2017/6/29

ブッタルンデイル  
またしてもコメント欄が紛糾している。その中心にいるのが沖浦氏である。よほど恨みを買っているのだろう。普通ならば何事においてもホトボリが冷める時が来るものだが、沖浦氏に限っては例外のようである。わたくしに言わせれば、どっちもどっちであり、よくも飽きもせず続けられるものよと感心するばかりである。まあ、勝手にするがいい。

2017/6/27 12:59
投稿者:S@法華講
顕正会暴走の根底には、陽明学の「知行合一」あり、如何。


そうした中で上掲はわりと真面目なコメントのように思えるが、しかし、ずいぶんと不親切な文章である。

まず、陽明学がいけない。

知行合一はいちおう国語辞典などにも出てくる言葉なので、一般教養の範疇に入るのかもしれない。とは言うものの、具体的に何を言いたいのか、上掲からは読み取れない。もしかしたら陽明学に精通している人ならばわかる話なのかもしれないが、しかし、一般教養レベルにおいてはほとんど表面的な意味しか理解できていないのが実情のはずである。ゆえにこういう場合においては、それなりに噛み砕いた説明をする必要があるだろう。そこが甚だ不親切なところなのである。

そして問題は暴走である。

顕正会の暴走とは具体的に何を指しているのかが不明である。いわゆる顕正会問題にはさまざまの切り口があるわけで、それぞれが懐いているイメージだとか問題意識がハッキリしないことには議論にならない。

例えば『迷走する顕正会を斬る』という本がある。

長い本なのでなかなか読み切れないが、わたくしなりに大雑把に説明すると次のようになるだろう。まず、著者の櫻川氏はいわゆる御遺命守護の戦いを実際に経験した人物である。そこで氏は自身の経験とさまざまの資料とを照合させ、当時の妙信講について一定の評価を与えている。平たく言えば、御遺命守護の戦いを肯定的に見ているわけだ。しかし、妙信講はその後、変節してしまった。そして近年から近日に至るまでのテイタラクを見れば、まさしく迷走状態であると、結論しているわけなのだ。

というわけで、顕正会の暴走を云々するのであれば、まずは具体的な事例を挙げないことには話が始まらない。その点をよろしく斟酌願いたい。

2017/6/27 12:33
投稿者:大沢克日子
「恩に報ずる」の表現は御書にあったと思います。


このコメントも問題である。

まず、御書にあるのであれば、その具体的な御文を示すべきだろう。話はそれからである。

そしてこれはいつも言っていることだが、御書の表記と現代表記との齟齬について、どのように考えるかが問題である。わたくしは顕正会で多用する「始めて」について、繰り返し批判してきた。現代国語においては「初めて」と表記すべきところを、なぜか顕正会では「始めて」と書くのである。そしてそれはどうやら御書の表記に従っているらしく、その点はいかにも顕正会らしいところではあるのだが、しかし、わたくし的にはいかがなものかと思わざるを得ないところなのである。つまり、わたくしの考え方においては、たとえ「恩に報ずる」が御書の表記すなわち大聖人の御表現として存在したとしても、現代国語的には甚だ疑問だという点は動かないのだ。ゆえに、それをあえて使用することの意味ないし意義がどれほどあるのかを、逆に聞いてみたいくらいなのである。

「安倍首相辞任要求・特集号」2

さて、いよいよ五月度総幹部会を報ずる第1410号である。当該号は上掲のごとく、辞任要求の第二弾となっている。

二百万へのカウントダウン始まる

これが第一面の大見出しだ。

一般の読者には意味不明だろう。厳しい目で見れば、チグハグということかもしれない。辞任要求特集号と銘打っているにもかかわらず、ご覧の大見出しをつけることが、まさにチグハグなのである。

 次いで先生は・・・

 ついで先生は・・・

 ついで先生は・・・


第一面の下段には会長講演の要約が載っている。この要約自体はよくまとまっており、文句のつけようがない。しかし、ご覧のごとくの不統一をどう見るかである。たぶん単なるミスなのだろう。「次いで」と「ついで」はまったく同じ意味であり、わざわざ漢字表記とひらがな表記を使い分ける必要性があるとは思えない。これはおそらく変換ソフトのクセによるものなのだろう。

以下はわたくしの例である。

法門 訪問、 秘法 秘宝、 不変 普遍

いわば専門用語の領域に入ると思うが、拙ブログでは法門という言葉を多用する。当然、入力ソフトも心得ていて、法門がわりと簡単に出てきてくれる。ところがである。入力ソフトのほうで気を利かせているのか、法門という言葉が頻出する文章を書いている時に、たまに訪問が出てくるのだ。ようするにソフトのほうで勝手に、法門が続いているのでそろそろ訪問だろうと忖度(?)するのだ。そのたびにわたくしはバカヤロウと怒鳴りつけているが、ソフトのほうは一向に理解してくれない。困ったものである。

ただし、拙ブログの愛読者ならば、わたくしの文章にはそうした誤変換があまりないことをご存知のはずである。その理由は上述のごとくで、ようはソフトの馬鹿さ加減をよく承知していて、わたくしのほうで誤変換がないように常に気を引き締めて入力しているのである。もちろん、読み直しも怠らない。

つまり、顕正新聞の編集部はブッタルンデイルということだ。

せっかくなのでもう少し話を続けよう。近年は人工知能が急速に発達しているそうである。ならば人工知能搭載の入力ソフトは上述のような間違いを犯さないはずであるが、実際はどうなのだろうか?

その辺の最新事情についてはまったく不案内であるが、もしかしたらすでにわたくしの満足できるレベルの入力ソフトが存在するのかもしれない。あとは値段の問題だが、どれほど高かろうとも顕正新聞の編集部はすぐにでも導入すべきだろう。

一般人が何をどのように見るかはわからない。しかし、少なくとも誤字脱字だとか誤変換が目立つような出版物は一流とは言えないわけで、その段階でダメだこりゃと思われてしまうようではオシマイである。その点を顧みることなく特集号を連発しても、それは不発に終わる公算が大きいだろう。

やはり最終的にはモチベーションの問題である。日本ないし世界で唯一の言論機関を誇るのであれば、些細な点にも細心の注意を払う必要があるだろう。それはまさしく編集部のモチベーション次第なのである。

2017/6/30  12:21

投稿者:純益3000万
>> たまたまオンブズマンの皆様方からやり玉に上がっている職場で、
>>外部からかかった電話は録音していて、私と上司のやり取りも残っていました。
>> 勝手に消去できない機能があって保存されるのです。

>> それを盾にして、何とか停職一か月程度で済ます方法もありました。
>> 上司に迷惑が掛かるのでやめました。


ホントに音源が残ってたところで「停職一か月の減刑」はありえず、
上司も共犯として「停職六か月&依願退職」だしw
ネットやマスコミに音源が流出していたら
オンブズマンから「詐欺罪」の告発までされかねないw

2017/6/30  11:27

投稿者:洩
>本業パワーリフター

なにが本業だ?趣味だろが趣味

2017/6/30  9:47

投稿者:洩
無記無記名
2017/05/30(火) 19:52:51 ID:ze+RCTiM
山●と同じ穴の狢・JAROも真っ青になる景品表示法違反・沖浦の誇大宣伝

チームレスキュートレーニングジムに掲載されている沖浦克治のプロフィールより

https://www.t-rescue-gym.com/トレーニング/トレーナー/

>>世界マスターズパワーリフティング選手権大会 優勝 5回(種目別含)

「優勝 5回」の実態は、2000年優勝の実績に、準優勝した1999年の"デッドリフト1位"と2000年のスクワット1位・デッドリフト1位・ベンチプレス1位を加算して「5回」に数字を水増ししたものw

当初は「(種目別含)」の掲載はなかったが、某ウォッチャーから再三指摘を受けて開き直りを続けたあげく、こっそり追記したものw

フィギュアスケートにたとえるならば、ショートプログラム1位・フリー1位で優勝した実績を「優勝3回」に水増しするようなものであるw

-----------------------------------------

沖浦さん 投稿者:蛍 投稿日:2010年 4月28日(水)16時10分47秒

ところで、沖浦さんの会社チームレスキューのHPに、沖浦さんの主な経歴として、
「世界マスターズパワーリフティング選手権大会優勝 5回・準優勝 3回」と書いてありますが、この数字(5回、3回)は正確ですか?

------

世界大会リザルトご覧になったんでしょう、蛍さん 投稿者:沖浦克治 投稿日:2010年 4月28日(水)20時55分2秒

 1999年、南アフリカで、
 総合で二位
 デッドリフト部門一位
 スクワット、とベンチプレス部門が共に二位
 優勝が種目別でデッドリフト部門
 準優勝が同じく種目別でスクワット、と、ベンチプレス部門
 同じく準優勝が総合部門。
 2000年のチェコでは、種目別全てと総合の四つの金メダルを取りました。
 全部で、金が五つ、銀が三つ。
 理解出来ましたでしょうか?
475 :
無記無記名
2017/05/30(火) 20:20:06 ID:eXX4iCwk
クソ野郎だな

2017/6/30  9:05

投稿者:橘ォ
なんだかんだ綺麗事言ってるけど

病気だと嘘をついて遊びにいった

バレた

懲戒免職になりそうだった

自分より悪い事をした奴が出てきた

処分が軽くなった


それだけの事だろう。
上司がどうのこうのカッコつけてんじゃねぇぞ。
それに、いつまで済んだ事をしつこく書くんだ?

2017/6/30  8:58

投稿者:橘ォ
覚せい剤で思い出しました Name:沖浦克治 2011/08/02(火) 16:48

 あの大罰の真っ最中ですが、
 私はどうやら懲戒解雇になることが決定していたようでした。
 あちらの態度でわかりますし、情報下さる人もいましたからね。

 毎日苦しいですが、祈りました。
 数珠3回切りましたよ。

 いよいよ処分が決まるギリギリのところで、同じ職場の同僚が、覚せい剤所持で逮捕されました。
 テレビが職場の前に居座って、大騒ぎです。
 当然彼は懲戒解雇。

 即時、係りから電話で、

 辞表書いて下さい。
 停職6ヶ月の処分出しますから、その処分の後、直ぐに退職していただきます。
 退職金も出します。
 6月一杯勤めていただいて結構ですから、ボーナスも出ます。
 これでどうですか?

 正直、助かったと思いました。
 同じ職場で同じ月に、2人も懲戒免職出したら、局あげてただじゃすみません。
 その時の退職金で今の仕事始めました。

2017/6/30  8:51

投稿者:橘
>上司に迷惑が掛かるのでやめました。

そう思ったならなんでここでベラベラ喋るのかな?
墓場までもっていくのが筋だろう法螺吹き。

2017/6/30  8:29

投稿者:マイケル
http://syousin2011.progoo.com/bbs/?pid=syousin2011&mode=pr&parent_id=10688

>地下には日本のトップ選手たちが集うトレーニングジムを経営、スキーチュンナップの革命的な技術を開発し、息子は世界一の性能のワックスの製造販売をしております。

大したものだと思います。

2017/6/30  8:14

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。
 
 13年前の今日、自らの不徳故神戸市役所を退職致しました。
 病気欠勤中に大きなアルペンレースで優勝し、それが懲戒審査会の知る所となって懲戒処分を受け、依願退職の形で職を失いました。
 大会へは神戸市役所スキー部から出ます。
 当然大会参加の可否を上司にお伺い致しました。
 気をつけて行ってきて下さい。
 その時の上司の返事でした。
 たまたまオンブズマンの皆様方からやり玉に上がっている職場で、外部からかかった電話は録音していて、私と上司のやり取りも残っていました。
 勝手に消去できない機能があって保存されるのです。
 
 それを盾にして、何とか停職一か月程度で済ます方法もありました。
 上司に迷惑が掛かるのでやめました。
 私と一緒に処分された職員は停職一月でした。
 職場が異なっていましたので、異なる判断をなさいました。
 結果は停職半年。
 辞令交付時にあらかじめ辞表を出しておくこと。
 あの時は辛かったですが、今は財産に思えます。
 ぎりぎりの処で逃げなかった。
 正しい選択をしたと思います。
ししてはいけない事をしたことは、現在も反省しております。
 
 ともあれ、人生これから、これから!

 功徳〜〜〜!!!!

2017/6/29  22:20

投稿者:実に興味深い
某メーカのワックスは「凄まじく滑る」ともっぱらの評判らしいが、なんでAmazonランキングでトップ100に入ってないんだろ?

数少ないレビューも高評価ばかりなんだけどな

2017/6/29  22:18

投稿者:純益3000万
>>それと数年前の雪を降らせたとかいう話、大雪で交通網が混乱したとかって
>>阿弥陀堂法印の雨乞いの話を思いだしたわwww



84 :沖浦克治:2009/12/16(水) 07:30:26 ID:AJ3hr85o0
 雪を祈ると本当に降って、今日からゲレンデがオープンです。
 遠来の友人達と、今から滑りに行きます。

 功徳ですね〜〜!!!!
 フッフッフッフッフッフッフ・・・・・・・・・

-------------------------------------------------------------

18日午前0時50分ごろ、元F1レーサー片山右京さん(46)の関係者から、
片山さんが富士山で登山中に遭難したと静岡県警に通報があり、
捜索に当たった県警山岳救助隊が午後0時20分ごろ、標高2200メートル付近で
片山さんを発見、保護した。自力で下山する途中だったといい、
意識はしっかりしているという。(2009年12月18日 スポニチ)

元F1レーサーで登山家の片山右京さん(46)と富士登山の途中で遭難し、
行方不明となっていた会社員の男性2人と見られる遺体が2009年12月19日、
静岡県警に発見された。(2009年12月19日 J-CASTニュース)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ