろうとする方も、少なからず世間にはいらっしゃる
かと存じます。」
「少なくとも御宗門は、人様に恐怖や怒り、不安感を強調し殊更自分の都合の良い情報だけを、信徒である我々に信じ込ませるようとはしていない、寧ろそれが出来る時代ではなくなった・・」

おっしゃる通りです。
あくまでも私見で私も上手く言えないのですが、これは日蓮正宗というよりも、日蓮大聖人御自身がそうなさっていたと思いますが、謗法を捨て正法を信仰する理由として、謗法が不幸の根本原因であり謗法を断ち正法修行に励む中で罪障消滅が叶い功徳を積むことができるのだ(そして成仏に至る)という道理を折伏において説いて捨邪帰正を勧めます。

その道理を踏まえて、私たちは対象者に寄り添った形で日常折伏を当たっているのであって、無闇矢鱈に恐怖・怒り・不安感を煽るような話をする必要はないはずです。

平時に対象者がそういう話に興味を持っているのであればすればいいし、それ以外の事柄に興味を持っていればその内容で折伏すればいい。
地震が、大災害が、戦争が起きたからといってそれに乗じたと見られるような形で(不安を煽るような形で)布教するのは御書(小蒙古御書)を拝すればNGということがわかるでしょうし、大聖人様なればこそ凡夫の陥りやすい心情を察して厳しく御指南遊ばされたのだと思います。

2016/6/19  9:25

投稿者:沖浦克治
私ども創価のご本尊を、魔札と罵った時点で宗門は
明確にカルトです。

2016/6/19  8:34

投稿者:マイケル
大沢さん、おはようございます。

上手く表現出来ないのですが、御宗門に対して「カルト」という
レッテルを貼ろうとする方も、少なからず世間にはいらっしゃる
かと存じます。

でもこれだけ情報が溢れ、真偽は別として自身で取捨選択出来る
時代ですから、受け取る側の人間がどう判断するかだと思うんで
すよね。

少なくとも御宗門は、人様に恐怖や怒り、不安感を強調し殊更自分
の都合の良い情報だけを、信徒である我々に信じ込ませるようとは
していない、寧ろそれが出来る時代ではなくなった・・

私等は他宗から移籍させて頂いた人間ですので、その思いが
強いです。

2016/6/19  5:40

投稿者:沖浦克治
ダラスで飛行機トラブって一泊して、バス仕立てて今キリーンのホテルです。
明日はいよいよ本番。
やるぞ

2016/6/18  17:42

投稿者:大沢克日子
是非お願いしますさん

コメントいただきかえって恐縮です。
当方、気にしておりませんので大丈夫です。
ありがとうございました。

2016/6/18  16:00

投稿者:是非お願いします
大沢さん、失礼しました。

e●●氏の場合は邪義以上の思想?だとわかりました。
そのような事で、感情的になり、大変失礼しました。

2016/6/18  15:27

投稿者:是非お願いします
大沢さん。

>何も感じません。

では「eco氏」が「本門戒壇は富士山レーダーが正しく、日蓮は女犯?で 日蓮が中国、朝鮮のスパイ?工作員?」だと言われたのは正しいのですか? 驚きました。 もしや?「eco氏」が仲間?(法華講員?)だから?見て見ぬ振り?されてるのですか?
本当に日蓮正宗の教義を信じてるのですか? 本門戒壇は富士山レーダー? 日蓮を本当に信奉してるのですか? 日蓮が女犯?中国、朝鮮のスパイ?工作員?とまで誹謗されていたら、本当に信奉されていたら、憤り、反論するでしょう? 歴史の彼方の方でなければ名誉毀損ですよ? もし当代法主がスパイだ何とかだと言われもない誹謗されたら憤らないのですか??

仲間?の様な人物には庇うのですか?失望しましたね。
 

2016/6/18  14:30

投稿者:大沢克日子
是非お願いしますさん、こんにちは。

「そしてあそこの板には「eco氏」なる者が邪義(本門戒壇は富士山レーダー、日蓮は女犯?日蓮は中国、朝鮮(蒙古?高麗?)のスパイ?工作員?)なる誹謗投稿していますが、法華講員として何も感じませんか? こちらの場所でも良いのでeco氏の邪義を是非破折して下さい。」

何も感じません。

2016/6/18  14:27

投稿者:是非お願いします
マイケルさん、大沢さん。

>尚、サワディー氏(唯一ブログをお持ちの方)は「大謗法者にはキツイ事言っても仕方ない、問題ない」と聞く耳持たなかった様です。


すみません、間違いました。調べたらサワディー氏は、この様に言われていました。↓



小生で間違いないです。

謗法者に対する言葉ですので、少々キツイ言い回しをしていることは事実ですね。大謗法発言を繰り返す学会員に対して、やさしく丁寧にって考えないですね。

ブログでは、動執生疑を起こしている学会員や顕正会員の方々に見てほしいということもあり、そんな言葉を使っていないだけです。

サワディー 2016-02-24
(サワディー氏主催ブログのコメントから)




しかし、こういう方を世間では「二重人格」と言いませんかね?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ