2017/10/9

カデンリカ  
沖浦氏は法門談義をご所望のようであるが、他の宿題がたくさん溜まっているので、しばらくお待ちいただくしかないだろう。物事には優先順位があるということだ。こう書けば、教義上の問題が最優先事項だろうと反論する人がいるかもしれないが、ともかく沖浦氏との法門談義はこれまでにも繰り返しやってきたことなので、今さら急ぐ必要もあるまい。

それよりも大沢氏からのコメントが重要である。直接は浅井先生へのヤンワリとした批判であるが、同時にわたくしの無知・無教養を指摘している意味もあるだろう。

ここでは具体的な文言を掲げないが、どうやら大学の設置基準がイヤラシイことになっているらしく、なぜか許認可を受ける前に校舎を建て始めなければいけないシステムなのだそうだ。その意味からすると、加計学園が認可前に建設工事を始めたことは何の問題もないことになるだろう。それを浅井先生は知らなかったのだと、大沢氏は言っているわけである。

しかし、ここは常識論ないし原理原則論で考えるべきところである。

認可を受ける前に工事をして、もし認可が下りなかったらどうするのか、という素朴な疑問がある。これについて一般的にはどのような回答が模範となるのか知らないが、常識的に考えれば事前に何らかの根回しが行なわれているだろうことは確実である。事前工作も何もしないで、莫大な費用を使って、それでもし認可されなかったら、大損である。そんなバカなことがあるわけがないのだ。
そしてこれまた常識論として、許認可制度そのものが贈収賄を生む温床となっている。もちろん許認可制度を撤廃することは難しいわけで、いわばそこが痛し痒しの構造的な問題ではあるのだろう。ともかく認可を受けるためにはさまざまの根回しが必要となる。ぶっちゃけ言えば、お上へ袖の下を握らせる必要があるわけだ。
こうした背景を踏まえれば、加計問題がどれほど深刻であるかがわかるだろう。何しろ加計孝太郎氏と安倍首相とは古くからの友人なのである。状況的には物凄くアヤシイと言わざるを得ないわけで、真実がどうであれ、まさに疑われても仕方がない、疑われても文句は言えない、という状況なのである。

瓜田李下という言葉がある。調べればすぐにわかるが、これこそが賢人の振る舞いだろう。

思えば政治家の不倫問題が取り沙汰されている。しばしば行為に及んだか否かみたいな下世話な話がワイドショーを賑わしているが、それもまさに瓜田李下という賢人の振る舞いを見習うべきであって、つまらぬ言い訳をするくらいならば、最初からそのような疑われる行動を取らなければいいだけの話なのである。

さて、顕正新聞第1418号である。

唯授一人の御相承の深意を垣間見させて頂いたかのような喜び・・・

第二十四婦人部長は凄いことを言うものである。浅井先生の指導を聞いてご覧のように言っているわけだが、しかし、先生の言っていることはそれほど真新しいことではなく、部長クラスであれば何度も聞いている話である。

 「密附とは密かなる付嘱ということ」

ツッコミを入れるとすれば、そのまんまじゃないか、ということになるだろう。

しかし、浅井先生も偉くなったものである。唯授一人の御相承は文字通り唯授一人なのだから、在家の一信徒に過ぎない浅井先生がその内容を知っているわけがないのである。それを顕正会員たちは、先生は何でもご存知なのだと錯覚しているわけである。

先生にとっての「師」とは日寛上人であり、先生は、日寛上人から時を超えて直々に御書の極理、大聖人様の深き御心を師伝されておるのだ・・・

同じく二十四部長であるが、先ほどの唯授一人とも関連して、ひじょうに興味深い記述である。

アゲアシ取りながらも、時空を超えて直々にと言うならば、いっそのこと大聖人の時代まで遡ってしまえばいいのに、と思う。そうすれば沖浦氏も文句は言わないだろう。

そして今度は逆に浅井先生を擁護することを書く。

浅井先生が日寛上人の御指南に精通しているのは事実である。そこらの不勉強の正宗僧侶よりも遥かに詳しいだろう。もちろん正宗僧侶の中にも勉強家はいる。
ならば、その人に問いたい。現宗門は、日寛上人の御指南を捻じ曲げてはいまいか、ということだ。
不勉強のわたくしが言うのもおこがましいが、宗門は正本堂問題以降、自分たちを正当化するために日寛上人の御指南を捻じ曲げてしまい、それを未だに修正せずにいる。もちろん戒壇論を中心にである。

たぶん正宗僧侶の中でも真面目に教学に取り組んでいる人はわかっているはずである。しかし、立場的な問題もあってか、それを大っぴらに言うことはない。だったら思い切って、御隠尊ないし御当代が言えばいいのだが、それも難しそうである。

実に困ったものである。

2017/10/10  8:28

投稿者:何やってんだか
>浅井先生が日寛上人の御指南に精通しているのは事実で
ある。そこらの不勉強の正宗僧侶よりも遥かに詳しいだろ
う。もちろん正宗僧侶の中にも勉強家はいる。
ならば、その人に問いたい。現宗門は、日寛上人の御指南
を捻じ曲げてはいまいか、ということだ。
不勉強のわたくしが言うのもおこがましいが、宗門は正本
堂問題以降、自分たちを正当化するために日寛上人の御指
南を捻じ曲げてしまい、それを未だに修正せずにいる。も
ちろん戒壇論を中心にである。

>たぶん正宗僧侶の中でも真面目に教学に取り組んでいる
人はわかっているはずである。しかし、立場的な問題もあ
ってか、それを大っぴらに言うことはない。だったら思い
切って、御隠尊ないし御当代が言えばいいのだが、それも
難しそうである。

>実に困ったものである。

厳虎さんが過去のブログ記事で盛んに顕正会の宗門復帰を
提唱している。ならば、日達上人・日顕上人らが主導し
て、本門戒壇大御本尊所住の処を「理の戒壇」でなく、
「正本堂」という名称を付した上で、三大秘法抄・一期弘
法抄に記された「事の戒壇」と定義した事(池田大作の邪
義に屈して大多数の宗門僧侶が与同した大謗法)を総括し
なければ、画竜点睛を欠くのは当然だ。そして、日達上
人・日顕上人は、どんな言い訳をしても、宗門のトップリ
ーダーとしての「結果責任」を問われるのも、当然だ。
それなくして、日達上人・日顕上人のことを、厳虎氏が
「御高徳の上人」等と持ち上げる事は、正気の沙汰と思え
ない。自語相違と支離滅裂も甚だしい。

2017/10/10  8:05

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

 私共は摂受の時代を生きています。
 どの思想も、宗教も最初は折伏で広まります。

 世に棲む日々、という司馬遼太郎さんの小説があります。
 お読みになられることをお勧め致します。

 革命は「狂」気から生まれる。
 「狂」が社会を変える思想を生み出して人を革命的行動へと駆り立てます。
 狂が集団へと広がって集団的発狂へとつながります。
 吉田松陰の生んだ思想が長州を暴発させ、血で血を洗う内部抗争と藩崩壊にまでつながりかねない過激な尊皇攘夷へと発展致します。
 池田先生が言われました。

 『日蓮系には二つの道しかなかった。
 玉砕か堕落です。』(主意)
 
 大聖人は革命家であられました。
 明治維新の時の吉田松陰と同じお立場。

 ここがわからないと日蓮思想はわかりません。
 日本の国が滅びんとした時、大聖人も松陰も身を捨てて闘われ、周りに多大な影響を与え国を救いました。

 近くは戸田先生。
 遠くは大聖人。

 当然最初は集団的発狂ともいえる行動で布教致します。
 折伏ですね。

 そして、ある程度社会的に広まると、今度は社会性を重んじての布教へと転換致します。
 摂受です。

 今は摂受の時代。
 異なる価値観を破折することはダメなのです。
 御書には、

 『当に知るべし此の四菩薩折伏を現ずる時は賢王と成つて愚王を誡責し摂受を行ずる時は僧と成つて正法を弘持す。』
 (如来滅後五五百歳始観心本尊抄)

 僧となってとありますが、これは現在の出家のことではありません。
 世間から見て尊敬されるべき人の事。
 当時の僧はそういう存在でした。

 『破戒無戒を毀り持戒正法を用ん世には諸戒を堅く持べし』
 (佐渡御書)

 現在の世相はこういうものですから、布教を志す人は諸戒をたもち社会のお手本となる必要があります。

 後は自由なんですよ。

2017/10/9  18:28

投稿者:マイケル
んっ?さん

与野党の立場が逆転すれば、政治的主張がコロコロ変わるような、
希望の党なんかに、未来を託したいとは思いません。

ブログ主さんとは意見が異なるかもしれませんが、僕は自民が議席を大幅に減らしても、
自公で過半数を維持して欲しい。

そう切に願っています。

2017/10/9  13:35

投稿者:マイケル
>真実がどうであれ、まさに疑われても仕方がない、疑われても文句は言えない、という状況なのである。

お言葉を返すようですが、事実(fact)こそが重要なのであって、
憶測や推測で語るのはどうなのかな〜って僕は思います。

2017/10/9  12:52

投稿者:大沢克日子
追記です。
引用が不適切だったかもしれません。

抜刀隊は自衛隊、警視庁機動隊の分列行進、そして何
故か顕正会男子部合宿の分列行進で使われている(使
われた)曲に当てられた歌詞です。

元は西南戦争時、警視庁が編成した抜刀隊の奮闘を描
いた歌のようです。

「吾は官軍我が敵は 天地容れざる朝敵ぞ
敵の大将たる者は 古
今無双の英雄で
これに従うつわものは 共に剽悍決死の士
鬼神
に恥じぬ勇あるも 天の許さぬ反逆を
起こせし者は昔より 栄え
しためし有らざるぞ
敵の亡ぶるそれ迄は 進めや進め諸共に
玉
散る剣抜きつれて 死する覚悟で進むべし」

敵の大将の西郷隆盛を「古今無双の英雄」、賊軍の兵
士を「剽悍決死の士」(※剽は「すばやい、身軽」、
悍は「気が荒い、猛々しい」とのこと)、「鬼神に
恥じぬ勇あるも」と歌っていますから、敵を貶めるも
のではないでしょう。

この点、引用が不適切でした。

2017/10/9  12:28

投稿者:大沢克日子
「今、難の襲うことが嬉しくてたまりません。
ここを乗り越えて桁違いに大きな人生を歩む!
強く決意する日々でございます。
功徳〜〜!!」

浅井会長と違って、これは「前々から申しております
る通り」と言って良いと思いますが、私が当初から懸
念した通りでした。

沖浦さんはJPAからの対抗措置を「罪障消滅」・「
境涯革命」の叶う仏法上の「難」と考えているのです
から、JPAが反撃してこないと困る訳です。

JPAが対抗措置も取らず、平和的に対話のテーブルに
ついてしまってはそれで終わってしまいます。
沖浦さんがフェイスブックで「裁判の方が手っ取り早
い」云々と発言しているとも聞きました。

形の上では対話重視と言っておきながら、大沢が「対
話」・「和解」を呼び掛けてもかえって対立の度合い
を深めていきました。

JPAが反論して争ってくるのが「罪障消滅で嬉しい」
のですから、早期に解決するはずがありませ
ん。

先日、裁判の実情も踏まえて和解を含めた解決を忠告
しましたが、その後さらに裁判を連発する方針になっ
たようです。

JPA側にも問題があるのかもしれませんが、こちらも
「上から目線」、「人格攻撃」、「誹謗中傷」のよ
うな対応をすれば、相手が態度を硬化させるのは当た
り前。

信仰活動でもないのに
「吾は官軍、我が敵は…」(抜刀隊)
みたいに、「こちらは菩薩、お前は仏敵」のような調
子でやってもらっちゃ困る。

「怨嗟」は「怨嗟」、「怨嫉」は「怨嫉」、「修羅」
は「修羅」しか呼ばない。

これは沖浦さん自身が述べていることですから、何故
JPAとの対立がここまで長期化・深刻化しているのか、
己のコメントを読み直して謙虚に受け止めていただき
たいです。

事態がここまで悪化すると、裁判に勝とうが負けよう
が「失敗」ですね?

2017/10/9  11:42

投稿者:クラスルーツ
>会員の機根を見ながらゆっくりゆっくり舵を切っている最中。

笑っちゃいますね。

>人を軽んじたり罵ったりすると、その人は自分が云った通りの人生になって行きます。

本人が実証中でしょうかwwwww

2017/10/9  11:26

投稿者:マイケル
自城魔突さん、今日は  投稿者:沖浦克治  投稿日:2017年 4月28日(金)12時41分31秒
  通報

 ダメですよ、そう云う事を書いたら。

 ご自分の人生が常に何かから逃げざるを得ない方向へ進みます。

 還著於本人と申します。
 御書にもございます。

 『高山に登る者は必ず下り我人を軽しめば還て我身人に軽易せられん形状端厳をそしれば醜陋の報いを得人の衣服飲食をうばへば必ず餓鬼となる持戒尊貴を笑へば貧賎の家に生ず正法の家をそしれば邪見の家に生ず善戒を笑へば国土の民となり王難に遇ふ是は常の因果の定れる法なり、』
 (佐渡御書)

 人を軽んじたり罵ったりすると、その人は自分が云った通りの人生になって行きます。
 だから怨嫉謗法は損なのです。

 阿部日さんにも何百回と忠告して来ました。
 ですが、直りませんね。

 だから罰だけの人生になって、功徳が全く書けません。
 貴方もそう云う人生がお望みですか?

http://6903.teacup.com/huwahuwakujira/bbs/10496

こういった表現方法も、日蓮思想の1つなんですね。

 去ると云って一度は離れる。
 然しながらこの板にしか自分を表現する場がない。
 だから帰って来て書かざるを得ない。

 現実社会でどれほど孤独なのか、如実にわかる行動です。

2017/10/9  11:17

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、今日は。

 別に法門談義を望んでいるわけではございません。
 どうかお気になさらないで下さいませ。

 近年破門を勝ち取ったことによって、創価学会はようやく日蓮思想を正しく公表することが出来るようになりました。

 それでも創価学会は巨大教団ですので小回りは出来ません。

 会員の機根を見ながらゆっくりゆっくり舵を切っている最中。
 私は創価学会員として公式見解に先だって、日蓮思想を正しく弘めるお手伝いをネットでやっています。

 自分の板でも、ここでもそれが目的で書き込んでおります。
 ですので、論議ではなく正しいことを書いて弘めているだけです。

 正しいかどうかのご判断は、ここで書き込む人ではなく、ロムされる数百人の方々に委ねます。

 そういうことですので、気になさらないで下さいませ。

2017/10/9  10:59

投稿者:マイケル
>認可を受ける前に工事をして、もし認可が下りなかったらどうするのか、という素朴な疑問がある。

僕は門外漢なので、ド素人なりの意見なんですが・・・
既成事実を作ろうとしたんじゃないんですかね?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ