2018/8/18

チュウショウビラ  
引き続き顕正新聞の話題である。

 最近、顕正会を誹謗する悪質なビラを、八戸会館付近に撒きに来た法華講員がいたので・・・

男子部総務の活動報告である。本文の続きには宗門末寺・玄中寺の住職と講頭を糾弾してきたと書かれている。勇ましいものだ。

先生の大師子吼・・・

同じく男子部総務の発言である。なるほど、大師子吼と書いて憚らない、そういうツワモノだからこそ、宗門に対しても強く出られるのだろう。
わたくしの思うに、そのビラの内容が気になるところである。いったい何がどのように悪質なのか、実物を見ないことにはわからない。
また逆に、ビラを撒く側もわけがわからずにやっているとしたら情けない限りである。対顕正会の勉強をしっかりと済ませてから行なうべきだろう。

「顕正会は創価学会と数を争う低レベルな宗教。鎌田先生をおだてて利用し、脱『生長の家』の人々の草刈り場・広告塔にしている」

男子部第七十一隊支隊長の活動報告が興味深い。老婦人が顕正会に入信した。彼女は若い頃、生長の家で幹部をやっていた。今は日本会議系のNPO法人の理事長をしているそうで、多くの人から慕われている。その彼女が顕正会に入ってしまったものだから、影響は甚大である。ゆえに理事たちが上掲のような中傷ビラを作って顕正会への流入をを阻もうとしたという。

これも実物のビラを見てみたいものである。

しかし、創価学会と数を争うのはかなり高レベルな話である。また逆に、読みようによっては創価学会を低レベルな宗教だと言っていることにもなりかねない。彼らは安倍政権を支持する立場なのだろう。それが創価学会を批判しちゃって大丈夫なのかと心配になるところだ。

話を戻して、くだんの老婦人は理事たちによって強制的に施設に入所させられた云々との記述がある。もちろん顕正会との接触を断つためである。高齢とは書かれているものの、正確な年齢がわからないので何とも言えないところだが、どうやら理事長職はお飾りであり理事の中の誰かが実権を握っているらしい。

ここは少し偏見とは思いつつも男子部だからダメだったのかもしれない。これが女子部や婦人部であれば話は違ってきたかもしれないのだ。ようは顕正会がどのような団体であれ、男子部の人たちが老婦人と接触すること自体がアヤシゲに思えてしまうところなのである。これがわりと近い年齢の婦人部員だったとしたら、それほど不自然には見えないはずなのだ。

姑・杉山総班長 22年貫いた鋼の絶対信
 不慮の命終のなか美事な成仏の相!


発表者は班長である。ようするに発表者の姑さんが不慮の事故で亡くなったという話である。具体的には交通事故のようだが、それにしても不可解である。

 そして検証を終えた警察から、姑は車中ではなく、なぜか牧草畑の中で寝ている姿で発見され、外傷も出血も少なかったと聞きました。

おそらくは誰が読んでも意味不明だろう。

ゆえにここからはわたくしの勝手な想像に過ぎないことをお断わりしつつ書くわけだが、本人は自分で車を運転していたわけなのだろう、そして自爆してしまったのだ、どこかに激突したとか、崖から墜落したわけである。しかし、大破した車の中には誰もいなかった。付近を捜索すると牧草畑で発見された。つまり、事故後、助けを求めるために車を抜け出して彷徨ったのだろう。そこで力尽きて亡くなったのだと考えられる。

死者を冒涜するつもりは毛頭ない。しかし、わりと客観的な事実として言えるのは、これが創価学会員だとか法華講員であれば罰になるわけである。ずいぶんと都合のいい解釈をするものだと思う。

 先生は、上野殿の弟・五郎殿が若くして不慮の水死をされた時・・・

少し前にも触れた話題である。この文章を信用するならば、浅井先生は五郎殿の死因を水死だったと認識していることになるだろう。それは何を根拠に言っているのだろうか?

2018/8/21  7:33

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん、おはようございます。

 突然昨夜恋女房が、
 トウモロコシ買いに道の駅しなのへ行きたい.
 と言い出しました。
 ベンチプレス終わったら出かけます。
 
 ふと気づきました。
 神戸にいたころは、
 
 ステーキハウス行きたい。
 YSJ行きたい。
 
 今は、トウモロコシになりました。
 幸せを感じる朝です。

 功徳って日常に知らず知らずに染み出してくるものなんですね。

 『法華経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去つて彼に行くには非ざるなり』
 (御義口伝巻下)

2018/8/20  15:01

投稿者:沖浦克治
今日は。

 この所人間革命には他宗との協調が書かれています。
 これは日蓮正宗時代は絶対にいえないことでした。

 池田先生がその当時五項目の基本理念で、信教の自由を死守すると言われた事の素晴らしさが光ります。

 戸田先生の原水爆禁止宣言と並ぶ偉大な思想です。
 所が未だ宗門では、

 創価学会が靖国神社へ提灯を寄付したとかしないとかで浮かれ騒いでいます。

 辞めて良かった日蓮正宗。
 続けて良かった創価人!

2018/8/19  18:15

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

他人への尊敬の念、想いというのは普段の何気ない振
舞いにあらわれてくるものです。
たかがマッチではありませんよ?

例えば沖浦さんの日頃の振舞いに、奥様への愛情があ
らわれるのではありませんか?

創価学会名誉会長・池田大作氏も御書を引用して
「小事つもりて大事となる」
「日々の積み重ねが大事」
と指導しているようです。

大沢の言葉が癪に障るのなら、貴方のところの池田名
誉会長の言葉を学んだらどうでしょうか?

朝、御本尊様に御給仕申し上げる・ローソク、御線
香に火を灯して御供え申し上げる、誰一人見てなくて
も、誰もが感銘を受けるような信心を持つ人は相応し
い振舞いをしています。

常随給仕第一、大聖人様を仏聖人として拝した日興上
人、日興上人の御姿を拝し大聖人様に御仕えした日目
上人、御給仕の姿は誰が見ていなくても大切なことで
す。

マッチを小事と捉えるか否かは沖浦さんに掛かってい
ますが、昨日せっかくおのれの姿を
「少なからず奢っていました」
と省みることができたのですから、腹を立てる前に謙
虚に反省してみてはいかがでしょうか?

禽獣ではありませんので、(病の人は別として)どん
なに物忘れの激しい人でも何日かは決意を忘れないも
のでしょう。
お互いに傲慢にならないように気を付けましょう。

巌虎さんのブログなのでこれ以上申し上げませんが、
せっかく頑張りを忘れない若さがあるのですから、
長所を活かせるように頑張ってください。

欠点を増幅させても誰の得にもなりませんからね?

2018/8/19  16:43

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、今日は。

 貴方は私がマッチ吹き消したことでこだわるより、ご自分が何故他宗の教えや功徳の実証を認めることが出来ない偏狭な人間であるのか?

 この打開には何を如何するべきなのか?

 これにこだわりましょう。

 頑張るんですよ。
 何時も書きますが、私度同じご本尊に同じお題目。

 だらしなさすぎますよ、現在の貴方。

2018/8/19  16:06

投稿者:沖浦克治

2018/8/19  12:19

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

今朝勤行しようとして、ライターが見つからずマッチ
を用いたとか。

「起こすと怒鳴られそうなので、引き出し空けたらマ
ッチが出てきました。
懐かしや、懐かしや・・・・・・・・・
一擦りして線香に火を付けました。
吹き消すと、ノスタルジー溢れる香り。」

細かいことを言うようですが、世間一般のマナーでも
仏壇のローソク、御線香、マッチ等の火は口で吹き消
しません。

吹き消したら謗法ということではないでしょうが、私
たちも寺院や先輩の家などで勤行唱題をする時、御僧
侶や先輩がどのように火を点けて消しているのか、自
然に学んで行きます。
私の場合、世間一般でも宗内でも、吹き消すひとを見
たことはありません。
(私自身の場合は樒の葉を口にしているので物理的に
も吹き消せないのですが)
赤ちゃんや子どもと同じく、他人から自然と学び・吸
収することは多いはずです。

半世紀以上も学会に籍はあるということなので身に染
みついたことかもしれませんが、信仰でもプライベー
トでも、自分ばかりではなく他人にもっと関心を寄せ
ると良いかもしれません。

沖浦さんは
「少なからず奢っておりました。
人生常に出直しです。」
と反省なさっているようですね?

かつて「地涌の菩薩に謙虚さは必要ない」・「反省懺
悔は不要」(取意)とまるで傲慢不遜を誇っていたか
の時と比べれば些か進歩したのかもしれませんが、ロ
ーソク、線香等を扱う時の振舞いにも心が現れるのか
もしれませんね?

2018/8/19  9:23

投稿者:沖浦克治

2018/8/19  7:47

投稿者:大沢克日子
「2018/8/19  6:46
投稿者:沖浦克治

>臭いもの身知らず。」

信仰の正邪を明らかにするために言論を通じて邪義を
糺すことはありますが、それはあくまでも信仰の世界
の話。

日常生活において他者と争っている訳ではありません。
仕事もプライベートも、他宗や無宗教の人々とも普通
に関係を築いています。
むしろ、普段一生懸命にやらなければいざ折伏しよう
とする時に指摘されてしまいます。

沖浦さんにも身に覚えがあるのでは?
(だから折伏を嫌うのでしょうか?)

沖浦さんは信仰内外問わず軋轢が生じるから、個人
の性格の問題だと言っているのです。

しかし、性格に難のある人でも信仰を重ねていけば、
いつの間にか欠点が欠点ではなくなって長所が活かさ
れるようになってくる。

沖浦さんは半世紀も信仰しながら同じような失敗を繰
り返し、せっかくの沖浦さんの努力、長所もなかなか
活きてこないし充分評価されない。
普通努力が100評価されるところを50しか評価されな
い。
沖浦さんは評価されない理由を「怨嫉している人がい
るから」と他に転嫁していますが、本当は自分に原因
があるんですよ?

一方で学会ならば聖教新聞に載るような人もいるんで
しょう?

同じ学会員でこの差は何だ、ということです。

先日、巌虎さんも沖浦さんも私も常連さんも、類友
で似た者同士とコメントしました。

修羅っ気が強く自己を美化し他人を批判するが、実際
はそれほど大したことのない人間同士ですし、沖浦
さんの信仰の実態も把握しています。

なるべくしてなっているのです。

宗派の問題ではなく個々の問題というべきです。

自己正当化のための誤魔化しは止めましょう。
都合のいい時だけ仏法を利用するのも止めましょう。
何年こういうことを繰り返しているのでしょうか?

2018/8/19  7:18

投稿者:大沢克日子
宗派云々と言い出すのは返答に窮した時の沖浦さんの
必勝(?)パターンのようですがそれは置いておきま
しょう。

>法を弘めるのではなく、法を持った人の振る舞いを弘
める

私は創価学会、創価学会と言っているその沖浦さん自
身の振舞いはどうなのだ、というのをずっと問い続け
てきました。

JPA問題についても、周囲の仲間と結束して事に当た
れば多数の人を傷つけることもなく、旧執行部の人た
ちにもお引き取り願えるチャンスはあったはずです。
有能な人たちが周囲にいたはずなのに、沖浦さんが突
っ走ってしまってその日のうちにネットで喋りまくる
のを前提に動いているのですから、対立が深まって当
然でした。

信仰の世界はいわば部分社会で独自のルール、仲間
意識があるのですから、学会員同士でも多少の逸脱を
黙認する環境はあるのではないでしょうか。

それを無視して外部の一般人相手に同じやり方をしよ
うとすれば、人間関係が拗れるのは当たり前。

沖浦さんはそれをしてしまったのです。
(仏法即世法だからと短絡的に考えているのかもしれ
ませんが)

正法を真摯な姿勢で折伏弘教しようとして他人に嫌わ
れることはあるでしょう。
一方で日常生活においては社会人として恥ずかしくな
い振舞いをしなければならない。

沖浦さんの場合、逆ですからね?

沖浦さん自身が口を極めて批判していたJPA山口氏の
ような存在になる前に誤ちに気付けたのですから、
「地涌の菩薩に反省懺悔は必要ない」
というような莫迦げた考えをせずに真摯に反省して、
今後は沖浦さんの長所を活かせるような振舞いをすべ
きでしょう。

2018/8/19  6:46

投稿者:沖浦克治
 大沢さん

 臭いもの身知らず。

 ご存知ですね???

>仲間とも平然と争う姿を見ると、宗派ではなく個人の
性格の問題でしょう。

 日蓮正宗は同じ仏法仲間と常に諍いを繰り広げ、世界の優れた宗教をも全否定しています。
 この姿こそが現実の証拠です。
 先ず、その点を治してからです。

 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ