2016/12/20

振り上げた拳の行方  
沖浦氏もバカなことを言うものである。以下がそれだ。

 元本部職員の立場で、ああ云う会見を開いたこと自体が負けですね。
 この件は今後創価学会攻撃に利用されるでしょう。

 バカな事やったものです。


何を言っているものかと思う。バカは沖浦氏だ。

 元本部職員の立場で、ああ云う会見を開いたこと自体が負け。
 この件は今後創価学会攻撃に利用されるでしょう。
 ハンネの自称創価学会員の愚痴と同じ扱いをされます。

 バカな事やったものです。


再掲致しますなどと言っておきながら、都合の悪い一行を消去している。こんな破廉恥な人間もおるまい。まるで発言の資格なしである。

ただし、次の投稿では彼ら三人にエールを送るような意味のことを書いているので、いちおう紹介しておこう。

 但し、この方々が信念を貫き、行動を続けるなら創価学会は変わらなくとも、ご本人たちは必ず変わります。

ようするに本部首脳と真正面から戦っても勝ち目がないことを沖浦氏は知っているのだろう。その意味ではバカなことをやったとも言えるかもしれない。もし沖浦氏の言っている意味がそれならば、おそらく沖浦氏は創価学会のダメさ加減を知悉しているのだろう。とりわけ本部首脳のダメさ加減をである。しかし、それをあからさまに言うとパージされてしまう。そのことも沖浦氏はよく知っているのだ。

 謙虚の話を何度か書きましたが、謙虚になる絶対条件は勝利をしていることです。
 負けて謙虚ってあり得ません。


ありゃりゃ、またしても言っている。懲りない人だ。

人間は常に謙虚であるべきだ。これは勝者も敗者も同じことである。とりわけ勝者にはよりいっそうの謙虚さが求められる。ただそれだけの話である。ゆえに、負けて謙虚はあり得ない、などと言うのは、大バカ者の言うことである。

同じことを繰り返し言っても仕方がないので、今日はまた新しい角度から説明しよう。

礼に始まり礼に終わる

有名な言葉である。何事においても礼儀は大切であるが、とりわけ武道の世界でよく使われる言葉だと思う。武道の試合は礼に始まって礼に終わる。別に当たり前のことなので深く考える必要はないのだが、あえてわかりやすく言うと、礼から礼までの中間は無礼でよい、ということになるだろう。つまり、試合中は無礼でよいのだ。

なるほど、それはそうだ。相手が目上の人だからと言って遠慮していたら勝負にならない。同じ土俵で戦うわけだから、その瞬間はまったく同じ立場なのだ。身分の上下は関係ない。先輩後輩だとか上司部下みたいなことは関係ないのだ。

これでおわかりだろう。沖浦氏の謙虚論は、この礼から礼までの中間に当てはまる話であって、きわめて限定的なものなのである。先ほども言ったように、勝者も敗者も関係なく謙虚であるべき、それが礼儀作法というものだろう。当然、わたくしの言っていることは日常における立ち居振る舞いである。唯一例外的に試合中はそれが免除されるのだと、このように理解するのが常識的である。

ああ、なるほど、沖浦氏が多くの人から反発を受けるのは、こうした常識を弁えていないからなのだろう。

確かに生活全般を勝負と考えて、一瞬一瞬に気迫を込めて臨むという生き方もある。わたくしはズボラな人間なのでそれは出来ないが、しかし、そうした生き方を否定するつもりはない。まさに人それぞれだと思う。
ただし、礼儀作法は必要である。まさか対人関係すらも勝負と考えて、常に臨戦態勢の人がいるとすれば、そんな人とは付き合いたくないだろう。一歩間違えればケンカ腰ということになる。
そうではなくて、常には穏やかな気持ちで人と接するのがごく普通の人間関係のはずで、その上で勝負すべき時は勝負すればいいのだ。

思えば、くだんの元本部職員たちも同様だろう。彼らは見るからに若い。本部職員の中でも下っ端のほうだと思われる。しかし、事の重要性に鑑みて、上司に対して勝負を挑んだわけだろう。いわば今は礼と礼の中間なので、相手が誰であろうと遠慮せずに言うべきことは言う、まさに筋の通った行動である。

ということで、バカなことをしたなどと言う沖浦氏のほうが、よほどバカであることが判明した。ぜひとも謙虚になられたい。

今年も残すところ十日となった。

いやはや、困ったものである。相変わらず仕事(?)が遅い。今日は十一月度総幹部会の話題を書くつもりだったが、上述の一件でだいぶ紙数を使ってしまったのでもう書かない。一度にたくさん書くと文章が雑になるからだ。
さらに今朝、年末合併号が届いた。ぜんぶ読むのに一週間ほど必要だろう。それからブログを書くわけだが、当然ながら今のテイタラクでは年を越してしまうことになる。その頃には新年号も届いているだろうし、次から次へと大変である。
そしてもう一つ、基礎教学書もやらないといけない。先日、序文を取り上げただけで、まだ本文にも入っていないのだ。

2016/12/21  10:22

投稿者:アホちゃうか
>お気に召さないでしょうが功徳に溢れれおりますよ。
> ですので功徳書きます。

脳内ご都合功徳の羅列お疲れさん。
頭破作七分の朽ちた脳味噌から悪臭漂ってませんか?

>チュンナップ
>エッジチューン
>ステー

だいぶ阿保やな
チューンアップや
Tune up 読んでみろや
お前の理屈やったらエッジチュンやろ?
学習しろや

ステーちゃうわ
ステイ stay 読んでろや

マジ 恥ずかしいわアンタ。

2016/12/21  9:44

投稿者:アホちゃうか
>謙虚さなんて要らないよ。
>礼儀作法は絶対に守りなさい。

謙虚の意味、全然わかっとらんなぁ

2016/12/21  6:34

投稿者:沖浦克治
 ストカーさん方、おはようございます。
 
 お気に召さないでしょうが功徳に溢れれおりますよ。
 ですので功徳書きます。
 貴方方も僻みより自身の功徳を書けるようになりましょう。

 今朝は8時からプライベートコーチングをやって、その後ゲレンデです。

 オリンピック選手のチュンナップとワクシングの最終調整ですが、聞きつけて何人かの方が一緒に滑りたいとの申し込みがありました。

 邪魔しなけれは良いですよ。

 お答え致しました。
 昨夜関係者の方が今日のリフト券をお持ち下さいました。
 ありがたいです。

 当然選手は所属企業がリフト券代は出しますが、スキー場様のお気持ちが嬉しいのです。

 この選手は今日かえって来年早々のワールドカップへの準備。
 入れ替わりで明日早朝、スノーボードクロスのトップ選手が、チュンナップとワクシングの講習を受けに来られます。

 滑った後、ステー&トレーニングで一泊なさいます。
 明後日入れ替わりで1週間のステー&トレーニングが来ます。

 大忙しの年末!!

 嬉しいです。

 功徳〜〜〜〜!!

2016/12/21  6:27

投稿者:沖浦克治
 一万回さん、おはようございます。

 ストーカーご苦労さん・・・・

 でもね、私の過去に執着なさるより、ご自分の今後の人生に情熱燃やした方が一億倍は素敵ですよ。

 頑張ってね・・・・

2016/12/20  20:58

投稿者:沖浦克治
 功徳書きますよ〜〜〜!!!!

 ジムが活気づいています。

 来年1月2月と大会があって、参加予定の選手が頑張っています。

 私も良い影響を受けていて嬉しいですね。

 明日も朝8時からプライベートレッスン。
 その後オリンピック選手とゲレンデで待ち合わせて、チュンナップの最終仕上げです。
 この選手は来年最初のワールドカップを私のワクシングとエッジチューンで闘います。

 嬉しいですね。
 世界のトップから信頼をされる。

 そして、今朝は私の新しい板とブーツを試しました。
 エッジチューンもワクシングも共に最高でした。

 嬉しいです。

 功徳〜〜!!


https://www.facebook.com/katsuji.okiura/posts/852965348178298?notif_t=like&notif_id=1482195503873728

2016/12/20  20:57

投稿者:沖浦克治
巌虎さん、

 私は常に生徒に教えます。

 謙虚さなんて要らないよ。
 礼儀作法は絶対に守りなさい。
 これが世界で勝つためにひつようです。

 先ずこの点を弁えて下さいね。
 私は礼節を大事に致します。
 ですが、謙虚さは要りません。
 そう云うものは勝った時だけですよ。

 勝って驕らず。
 
 アスリートの謙虚はこれで良い。
 そう思っています。

 この私のスタンスをお気に召さない方は私と付き合わない。

 これで全ては解決致します。
 それだけの事ですね。

2016/12/20  20:43

投稿者:沖浦克治
巌虎さん、今晩は。

 一行を抜いて書いた。
 それがどうかしましたか?
 そう云う些事にこだわりますか?
 
 この板ではハンネの自称創価学会員はほとんどいません。
 ですので、その部分は要らないのです。

 バカな事ですよ。
 あの記者会見の最初の一言を聞けばわかります。

 皆さん今日は〜〜!

 でした。
 あれは創価学会の幹部が大きな会合で話す時の言葉です。
 愚かですよ。
 ああ云う大事な場所でオリジナルティーがない。
 所詮はそれだけの人です。

 体制と闘ってあきらめないなら、その人は変わります。
 良くなるんですよ。
 苦労が人を育てます。
 本当ですよ。

 でもね、あの三人さんがどれほど頑張っても創価学会にはかすり傷一つ付きません。

 本気で変えたいなら、トップの幹部になるか、社会でトップに立つ。

 これしかありませんね。
 テレビで愚痴云ってもだめですね。

2016/12/20  12:10

投稿者:一万回読め
>スキーは三十五で始めました。
>最初基礎で、SIAのステージVを五十二歳で取りました。
>基礎面倒になって、レーサーに転向。
>全日本マスターズは二位が最高で、草レースたくさん勝ってます。
>スキージャーナルのスーパーGで、04年、八方と野沢二つとも取りました。
>その年二つ取ったの私だけで写真ジャーナルにデカデカですね。
>病気欠勤中で誰か垂れ込んで、辞めろ!で役所辞めました。
>ついでに、女房もとっかえました。
>辞表出した後、これからどうする?って聞くので、
>虎が野に放たれたんだ!って言っときました。
>あんなどん底で、下を見たらおしまい。
>それぐらい知ってましたから。
>修羅場踏んでます。
>私のパワーリフティング協会の敵対勢力の人がマスコミリーク。
>大騒ぎです。
>で、パワーリフティングの役員一切やめました。
>ワックス屋さん始めるのに白馬にきました。
>今最高の人生です。
>これで如何??

「自業自得」で全てが中途半端に終わり。 「反省しないのが創価の教え」なぞと外部に向かってほざいて顰蹙を買う。
逆恨みの人生で何でも他人の所為にする奴が,リタイア後に年金暮らしで趣味に打ち込み,
「闘争です」と現役世代を馬鹿にする。 おふざけが過ぎるのでは?ww

2016/12/20  12:09

投稿者:一万回読め
独り言・・・。 投稿者:んっ? 投稿日:2016年12月19日(月)12時57分1秒   通報
>おはようございます、皆様方
>投稿者:沖修羅河童 投稿日:2016年12月19日(月)07時12分0秒 返信・引用
>信心即生活。
>有名な指導ですし、創価学会の根幹をなすものです。
>戸田先生が云われました。
>『信心を何年もやっていてまだ困っている。
>そう云う人は信心やってないんだ。』(主意)
>私はこの指導を命の根底据えて生きております。
>一切が自身の信心で決まる。
>創価とはそう云う教えなんです。

ほう! 「信心即生活」を命の根底に据えてる奴の人生とはこんな↓物なのかね?ww

>952 :社長 ◆V.rL30nGVA :2008/05/28(水) 07:26:18
>僭越ながら。
>最初バンドマン(ミュージシャン)でした。
>その後食えなくてタクシー七年。
>でも、いい女三百ほど食ったので後悔なし。
>で、子供できて食えないので神戸市役所にもぐりこんで二十五年。
>お辞め!で今ワックス作って夏から秋、トレーニング教えています。
>嫁さん二回目で、高校は三つ行きました。
>最後の高校卒業したとき三十二歳で子供既に二人いました。
>その後、時間ができたので、パワーリフティングやって、
>世界行って金五つ、銀三つでした。

2016/12/20  11:57

投稿者:馬鹿につける薬なし
>沖浦氏のほうが、よほどバカであることが判明した。ぜひとも謙虚になられたい。

死ぬまで繰り返しですよ。
心の底から腐りきってますから
誰が何を言っても理解できません。
屑です屑。

>沖浦氏が多くの人から反発を受けるのは、こうした常識を弁えていないからなのだろう。

世界一非常識です。
糞です糞

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ