2016/6/24

広宣流布特集号拾い読み  
引き続き広宣流布特集号を見ていこう。

 日興上人、日目上人の延長線上にただお一人先生が立たれ・・・

第二十五婦人部長の発言である。これも繰り返し指摘してきたことだ。ようするに唯授一人の血脈相承を否定するに等しい、実に大それた発言なのである。

男子部第七十九隊長もまた同様のことを言っている。

日目上人の崇高な御振舞をただお一人、今に移して戦われる先生・・・

こちらは目師再誕説にも通ずる発言である。事実、この続きの文章の中には、日目上人の御尊容と先生のお姿が重なって見える旨の記述がある。

現在の科学のレベルでは到底わからぬ、凡夫の思慮を絶する不可思議な大現証・・・

そしてこれは言わずと知れた御生骨の話である。現代科学のレベルを超越していることが事実であれば、それはそれで厳正なる検証の舞台に持ち込むべき理由となるだろう。そこで科学者たちがどのような結論を出すか、わたくしは静かに見守りたいと思う。

さて、次は創価学会からの入会者二名の記事であるが、両者ともに婦人部ないし女子部の紹介で入会した男性である。

学会員が勤行をしている姿は見たことがなく・・・

男性婦人部員の創価学会時代の回想であるが、これはかなり疑問である。もし勤行をしないのであれば、御本尊も必要ないだろう。宗門と決別して、わりと早い段階で独自の本尊下付を決断したのは、まさに創価学会員たちには日課としての勤行が定着しているからではあるまいかと思う。そうでなければ本尊下付などしなければよかった。何しろ宗門の武闘派と呼ばれる人たちから猛烈なツッコミが入れられているからである。

「公明党に票を入れれば御利益がある」

同じ記事の中にはご覧のようなセリフもあるわけで、もし創価学会が公明党のための単なる集票組織に堕しているとすれば、それこそ本尊下付など必要ないだろう。

ちなみに、隣の男性女子部員の記事にも同じような記述がある。

「選挙が功徳になる」

また、男子部第十三隊班長の記事は、祖父の臨終について書いているわけだが、そこに次のような記述がある。

 また葬儀場の職員は、「よく学会員の葬儀を担当するが、みな遺体の相が悪い上に体がとても固く、手に数珠を掛けるのが難しかった」と話しており・・・

葬儀場の職員がそんなことを言うだろうか? まったく失礼な話である。

もちろん、わたくしが創価学会を擁護する必要はないのだけれども、それにしても顕正会側の一方的な悪宣伝には疑問を呈さざるを得ないところである。わたくしには事実関係を確かめる術がないものの、印象としてはかなりの偏向報道のように思えてならない。いわんや第三者が読めばなおさらのことだろう。そこに顕正会側は気がつかないといけない。

京都会館の玄関ガラス破壊さる
 誰がこんなことをさせるのか!?


ガラスを割った犯人は咎められて当然である。しかし、この見出しには違和感がある。

させる? これはおかしいだろう。わたくしの思うに、ごく普通に次のように書くべきだった。

誰がこんなことをするのか!?

ようするに顕正会側の意識としては、実行犯とは別に教唆犯が存在すると考えていて、それが「する」ではなく「させる」という表記によくあらわれているわけなのだ。しかし、これは一種の決め付けであり、いわゆる予断である。犯人を特定するためには、まずはそうした先入観を捨てるべきだろう。

こうして見ると顕正新聞は偏向報道が目立つ。これはすなわち編集部ないし顕正会の首脳部たちの思考が偏っている証拠である。大いに反省すべきだろう。

最後に女子部第百五十七区総班副長の記事を紹介しよう。

また周辺一帯は断水する中、不思議と自宅は断水せずに済んだのです。

ご記憶の人もおられることだろう。これは以前にも取り上げた話題である。

そして上掲のカラクリについては、やや専門的ながらもいちおう判明したので、ここで少し説明したいと思う。彼女はマンション住まいである。マンションなどの集合住宅にはおおむね二種類の給水システムがある。直結給水方式と貯水槽水道方式である。これは以下のサイトがわかりやすいだろう。

https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/chokketsu/houshiki.html

直結給水

・事故や災害時等に、貯留機能がないため断水することがあります。

貯水槽水道

・事故や災害時等に、貯水槽内に残っている水は使用できます。


上掲はサイト内のメリット・デメリットが書かれているところから、必要な部分だけを抜き出したものである。

ここだけ見ると、後者のほうがよさそうに思えるが、行政的には前者を推進しているようだ。事実、古い集合住宅などを観察していると、以前は屋上に大きなタンクが据えられていたのに、いつの間にか撤去されていることがある。おそらくは改修工事の時に給水システムを前者に切り替えたのだろう。そして最新の集合住宅はほぼすべての建物が屋上にタンクを置いていない。

経済的なメリットからすると直結給水方式のほうが断然優れるのだろう。ゆえに行政でもそれを推進しているわけだ。しかし、大地震などを想定するならば、かえってこれがアダとなる可能性もある。いや、もちろん、専門家たちにとっては百も承知の話のはずで、おそらくは災害時のために別の手段を用意しているのだろう。わたくしが心配することではないはずだ。

ともかく登壇者の住まいには屋上にタンクがあって、大地震によって給水が止まってしまった後においても、タンクに貯水されていた分の水は使えたわけなのだ。

う〜ん、これを功徳だとか御守護だとか言ってもねえ・・・

2016/6/26  9:54

投稿者:沖浦克治
やれ、バカバカしや・・・・

>唯授一人の血脈相承を受けておられる第4世日道上人、第5世日行上人
以降、御歴代の御法主上人様が立派なお振る舞いをされてきたから
こそ、浅井先生も教学を研鑽出来たのでは?

 『若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間邪教とは申すなり、』
 (祈祷抄)

 大聖人から興師への唯受一人は全く証拠がありません。
 御書に唯受一人の記載は一箇所ございます。

 『彼彼三千互遍亦爾の釈之を思う可し秘す可し秘す可し唯受一人の相承なり、口外す可からず然らば此の去の字は不去而去の去と相伝するを以て至極と為すなり云云』
 (御義口伝巻下)

 大聖人が自ら悟られたとの意味です。
 興師は関係ございません。

 同じく唯我一人との文言もございます。

 我一人だけ。

 との意味ですが、

 『過去久遠五百塵点のそのかみ唯我一人の教主釈尊とは我等衆生の事なり、』
 (船守弥三郎許御書)

 一切衆生が等しくそういう立場だと明確に述べておられます。

 ですので、興師だけが受け継ぐという思想は大聖人仏法にはありません。

 二箇相承は嘘ですし、真筆もなく曽存ですらございません。

 今後はそういう事実をキチンと弁えましょう。
 いつまで頭破七分でいますか〜〜??

 

2016/6/26  9:27

投稿者:マイケル
>日目上人の崇高な御振舞をただお一人、今に移して戦われる先生・・・

唯授一人の血脈相承を受けておられる第4世日道上人、第5世日行上人
以降、御歴代の御法主上人様が立派なお振る舞いをされてきたから
こそ、浅井先生も教学を研鑽出来たのでは?

2016/6/26  9:01

投稿者:マイケル
顕正会さんの元隊長さんも、活動されているようです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=5Qvv
trA_kLo

2016/6/26  8:58

投稿者:沖浦克治
 アラアラ、御生骨、御生骨????


 『若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間邪教とは申すなり、』
 (祈祷抄)

2016/6/26  8:56

投稿者:マイケル
ん?!

絶対に表に出せない顕正会さんの文書とは・・?!

http://kenshokai-hashaku.com/?page_id=171

2016/6/26  8:55

投稿者:沖浦克治
 ハイハイ、ゴショウコツ、ごしょうこつ・・・

 『若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間邪教とは申すなり、』
 (祈祷抄)

2016/6/26  8:53

投稿者:マイケル
御生骨について

http://kenshokai-hashaku.com/?p=175

顕正会員さんも是非一度、ご一読頂ければと存じます。

2016/6/26  8:52

投稿者:沖浦克治
 先日マイケルさんは、

 法華講の少年たちが頭破七分だと言われて悔しいし悲しい・・・

 誰もそんなこと言ってませんがね・・・
 日蓮正宗は頭破七分宗だとは言いましたよ。
 でも、日蓮正宗にもまともな人は沢山おられます。
 私が言っているのは、

 顕正会の方のブログへ来て、顕正会の悪口雑言を書いて平気な人が、

 頭破七分!!!

 だと言っています。
 だからね、マイケルさん。

 戒壇本尊本懐と嫡々一人を御書に照らしてキチンと証明なさい。

 先ず少年部ではなく、ご自分が頭破七分でないとの証明をしましょうね。

 頑張るんですよ。

2016/6/26  8:51

投稿者:マイケル
顕正会さんの元隊長さんも、活動されているようです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=5Qvv
trA_kLo

2016/6/26  8:48

投稿者:沖浦克治
マイケルさん、ダメダメ!!

 『若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間邪教とは申すなり、』
 (祈祷抄)

 先ず戒壇本尊本懐と、嫡々一人を証拠をもって証明しましょう。
 出来ない間、日蓮正宗は、

 邪教!!!!

 自分たちが邪教でない証明をしてから、顕正会さんにあれこれ言いましょうね。

 理解出来ませんか〜〜??

 これほど単純な理屈を理解出来ないなら、貴方ね、

 頭破七分!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ