2019/10/18

モウロク  
失礼ながら沖浦氏もモウロクしたなあと思った。
まず今朝のコメントに付されたリンクが問題で、クリックしてもどこにも行けないのだ。フェイスブックにアカウントのある人は違うのかもしれないが、わたくしのようにアカウントを持たない人には無意味のリンクである。
そしてその前に頂戴していたコメントには、フリーハグの動画がリンクされている。これは素晴らしいものであるが、実は同じ内容の動画をすでに紹介してもらっているのだ。八月二十八日付のコメント欄を確認されたい。
ただし、今回は新情報として、くだんの人物が創価大学の学生であると書かれているので、それで改めて紹介してくれたのかもしれない。

さて、顕正新聞第1485号である。

「御遺命守護」特集号5

一連の特集号は重複以外の何物でもないが、それでも少しずつ新情報を加味して新鮮味を持たせている。その努力は評価してもいいだろう。

当然、特集号のメイン記事は会長講演である。それは二面以降に掲載されているわけだが、まず第一面を見て驚いたのが女子部の人事だった。

女子部首脳幹部 刷新

総合女子部長が交代した。

これはけっこう衝撃的な出来事であり、今日はこの話題だけで終わることになるかもしれない。何しろいつも言っているように、人事の裏には前任者の処遇という深刻な問題が横たわっているからだ。

まあ、区長クラスであれば、今や日常茶飯事である。驚くに値しない。ところが今回は総合女子部長の人事なのだ。

前総合女子部長はどうしたのだろうか?

ちなみに初代総合女子部長から話をたどると、甚だ失礼とは承知しつつも彼女は還暦過ぎまで総合女子部長の座に君臨していたのだと思う。正確な年齢はわからないが、そうした年齢的な意味から交代を余儀なくされても仕方がなかっただろう。
二代目総合女子部長はわりと早くに消えてしまった。そう、消えたのである。単なる降格であれば、今もどこかでお目に掛かる機会があるはずだが、三代目が就任してからはまったく姿を見せていない。もちろん、わたくし自身は会館には行かないので、目撃する機会がないだけなのかもしれない。ゆえにもし今も活動会員として存在するのであれば、ぜひとも情報をお寄せいただきたいものである。
ともかく二代目は短かった。そして三代目すなわち前総合女子部長になってからは、けっこうな年月が経っていると思う。今は記憶だけで書いているものの、定着している印象があったのは間違いあるまい。それが今回解任されたわけである。
ゆえに今度の新総合女子部長は四代目ということになる。正直、意外な人選だった。いや、もちろん、女子部内のパワーバランスがどうなっているのかなど、わたくしはまったく承知していないので意外な人選というのは勝手な印象に過ぎないのだが、ともかく数多の副総合女子部長の中から彼女が抜擢されたのは、傍目には意外だった。

・・・おおらかで親切な人柄でありながら、裏表のない純粋・堅固な信心で、真心の御奉公を尽くしてきた人材である。

穿ったことを書けば、前任者には裏表があった、ということになりそうである。

浅井先生の信任も厚い。

前任者は先生の信任が薄かった?

ヘソマガリなことばかり書いているようだが、ともかく前任者のことにはまったく言及がない点が問題であり、それゆえに上述のようなイヤミを書きたくなってしまうのである。

今は記憶だけで書くのでその点はご容赦願いたいが、昔の顕正新聞には前任者のことも書かれていた。例えば女子部の人事の場合、〇〇さんは結婚を機に婦人部に転籍した、というような記述があったのである。しかし、多くの場合は組織を離脱してしまったと考えざるを得ない。ゆえに顕正新聞としてはそんな記事ばかりでは都合が悪いので、前任者のことには触れなくなってしまったのだろう。

ところでわたくしは先ほど次のように書いた。再掲である。

数多の副総合女子部長の中から・・・

これまた手抜きで恐縮だが、わたくしは副総合女子部長が何人いるのか把握していない。ハッキリ言えるのは、女子部は大組織であり、副総合女子部長が五人や十人いてもおかしくない、ということである。

女子部首脳幹部 刷新

再掲である。

ようするに総合女子部長の交代だけではなく、副総合女子部長においても相当数の任免があったのではないか、と睨んでいるのである。

以上、何の情報もなく、顕正新聞に記載されている内容だけを材料に、さまざまの憶測を書き綴った。

ゆえにもし内部情報に詳しい人がいればぜひともコメントをお寄せいただきたいと思うし、それが叶わないとしてもわたくし自身は今後も顕正新聞の情報から窺い知れる範囲で書いて行くつもりである。いちばん単純なことを書くと、あれ? 最近はあの人を見掛けないなあ? もしかして離脱しちゃったのかな? みたいな感じである。

ただし、それが間違いの場合もある。

例えばわりと最近の話を紹介すると、婦人部の重鎮的な存在だった人が今は総班長というケースがあった。この人の場合は信心に問題があったのではなく、病気を抱えていることと、年齢的なことの二つが主な理由と考えられる。

その意味では今回の総合女子部長の件も前任者が病気療養のために役職を辞した可能性も否定できない。

 この画期の大人事も、いよいよ明年から突入する「広宣流布の決戦場」を見つめての、先生のご決意の表われである。

人事の話はさておき、この記述が注目である。いつも言っているように、三百万にならないと大聖人からの御命令が下らない、という問題がある。編集部はその点をどのように説明するのだろうか?

いよいよ広布決戦場への最後の法戦開始である。

これも同様である。

2019/10/21  21:01

投稿者:名無し
顕正会がえらてんに訴訟ふっかけたらしい

https://www.youtube.com/watch?v=CFb3XAk7zP8

名誉棄損で裁判所に泣きついて訴えるなど見苦しい
顕正会に限らず日蓮正宗、創価学会、正信会すべての日蓮正宗系の組織に言えることだ。

正信会では末寺の居住権裁判

宗創抗争でのシアトル裁判、レイプ会長裁判、供養返還裁判

妙観講盗聴裁判

妙観講アホ講頭の『J子日記』名誉棄損裁判

北海道法華講員と応顕寺法華講員の同志裁判etc.

どれもこれも見苦しい限りだ。
百歩譲って不当に訴えられた裁判を受けて立つのはアリだとしても自ら裁判所に泣きついて訴えるなど信心が無いとしか思えない。

『貴辺の御勘気疾疾許させ給いて都へ御上り候はば日蓮も鎌倉殿はゆるさじとの給ひ候とも諸天等に申して鎌倉に帰り京都へ音信申す可く候、又日蓮先立つてゆり候いて鎌倉へ帰り候はば貴辺をも天に申して古京へ帰し奉る可く候』(最蓮房御返事)

身業読誦された日蓮大聖人様の死身弘法不惜身命の修行にならい 、身業読誦の一分を行じさせていただく信心があるならば、こんな見苦しい裁判なんで起こすはずがない。
悪口罵詈は喜びとして、すべて御本尊様にお任せして強い信心に立つのが真の仏弟子ではないのか

2019/10/21  5:39

投稿者:ミカン
ここへのコメントは一時的なモノに成るかと思います。顕正会をエネルギーや波動と言う視点で書いたモノです。二段重ねのオセロ
我こそ正義と叫ぶ者有りて
その金ピカの看板に
人は群がり集合し
謗法の盾と矛を与えられ
我こそ絶対の正義なりと
雄々しく勇者は立ち向かわん・・・
人集めは金集め・・・
隠したる欲望は何処に有りや・・・
広宣流布と言う名の美辞麗句・・・
足る事を知らぬ欲望が隠れ蓑にしたるかな・・・
我こそ正義の仮面をば
一人一人に付けられて
エゴと一体化し肉面と化す
哀れなり・・・
初心は誰でも純なモノ
代議士先生の初心さえ
国を変え生命幸はえ多かれと
願った代議士今何処・・・
濡れ手で粟の金目にも
目開きめくらが誕生し・・・
(真実が見えない様)
素敵な御殿の御前に
ぬかずき集まる家臣かな
見れば裸の王様の
見よう見まねは素晴らしき
忠臣のみで固めたる
それ行け突撃と
号令一下
ぬかずきて
はてさて
心のオセロの秘密こそ
二段重ねの重箱ぞ
顕在意識と潜在意識
二段重ねのオセロなら
ホワイト・ホワイトと叫びつつ
責めたる相手はブラック・ブラックと宣うた・・・
はてさて、叶わぬ幾星霜
いつぞやの初心は何処へやら
思い叶わぬ怨憎の
積もりし二段底なるは
何が積まれているのやら
憎悪に憤怒の恐ろしや
阿鼻獄入りと宣うた
その言の葉何処から
来たりて言の葉結ぶやら
見えるは唯のホワイト・オセロ
その二段重ねは
積もり積もりしブラックの
オセロが次第に溜まり行く・・・
これは、どういう意味なのかしらん?!
(浅井さんの言説から勤行で、浄化されない事は明白です。我見や邪見では無理な事です。やはり、心を見詰める事に依ってしか浄化はされないと言えます。信者数ばかり追い求め、質を置き忘れている事は、信者さんに配慮してないと言えますし、離反者が多いらしく、ノルマで縛るやり方を続けると言う事は見かけ上の信者数が多ければ良いと思われても仕方が無いと思います。)

2019/10/20  8:12

投稿者:名無し
>失礼ながら沖浦氏もモウロクしたなあと思った。

人間間違いや誤解などよくあるものである。
私も誤字脱字が多く、書いたコメントを見直して後で気づいて恥ずかしい気持ちなる。
人のちょっとした間違いや誤解に触れて指摘するのだからココのツマラナイブログ主はすべてに完璧であると自負でも思い込みでもあるのだろう。
間違った自負や思い込みの強い勘違いした人ほど大きな間違いを起こすから厄介だから信用できない。
下記はココのツマラナイブログ主がとんでもない誤報発信し、指摘を受けて訂正する過去のブログである。

https://white.ap.teacup.com/ganko/2665.html#comment

https://white.ap.teacup.com/ganko/2666.html#comment

誤報発信の理由は、顕正会、日蓮正宗の動向に関して全く興味関心が無いまま顕正新聞の文章にツッコミ入れる作業しかしていないので事の顛末を時系列で把握できていなかっただけの話だと思う。
これを読めば、ツマラナイブログ主に信心が無く。他人に厳しく自分に甘くいいかげんでご都合主義日蓮正宗系の馬鹿キチガイと一緒だとよくわかる。

2019/10/19  15:33

投稿者:沖浦克治
 ガンコさん、今日は。

 貴方がフェイスブックをおやりでなくとも、ここをロムされている方々は沢山おやりでしょう。

 今確認するとこの板は常に3ケタのロムがおられます。
 その方々がお読みいただけるなら私は満足です。

 フリーハグは以前もアップしましたが、創価学会員だと知ったのは2日前です。
 御書には、

 『一代の肝心は法華経・法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ』
 (御書1174n)

 と書かれてあります。
 この青年が創価人だと知って嬉しいです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ