2018/7/31

ロウバイノミ  
昨夜の沖浦氏のコメントは引用御書が不適切のように思える。ようするに自分の言いたいことと、その裏づけとしての御書とが一致していないように思えるのだ。とりあえず言いたいことはわかった。あとはもっとわかりやすい御書を選ぶべきだろう。

さて、顕正新聞である。第1443号には五月度班長会の各種登壇が掲載されているが、その前に人事が気になったので取り上げておこう。

四国第9女子部 新体制に

なんと今度の第九女子部長は総合女子部長が兼任するそうである。四国には部長に相応しい人材がいないのだろうか? それ以前に、前任者はどうしたのだろうか?

婦人部の人事も気になるところだが、省略しよう。

細井日達は「頓死」、阿部日顕は「ニセ貫首」の辱めを今に受け続けている・・・

総男子部長も口が悪い。頓死は表現としてどうかと思うところで、やや侮蔑の意味が込められているような印象が否めない。ニセ貫首は主に顕正会が言っていることだろう。創価学会ではニセ法主と呼ぶのが一般である。しかし、今はもう代替わりしてしまって久しいので、いつまでも言い続けている人も少ないのではないかと思う。

 当時、先生は、御遺命破壊の主犯たる学会の悪だけを責め、猊座を守らんとされてきたことを思うほどに・・・

アゲアシを取るようだが、だったら今はどうなのか、である。今はもう猊座を守る気すらないのではあるまいか?

先生の激闘、ついに大法戦場に到達

これは副婦人部長の記事につけられた見出しである。どこかにそのような場所があるわけではなく、いわば抽象概念なのだろう。しかし、結局は名のみあって実がない。実体がないのだ。つまり、顕正会員たちはこうした有名無実の言葉に踊らされているだけなのだ。

 また御経机を勧めて下さる先生のお心がいまさらながら沁み入り・・・

総合女子部長の発言であるが、すると今でも顕正会では経机の推進を盛んに行なっているのだろうか?

 雪降り積もる廃屋の三昧堂で、三たびの厳冬を耐え忍ばれた・・・

婦人部総務の顕正会員歴が気になるところである。これは新潟大会の会長講演を踏まえて発言しているわけなので、その意味では浅井先生の責任だろう。つい先日も書いたように、三昧堂で過ごされたのは半年ほどである。

さて、男子部第百五十六隊長の活動報告には、曹洞宗の青年僧侶が顕正会に入信したことが書かれている。今の僧侶はたいていが家業を継いで僧侶になるパターンであり、この青年も実家が曹洞宗の寺院なのだそうである。ゆえに本当に僧侶を辞めて顕正会に入ったのだとしたら大したものである。本人の登壇を期待したいところだ。

女子部第十一区長の記事には彼女のセリフだろうか、次のようなくだりが存在する。

「私たち凡夫が御本尊様について調べることなど、恐れ多いことである」

恐れ多いのは事実である。しかし、だから禁忌なのかと言えば、それは違うだろう。なぜならば、全人類のほぼ全員が凡夫なのである。つまり、御本尊の研究をしてはいけないとすると、誰も研究できなくなってしまうのだ。

もちろん生半可な気持ちで御本尊のことをあれこれと詮索するのはよろしくない。相当の覚悟を持って行なうべきことではあるだろう。

二輪車部品で特許取得≠フ大功徳!!

女子部第七十四区班長は自動車メーカーで働いているそうだ。わたくしの知るところでは二輪と四輪の両方をやっているのは二社しかない。いずれのメーカーだとしても、そこの設計部門で三十八年も働いているのは凄いことである。

2018/8/5  9:09

投稿者:通りすがった
でかい釣り針やなwww
そんなんで釣られるやつおらんで

・・・って、わいが釣られてるやんけ

2018/8/4  6:48

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

 今朝の聖教新聞体験欄に師匠の言葉があります。

 『使命とは、誰から与えられるものでもない。自らが決然と選び取るものである』

 これは仏法の基本です。
 
 自分で決める!!

 だから内道なのです。
 他人に決めてもらうなら、外道。
 
 この世の一切の事は自身の祈りで決めていける。
 
 創価の大原則。

 最近法華講員の方々と接すると、この自分で自分が地涌の菩薩だと決める一念が抜け落ちて入り事を感じます。
 だから出家に支配されるのですね。

 辞めて良かった日蓮正宗。
 辞めなくて良かった創価人。

2018/8/2  14:36

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、今日は。

>女子部第十一区長の記事には彼女のセリフだろうか、次のようなくだりが存在する。

「私たち凡夫が御本尊様について調べることなど、恐れ多いことである」

 これが駄目なのですね。

 自分が拝むご本尊について徹底的に調べる!!!!

 人は少しの買い物でも、アルバイトするのにでも、或いは就職についても、凄く調べてから判断します。
 所が、それらの価値判断の根幹となる自分の宗教の本尊は鵜呑みで当然。

 こんなのおかしいですよ。
 池田先生が言われました。

 『疑って、疑って、疑って、それで疑えなくなることを信と言うのです。』(主意)

 正しいと思います。

2018/8/1  19:08

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、今晩は

 分かりやすい御書を引用しておきます。

 『 法華経の第五に云く諸天昼夜に常に法の為の故に而も之を衛護す、経文の如くんば南無妙法蓮華経と申す人をば大梵天帝釈日月四天等昼夜に守護すべしと見えたり、又第六の巻に云く「或は己身を説き或は他身を説き或は己身を示し或は他身を示し或は己事を示し或は他事を示す」文観音尚三十三身を現じ妙音又三十四身を現じ給ふ教主釈尊何ぞ八幡大菩薩と現じ給はざらんや天台云く「即是れ形を十界に垂れて種種の像を作す」等云云。』
 (諌暁八幡抄)

 南無妙法蓮華経を唱える人を諸天が守るとあるでしょう。
 私は南無妙法蓮華経如来ですから、神社に神がいるなら配下なんです。
 題目送って元気づけるのに誰に遠慮いりますか?

2018/8/1  16:19

投稿者:沖浦克治
 昨日今日と面白いことがありました。
 
 恋女房が愛犬の散歩に朝の内にいきます。
 3ついますが1つは目が見えませんので2つが行くのですが、小さいほうが行きたがりません。
 偶々二日間、私の唱題時間帯と散歩が重なりました。
 昨日の唱題の終わり。
 鈴を叩いて大きく題目三唱をしました。
 ココまでは何時もと同じでした。
 突然仏間の外で、残っていたワンコが大騒ぎしました。
 出て見ると散歩に行きたくて仕方がない有様です。
 それで少し散歩してやりました。
 今日も最後の三唱が終わると大騒ぎです。
 
 唱題終わりの題目三唱を知っています!!
 犬も知ってる創価のお題目。
 
 素晴らしい〜〜!!!

2018/8/1  7:51

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

 今朝の聖教新聞からです。

 【青森県・七戸町】藤本ミチさん(102)=七戸支部、副白ゆり長
 この年になると、一日一日が奇跡のようなものです。おかげさまで、御本尊様と池田先生一筋に参りました。ありがとうございます。
 御本尊様の前に座るのが、一番の楽しみです。「今日も元気で、ここに座ることができました。ありがとうございました」。毎日それです。
 一日に何回も座ります。「御本尊様、暑いでしょう」。冷たい水を差し上げて、「この世から、不幸を無くしてください」とお願いします。
 〜中略〜
 今日まで、元気でいられたことは、池田先生と奥さまのおかげでございます。私の人生は勝ちました。ありがとうございます。
 〜引用終わり〜
 こんな大先輩に勝てるわけないわ・・・・・
 若造の俺も頑張るぞ・・・・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ