2019/2/10

アマネク  
マイケル氏から繰り返し質問が寄せられているので、今日はそれについて思うところを述べたい。

ペットとして、飼われている犬や猫

野良犬、野良猫その他動植物

境界線を引いてるのは、私達人間じゃないですか。
生きとし生ける「命」やのに、何故一方は塔婆を立てて一方は立てないのか。

先祖代々って言いますけど、先祖をず〜っと辿っていけば、それこそ膨大な人数がいる訳じゃないですか。

その先祖に対しては、塔婆を立てなくていいんですかね?
(簡単に言えば、直近の先祖だけ塔婆供養しなくちゃいけない理由が知りたいという感じです。)


マイケル氏はかつて日蓮正宗の信仰をしていた。すると朝晩の勤行を実践していたはずである。その勤行のいちばん最後に読み上げるのが、乃至法界平等利益云々である。

すでにこの時点で境界線云々は否定されることになるだろう。

いわゆる屠畜場では定期的に供養が行なわれている。もちろん日蓮正宗の立場からすれば他宗他門の坊さんが御経を読んでも意味がないことになるわけだが、それはさておき一般的な見地からしても我々にはすべての生き物に対する敬虔な気持ちがあって、何もペットだけを尊んでいるわけではないのだ。あるいは食事の時にいただきますと言う。丁寧な人は両手を合わせる。まさに目の前の牛や豚や鳥などの命に対して手を合わせているのだ。さらに広く捉えると、動物だけではなく植物に対してもいただきますと言っていることになるだろう。

こうした考え方は、いわゆる仏教思想における不殺生戒が背景になっているらしく、西洋人の場合はやや感覚が異なるようである。

捕鯨の問題がわかりやすい。あるいはイルカでもいいだろう。わたくしはイルカを食したことがある。
ところが西洋人はこれらに対して、可哀想だからやめるべきである、と言っているらしいのである。
そこで日本人側からは、だったら牛や豚や鳥は可哀想ではないのか、みたいな反論が発せられるわけだが、これに対する西洋人たちの反応をわたくしは知らない。

話が脱線してしまったようである。

ともかく乃至法界平等利益が答えであって、個々の塔婆を立てる立てないは些末な話である。あるいは、ペットの塔婆を立てることはそのペット一匹だけの功徳ではなく、その周辺にも功徳を及ぼすことになる、という考え方もできる。有名な中興入道御消息の御指南を思い起こすべきである。

去りぬる幼子のむすめ御前の十三年に、丈六のそとばをたてゝ、其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕はしてをはしませば・・・

あえて続きの御文を省略したが、あとはマイケル氏の信心に委ねるのみである。御書を紐解いてしっかりと拝読するべきだろう。

直近の先祖だけ塔婆供養しなくちゃいけない理由が知りたい・・・

単純な話である。人間は感情の生き物である。先ほどのペットの話も同じである。ようは自分の両親だとか祖父母など身近な存在に対しては特別な感情を懐く。しかし、それがたとえ直系だったとしても会ったこともないヒイジイチャンだとかヒイバアチャン、さらにはその何代も先となれば特別な感情など懐きようがない。それが普通だろう。

おおむね結論は出ただろう。あとは関連すると思われる御書を紹介しておく。

六道四生の衆生に男女あり。此の男女は皆我等が先生の父母なり。

これはまさに仏の知見であり、凡夫には実感の薄い話である。ようするに、世の中には男と女がいる、これらすべてが父であり母なのだ、という話なのだ。

願はくは此の功徳を以て普く一切に及ぼし、我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん

法華経の言葉であるが、大聖人はこれを弘安二年の出世の本懐を御遂げになる、その前後において引用あそばしている。

しょせん凡夫は自分のことしか考えていない。もちろんわたくしもその一人である。けれども近親者の追善回向くらいはするだろう。差し当たってはそれでいいのである。それがやがては普く一切に波及することになる。大聖人の仏法にはそれだけの力があるのだ。

マイケル氏が拙ブログないしその周辺に留まっているのは、一つの求道心のあらわれではないかと思う。

2019/2/11  11:40

投稿者:名無し
マイケルさんへ

退転と退転者の私なり定義を書かせていただきます。

退転とは、一度は戒壇の御本尊様を信じ戒壇の大御本尊様に疑いを起こし誹謗し十四誹謗、五逆罪を犯す事
十四誹謗、五逆罪を犯し無間地獄逝きが確定した輩に限って退転者と呼ぶべきと思っております。

大聖人様御在世の三位房、大田親昌、長崎時綱、大進房
日興上人身延離山の原因となった波木井実長
近年では戒壇の大御本尊様を誹謗するようになった池田大作および創価学会、犀角独歩などが該当します。
日興上人門流を否定し戒壇の大御本尊様を誹謗し、自身の命を根本の本尊とするなどとわけのわからんことぬかす沖浦克治も退転者であり大謗法者であると確信しております。

思考停止した馬鹿な組織信仰者が、ちょっとでも組織の疑問を問えば信心が足りない、軽々しい勧誘活動を注意すれば十四誹謗五逆罪、嫌気がさして組織と距離を置けば退転と決めつけて言います。
この言動行為は、無慈悲で、思慮が足らず、人を組織の思い通りに押さえつけるためのゲスな行為だと思っております。

私は、マイケルさんであれば休眠中の信徒さん、ソロ活動中の信徒さんとお呼びするのが適切だと思っております。

私は、『罰』『退転』『五逆罪』『十四誹謗』のワードは軽々しく使いません。相手に絶縁、三行半を突きつけるに等しいワードだと思っているからです。
そして組織への従順を強要する脅し文句で使う馬鹿な組織信仰者は軽蔑します。

ですからマイケルさん自身の事を退転者などと卑下せず休眠中の信徒とかソロ活動中の信徒として軽くかまえていづれやり直せる道を残しておくべきだと思います。


2019/2/11  6:53

投稿者:マイケル
2016/5/31 10:15 投稿者:沖浦克治

 私は祈って戦って、ユーチューブをはじめたら1万アクセスが来るような有名人となります。

 それが自身の戦いは必要なのです。

 現在動画配信は自分のフェイスブックで行っておりますが、3千〜4千のアクセスがございます。

 ユーチューブは更に世間へ開かれたソースで。
 とりあえずの1万は可能だと思っております。

 今年中にそういう戦いを開始いたします。

 創価学会員の底力を見せてあげますよ。

https://white.ap.teacup.com/ganko/2245.html

沖浦さんって、YouTuberだったんですね。
“創価学会員の底力”とやらを、期待しています。

2019/2/11  6:44

投稿者:マイケル
>祈って、祈って強くおなりなさい‼️

創価学会が賞賛の「とろサーモン」 “入信は高校卒業後”久保田の母語る

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02060559/?all=1

超有名人、久保田さんに言ってあげて下さいwwwwwwwwww

2019/2/11  6:41

投稿者:マイケル
他人にはチョー厳しく、自分にはチョーーー甘いwww

立憲民主党・辻元清美氏に外国人献金問題 辞任否定の「大甘」対応に批判が噴出

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12272-186199/

連鎖反応的に、どっかの誰かさんを思い出したwww

2019/2/11  6:40

投稿者:沖浦克治
させて頂きたいとか、ダメですね、

こうする!
ああなる!

行者ですよ、大聖人門下は。

何故自分自身の人生を他人に任せますか?

祈って、祈って強くおなりなさい‼️

2019/2/11  6:36

投稿者:沖浦克治
ご本尊を信じるこたは信心の最初の段階です。

本気で信じて行じると自分自身が大聖人と寸分違わない仏であることが分かる時が来ます。

そこからが本当のスタートなんです。

2019/2/11  6:32

投稿者:沖浦克治
無名さん、おはようございます🎵

お題目は凄い力を自分自身から引き出す最大最高のキーワードなんです。

貴方も愚痴ばかり書いていないで、本気で信心して体験なさい。

人生かわりますよ。

頑張りましょつね。

2019/2/11  6:31

投稿者:マイケル
名無し様

おはようございます。

>純粋に素直な気持ちで戒壇の大御本尊様を信じられるようになり、『広宣流布のお手伝いさせて頂きたい一生成仏させて頂きたい』

言葉では言い表せなかったことを、ズバリ指摘して下さり
有難うございます。

僕を含めた「退転者」が、御宗門で信心を始めるにあたり
願っていた事が、ここに尽きるんじゃないかなぁ・・。

退転者だって、自分だけが幸せになりたい!とか、お金持ちになりたい!
とか、そんなどーでもええ理由で退転したんじゃないと
思うんです。

現在足かせとなっているもの、それが御宗門で信心を始めても
なかなか取れなかった。

その上で折伏や御供養、登山・・etcに追われ心身ともに追い詰められ、
止む無く離檀せざるを得なかった。

「願いとして叶わざるなし」

それを実感出来なかったからこそ、戒壇の大御本尊様を信じられ
なくなるんじゃないかなぁ・・・。

純粋に、素直な気持ちで信心したいでもそれが、
なかなか上手くいかない。

僕以外の方にも、是非ご意見をお聞きしたいです。

2019/2/11  6:17

投稿者:沖浦克治
ガンコさん、おはようございます。

昨日は朝の8時前から役員やって、大会が終わったのが夜の8時。

直ぐに移動して、つくば駅側のホテルの会議室で世界ベンチの打ち合わせやりました。
終わったら11時前で自分の泊まっているホテルに着くと11時回っていました。

道中コンビニで買ったお弁当二つ食べて休んで、今起きたところです。

7時半にはチェックアウトで会場に行きます。

多忙の中にこそ安らぎがあります。

功徳ってね、本当にドンドンでるんですよ。

社会で見捨てられていた私がこんなに活躍出来る‼️

お題目って凄まじいです。

2019/2/10  20:53

投稿者:名無し
マイケルさんへ

>どうしても経済的な側面から、塔婆供養というものを
捉えてしまっていて、仏法上の意義という視点がなか
ったように思います。

今の日蓮正宗が破門団体に誹謗中傷される『登山、供養が多すぎる』が完全なデマ中傷ではないですから経済的側面捉えてしまうのは仕方ないかと思います。

また気持ちと志をまず大切にすること、意義などをしっかり伝えることを怠って、自分の体験や功徳を押し売りして供養をやたら勧める輩が多いのも事実です。
一生成仏はお金で得るものではありませんし、日蓮大聖人様はお金で功徳に差をつけるようなケチな仏様ではありません。そんなケチな仏様ならこっちから願い下げですww

純粋に素直な気持ちで戒壇の大御本尊様を信じられるようになり、『広宣流布のお手伝いさせて頂きたい一生成仏させて頂きたい』と、人や組織に影響されず自発的に発心できるように指導育成しないで、供養を勧められても供養で幸福を買うような感覚の間違った信心が産まれるのだと思います

法華講員の皆が日蓮大聖人様戒壇の大御本尊様に対して本当に有難い気持ちを持って真心の御供養する姿があるならば、破門団体の誹謗中傷もマイケルさんように悩む事も無くなるはずなのです。
現実は法主のレガシー作りによる無駄使いと無理なノルマに苦しむ真面目な信徒さんの姿です。
だから私は不良信徒として供養をお断りするのです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ