2017/12/30

ジコカンケツガタ  
マイケル氏から質問が寄せられている。功徳を感じたことがあるのかと。しかし、功徳の話は実名でないと説得力に欠けると誰かが言っているので、ここで云々しても仕方がないだろう。

むしろ問題は指導教師云々のほうだと思う。

拙ブログは開設当初から独白を看板に掲げてきた。副題にはオチブレ顕正会員と書いてある。ここで読者によってはわたくしを今も現役の顕正会員のように扱って、顕正会への論難をわたくしにぶつけてくるようなこともかつてはあった。そこで近年は、日蓮正宗系無所属信者、というような表現を使うことで、現役の活動会員ではないことを強調しているわけである。

おそらくマイケル氏にとっては、その意味・意義がよくわからないのだろうと思う。いや、マイケル氏だけではなく、世の大多数の人には理解不能というか、ひじょうに難しいスタンスなのだと考えられる。

もっとも典型的な事例は御書の拝し方である。ウソだと思われるかもしれないが、わたくしは解説書を読まないで御書だけを読むのである。もちろん理解できない部分もたくさんある。その時はネットで調べたりもするし、手元に解説書の類があればそれを参考にすることもある。しかし、今は純粋に御書だけを読むことが多い。そして生意気なようだが、御書を拝していてわからない時は大聖人に質問するのである。大聖人に質問? この意味も難しい話で、一つには勤行の時に大聖人に質問申し上げるというような意味合いだと誰もが想像するはずである。しかし、それで大聖人が答えて下さることはあり得ない。そのようなテレパシー的なことは宗教の世界ではよく語られていることではあるのだが、もちろんそのような啓示というかヒラメキはあるのかもしれないが、わたくしの場合はそれではない。基本的には日々の御書の拝読がヒラメキを呼ぶのである。

もはや何を言っているのかわからないだろう。しかし、わりと簡単な話である。例えば開目抄を拝読していてわからない時に、観心本尊抄を開くのである。本尊抄を拝読していてわからない時に、報恩抄を参考にするのである。報恩抄がわからない時は、本尊問答抄を読むのである。

つまり、大聖人の仰せを理解するためには、他人の解説を信用するのではなく、大聖人に解説していただくのがいちばんなのである。とは言え、これができるのは御書全編を知悉していなければいけない。当然、御書全編を一回通読したくらいでは無理だろう。生意気ながらも、わたくしの拝読量はもはやそういうレベルを超越しているのだ。

慢心の極みかもしれない。しかし、日蓮正宗の指導教師であっても不勉強の人は、拙ブログを見て思うだろう、コイツは扱いづらい人物だと。

そういうわけで、現状ではどこかの寺院に所属するような気持ちはサラサラなくて、こうして独白ブログをやっているのが性に合っているという意味からしても、無所属を標榜するのが至当だろうと思っているわけである。ゆえに、こうしたスタンスを他人に勧めるつもりはないし、勧めたところでこれを全うできる人はそうザラにはいないだろうと思うわけである。

功徳論に少しだけ触れておこう。

功徳とは六根清浄の果報である。解説書を読まないと言っておきながら、これについてネット上の解説を読むとなかなかいいことを言っている。

六根清浄とは、私たちの六根(眼・耳・鼻・舌・身・意。六つの知覚器官)、すなわち生命の全体が浄化され、本来もっているはたらきを十分に発揮することです。これによって、私たちは、さまざまな困難に直面しても動揺しない、力強い仏界の大境涯をわが身に開き顕していくことができます。

http://www.sokanet.jp/pr/kyougakunyuumon/shinkoutojissenn/5-shinnjinnsokuseikatsu/01-2/

さすがは天下の創価学会である。特に異論はない。

天は自ら助くる者を助く、というのは世間一般で使われている俗諺であるが、天という存在、もしくは神仏そのものは単なる譬喩であって自助努力こそがすべてである、という考え方の人も少なくないのだろうと思う。しかし、同じように努力しても結果が異なるのはなぜか、そう問われると答えに窮することも事実である。その答えの一つが宿命論であるが、いわゆる過去世の因縁という話になると信用しない人が多いのも事実で、それは証明できない事案だからなのだろう。けれども、そういう現実主義者にとっても六根清浄は説明としては受け入れやすい。そしてこの場合、いわゆる他力本願的ではなく、きわめて自力本願の要素が強いわけで、努力家には向いている話なのだと考えられる。つまり、六根清浄はスタート地点に他ならず、そこからどれだけ努力したかが結果にあらわれるわけである。仏という存在が事実だとしても、仏が結果を与えて下さるのではなく、結果は自らが獲得すべきものなのだ。

いかがだろうか、これをわたくし自身に当てはめた時、一つの答えが出ると思う。

わたくしは信心のお蔭だろうか、六根が研ぎ澄まされて頭がスッキリしているのである。御書を拝読していてもスラスラと頭に入ってくる。これこそ六根清浄の果報ではないかと思うのだが、いかがだろうか?

まあ、しかし、日蓮正宗系の宿命なのか、お互いを罵り合うことにおいて、しばしば使われる言葉がある。アイツは頭がおかしいのだ、狂っている、悩乱している、等々と。それにしても拙ブログの場合、わたくしに対するそうした罵りはきわめて少ない状況にある。自分的にはこれも功徳だろうと思っているのだが、いかがだろうか?

以上、実名ではないものの、独白ブログの自己完結型功徳論としては、いちおう成立しているつもりである。

2018/2/22  18:01

投稿者:贋虎
訂正とお詫び
加藤礼子氏の退任は平成20年11月であり、「平成19年の内に姿を消した」とするわたくしの文章は誤りでした。
誤記について、加藤礼子氏並びに観覧の方々に陳謝致します。
------------
加藤氏の一件は、A氏事件も含めた一連の流れの中に起きたことであり、わたくしは仏法上の因果を意識し、胸に迫るものを感じていた。
それがゆえに時期の錯誤を起こしてしまったのだが、「書いておきたい」ともったいつけて記しながら、初歩的な事実誤認をしているようでは終わっている。今後は口を慎もうと思う。

2018/1/1  7:47

投稿者:贋虎
追記
二点ほど付け加えさせていただく。
一つは、除名の経緯について辞任が最大の理由のように読めるが、実際は告発文の一件と浅井城衛を名指しで批判したことが決定打になったということ。
二つに、A氏は辞任を表明して自ら退いたのだから、粛清以前の問題のように思われるかもしれないが、さにあらず。わたくしが考えるにA氏を活かす方法はいくらでもあった。組織の健全化のためには、他と違った目線を持つ者は必要だ。一度離脱させてやってもいいし、表向きは登用しなくてもいい。氏のような使命感を持つ者ならば、顕正会のために再び立ち上がったことだろう。しかしその可能性は永遠に失われてしまった。未来の芽を摘み取ってしまった罪をわたくしは非難しているのだ。これまでにも多くの有益な人材をそのようにして失ってきたのだろう。愚かとしか言いようがない。

2017/12/31  12:04

投稿者:贋虎さんのコメントについて
備忘録の登場人物は A=N井、B=T高、S=S藤 かな?

顕正会の10年後だが、何だかんだいわれながらも存続してるだろうな

浅井会長が生きてたら老害状態が続いてそう

2017/12/31  10:06

投稿者:贋虎
A氏の人物像は虚実入り交じっているため、わたくしもはっきりしたことは言えない。しかし、少なくとも顕正会の問題点を真っ正面から見つめ、そこにぶつかろうとしていた人物であったことは間違いない。顕正会は貴重な人材を自ら切り捨てたのだ。
余談だが、このA氏の事件はS医師の顕正会離脱を後押ししたという。
この年は、年初に起きた初めての本部会館家宅捜査を皮切りに、A氏の退任及び除名、S氏の法華講移籍、是正協議会のお伺い書送付と浅井先生の偽造疑惑への回答、加藤礼子氏の突然の失踪が立て続けに起き、そして年の暮れには日達上人の御本尊を否定する重大なる指導が為された。まさに平成十九年は顕正会にとって大きなターニングポイントだったのだ。
噂によればA氏と、A氏を慕って会を去った数人はこの十年間、一度もかかさず遥拝勤行に励み、折伏も実践しているという。御本尊へのお目通りはできずとも、仏法の大事を人々に伝えているのだ。わたくしは思う。本来、このような人たちこそ顕正会に必要だったのではないだろうか。十年前のあの時に彼らが会を去っていなければ、十年後の今日のように顕正会は無惨な姿を晒していなかったかもしれない。
まもなく年は明ける。次の十年にも顕正会は存続しているだろうか。

2017/12/31  10:04

投稿者:贋虎
除名理由は十件近くに及ぶが、重要な点を挙げると、まず「学会の擁護をした」というものがある。これは当時家宅捜査を引き起こした「守り札切断事件」について「確かに学会の謀略ではあるが、問題のある行動を起こす非常識な会員がいることも事実である。自分たちは法を下げるような振る舞いをしないように」という指導をしていたことについて曲解したものであった。次に「男子部の一組織でおきた不祥事をよいことに、この組織の長であるB氏(仮)を批判し、怨嫉した」というもので、これは例の告発文の件である。(A氏はB氏のおこなっている無謀な活動についても指摘していた)不祥事があったことを認めつつも、B氏を立派な人材として祭り上げ、この人物を貶めようとしたとして責めているのである。ちなみにA氏の組織で起きたとされる不正疑惑は除名理由に入っていない。
このときの一連の出来事はエゲツナイの一言に尽きる。顕正会の唾棄すべき行為の数々が凝縮されているのだが、ここでは割愛する。ただし、一点書いておきたいことがある。それは加藤礼子氏のことだ。彼女はA氏が自分に批判的であったことを知り、烈火の如くに怒り、悪口雑言の限りを尽くした。氏はその数ヵ月後、突如として表舞台から姿を消した。
A氏が糾弾した男子部の組織は、常に先陣を走る巨大組織で、その長であるB氏は浅井先生や城衛の覚えめでたい人物である。B氏の組織で起きた不祥事はA氏のそれとは違い、大々的で組織ぐるみのものであり、当然彼も相応の責任を取るべきが筋である。ところがB氏は一段階の降格になっただけで、ほとぼりが覚めるとすぐにまた昇進した。事の大きさから、自らの組織で起きた不正をB氏が知らぬはずはない。この事件については表沙汰になっておらず、彼はいまでも大幹部の地位に居座っている。
この当時、浅井先生は何を思ったのか日曜勤行にて「一事が万事。悪人愛敬・善人治罰をする組織は必ず滅ぶ」と指導された。これ、顕正会のことを言わずして何を指すのだろうか。

2017/12/31  10:03

投稿者:贋虎
あるとき、後輩の一人が問題の現場を目撃したことから事態が急転する。それはある男子部の組織における入信勤行に関する不正行為だった。A氏は諸々の裏を取り、これを機に顕正会の実態と問題について、匿名にて告発文を送付した。匿名にしたのはせっかく変革のために戦ってきた自身の組織が壊滅させられてしまうことを危惧したからだろう。しかし、皮肉なことにA氏の組織においても類似の不正をした人物がいることが発覚した。A氏は自身の不覚を恥じ、辞表を提出して会を去ることを決意した。本部は問題の会員を切るだけで、A氏に責任はないとして不問に付すことにしたが、A氏は翻意しなかった。
これは顕正会にとって看過できない重大な背任であった。もし任意の辞職や退会が可能だという前例を作ってしまったなら、その道を選ぶ人間がどれだけ出てくるかわからない。そこで本部がとった行動は「Aは悪人」であり「それゆえに除名」とすることだった。もしかすると彼らは「崇高なる顕正会の意向に背く者は悪人に決まっている」と本気で思い込んでいたのかもしれない。それからA氏と折り合いのあわなかった会員から都合のいい言質を取り「A氏は慢心癖を持つ異常な人間だった」ことを吹聴させ、組織内において疑念を生じさせた。そして例の告発文がA氏によるものだと断定され、正式に除名の運びとなった。

2017/12/31  9:59

投稿者:贋虎
わたくし自身も日蓮正宗系無所属信徒という立場である。今日を最後に年もかわるところであるが、備忘録として一つ書き留めておこうと思う。非常に長い投稿になるがご了承願いたい。
本年からちょうど十年前の平成十九年、顕正会においてある幹部が除名になった。その人物を仮にA氏とする。この年は、男子部幹部で医師のS氏が法華講に移籍したり、顕正会是正協議会が発足して「お伺い書」を大々的に送付したことが、ことに注目されるところである。
A氏も有名な幹部であったゆえ、除名理由について当時から様々な憶測がなされ、不確実な情報や明らかな嘘がウェブサイトに書き込まれるなどした。これについて、いまでもまったく的を外した内容の記事や投稿が散見されている。
結論からいえば、A氏は顕正会の様々な問題点に真っ正面から切り込もうとしたことで、いわば粛清をされたのだが、この問題はとても根深いものであるとわたくしは見ている。
A氏は顕正会の実態についてかなりの問題意識を持ち、浅井城衛男子部長や加藤礼子総合女子部長(共に当時の役職)に批判的な立場で、自らの組織においては、これまでの歪んだ体制の是正に力を注いでいた。前任者たちの無慈悲な指導によって、退転者や多額の立て替えを強いられていた者たちが多くいたが、A氏の就任直後より、各人の負担を徐々に減らしていき、およそ三年をかけてクリーンな状態へと移行させた。また会社などでの折伏には慎重で、無謀な勧誘的活動を戒めていた。さらに注目されるのは当時の顕正会では珍しく教学研鑽に力をいれ、たびたび勉強会を開催していたことだろう。その上で毎月トップクラスの入信数を誇る組織を構築しており「自分たちから少しずつでも顕正会をあるべき姿へ変えていこう」と語るような意識の高い人物であった。

2017/12/30  15:34

投稿者:槍
功徳とは、人間関係に悩まず、心の病も持たず、肩の治療もしなくていい事です。

2017/12/30  15:33

投稿者:歩
六根清浄の果報って何ですか?
分かりやすく具体的にお願いします。
あー沖浦さんは、答え無いで下さい。
ワックスが売れたり、スクワットが強くなる事ではないのは分かりますので。

2017/12/30  14:44

投稿者:マイケル
厳虎さん、こんにちは。
レス、有難うございます。

年末でお忙しい時に・・・すみません。

>功徳とは六根清浄の果報

厳虎さんにお伺いしたかったのは、六根清浄の
功徳を得たよ〜!っていう、体験をされた事がある
のかな、って感じたところにあります。

ほら、神道でも六根清浄云々ってあるじゃないですか。

日蓮正宗系無所属信徒という立場に立っている方っ
て、決して少なくないと思うんです。

僕もかつて、その中の1人でしたから。

その中で感じた六根清浄の功徳は、一体どれに近い
ものなんだろうって疑問に感じたものですから、
質問させて頂いた次第です。

また御書(直筆、写本含め)は、「全て」が収録されている訳
じゃないですよね?

その足りない部分を、どうやって補っておられるのかまたいつか
是非、お聞かせ下さい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ