2019/2/17

ザックバラン  
今日はざっくばらんに顕正新聞の続きを見ていくつもりだが、昨日の拙稿で示した三百万と決戦場の関係性については、図らずも総男子部長が答えを書いてくれているようである。

いよいよ三百万を一気に成す体制を構築してまいらん・・・

わたくしの指摘は、三百万が十五年後に達成されるものだとすると、二十年代の決戦場とはいったい何なのか、というものである。しかし、上掲のごとく、三百万が一気に達成されればツジツマは合うわけで、三百万=決戦場、という等式が成り立つ。

ただ、おそらくはすでに同様のことを繰り返し書いているはずだが、現実的には難しいだろうと思う。なぜならば今までだって下方修正を繰り返してきたのである。ゆえに今後もそう大きくは変わらないだろう。

 そこに、宗門と仲間割れするや、たちまちに戒壇の大御本尊を捨て奉った池田大作・・・

同じく総男子部長であるが、わたくしはこのくだりに違和感を覚えた。

昨秋、学会員を救う特集号の決定版が出された。そこで言っていることと上掲にはかなりの隔たりがあるように感じられるのである。決定版には三段階云々の記述がある。その第一段階は正本堂が完成する数年前のことだとしているのだ。浅井先生によれば、池田大作氏はそこから四十数年の歳月をかけて創価学会員に戒壇の大御本尊を捨てさせたのだそうである。

だったら上掲はおかしいだろう。

わずか数ヶ月前に言っていたことと今言っていることが、これほど食い違う例もめずらしい。行き当たりばったりにも程がある。今や顕正会は矛盾だらけになってしまい、まったく収拾がつかないようだ。

同様の発言を副総男子部長の一人もしている。あれ? ひょっとしたら? と思って十二月度総幹部会の会長講演を確認してみたところ、案の定、それは会長講演からの受け売りだった。

 しかるに池田大作は、宗門との仲間割れが始まるや、たちまちにこの戒壇の大御本尊を捨て奉った。

これが会長講演である。拙ブログではすでに当該講演の話題を書いているわけだが、ウッカリとこの部分は見過ごしてしまっていた。しかし、男子部の大幹部たちのお蔭でこうして気がつくことができた。感謝申し上げたい。

いよいよ浅井先生も焼きが回ってきたようである。

ようするに、決定版を謳っているのは九月度総幹部会の会長講演をベースにした特集号であり、上述のごとく三ヶ月後の総幹部会ではまるで違ったことを言っているのである。

また、ある意味ではそれを男子部の大幹部たちが増幅させてしまったことになる。いわば先生の恥を隠すのではなく、晒してしまったわけである。何しろわたくしは彼らの記事を読むまでウッカリ気がつかずにいたのだ。ゆえに彼らが書かなければわたくしは気がつかず、よってこうしてブログに書くこともなかったのである。その意味で彼らは不肖の弟子たちであり、そのうちの一人は親不孝者である。

では、どちらが正解なのか、それを書いておこう。

単純化すると、三段階説とたちまち説の二つがある。このどちらが正しいのか、という問題である。別の表現を使うと、用意周到説と行き当たりばったり説、である。答えは一目瞭然だろう。

ようは後者が正解である。しょせんは凡夫なのである。凡夫には未来がわからない。浅井先生も凡夫であるからして今回のような矛盾を生ずるし、池田大作氏もしょせんは凡夫に過ぎないので似たり寄ったりなのである。
もちろん創価学会という大組織を運営するに当たっては長期的視野が必要であり、池田氏の公式非公式の発言を拾っていけばそうした遠大な構想のようなことが語られているのも事実である。
しかし、現実にはさまざまの要因があって、必ずしも思うように事が運んでいるわけではない。繰り返し言うが、それが凡夫なのである。

すでに触れているように、このことは浅井先生もまったく同じである。ところが今の顕正会は浅井先生をほとんど本仏であるかのように扱っている。これが返ってアダになることは目に見えている。人間は必ず間違えるのである。それを無謬のように錯覚しても、しょせんは錯覚に過ぎないのだから、いつかは化けの皮が剥がれる時が来る。

浅井先生は広宣流布のゴールが近いことを繰り返し言っているけれども、むしろ化けの皮の剥がれる日のほうが早いのではないかと、そんな気がする今日この頃である。

2019/2/21  7:49

投稿者:マイケル
https://www.facebook.com/groups/822164341259374/permalink/1248216541987483/

↑「その強さを支えるものが、創価の信心‼️」
を、ここではカットしちゃったんですね(笑)

創価の信心って、そちらではアピール出来ないんですか?ww

2019/2/21  7:36

投稿者:マイケル
昨日は旗門不通可で失格でした。

https://www.facebook.com/groups/822164341259374/permalink/1246981435444327/



>勝者である私が敗者のあちらへ直接かける言葉はございません。

>私たち人生の勝負師には原則がございます。
>勝者が敗者へ直接かける言葉はございません。

https://white.ap.teacup.com/ganko/2273.html?b=20#comment

創価の信心は、凄いですね。

2019/2/21  7:34

投稿者:沖浦克治
おはようございます。

 ご本尊の事です。

 ご本尊は方便だと書きました。
 本当はこの世で生きている私共も方便の姿です。

 釈迦が法華経で書いています。

 方便現涅槃

 人生は夢の中ですね。
 悪夢でうなされるより。希望持って夢追いかけた法が素敵です。

 我ながら良い人生です。
 創価の信心は凄いですよ。

2019/2/21  7:04

投稿者:マイケル
>高齢化社会では、強い年寄りには大きな社会的ニーズがあるようです。

年齢を重ねると肩やひざ、腰に悩みを抱える人が増えます。症状を改善すべく、専門家へ相談するのは至極当然の事。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190213/index.html

強いから云々ではなく、圧倒的多数の方は専門機関、
専門家(理学療法士、鍼灸師)へ相談されるのでは
ないでしょうか。

医師や理学療法士、鍼灸師は皆筋力トレーニングを
行っている訳じゃないですから。

2019/2/21  6:55

投稿者:マイケル
>最近少し目眩がする事があります。

(中略)

最期の一杯は、2014年6月、世界選手権で優勝して、お祝いで頂いためっちゃ高いワインをコップ半分飲んで、気持ち悪くなった時でした。

>あの時目眩して、今回それとそっくりです。

https://www.facebook.com/groups/822164341259374/permalink/1247574542051683/

創価の信心云々以前の問題で、医師に相談したほうが良いと
思います。

2019/2/21  6:51

投稿者:マイケル
>その強さを支えるものが、創価の信心‼️

昨日は旗門不通可で失格でした。

https://www.facebook.com/groups/822164341259374/permalink/1246981435444327/

2019/2/21  6:38

投稿者:沖浦克治
おはようございます🎵

嬉しい出来事が連続しています。

スキー、スノーボードのチュンナップが倍以上になっていま
す。

レストレーション整体は3倍をこえています。

トレーニング指導の申し込みは倍以上になりました。

高齢化社会では、強い年寄りには大きな社会的ニーズがある
ようです。


その強さを支えるものが、創価の信心‼️

皆様方とご一緒に、頑張って世間に示してまいりましょう‼️‼️

2019/2/19  7:30

投稿者:マイケル
>そこに、宗門と仲間割れするや、たちまちに戒壇の大御本尊を捨て奉った池田大作・・・

会則の改正(創価学会)

https://www.oubaitori.com/blog/2015/01/post-391.php

中学卒業程度の読解能力があれば、何が正しい
のかご判断頂けるかと存じます。

>日蓮大聖人御自身が御図顕された十界の
文字曼荼羅と、それを書写した本尊は、
全て根本の法である南無妙法蓮華経を
具現したものであり、等しく「本門の本尊」

浅井先生が仰るように、戒壇の大御本尊様を
捨て奉った訳じゃない。

大聖人様が御図顕された御本尊様=「本門の
本尊」へ、修正しただけ。

学会の立場からすると、御宗門も身延も「大謗法
の地」にあるから、「現時点において」は受持の
対象としない。

でも「大謗法の地」じゃなくなった暁には、
受持の対象となる。

そういう事だと、僕は理解しています。
間違ってたら・・スマソorz

2019/2/18  9:44

投稿者:マイケル
名無し様

こんにちは。
お疲れ様です。

レス、有難うございます。
大変、参考になりました。

心より、感謝申し上げます。

2019/2/17  15:32

投稿者:名無し
マイケルさんへ

生活と仏道修行の中で御本尊様と向き合い賞罰の中で信は深まっていくものです。
功徳を感じ喜び有難い気持ちになりますし、仏法のすごさに感嘆しては仏法に縁できた宿縁に使命感に燃える気持ちでいっぱいになりますし、弱気になって御本尊様を見失いかけたこともありますし、慢心してゆるんでしまったこともあります。自身の気持ち行いの結果が賞罰となって表れ感じ、信を深めてまいりました。
宿業や罰の利益を理解できず御本尊様から離れた者も沢山見てきました。
『良いことがあれば信じ、悪い事があったら疑う』外に利益を求め、自身に答えがあることがわからない人ほど離れていきました。

『此の御本尊全く余所(よそ)に求むる事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり』

仏法はおすがり信仰ではありません。
自身の信力、行力と、御本尊様にまします仏力、法力と合致して四力成就し、自身の中に仏界が湧現し福運と生命力が湧き、悩みや不安に打ち勝ち強い自分に生まれ変わり幸福をつかんでいくのです。

『正直に方便を捨て但法華経を信じ南無妙法蓮華経と唱うる人は煩悩業・苦の三道・法身・般若・解脱の三徳と転じて三観・三諦・即一心に顕われ其の人の所住(しょじゅう)の処(ところ)は常寂光土(じょうじゃっこうど)なり』

煩悩業苦に負けて弱い気持ちなる時は本当につらいです。つらいときほどしっかりと祈り煩悩業苦に負けない強い自分に生まれ変わらせて乗り越えさせて頂くのが仏法なのです。
うまくいかないことを人のせい組織のせい御本尊様のせいにして逃げるのは簡単です。
強くなれない者が菩薩界のように自分を犠牲にして人救うなんてことはできませんし、仏界の生命の自利利他なんて到底無理でしょう。
答えはすべて自分の中にあるんです。しっかり祈りきって命に仏界を湧現させていただき福運と生命力を頂き強い自分に生まれ変わらせて頂きどんな困難も乗り越え一生成仏を遂げさせていただくのが仏法と確信することが信だと思います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ