2018/7/17

アキレギミ  
先般、西日本各地において大水害が発生し、多くの人たちが亡くなった。片やわたくしの住む地方では六月中に梅雨明け宣言が出るほどで、その後は連日の猛暑に苦しめられている有り様である。そんなわけで、普段からボーッとしているわたくしの頭が、暑さにやられて今まで以上にボーッとしている状態である。

その間隙を襲うかのごとく、沖浦氏の猛攻が続いている。

わたくしの思うに、沖浦氏は曼荼羅正意論について態度を明確にすべきだろう。日眼女への御指南をそこまで重視するならば、当然の帰結として仏像肯定の立場を取らざるを得ないはずである。さすがに今の創価学会の公式見解ではそこまで踏み込んではいないと思うのだが、いかがだろうか?

そして今度は仏像開眼の問題にぶち当たることになる。

日蓮正宗では曼荼羅正意の立場から、例の木絵二像の御指南は一般的な仏像開眼の事例を取りつつも元意においては曼荼羅御本尊の開眼を御指南あそばされているのだと解釈しているが、沖浦氏の場合はそのまま仏像の開眼だと理解することになるだろう。さて、その場合、何の仏像を立てるのか、そして誰が開眼をするのか、というような問題が発生してくると思われる。

さて、どうするつもりだろうか?

 『其の上仏教已前は漢土の道士月支の外道儒教四韋陀等を以て縁と為して正見に入る者之れ有り、』
 (如来滅後五五百歳始観心本尊抄)

 外道においても南無妙法蓮華経を悟る人がいたとあるでしょう。


この点は大沢氏が触れているように、すでに数年前に決着済みである。大沢氏は半ばアキレ気味であり、マトモに相手にする気にもならないらしいが、わたくしはキッチリと破折して差し上げようと思う。

外道が南無妙法蓮華経を悟る?

ようするに正見とは南無妙法蓮華経のことであると、このように解釈しているわけなのだろう。沖浦氏らしからぬオオボケである。

しかれども外道の法九十五種、善悪につけて一人も生死をはなれず。

開目抄の御指南である。沖浦氏は本尊抄を引用して前掲のごとく言っているわけだが、開目抄にはまったく相矛盾する御指南が存在する。とは言え、佐渡期における重要法門書の二書が矛盾するわけがないのだ。つまり、沖浦氏の解釈が間違っていると考えるのが妥当である。

この明快な理由は同じく佐渡期の小乗大乗分別抄に説かれている。

 夫小大定めなし。一寸の物を一尺の物に対しては小と云ひ、五尺の男に対しては六尺・七尺の男を大の男と云ふ。外道の法に対しては一切の大小の仏教を皆大乗と云ふ。

つまり、広義・狭義、あるいは総別の二義という、こうした捉え方の違いによって意味が変わってくるわけである。ゆえに正見を究極的には南無妙法蓮華経のことであると捉えるのは間違いではないが、ここでは八正道の一つと捉えるくらいが妥当なところだろう。

一切世間の外道の経書は皆是仏説にして外道の説に非ず

涅槃経である。これも沖浦流の解釈からすれば、だから何を信仰してもいいのだ、ということになりそうである。しかし、だったら大聖人の御化導は何だったのか、ということになるだろう。諸宗を破折する必要など、まったくなかったことになるのだ。

さて、今日も暑いので簡単に終わらせたいところだが、今朝も沖浦氏からコメントが寄せられているので取り上げておこう。

 ご本尊が法華経である。

法華講員たちの発言だそうである。しかし、これはいったいどのようなシチュエーションでの発言なのかが問題だろう。沖浦氏は自分の都合に合わせて引用しているに過ぎない。ゆえに法華講員たちにしてみれば迷惑な話なのである。

大聖人の御書は権実相対が主軸となっている。基本的には当時の念仏や禅などとの比較相対を表にしているわけだ。もちろん深奥には本迹相対があり種脱相対がある。しかし、一般の信徒に対しては平易を心掛けられたという意味もあって、そこまで立ち入った法門の開示はあそばしていない場合がほとんどである。

ゆえに大聖人が、念仏や禅ではなく法華経を信仰しなさい、と御指南あそばされているのをそのまま字句どおり受け取って今も法華経を信仰しているとすれば、それは違うのではないかということなのだ。

おそらく法華講員たちの言っている意味はそういうことなのだろう。

ゆえに御書に出てくる法華経云々は元意においては御本尊のことであり、御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えることが正しい仏道修行なのであると、おおむねこのような意味を言っているのだと思う。

それを沖浦氏は知ってか知らずか、ともかく自分に都合よく引用して、もっともらしい説を展開する。なるほど、法華講員たちがウンザリするのも頷けるところである。

2018/7/20  21:58

投稿者:通りすがった
はい、終了〜
あんたが続けたかったら続けて下さい
どうぞ

2018/7/20  9:02

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

 久遠実成が出てきました。
 少し説明致しましょう。

 久遠実成とは、遠い過去に釈迦が既に成仏していたことを示します。

 法華経如来寿量品に出てきます。
 それまでは、現世で初めて仏になったと説きました。
 始成正覚と言って、インドで生まれて修行をし、始めて正しい覚りを得たとの意味です。

 釈迦は寿成品でこれを否定しました。
 自分は久遠実成と言う凄く昔に仏に成った。
 それ以来、貴方方を色々な娑婆世界で様々に説法教化して来た。

 この久遠実成は、宇宙の始まり程長い昔です。
 五百塵点劫とも言います。
 ですが、その前は凡夫です。
 そして、インドで生まれたときは既に仏です。
 先ず、ここを把握してくださいませ。

 それが理解出来るなら次に進みます。
 出来ないならこれで終わります。

2018/7/20  6:06

投稿者:大沢克日子
>大聖人仏法の極意は、一切衆生が等しく久遠の南無妙
法蓮華経如来だと説く所です。

>唱題する人の住所が寂光土。
その人は
仏だからです。

『御義口伝に云く此人とは法華経の行者なり、法華
経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去つて彼に
行くには非ざるなり、道場とは十界の衆生の住処を云
うなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者
の住処は山谷曠野皆寂光土なり此れを道場と云うなり』

>ここまで具体的に書かれてあるに関わらず、
自身が本来の仏であることがわからない。

2018/7/19  23:04

投稿者:躰つくり本舗のボトムアップトレーニング
>>まさかとは思うが久遠実成を知らんのか?

沖浦氏曰く

「釈迦が久遠実成を説いた時、疑って退転した弟子がた
くさんいた(趣意)」

ですからね〜w

2018/7/19  21:42

投稿者:沖浦克治
 面白い方ですね。

 私は勤行はキチンとしますし、日に50分の唱題を心がけています。
 だから功徳が出るのです。
 私に功徳が出ることは、私の信心が正しい証拠です。

 『日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず、』 
 (三三蔵祈雨事)

 私が功徳を出し続けている事実は、私の信仰の姿勢が正しい証拠です。
 この御書にあるんですから、若しアナタが大聖人門下であるなら信受なさい。

 大聖人仏法の極意は、一切衆生が等しく久遠の南無妙法蓮華経如来だと説く所です。
 
 『過去久遠五百塵点のそのかみ唯我一人の教主釈尊とは我等衆生の事なり、』
 (船守弥三郎許御書)

 これが信じることが出来ないなら、大聖人門下を辞めれば良いのです。
 唱題する人の住所が寂光土。
 その人は仏だからです。

 『御義口伝に云く此人とは法華経の行者なり、法華経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去つて彼に行くには非ざるなり、道場とは十界の衆生の住処を云うなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住処は山谷曠野皆寂光土なり此れを道場と云うなり、』
 (御義口伝巻下)

 どうも、法華講の方々は御書を素直に読めませんね。
 ここまで具体的に書かれてあるに関わらず、自身が本来の仏であることがわからない。
 寛師の害毒に染まった姿です。

 大沢さん、一度素直にご本尊を信じ、自身の仏界が湧現するまで唱題なさい。

 私と同じご本尊に同じお題目。
 然し、十年一日の如く全く進歩しない。
 それって、大損ですね。

 釈迦は仏法がない所で南無妙法蓮華経を悟りました。
 変えがたい事実です。

 何故この簡単な道理に迷いますか?

2018/7/19  19:51

投稿者:大沢克日子
>大沢氏は半ばアキレ気味であり

半ばアキレ気味ではなく、完全にアキレています。

日蓮正宗は日蓮正宗の、他宗は他宗の、学者は学者、
人それぞれの視座というものがありますが、それを無
視して引用するから前後のコメントでも不整合になる
のでしょう。
(他人の視座は関係なく、その瞬間に自分のために利
用できるか否かで引用しているのかも知れませんが)

>私共と全く同じ人間である釈迦が悟った。
ならば私どもが悟れない道理がありません。

>日蓮正宗は唱題以外を邪宗と決めつけています。
ならば、釈迦も大聖人も邪宗で悟ったことになる。

沖浦さんはちょっと触れただけで全てを理解したかの
ようにハヤトチリ・カン違いするだけでなく、(曲
がって理解するばかりか)先達を莫迦にして自分がい
かに優れているのかアピールしたがる人(承認要求が
極めて強い人)だと思っていました。

そして、表面上は反権威・反権力のようですが、実態
は違うようにも見えます。

ただ、それはそれで誰もが多かれ少なかれ持っている
欠点の一つに過ぎないと理解していました。

沖浦さんは法華講員相手の酒席で
「俺、勤行しないっすよ。題目だけです。だって面倒
臭いじゃないですか」
と発言して失笑を買ったそうですが、私はそれはあく
まで食事
会のウケ狙いで大げさに言っているのだろう、と思
っていました。

今回の一連のコメントを見て、半世紀以上創価学会に
籍を置きながら、本当に勤行をしてこなかった、そし
て学ぼうともして来なかったのかもしれないと感じ、
大変失望しました。

日蓮正宗が、創価学会が、邪宗がという宗派の問題で
はなく、沖浦さんには信仰の功徳はないのでしょう。

何年かネットでやり取りして、時には沖浦さんの身の
上を心配することもあっただけに、本当に残念でなり
ません……

沖浦さん、さようなら。

2018/7/19  8:02

投稿者:通りすがった
まさかとは思うが久遠実成を知らんのか?

2018/7/19  7:45

投稿者:沖浦克治
 要するに・・・・・

 ご法主上人猊下様が〜〜!!

 池田先生が〜〜!!!

 本門戒壇の大御本尊様が〜〜〜!!!
 
 学会精神が〜〜〜〜!!!

 などと叫んで布教できた時代は終わったのです。
 そして、そういう時代はこの後100年間は二度と来ません。

 それを認識し、正しく対応する宗派が勝ちます。

2018/7/19  7:42

投稿者:沖浦克治
 新聞推進も、選挙支援も、あくまでも会員一人一人の自由意思で行うべきですし、会合などで目標たてて推進している間は、聖教新聞も公明党も一人立ち出来ません。

 一番大切なことは、お題目を唱える喜びを流布することです。
 そうすれば、本尊流布も、聖教新聞推進も、公明党の支援者も増えます。

 そのために何が必要か?

 私共創価学会員の功徳の姿です。
 戸田先生は言われました。

 『広宣流布はおからみたいなものなんだよ。
 君たちがうんと信心してうんと功徳を受ける。 
 これが豆腐だ。
 すると広宣流布と言うおからは勝手に出来上がります。』(主意)

 御書にもございます。

 『されば過去未来を知らざらん凡夫は此の経は信じがたし又修行しても何の詮かあるべき是を以て之を思うに現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん。』
 (法蓮抄)

 そういう時代に対応しながら、求心力を保つ。
 難事ですがやらねば広宣流布は出来ません。
 価値観を他人に押し付けない。
 
 自身の振る舞いが勝負。
 凄く大事です。

2018/7/19  7:08

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 外道で悟れるなら仏法は要らない。

 その通りですし、別に悟らなくても幸せに生きていけます。

 そういう生き方を日蓮正宗は否定をしますし、私共もかっては否定して来ました。
 今、破門を勝ち取って27年。
 ようやくその辺りが自由になりつつあります。
 
 近い将来、創価学会は会員に新聞推進や選挙活動を強いることを止めるでしょう。

 そういう時代に対応しながら、求心力を保つ。
 難事ですがやらねば広宣流布は出来ません。

 価値観を他人に押し付けない。

 凄く大事です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ