2019/2/16

ギュウギュウヅメ  
顕正新聞第1463号を見ていこう。

第一面は合計十三枚の写真を使って元旦勤行の様子を伝えている。まずは右下の三つの写真について感想を述べたい。本部会館二階の第一集会室で三者それぞれが浅井先生に新年の挨拶をしているのだ。

女子部最強を印象付ける写真である。

三者とは男子部女子部婦人部の三つの組織のことで、それぞれが別々に集合して浅井先生を迎えるような格好である。入れ替わる時間を考えると、けっこう面倒臭いことだが、それはともかく三つの写真を眺めると明らかに違いが存するのだ。

畳の空きスペースを見ると、女子部はギュウギュウヅメ、男子と婦人はそれほどでもない。つまり、人数が違うのだ。

さらに言えば、かつては壮年部が存在した。ゆえに旧の四者体制に戻せば、男子部壮年部はスカスカ状態になる。あるいは単純に男女別にすると、掲載されている男子部の写真はそのままで使える。そして女子部婦人部の連合軍は、想像するだけでも凄いことになる。まさにスシヅメ状態だ。

先生の「年頭ご挨拶」のビデオ放映に感動がたぎる。盛岡会館(右)と秋田会館(左)

左下には二列三段で六つの写真が掲載されている。中段の二つの写真にはご覧のような説明があるわけだが、わたくしには甚だ疑問である。ようするに盛岡会館を左に配置するなり説明文を逆にするなりすれば自然のはずなのである。つまり、そのようにすればわざわざ右とか左などと書く必要はないのだ。それとも何か特別な理由があるのだろうか?

さて、二面から三面には元旦勤行における浅井先生の御挨拶が掲載されている。

 ここに顕正会は自然と、御遺命に背き奉った細井日達・阿部日顕が書写した本尊ではなく・・・

これはウソである。この点はハッキリと言っておかねばならない。

ごく単純に、解散処分直前までは妙縁寺で御授戒を受けていたはずであり、当然、御本尊も妙縁寺経由で授与ないし貸与されていた。ゆえに今となっては希少な存在ではあろうけれども、妙信講員の中にも日達上人御書写の御本尊を頂戴している人がいるわけである。
あるいはそれ以降、おそらくは平成十年ごろまでのことだろうか、創価学会や法華講から移籍してくる人たちは、その多くが日達上人ないし日顕上人の御本尊を携えてやってくるのである。それを顕正会では肯定していたのだ。
ところがここ十年ないし二十年くらいは返納が普通になってしまった。顕正新聞を調べれば一目瞭然である。逆に平成十年以前においては返納云々の記事がほとんど見当たらないと言っても過言ではなく、つまりはこの頃に方向転換したわけである。

自然と・・・

再掲である。浅井先生は解散処分を経て自然とそのようになったかのごとく言っているが、事実は上述のごとくであるからして、これは許し難き変節であり、かつまた歴史の改竄なのである。

 日本は世界で初めて広島・長崎に原爆を投下された国・・・

拙ブログではすでに何十回も指摘していることだが、浅井先生の始めてと初めての使い分けには何か法則性があるのだろうか?

 いよいよ本年、三百万への死身弘法を大きく進め、全員で二〇年代の決戦場に馳せ参じ、何としても大聖人様に応え奉ろうではありませんか。

締め括りの一節である。そして同時に今回の浅井発言における最大の問題点である。

三百万と決戦場の関係性がわからないのだ。

三百万は数値目標である。その数字を達成するために前進していく。ゆえにいつかは到達できるものだと思う。
決戦場は場所である。そして二十年代を云々してしまっている。ゆえに必ずその時がやってくる。
しかし、決戦場の時期はすぐそこまで迫っているにもかかわらず、三百万のほうは十年以上先のことだと考えられるのだ。まるでわけがわからん話である。

つまりはデタラメなのである。

決戦場云々は顕正会が勝手に言っていることであって、そこが本当に決戦場なのかどうかはわからない。三百万云々にしたって、過去の目標値を調べれば一目瞭然であって、ようは下方修正の繰り返しなのである。ゆえに信用に値しない。

結局のところ、会員の士気を鼓舞するためには当面の目標を掲げないといけない。ゆえに浅井先生としてはその都度、場当たり的に見栄えのいいことを言うしかないのだろう。その繰り返しなのである。

2019/2/17  10:11

投稿者:名無し
マイケルさんへ

どっかの誰かさんとは私でなければ、日興上人門流を否定し戒壇の大御本尊様を否定する創価ガッカリさんを破折もせず諂って逃げたトチ狂った老害さんの事ですか?

破門団体破折(私から見れば誹謗)の為に、戒壇の大御本尊様を法主の血脈を武器に散々言いたい放題のクセに、教学で勝てそうにないと判断するや自分の保身ために逃げ諂うトチ狂った老害さんですか??

信心ある者はたとえ教学が無くとも戒壇の大御本尊様の盾となって破折する。
戒壇の大御本尊様を印籠や錦の御旗にして、卑怯で無慈悲な誹謗中傷は絶対しない。

最近ではパチンコにご満悦の姿を功徳と称してブログに掲載するような方を大寺院から引き抜かれたようですが菩提寺に迷惑がかからないかなんて思慮もできないんですかね(笑)

最近の破門団体の流行は、宗務院への通報、末寺の指導教師への通報のようです。通報されて大目玉くらわないとわからないんですかね(笑)

2019/2/17  9:38

投稿者:名無し
創価ガッカリさんへ

>『信は理を求め、求めたる理は信を深からしむ』
 戸田先生のお言葉です。
 信と学の関係が凄く明快に明かされています。

戸田二代会長のおっしゃる信とは、日蓮大聖人様戒壇の大御本尊様であります。
日興上人門流を否定し戒壇の大御本尊様を誹謗して、自身の命を根本の本尊するあなたの信とは全く別物です。
日蓮大聖人様戒壇の大御本尊様を信じ貫かれ、宗門に多大な赤誠を尽くされた戸田二代会長が、今の変節して邪教化した創価学会をあなたをどう思われるか考えたほうがよろしいのでは??

2019/2/17  9:13

投稿者:マイケル
>オリンピックは勝つことよりも、参加する事に意義がある。

https://ja-jp.facebook.com/groups/822164341259374/



>勝者である私が敗者のあちらへ直接かける言葉はございません。

>私たち人生の勝負師には原則がございます。
>勝者が敗者へ直接かける言葉はございません。

https://white.ap.teacup.com/ganko/2273.html?b=20#comment

2019/2/17  8:56

投稿者:マイケル
>私の生徒達〜トレーニングを教えた事があるとの意味です〜も出ています。

https://ja-jp.facebook.com/groups/822164341259374/

あ〜、そういえばここで「生徒」「生徒」と連呼して
ましたけど、「トレーニングを教えた事がある」って
意味だったんですね。

2019/2/17  7:49

投稿者:沖浦克治
名無しさん、おはようございます。

 『信は理を求め、求めたる理は信を深からしむ』

 戸田先生のお言葉です。
 信と学の関係が凄く明快に明かされています。 
 更に、

 『されば過去未来を知らざらん凡夫は此の経は信じがたし又修行しても何の詮かあるべき是を以て之を思うに現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん。』
 (法蓮抄)

 修利槃特の逸話は私どもが戒めとお手本とすべきものです。

 『しかれども人のつかひに三人あり、一人はきわめてこざかしき、一人ははかなくもなし又こざかしからず、一人はきわめてはかなくたしかなる、此の三人に第一はあやまちなし、第二は第一ほどこそなけれどもすこしこざかしきゆへに主の御ことばに私の言をそうるゆへに第一のわるきつかいとなる、第三はきわめてはかなくあるゆへに私の言をまじへずきわめて正直なるゆへに主の言ばをたがへず、第二よりもよき事にて候あやまつて第一にもすぐれて候なり、』
 (衆生身心御書)

 『第二は第一ほどこそなけれどもすこしこざかしきゆへに主の御ことばに私の言をそうるゆへに第一のわるきつかいとなる、』
 
 この御文を常に警句として生きねばなりません。

2019/2/17  7:00

投稿者:マイケル
名無し様

修利槃特のお話、しっかり拝読させて頂きました。

恐らく僕を含めた、障害を抱える人間は「過去世の罪障」
について、考える部分が大きいのかもしれません。

宿業が、今世で「結果」として現れた。
その「原因」とやらが、思い浮かばない。
分からない。

僕個人としては、そこが滅茶苦茶辛いですね。

2019/2/17  6:44

投稿者:マイケル
名無し様

おはようございます。
お疲れ様です!

>どっかの誰かさんとは私の事でしょうか??

名無し様ではありません。
そう、あの御方です(笑)

後は・・ご想像にお任せしますw

2019/2/16  22:55

投稿者:名無し
マイケルさんへ

>教学力は、どっかの誰かさんとは比べもんにならない位、凄い。

どっかの誰かさんとは私の事でしょうか??
書籍を読むことが苦手で不勉強家なので否定は致しません。

教学よりも戒壇の大御本尊様への信、信心の姿勢、人への慈悲や思いやる姿を立派な先輩や同志から手本として習うことの方が大事と感じております。
仏法は御本尊様を信じ祈りきっていく中で、日々生活の中で体験を通して深まって自ずと教学も身についていくものです。

学校の勉強のように暗記や知識の詰め込みを教学と勘違いして慢心する信心の薄い馬鹿は沢山見てきました。
そういう輩に限って、自己顕示欲のまま勧誘活動に走り、教学には暗いが御本尊様を純粋に信じ健気な方を馬
鹿にしたりしていました。
私が手本習いとした先輩や同志にはこのような信心の薄い知識自慢馬鹿はいません。

御本尊様の相藐を話題にして物扱いするようなブログ主をはじめ大沢氏などは知識上の教学はあるのでしょうが
信心があるのか疑ってしまいます。

私は罪障深く、三世を見通すことができず、三毒の命が強く愚かで馬鹿で心の弱い凡夫です。
こんな頭の悪い私でも卑下せず健気に信心を貫く励みとさせて頂いたお話があるのでUPしておきますのでよかったらご覧になってください。

https://www.facebook.com/EnjyujiBranch/posts/%E4%BF%AE%E5%88%A9%E6%A7%83%E7%89%B9%E3%81%99%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%8F%E8%BF%A6%E9%99%B5%E9%A0%BB%E4%BC%BD%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B3%E3%82%93%E3%81%8C%E5%A3%B0%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%B3%95%E8%A9%B1%E9%9B%86%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BF%AE%E5%88%A9%E6%A7%83%E7%89%B9%E3%81%99%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%B1%E3%82%92%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E9%87%88%E5%B0%8A%E3%81%AE%E5%BE%A1%E5%BC%9F%E5%AD%90%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A7%E5%8D%81%E5%85%AD%E7%BE%85%E6%BC%A2%E3%81%AE%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E4%BF%AE%E5%88%A9%E6%A7%83%E7%89%B9%E3%81%99%E3%82%8A%E3%81%AF/466423793520361/

2019/2/16  21:34

投稿者:マイケル
名無し様

このブログって、コメント数がめっちゃ多いじゃないですか(笑)
多分、主様も見落としちゃう事があると思うんです。

そんな時は、繰り返し質問されてみてはいかがでしょうか。
何度かスルーされた事はありますけど、僕の場合は殆どご回答頂いています。

御書を何度も、通読されていると伺っています(←ここ、朧気ですみません)。
教学力は、どっかの誰かさんとは比べもんにならない位、凄い。

2019/2/16  20:43

投稿者:名無し
マイケルさんへ

質問に答えないのでつまらないブログ主に顕正会をあてつけて煽ってらっしゃるのかと思いました^_^;

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ