2019/3/25

ヤマイコウコウ  
顕正新聞第1465号を見ていこう。

 定刻を一時間、繰り上げた午後六時・・・

一月度総幹部会を伝える記事の書き出しがこれである。ようするに七時が定刻なのであるが、参加者が早くから来場するので開始時間を早めた、ということである。だったら最初から定刻を六時にすればいいだろう。もしくは七時を謳ってるわけだから、あくまで七時開始にするのも一つの見識である。いわゆる時間厳守は来場者のみに課せられた義務ではなく、主催者側の義務でもあるだろう。

顕正会始まって以来の大規模人事・・・

確かにそうかもしれないとは思う。ただし、過去の新聞を調べれば、近似の表現がたくさん見つかるはずである。

・・・従来の「総務」が廃止され、新たに「総部長」制が布かれることになった。

男子部の場合、第1総部長から第13総部長までいる。女子部は十五人、婦人部は九人。ところがである。これとは別に地方部長も存在するのだ。まったくわけがわからない。

ちなみに女子部の第2総部長は総合女子部長が兼任するようである。人材豊富な女子部において、なぜに天下の総合女子部長が兼任せねばならないのか、と言いたい。

総合婦人部長は兼任していない。総男子部長もそうだ。

今さらながら言えば、総合男子部長とせず総男子部長とするのもおかしな話で、女子部と婦人部が総合なのだから男子部もそうするのが筋だろう。これもわけがわからない。

いわゆるポストの乱立である。だったらついでに副会長ポストも作ったらどうかと思う。

さて、それでは会長講演を見ていこう。

辞令授与を省略したのは、きょうが始めてです。

始めての用法も気になるがそれはさておき、辞令授与を省略したのは今回が最初のことだろうか?

今はおぼろげな記憶で書いているので、そこはご容赦願いたい。わたくしの記憶では過去にも同様のことがあったはずである。もしそうだとすると、浅井先生はウソを言っていることになる。もしくはボケが進行していることになるだろう。

そのうち登用試験は過去最高の一万八千二四四名であったと。

前々回の拙稿で伝えたように、一つ前の顕正新聞には過去最高と書かれていない。ここがじゃっかん不審である。

 しかし顕正会は潰れもせず、広宣流布の基盤たる二百万は成った。一方、偽戒壇・正本堂は音を立て崩壊してしまった。

おかしな話である。正本堂崩壊は平成十年のことだ。その頃、顕正会は百万を目指していた。その百万が成ったのは平成十五年である。そして今は平成三十一年なのである。つまり、時期的な意味では百万との相関関係を云々するべきなのだ。それをせずして二百万がどうのこうの言っているのは、歴史の俯瞰の仕方としてはかなりデタラメというか恣意的というか、早い話が自分たちの都合で物を言っているだけのことである。

 また安倍首相のウソは、もう病膏肓ですね。

相変わらずの安倍批判であるが、わたくしはルビが気になった。ヤマイコウコウと書くべきところ、顕正新聞ではヤマイコウモウと書いているのだ。

それはさておき、今回の安倍批判ないし政権批判で注目しておきたいのは、次の事案だろう。

毎月勤労統計

これは地味な内容のためか、あまり大きくは報じられなかったような印象がある。例えばモリカケ問題の時であれば、籠池夫妻の強烈なキャラクターが注目を集めた。ヘンな話、報道機関も商売なので、そういう視聴率が取れそうなものを優先的に報道しているようなフシがあるのだ。その意味で上掲の事案は地味なので報道側も取り扱いが消極的だったように感じられるのだ。

しかし、これはひじょうに重要な問題であって、ようするにデータを好き勝手に改竄できるのであれば、それこそ何でもアリになってしまう。しかもである。庶民の立場からすれば生活が苦しくて困っているのに、未曽有の好景気であるかのごとくウソをつかれたら、堪ったものではないだろう。

イヤミながらも、これは顕正会の組織にも当てはまるかもしれない。

すでに顕正会の会員数そのものがデタラメの数字であることだ。これを本部が率先して行なっているとしたら、とんでもないことであるが、例えば活動会員が成果を誤魔化して報告するようなことがあるのは、顕正会のノルマが厳し過ぎるからだろう。ゆえに本部が率先してウソの数字を発表していることはないにしても、活動会員たちがそうした水増し報告をせざるを得ない状況を作り出しているという意味においては、本部にも責任があるはずなのだ。

異次元金融緩和こそ最大のウソ

経済問題は簡単ではない。何しろ経済学者たちの意見にしても、バラバラだからである。ゆえに浅井先生の言っていることに対しても反論を構える人がいて当然であり、それがまた著名な経済学者の主張に基づいての反論だったりすると、ひじょうに厄介なことになる。

いつも言っているように、わたくし自身は経済オンチなのでまともな議論をするだけの用意がない。けれども、前後を端折って恐縮ながらも、次の会長発言はけっこう説得力があるのではないかと思う。

 しかし、もしこんなことが許されるなら、そもそも税金など徴収する必要がない。すべて日銀に納めさせればいいのだから――。

ようするに今のまま行くと国家破産は必至であると、これが浅井先生の主張である。もちろん経済学者の中でそのように主張している人がいて、先生もそれを参考にしているわけなのだろう。
ところが国家破産など起きるわけがないと言っている人も少なからずいるのである。わたくし自身はテレビもラジオもほとんど視聴しないのだが、それでもたまに視聴すると、そういう意味のことを言っている学者や評論家が意外に多いことに驚くのだ。
そこで問われるのは、ではオマエはどちらの主張を支持するのか、ということになるだろう。すでに書いたことだが、この件に関しては浅井先生の言っていることのほうがマトモに思える。

ただし、浅井先生の場合はそれを用いて予言めいたことを言うからいけないのだ。地震の話もしかりである。

 この二つの地震については、信頼するに足る学者・専門家が口をそろえてその切迫を訴えている。あるいは「1年ないし2年」、あるいは「1年以内」等と。

首都圏直下地震と南海トラフ巨大地震のことである。

まあ、しかし、先生も少し用心深くなったというか、過去の失敗で懲りたのだろう。上掲が示すごとく、学者や専門家の名前を伏せている。先生が予言すると外れるので、結局は名指しされた学者が迷惑することになるのだ。

この件に関して言えることは、大地震はいつ起こってもおかしくない、ということである。言葉を換えれば、いつ起こるかわからない、ということでもある。それにもかかわらず一年以内とか言ってしまう浅井先生の予言僻がわたくしは問題だと思う。

一国が畜生界の命に覆われれば、それが日月等の諸天に感応して、強力な新種のウィルスが次々と発生して、多くの人々の命を奪うのです。

これがわからない。現代人の知識としてウイルスの存在は疑い得ない。それを仏法の上から解釈するとこのようになるのだろうか?

他宗他門ではどのように解釈するのか、宗門はどうか、創価学会はどうか、さっぱりわからない。

 早く顕正会は三百万を成し遂げ、大聖人様の御馬前に馳せ参じなければいけない。

国家破産だとか巨大地震について年限を云々するのならば、当然のことながら三百万の年限も明言すべきだろう。

2019/3/28  18:15

投稿者:名無し
創価ガッカリさんへ

>結論として、貴方のご主張はデマに踊ろされたものです

人をバカにしてますね(笑)
ネットでのやり取りですので、事件やニュースなど証拠が無いから私のことが信用でにないだけなら黙って引き下がりますが、デマに踊らされたなんて馬鹿にし過ぎだわww
私の言うことを信じれないのであればこれ以上話すことはありません。
宗門創価顕正の組織内部については正直に是是非非で建設的に話し組織健全化を願って議論したい者からすれば、組織絶対信仰キチガイサイコパスと話をするだけ時間の無駄
さようなら


2019/3/28  9:57

投稿者:沖浦克治
 無名さん、続きですよ。

 これ等は現実に逮捕されています。
 然るに、創価学会員で香典を持ち帰って逮捕されたとの記事を見たことがありません。
 先ずその提示が必要です。
 その上で、

 創価学会員が個人として香典泥棒と言う犯罪をおかしたのか?
 創価学会がそういう指示を出し結果として香典を持ち帰ったのか?

 ここは極めて重要です。
 後者であるなら、宗教法人としての創価学会は処罰されねばなりません。
 捨てておくなら法治国家は成立致しません。

 然るに、この件で1人の逮捕者もなく、捜査の手が創価学会に伸びた事実もありません。

 結論として、貴方のご主張はデマに踊ろされたものです。

 

2019/3/28  9:52

投稿者:沖浦克治
無名さん、おはようございます。

 未だ創価学会が香典を持って帰るというデマに惑う方がいるのですね。
 少なからず驚きます。
 少し整理しておきますね。
 以下日蓮正宗僧侶の不祥事です。

 元北海道・開道寺の西村正雅が、静岡県清水町の路上で、女性を押し倒してケガを負わせ、「強制わいせつ致傷」の容疑で逮捕された。
 西村は、「いたずら目的だった」と容疑を認めており、同容疑に加えて「強盗致傷」でも起訴された。

 ★平成10年5月26日、後藤信和(ごとう しんわ、当時31才)が逮捕。後藤は宗門機関誌「大日蓮」編集室のナンバーツー。逮捕の容疑は「十八歳未満に対するみだらな行為」を禁ずる、いわゆる淫行禁止条例違反です。
★平成16年9月27日には山口県下関市の日蓮正宗興本寺住職・武冨道晋(たけとみ どうしん、当時39歳)が福岡県警に淫行を禁じた福岡県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されました。
★2002年「内外タイムス」に広島県・興福寺で青山聴螢(ちょうえい・元中国大支部院長)が寺の女性従業員と8年間も不適切な関係を報道され、興福寺住職を辞任、中国大布教区大支院長 を更迭。僧侶籍は罷免されず在籍中。
 〜引用終わり〜

 情けない限りですが、これ等を以て、宗門は犯罪を犯しているとは言えません。
 あくまでも僧の個々人の悪行です。

2019/3/28  6:41

投稿者:沖浦克治
 巌虎さん

 会合の定刻ですが、以前は創価学会も定刻前の開始は普通であって、むしろそれを自慢する向きもありました。

 現在社会に溶け込んだ創価学会は、社会との区別が極めて付き難い状況にあります。
 定刻はまもられています。
 でないとマスコミも困ります。

2019/3/28  5:04

投稿者:沖浦克治
ガンコさん、おはようございます。

ほぽ昨日一週間振りに帰宅しました。
私のデスクに憲法9条を守る会の案内が置いてありました。
共産党の方々からですね。

一度参加して見たいです。

本気で9条守るなら応援も考えるべき時に来ていると思えます。

2019/3/27  7:01

投稿者:沖浦克治
ガンコさん、おはようございます🎵

私は発達障害を背負って生きて来ました。
息子も同じです。

その二人で二人三脚して誰にもやれない仕事を沢山しています。
スリハンドクです。

創価って凄いです‼️

2019/3/26  19:43

投稿者:よくやってんな
おせーよ

2019/3/26  6:01

投稿者:沖浦克治
ガンコさん、おはようございます🎵

岩手のサービスエリアで車内泊です。
もうすぐ青森に向かいます。

新しいビジネスはじめて、
息子と二人三脚で頑張っています。

家庭不和で創価に入って57年。
創価の信心は凄いです‼️‼️

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ