2016/6/27

他人の成功を喜べない人たちの心理  
沖浦氏の戦勝報告に対して、なぜか辛辣なコメントが多く寄せられている。素直に称賛の言葉を述べてもよさそうなものだし、それが世間ではごく普通のことだと思うのだが、なぜか沖浦氏に対しては多くの人が批判的であり、すでにコメント欄が泥沼化している状態である。まあ、いつものパターンではあるのだが・・・

こうした事態の時に、相手に怨嫉謗法のレッテルを貼るのが沖浦氏の常套手段である。これがまた相手の反発を買うことになるのだろう。いわばその悪循環を延々と繰り返しているわけだ。

わたくしの思うに怨嫉謗法は言い過ぎだろう。単に嫉妬心くらいの表現がいいのではないかと思う。

わたくしの経験談というか、日々の生活の中で実感していることを書こう。

好き嫌いは人の常である。物に対する好き嫌いもさることながら、人に対する好き嫌いも相当である。どれほど善人ぶっても、必ず嫌いな人間がいるはずである。わたくし自身がそうだ。実生活の中では、もうそれこそ嫌いな人間ばかりに包囲されているような気分なのだ。そしてイヤラシイことに、わたくしはそうした人物がヘマをしないかと、常に期待しているのである。まさか祈ったりはしないが、淡い期待として相手が失敗することを心の中で思い続けていたりするのである。実にイヤラシイ。しかし、これがわたくしの正直な心の内面なのである。もっとも御書にもそうした意味の御指南はあるわけで、これはもう古今東西において変わらぬ人間の心理なのだろう。

そして実は相手も同じようなことを思っているわけで、実際にそのようなことを実感する場面をわたくしは何度も経験しているのだ。

具体例が難しい。はたしてうまく伝わるかどうか心許ないが、例えばリスペクトと言うのだろうか、若い人たちの中にマレにはわたくしのことを尊敬している人がいて、その人はけっこう頻繁に称賛の言葉を投げ掛けてくれたりするのだ。決してゴマすりではない。なぜならば、わたくしにはさしたる地位も権力もないからだ。ゆえに彼は何か狙いがあってそうしているのではなく、素直な気持ちで称賛の言葉を口にしているのだろうと思われる。

では、他の人たちはどうか、である。どうも感触としては冷ややかなのだ。

たぶん、一つには口下手なのだろう。うまく表現できないのだと思う。ゆえに冷ややかに感じられる。

しかし、もう一つの理由は、やはり嫉妬心なのだろう。

わたくしのイヤラシイ心の内面はすでに述べたとおりである。そしてこれは誰の心の内にも存在するものなのだ。ゆえにわたくしが失敗することをひそかに期待しているような人たちがいても不思議ではないし、これを逆に言うと、わたくしが成功することを素直に喜べない人たちがいるということなのである。

わけのわからない話で恐縮である。もっと小説的に登場人物などを具体化した上で説明すればいいのだが、なかなかそれも面倒な作業なので、ご容赦願うしかない。

もう一つ、実例を示そう。

わたくしも若い時にはスポーツをやっていた。高校一年の時、初めての大会だったろうか? わたくし自身は何の成績も残せなかった。というか県大会だったのだが、我が校は県内でいちばん弱く、万年最下位のチームだった。そうした中で一人だけ有望な選手がいて、彼は個人戦で二位の成績を収めた。三年生の先輩である。わたくしは素直に言った。先輩、おめでとうございます、と。

この時の先輩の反応が印象的だった。もう何十年も前のことだが、今でもけっこう鮮明に憶えている。

おお、ありがとう。オメデトウと言ってくれたのはオマエだけだ。

わたくしにとっては高校生になって初めての大会だった。ゆえに、その部活における礼儀作法のようなものもよく知らないし、先輩に対する接し方もよくわからなかった。よってわたくしは世間の一般常識はこうだろうと思って、先輩にオメデトウの言葉を投げ掛けたのだった。

他の部員たちはどうだったのだろう?

生意気を言うようだが、他の一年生たちは未熟だった。ゆえにオメデトウが言えなかった。

では、二年生三年生たちはどうだったのか、それが問題である。

以下はわたくしの勝手な推測に過ぎないが、言わせてもらおう。

ズバリ、嫉妬心である。

そのスポーツは個人競技だった。すると同じチームではあっても、同時にライバル関係でもあるわけだ。また、自分たちは万年最下位のチームだという、奇妙な仲間意識もあったのかもしれない。そこに一人だけ風穴を開けたわけだ。これは今までの奇妙な仲間意識を壊すものであって、他の人たちには受け入れ難いものだった。

人間の内面の問題なので、簡単ではない。ゆえに間違っているかもしれないし、そこそこは当たっているかもしれない。

もう相当の年月を経ているので、今なら当事者たちに聞いてみてもいいかもしれない。もし会う機会があれば、聞いてみよう。いや、さすがに聞きづらいかな?

さて、今日は顕正新聞第1379号を取り上げるつもりだったが、前置き(?)が長くなってしまったので、要点のみに止めておこう。

二十九本

もしかしたら新記録かもしれない。当該号は五月度班長会の記事を中心に組まれているが、登壇記事がなんと二十九本もあるのだ。いつも言っているように、ウンザリである。

震度6弱以上の30年内確率増大
  政府地震調査委の新予測


登壇記事ばかりだとウンザリするので、こうした一般の記事も必要である。当然、編集部もわかっているから載せたのだろうが、もっとたくさんあってもいいはずだ。

ただし、この記事は顕正会にとっては、やや自家撞着の感じが否めないところである。

この新予測はいわゆる二〇一六版である。見出しにあるごとく、地震の発生確率が増大した。それは言うまでもなく前回の二〇一四版に比べてである。

わたくしの思うに、ずいぶん悠長ではないか、ということだ。いわゆる三十年内確率である。当然、前回も三十年内確率であり、今回も同様である。つまり、前回から見れば延びたのだ。二年延びた。そして次の予測もまた三十年で計算するのだろう。何だこりゃ、である。

顕正会では二千二十年代に他国侵逼を想定しているわけなのだろう。その前に巨大地震の連発があると言っているはずなのだ。だったら三十年は悠長過ぎるだろう。

いや、もちろん、三十年内確率なので今日明日にでも起こる可能性はあるわけなのだが・・・

2016/6/28  12:59

投稿者:マイケル
大沢さん、こんにちは。
お疲れ様です。

>大手メディアに取り上げられている選手たちと同じ位
に、沖浦さんの戦績も立派なもの

その通りだと私も思います。

2016/6/28  12:14

投稿者:チキンジョージ
これは嫌味での無く真面目に心配な話。
何故世界三連覇したのにマスコミに取り上げられないのか?
せめて聖教新聞には掲載されんといかんでしょう。
ひょっとして籍がないのか?

2016/6/28  10:51

投稿者:大沢克日子
マイケルさん、おはようございます。

大手メディアに取り上げられている選手たちと同じ位に、沖浦さんの戦績も立派なものです。

現時点では大手メディアとしてはそれほどの価値がないから(大手メディアが報道する重要性がないから・視聴率の取れる画が取れないから)取り上げていないとしても、本当はすごいことをやっていると思う。

聖教新聞に取り上げられないのも、端的に未活学会員であるのが理由でしょう。
(活動会員だったら取り上げられているかもしれません)

 将来大手メディアに取り上げられるかもしれないし、メディアに出る・出ないで価値が決まる訳ではないのだから、沖浦氏はそんな事を気にせず堂々と自分の道を進めば良いと思う。
それだけの戦績を挙げていて、日ごろ「功徳・功徳」と言っているのだから、尚更です。

ところが氏は変なところで卑屈になるというか、「確信」が感じられないというか、他人の眼を気にして弱々しくなることがあって、普段の大言壮語ぶりとの落差が矛盾に感じられ、結局ネット上でその対応をからかわれる・莫迦にされているような現状があると思います。

何が原因なのか知りませんが、凄い人なのに変なところでメンタルが弱い。

 氏が年齢を重ねても朝鮮を続けていけば、大手メディアに取り上げられることもあるのではないかと思います。
 何回も世界戦に優勝するなどの偉業を成し遂げているのだから、不得意種目を克服し得意の二種目をレベルアップして勝利を重ねれば、まさに鬼に金棒。それこそNHKに放映されて、沖浦氏の名前が世間に知れ渡ることになるでしょう。
 老齢になってもそのように努力を重ねるとすれば、そういう沖浦さんの姿に世間は感動すると思います。

そんな意味でも、頑張っていただきたい。

2016/6/28  9:14

投稿者:マイケル
リオ・パラ大会代表の西崎が日本新=パワーリフティン


http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062600094&g=s
po

一流の人ともなると、大手メディアからしっかり取り上
げられる
もんなんですね!

よっしゃ、頑張ろ!!

2016/6/28  9:11

投稿者:マイケル
大沢さん、おはようございます。
お疲れ様です。

>あまりふざけた真似をするのもいい加減にしてほしい
ですね。

大沢さんの思いが篭った文章を、まともに読んでいない
証拠でしょう。

2016/6/28  7:36

投稿者:沖浦克治
 今回、飛行機乗り継ぎでトラブって現地入りが一日遅れ、到着して翌日が大会。

 更に、足元は厚めの絨毯でフワフワ。
 競技開始は予定より4時間ほど遅れて、ウオームアップを3回やりました。

 悪条件の重なる中で唱題、スクワットでは見事世界記録の182,5キロを白判定3っつで獲りました。

 チームの皆さま、ジムの仲間たち、更に村の体育協会の関係者の皆様方から高い評価を頂きました。

 嬉しいですね。

 派手な世界新といっても、普段の地道な練習の積み重ねの上にだけあります。
 私は創価人となって、この点を池田先生から学びました。

 どれほどご本尊を信じ、いくら唱題しても優れた師匠につけるかどうか?
 人生は大きく分かれます。

 創価で良かったと噛みしめる日々でございます。

2016/6/28  7:13

投稿者:沖浦克治
マイケルさん、おはようございます。

 何かの御縁ですので、人生と大聖人仏法の先輩として指摘させていただきます。

>世界レベルの戦いを繰り広げる方って、ここまで
凄いんだなぁ・・。

よっしゃ、頑張ろう!

 世界のレベルの戦いは凄いものです。
 普通のアスリートの理解を超えた次元での戦いです。
 ですが、貴方のこの言葉、

>よっしゃ、頑張ろう!

 これは良くないですね。
 具体性が全くありません。
 若し貴方が野球選手なら、

 3割のアベレージ目指して頑張る。
 そのために弱点である内角球の克服のため、具体的にこれこれのトレーニングをこれだけ毎日やるぞ。

 アスリートでなくても、

 仕事で結果出して給料を何割アップさせるぞ。
 そのために自身の欠点であるこの部分を祈って改善するぞ!! 

 こういう具体論がないなら言い訳なんですよ。
 御書には法華経の行者という言葉は沢山あります。
 信者は一箇所だけ。

 所詮仏法者は具体的な行について述べないならダメなんです。

 御書にはそういう事が沢山書いてあるんですよ。

2016/6/28  7:00

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、皆様方。

 今朝の人間革命にあります。

 『山本伸一が「明日の自由勤行会には、何人ぐらいの方が、お見えになるかね」と尋ねると、』

 お見えになるかね・・・・

 素晴らしい!!!
 普通の指導者なら。

 何人来る?

 でしょう。
 末端の会員へ対して敬語をもって話される。
 こういう師匠を持てた。

 功徳〜〜!!

2016/6/28  6:57

投稿者:沖浦克治
福留選手が日米通算2000本安打を達成!!

 でもね、福留さんがお嫌いな方は言いますよ。

 イチローの半分以下だ。

 大事なことは、

 ご自分が何安打打っているか?

 野球やっていなくても、人生という舞台でどれほど挑戦しどれほど成功を重ねているのか?
 人生というフィールドで悪戦苦闘を重ねながら、どれほどの勝利を重ねているか?

 ここだけが大事なんです。
 日蓮正宗の方々の多くに欠如している部分です。

 他宗の私の功徳を聞いて、

 沖浦は自分と同じご本尊に同じ唱題をして世界で戦って勝利を重ねている。
 ならば日蓮正宗の自分も負けない成果を出し、日蓮正宗の正しさを身をもって証明して見せる!

 菩薩なら当然こうあるべきです。
 所が現実は、私が70万円臨時収入があると書くと、

 ビルゲイツは一兆円持ってるぞ。

 です。
 情けない限りですね。
 少し人として前向きになれませんか?

2016/6/27  21:12

投稿者:マイケル
パワーリフティング世界大会
伊勢学園高講師の竹内さん、市長に健闘誓う 
スクワットで日本記録更新を /三重

http://mainichi.jp/articles/20160615/ddl/k24/050/139000c

世界レベルの戦いを繰り広げる方って、ここまで
凄いんだなぁ・・。

よっしゃ、頑張ろう!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ