2019/3/13

ワルアガキ  
二月度総幹部会を報ずる新聞が届いている。これがまたひじょうに興味深い内容で、今後の展開に目が離せないと思った。しかし、同時に思ったことは、これが顕正会の最後の悪あがきなのかもしれない、ということだった。

さて、続きを見ていこう。

 本年六月に学会の入門試験を受け、一応合格したのですが・・・

十二月度班長会の登壇なので、昨年の六月の意味である。登壇者は婦人部伊予支区の平会員であるが、ようはわりと最近まで創価学会に在籍していたわけである。さらに入門試験云々からも察せられるように、彼女は一昨年に創価学会に入信したという、七十一歳の人物である。

・・・わからない所を先輩に聞いても教えてもらえず、「もっと深く学びたい」との思いが込み上げ、御書全集を借りて一日じゅう、時間が経つのも忘れて読みふけりました。

前掲の続きの文章である。さらに次のように続いている。

 しかしいくら読んでも難解すぎて理解できず、どうしたものかと悩んでいたとき、広告文と・・・

広告文と特集号がセットで自宅に投函されていた、そこに記されていた連絡先に電話を掛けた、云々と。

そりゃあ、いきなり御書を拝読しても理解できないだろう。創価学会にはそれを教えてくれる先輩がいないのだろうか?
そもそも御書を借りるというのが不審な点で、入信した時点で真っ先に購入すべき書籍の一つが御書のはずである。この点、今の創価学会は御書を軽視しているのかもしれないと思った。
もっとも御書全集の発刊すら頓挫してしまう顕正会も、今となっては御書軽視は否めないところである。しょせんは浅井先生というフィルターを通してしか御書を学べないからだ。彼女はそこに疑問を感じないのだろうか?

ちなみにわたくし自身は今現在、平成新編を使わせていただいており、それは今からおよそ十五年ほど前に密かに入手したものである。それ以前から所持していたものはいわゆる創価学会版御書全集であり、今はどうだか知らないが以前は町の古本屋を探し回ればいくらでも手に入れることができた。しかも新古本とでも言うべきなのか、ほとんど傷んでいない良品があって、それでも五百円くらいで購入できた。

それから少し自慢話をすると、今現在は創価学会版の御書全集を複数所持していて、その一つは池田大作氏の名前がどこにも記されていないものである。このように書くと、昔からの法華講員ならばアレだと思うかもしれない。ようするに平成新編が発刊されるまでは創価学会版の御書から奥付などを取り外したものが法華講で流用されていたのである。しかし、わたくしの所持しているものはそれではない。つまり、池田氏が会長に就任する遙か以前の、初版ではないもののかなりそれに近い稀覯本を所持しているのである。

こういうことを書くから長くなる。

大聖人様がお待ちあそばす決戦場へと急がれる浅井先生に・・・

これは第四十二女子部長の記事である。その隣には婦人部町田支区組長の記事があって、次のような記述がある。

三百万をめざす広宣流布の戦いに・・・

急ぎ三百万達成に向けて戦い・・・


バカバカしいのであまり取り上げたくないのだが、おそらくはこれらのキーワードが顕正会の欺瞞を暴く意味で重要になってくるので、今後も引き続き注視していきたいと思う。

 されば、次の目標たる三百万を見つめ、御生骨が光り輝くその日まで、残りの人生のすべてをかけて・・・

同じ紙面の下段に載る女子部第二百区班長の記事である。年齢は八十一歳とのことだ。

この人の記事で注目すべき点は、まず昭和三十一年に創価学会に入ったことである。六十二年には脱会し、正信会に移籍したという。そして一昨年の二月に顕正会へと移り、今は班長の肩書きを持っているくらいなので、年齢を考慮すれば大変な頑張りようである。

自宅にあった細井日達書写の本尊への執着が自然と消え、無事に返納することができました。

いったいどこへ返納したのだろうか?

塔婆供養をしていた宗門末寺・専行寺に対し、顕正会で信心していくことを堂々と言い切る・・・

ご覧のような記述があるものの、当該寺院が返納先とは考え難い。おそらくは顕正会の本部に納めたのだろう。しかも上掲はやや不審である。ようするに正信会の寺院なのか宗門の末寺なのか、その区別がアイマイなのである。今の顕正会では十把一絡げに捉えているフシがあるけれども、ここはしっかりと区別すべきだろう。

いずれにしても昨年あたりから顕正会の方針に大きな変化が見られるようになった。宗門に対する方針である。その明確な宣言とも受け取れるのが二月度総幹部会の報道である。本当ならばすぐにでも取り上げるべきところだが、いちおう順番通りに読んでいくことにしよう。もっとも今の更新ペースだといつまで経ってもたどり着かないかもしれないが・・・

2019/3/19  18:00

投稿者:傍観者
>怨嫉謗法の意味わかって使ってます??


怨嫉謗法って何だよ?(笑)

そんな法門あるのか?
 
貴方の所の御住職はそんなこと教えてんのか?

御住職じゃなくて御主管だったか…。

御主管と言ったり御住職と言ったり、統一性がないですね。

2019/3/18  21:10

投稿者:ペー
>ホンマに辛かった。
>だからこそ、(苦しんでいる)現状から脱却したいと願
っている方とか、
>救いの手を求めている方の気持ちに、寄り添いたい。
>何とか、救ってあげたい。

>そんだけです。
>自分も、苦しんだから。


そのお気持ち、よくわかります。

こういう『冬』を経験しなければ、心の底から御本尊様を
求める機縁は、生じないのかもしれません。

共に、ガンバりましょう。
では。

2019/3/18  21:07

投稿者:名無し
相手にしないなら最初から何も書かないが当然
ちょっと注意されたぐらいで、脊髄反射で敵意丸出しで投げやりコメント痛すぎますよ
忠言耳に逆らうとはこのことですな

>誰かさんお得意の『怨嫉謗法』になるのでは。

怨嫉謗法の意味わかって使ってます??

2019/3/18  20:58

投稿者:ペー
マイケル様

これを以て、マイケル様からの疑問に対する投稿は、ひと
段落させて頂きます。

とにかく、三大秘法の御本尊様に唱題して、問題解決され
ていくことを願っています。

2019/3/18  20:54

投稿者:ペー
過去の投稿を読む限り、詳細はわかりかねますが、御供養
を申し上げない云々の御仁も、相手にしている訳ではあり
ません。
同様に、横槍は止めてください。

今回の「馬鹿」発言だけでなく、貴殿の「過激」な言葉遣
いに対して、快く思われない方がいらっしゃったのでしょ
う。

だからこそ、「本当に、法華講員なのですか?本当に、御
講へ参詣されているのですか?」と、疑問に思われた方が
いらっしゃったのも、無理はありません。

ちなみに、「冬は必ず春となる」等の御聖訓は、「今月、
全国の御講で拝読された御書」であるが故に、その投稿者
が問いて確認してきただけのことです。

簡単な確認事項ですから、御講へ参詣されているのであれ
ば、正答を事務的に返信しておけば、それで済む話です。

ところが、それを以て、投稿者の方を『馬鹿』と決めつけ
る行為は、如何なものでしょうか。
まさしく、誰かさんお得意の『怨嫉謗法』になるのでは。
(笑)

2019/3/18  20:24

投稿者:名無し
>過去の投稿を読み返すと、別の投稿者からの質問で『御
講』の拝読御書を答えられずに、御供養もお出ししない方
からの『感情論丸出し』の激アツ投稿ですね。(笑)

妙一尼御前御消息でしょ

初めから自称法華講と疑う馬鹿を相手しなかっただけのこと

御供養に関してはあなたと同様に宗門の問題を感じているところで菩提寺御住職に相談し了解を頂いています。

>『感情論丸出し』の激アツ投稿ですね。(笑)
ちょっと注意されたぐらいで敵意丸出し投げやり発言するあななたにそのままお返しします。

2019/3/18  19:54

投稿者:ペー
マイケル様

謝罪される必要は、全くございません。

未熟ながらも、私は御本尊様を信ずる信仰者として、マイ
ケル様がこのような不快な思いをされながら、日蓮正宗の
信徒を止めて、お下げされた御本尊を返納された事を、逆
に申し訳なく思います。

(このブログを全然読んでいなかった故に、本日急いで過
去の投稿を読み直した結果、そういう認識を持っておりま
すが、間違いがあればご容赦ください。)

「法華経を信ずる者は冬のごとし。冬は必ず春となる。」

過去世からの罪障等により、法華経を信ずる者には、
『難』『三障四魔』が競ってきます。

しかし、御本尊様を信じて唱題をしていけば、必ずや、
『転重軽受』のみならず、凡智では計り知れない御仏智を
授かり、悩みや苦しみの『煩悩』が『菩提』に昇華する境
涯→『煩悩即菩提』を得られます。

「病によりて道心はをこり候なり」と仰せの御金言通り、
苦しみや悩みを抱えた『冬』の時代を乗り越えた人だから
こそ、『春』の喜びを人一倍実感できます。

お知り合いの親切な御僧侶がいらっしゃれば良いのです
が、思い当たらなければ、報恩坊のトチロ〜さんにメール
を送ってみたら、如何ですか。

過去の投稿を読み返すと、厳虎さんの『信徒受け入れ』に
も、報恩坊のトチロ〜さんは尽力されたようです。
仮に、コミュニケーションを取っても、『相性』が良くな
ければ、その時点で『次の一手』を考えればいいんじゃな
いですか。

異流義の者が運営するブログにカキコミをしているだけで
は、何の解決にもなりません。
まず、自らが『行体』を確立することが大切ですよ。

好漢・マイケルさんの幸福を祈念します。

2019/3/18  19:29

投稿者:ペー
過去の投稿を読み返すと、別の投稿者からの質問で『御
講』の拝読御書を答えられずに、御供養もお出ししない方
からの『感情論丸出し』の激アツ投稿ですね。(笑)

「すべて本当の事だから、仕方ないじゃないですか。自業
自得です。」
『結論』は、そういうことです。

「臭いものに蓋」をして、「本質的な解決」をしようとし
ない。
宗門の悪しき『隠蔽体質』に加えて、『同調圧力』を掛け
る輩がいるからこそ、マイケルさんのような良心をお持ち
の方が、心を痛める結果となるのです。

自殺者まで出しているにも関わらず、『誓願』という名の
『ノルマ』や『暴力』『人事降格』を行使して、「80万、
やったどー!!」と言いたいだけの幼稚な役僧ども。

その悪態・悪行に対して、見て見ぬふりをするだけの腰抜
け坊主連中。

顕正会だけでなく、一般世間の人々から嘲笑されて、当然
です。このような『布教』のやり方は。

2019/3/18  18:55

投稿者:名無し
ペー様へ

はじめまして

現在、顕正会のキチガイ幹部が全国の寺院に法論(誹謗中傷、過去の事をネチネチ誹謗するだけ)しかけようしていることはご存知ですか??
ここであなたが書いた事を、誹謗の道具されることは考えられないのですか??
自分の組織が正しいの一点張りで話すだけ無駄な輩を相手にしなければならない御住職に御苦労ご負担をおかけになるとは考えられないのですか??(真面目で人柄のいい御住職に限っての話ですけどね)
私の所属する小さい菩提寺では、御住職と奥様と二人で朝早くから夜遅くまで年中無休寺院運営管理される苦労を思います時、余計な苦労を増やすべきではないと思っております。(大寺院やネットで有名な糞寺院はどうでもいいけど)
全国飛びまわされて苦労に苦労を重ねて急死された御住職の事例もありますよね。
問題は包み隠さず問題提起して、議論して、改善していくことは大変すばらしい事です。
しかし問題提起まで終わってしまえばただの愚痴
時、場所、場合に関係なくところ構わず書くのは人の迷惑を考えない自爆テロ
ここは少なからず顕正会員が観ているはずです。

2019/3/18  17:52

投稿者:マイケル
ペー様

何よりも先に、ペー様には謝罪しなければなりません。

https://6027.teacup.com/situation/bbs/67377

覚えていらっしゃらないかもしれませんが、
イベント折伏を黙認してしまったという、事実。

本当に、申し訳ございませんでした。
僕が、間違っていました。

このような僕に温かい言葉をかけて頂き、
感謝の言葉もございません。

このブログは「顕正会破折」がメインテーマです。

僕なんかがコメントさせて頂くと、それから大幅に
逸脱してしまいますから、控えますね。

http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/174/iv.html

↑この後(この中のどれか)、藁にも縋る気持ちで信心を始めた。

ホンマに辛かった。
だからこそ、(苦しんでいる)現状から脱却したいと願っている方とか、
救いの手を求めている方の気持ちに、寄り添いたい。
何とか、救ってあげたい。

そんだけです。
自分も、苦しんだから。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ