2018/10/23

クドクガナイ  
以下、八月度総幹部会における会長講演を抜粋する。

 日本国の犯した仏法上の最大の罪は、七百年前に、大慈大悲の御本仏・日蓮大聖人の御頸を刎ね奉ったことであります。

・・・当時の日本国は、法華経第五の巻で頭を打つ等の狼藉ののち、恐れ多くも竜の口で御頸を刎ね奉った。この大禍(大いなる禍)は、現当二世にのがれがたし――と仰せ下されている。


ここまでは御文に沿った解釈である。問題はこの続きの文章である。

 この「現当二世」には、二つの意味がある。
 一つには、個人に約す。すなわち御頸を刎ね奉った平左衛門が、現世には謀叛の罪を疑われ自邸において誅殺され、御生には無間地獄に堕ちたこと。これが個人に約した現当二世であります。
 もう一つは、国家に約す。すなわち、御在世の日本は「現」であり、未来広宣流布前夜の日本は「当」にあたる。


はたしてこの解釈は正当なのだろうか?

 しかるに日本国は一分の改悔もなく・・・

わたくしの思うに、ここがもっとも受け入れ難いところである。何しろ我々には自覚がない。もし仮に自分の先祖が大聖人に敵対する側だったとしても、自分自身がその責任を負う必要があるのかどうか、そこが甚だ疑問なのである。

おそらく日蓮系の教団は星の数ほど存在するだろうが、このような主張をしているのは顕正会だけなのではないかと思う。

これを顕正会の独自性・オリジナリティと言えば聞こえはいい。ただ、これでは世間の支持はまったく得られないはずで、今のように熱心に折伏を続けていればいちおう数的には伸びるものの、いつまで経っても実数は増えないのではないか、ようはメジャーにはなり得ないのではないか、というのがわたくしの観察である。

むしろ報恩抄の次の御文をよく拝するべきである。わたくしの記憶が正しければ、平成九年の一国諫暁の頃は浅井先生もよくこれを引用していたはずである。

謗法はあれどもあらわす人なければ国もをだやかなるににたり。

ところがである。浅井先生が予言めいたことを言うと悉く外れるのだ。つまりは浅井先生のシナリオ通りには事が運ばない。

これを言い換えると、現証が伴なわない、ということになる。

これをどのように説明するのかが難しいところで、一つには顕正会そのものが邪教だからということになるだろう。顕正会が謗法なのだ。謗法が謗法をあらわす? わらわすなよ、という話である。ゆえに顕正会が自らの非を認めて仕切り直しをするならば、そこでようやく現証が伴なってくるのかもしれない。まさに本気度が問われている。今のままダラダラとやっているようでは何も変わらないということだ。

話を戻して、現代人に対して七百年前の大罪がどうのこうのと言ったところで、どうにもならない。むしろ現時点における問題を直視するべきであって、創価学会の極限の大謗法が国を危うくすると思うのならば、それをとことん追求すればいいのである。神の国云々もしかりである。

ただし、たぶん浅井先生も承知はしていると思うのだが、国家レベルの話ではなく個人レベルの話のほうが実は強いのである。ようは人々にとっては自分の幸福が最大の関心事であるからして、そうした方向性の功徳の体験などが弘通のカギを握っているわけである。

実際、創価学会の折伏大行進時代はそうした個人の幸福にスポットが強く当たっていたわけであり、下世話な話のようだがきわめて俗的な御利益を求めて多くの人が入信してきたという現実がある。

結論めいたことを書こう。

いちおう当時の創価学会は日蓮正宗の信仰を真面目に実践していたわけであり、それゆえに多くの人が功徳をいただいていたわけである。翻って顕正会はどうかであるが、今の顕正会は正しい信仰をしているとは言えない、よって功徳がない、だから伸び悩んでいる、となるだろう。

話が脱線してしまったような感じだが、思いつくままに書いたのでご容赦願いたい。

2018/10/31  17:02

投稿者:沖浦克治
 今晩は、皆様方。

 相も変わらず功徳が書けませんね。
 一体何のための信心でしょう!

 大聖人門下の創価人である私は、御書の教えに従って今日も功徳を書きます。

 頑張れ法華講!!!

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1273296799478482&set=gm.962787490598958&type=3&theater

2018/10/31  16:20

投稿者:日蓮
宗派を作った覚えはないけど...

2018/10/30  21:32

投稿者:沖浦克治
今晩は、皆様方

 タイトルがクドクガナイで、皆様は功徳が書けなくて創価学会員の私だけが功徳を書いて、

 大聖人に呪われているなどとも書かれて、誰も反論できなくて、

 もう、日蓮正宗、
 
 辞めたら????

 こんな情けない宗派やる意味あるの???????

2018/10/29  15:21

投稿者:日蓮
私は呪ってないけど...

2018/10/27  17:14

投稿者:沖浦克治
 皆様方、折角お題目を私と同じご本尊に唱えているのです。

 信心の功徳書きましょう。
 ありもしない戒壇本尊本懐なんサッサと捨てましょう。
 
 私は功徳を書きますよ!!

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1271503022991193&set=pcb.961384467405927&type=3&theater&ifg=1

2018/10/27  12:32

投稿者:ヤメケン
浅井説によれば、大聖人は祟り神となりこの日本国民を呪っている状況です(*^_^*)

もはや原発再稼働の件などは小さな事で、自身のシナリオと異なる事は認めたくない裸の王様の先生です。

長男を失脚させ、表社会から抹消し、長女婿を家から追放。。

国家云々の前に浅井家が自界叛逆じゃん😸

2018/10/27  8:05

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 戒壇本尊に対する私のスタンスです。
 何度も書いていますが再度書きます。

 先ず戒壇本尊否定ではなく、戒壇本尊本懐とそれにまつわる特別論を否定しております。
 
 戒壇本尊は紛れもなく大聖人御図顕の本物のご本尊です。

 誰が書写したのか?
 時代は何時か?
 書写は在家によるか、あるいは出家によるか?

 これらは些事に過ぎません。
 そういう事に関係なく、大聖人のご本尊は力用があります。
 あの謗法の真っただ中に安置されている戒壇本尊。

 それであっても、同じご本尊です。
 その証拠に、拝むならば、私が仏間にご安置してある創価の御形木ご本尊と同じ力用が立派に出ます。

 ですので、戒壇本尊は大聖人御図顕の本物のご本尊。
 
 以上です。 

2018/10/26  8:13

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 『夫信心と申すは別にこれなく候、妻のをとこをおしむが如くをとこの妻に命をすつるが如く、親の子をすてざるが如く子の母にはなれざるが如くに、法華経釈迦多宝十方の諸仏菩薩諸天善神等に信を入れ奉りて南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを信心とは申し候なり、しかのみならず正直捨方便不受余経一偈の経文を女のかがみをすてざるが如く男の刀をさすが如く、すこしもすつる心なく案じ給うべく候、あなかしこあなかしこ。』
 (妙一尼御前御返事)

 書いてあるじゃないですかね。

 本門戒壇の大御本尊様が〜〜〜〜!!
 ご法主上人猊下様が〜〜〜〜〜〜!!
 本門戒壇建立が〜〜〜〜〜〜〜〜!!

 そんなのありませんよ。

 本来信心とは単純なものです。
 皆様方あh複雑にしてしまっています。

 挫折する、祈る、叶う‼️

 何処まで行ってもこれだけです。

2018/10/25  19:11

投稿者:沖浦克治
皆様方今晩は。

 何故皆様方は、ここまで完膚なきまでに破折されている戒壇本尊本懐と、日興さん唯受一人をすてられないのですか?

 御書に明確であっても、御書より日寛さんを支持する。
 これは本末転倒です。

 今後は日蓮門下と名乗らず、日寛門下となさるべきです。

2018/10/24  22:59

投稿者:沖浦克治
巌虎さん、今晩は

>これをどのように説明するのかが難しいところで、一つには顕正会そのものが邪教だからということになるだろう。顕正会が謗法なのだ。

 顕正会だけが邪教なのではありません。
 戒壇本尊本懐と、日興さんの唯受一人を採用する宗派は全てが邪教なのです。
 何故なら、その両方は全く根拠のないものであって、義経がジンギスカンになった程度のレベルです。

 『若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構へ申す間邪教とは申すなり、』
 (祈祷抄)

 証拠を全く提示できず唯々戒壇本尊と日興さんを唯一として振りかざす醜態を、大聖人は邪教と断じておられます。

 ですので、早急にそれらを捨て去るか、若しくは内部規定として満足するか、どちらかしかありません。

 以上、御書に基づいて事実だけを提示致します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ