2018/10/22

ハナハダ  
会長講演からもう一つだけ引用しておこう。

 バカな経済学者は「孫・子の代にそれを見せてはいけない」などと言っているが、「孫・子の代」ではない、それはもう直前に迫っているのです。日銀が持ちこたえられなくなったら、そのとき国家破産が起こるのです。

凄いことを言っている。経済学者もさまざまで、楽観論を唱える人もいれば悲観論の人もいる。そうした中で、上掲の孫・子の代の心配をしている学者は、大枠で見れば浅井先生と同じ立場を取っているはずなのである。それを先生はバカな経済学者と言っている。すると楽観論者に対してはどのように表現するつもりだろうか?

期を画する大人事

四面下段には隊長・区長・支区部長たちの顔写真がたくさん載っている。上掲のごとく、文字通りの大人事である。その中でわたくしは男子部第三十八隊長に注目した。彼は少し前まで総副男子部長だった。その意味ではずいぶんと降格したものだと思うが、あるいは何か病気を患っていたのかもしれない。写真の様子からして、何となくそんな感じがするのだ。

さて、次は第十八男子部長の登壇である。

思うに細井日達に敬称を用いないことは、池田大作・阿部日顕とは次元が違うご決断と拝するものであり・・・

最近の顕正会では、あたかも解散処分直後から細井日達と呼び捨てにしていたごとくに語られているが、それは完全なる捏造である。この登壇者だってそんなことは百も承知のはずなのだ。まずはこの点から正さなければならない。

それにしても上掲は何を意味するのだろうか?

思うところは多々あるが、ここでは語らないことにしたい。妙信講に同情すべき点があるのも事実であり、やはり宗門側に非があったことは否めない。ただ、それとこれとは別である。すなわち近年に至って、御法主上人を呼び捨てにする挙に出た。これはこれで顕正会側の非なのである。

次は第十三隊総支隊長の発言である。

御遺命守護の御奉公を完結され・・・

この若き俊秀は御遺命守護完結をリアルタイムでは知らない。しかし、彼の思考力をもってすれば、容易に理解できる話のはずである。ようするに御遺命守護は完結していない。ゆえに今もなお宗門への復帰が叶わないのである。この点をもっと真剣に考えるべきだろう。

極道の妻「三度の飯より喧嘩」の40年
前科12犯@慕渇仰で心法が穏やかに


顕正会も人材が豊富である。ご覧のような経歴の人もいる。それにしても入信勤行の帰りに宝くじを買って十万円が当たったなどと総幹部会の場で発表させてよいものか、甚だ疑問である。

2018/10/23  8:12

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、

>例えばトチロ〜さんは沖浦さんに対してさえも世間普
通の義を用いて接しておられますが、

 この文章に見られる命に湧き上がって来る勝他の念を押さえられない貴方。

 キング牧師に恥じなさい!!!!

 折角私ども創価学会員と同じご本尊に同じお題目を問えているのです。

 本気で人間革命なさい。

 

2018/10/23  7:59

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 キング牧師の演説の一部をアップしました。
 このお方は如説修行の行者です。
 この人の生きざまは法華経です。
 素晴らしい人です。

 以前池田先生が言われました。

 『自分たちは創価で信心して、ご本尊に題目唱えてるから大したものだ。
 そういう生き方をしてはなりません。
 社会には凄い人たちが沢山おられます。
 自分は創価を持っているんだ。
 そういう方々に負けな生き様をする。
 そう決めて生きて行きなさい。』(主意)

 小さな小さな戒壇本尊本懐と言う内部規定にこだわり、他宗と他宗の行者を非難中傷する生き様。
 仏法者、とりわけ大聖人門下の取るべき道ではありません。

 キング牧師が言いました。
 
 憎む人を殺すことは出来る、だがそれで憎しみ自体を無くすことは出来ない。

 戒壇本尊本懐と、日興さんの唯受一人に染まっていると、この人として最も大事な資質は発揮できません。

 もったいないですね。

2018/10/23  7:45

投稿者:沖浦克治
 「私には夢がある(I Have a Dream)」
 1963年8月28日
 職と自由を求めるワシントン大行進において、キング牧師がリンカーン記念館で人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説。公民権運動に大きな影響を与えた。
 米国における最高の演説であるとされている。
 演説の一部 

 絶望の谷間でもがくことをやめよう。
 友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。
 われわれは今日も明日も困難に直面するが、それでも 
 私には夢がある。
 それは、アメリカの夢に深く根ざした夢である。

 私には夢がある、それは、いつの日か、この国の国民が立ち上がり、「われわれは、すべての人間は平等に造られいることを自明の真理とみなす」というこの国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

 私には夢がある。
 それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。

 私には夢がある。
 それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。

 私には夢がある。
 それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。

 今日、私には夢がある。
 私には夢がある。
 それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。

 今日、私には夢がある。
 私には夢がある。
 それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢である。
 
 これが我々の希望である。
 この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。

2018/10/23  7:34

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 修羅にはこんなことは出来ませんよ。

 https://www.facebook.com/katsuji.okiura/videos/1268347379973424/

 若者を育てるのは菩薩の行です。
 貴方は現実をそのままに見ることが出来なくなっています。

 日寛さんの害毒です。

2018/10/22  15:27

投稿者:大沢克日子
>例えばトチロ〜さんは沖浦さんに対してさえも

これは私の表現が誤解を招きかねない書き方をしてし
まいましたが、トチロ〜さんを批判している訳でも悪
いと言っている訳でもありません。

トチロ〜さんのそういう姿が、相手の信頼を得て数多
くの人を正法に導いている訳ですし、沖浦さんのよう
な人に対してさえも、トチロ〜さんのような接し方を
なさるのも全く問題なしと考えます。

大沢ももともと修羅ですから、トチロ〜さんの姿に見
習うべき点は多いです。

度々のコメント失礼しました。

2018/10/22  14:24

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

>地涌の菩薩だと断言されたのは、ご自分たちがそうだ
と言われたのです。

なるほど、そうなのですね?

沖浦さんも他人の話を聞かない傾向にありますが、顕
正会員も「魔民」の言う事など真面目に聞くつもりは
更々ありません。

顕正会員を相手にするのなら、自身がどのように見ら
れているのか知っておいた方が良いと思いますし、聞
いてくれない相手にどのように聞かせるか、これは自
分の力やテクニックではなく、御加護が必要でしょう。

魔民でも変態でも、一応人扱いですから、虫扱いより
は良いのかもしれませんがww

沖浦さんが「質問会」云々と言ったところで、沖浦
さんの話にもし頷いていたとしても、馬耳東風ですよ?

互いに自分の言いたいことを言ってるだけですから、
沖浦さんの話も先方に通じていませんし、相手の話も
沖浦さんに通じていないでしょう(互いに「修羅界」
ですから)。

先日一時間半ほど話していた会員さんも、三〜四回
呼び出しの電話が掛かってきていました。

顕正会の活動会員は「もう余裕はない」と時間刻み・
分刻みで活動しています。

連絡が途絶したのはそういう背景ですから、沖浦さん
が今まで接してきた法華講員やネットの人々の対応と
同じように扱ってもらえると甘く見ない方が良いと思
います。

例えばトチロ〜さんは沖浦さんに対してさえも世間普
通の義を用いて接しておられますが、顕正会員は既述
の通り、そうではありませんので、今後接するつもり
なら注意すべきでしょう。

2018/10/22  13:26

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、今日は

 少し言葉が足りませんでした。

 地涌の菩薩だと断言されたのは、ご自分たちがそうだと言われたのです。

 この点は法華講の方々は、地涌の眷属などと表現に断定性を欠けます。

 この部分は好感が持てました。

2018/10/22  12:59

投稿者:大沢克日子
巌虎さん

度々すみません。

前回の内容ですが

>現当二世の二意

浅井さんはどんな指導をしているのですか?
近々会員に会う機会があれば聞いてみようとは
思いますが…。

2018/10/22  11:09

投稿者:大沢克日子
>顕正新聞10月5日号(1954号)

正しくは1454号でした。

2018/10/22  11:05

投稿者:大沢克日子
>思うに細井日達に敬称を用いないことは、池田大作・
阿部日顕とは次元が違うご決断と拝するものであり・
・・
(略)
それにしても上掲は何を意味するのだろうか?

先日会った顕正会員が顕正新聞10月5日号(
1954号)の記事をもとにどうだと言わんばかりの上
から目線で日達上人御遷化を誹謗中傷していましたか
ら、御宗門批判キャンペーンが一周回って日達上人に
返ってしまったのだと思います。

私は講頭にもこの当時の話を講習会でうかがったこと
もあります。
それに、顕正会で同じ隊にいた人が他の寺院(大宣寺
様)にいて、偶々大宣寺に参詣した時に当時の御住職
・菅野日龍贈上人がおられて、その人が日達上人の御
事につき御住職に質問しているのを少し離れたところ
で聞いた経験があります。(緊張して直立不動になって
しまいましたが)。

その上から顕正会員氏に話をしたところ、一時間半後
に「混乱してきたので今日は帰ります」と頭を抱えて
帰っていきましたが、どんな理由か知りませんが、顕
正会が日達上人を標的にしているのは間違いないよう
です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ