2019/12/10

カイム  
気がつけば今月も中旬を迎える。柄にもなく多忙でブログの更新が滞ってしまい、顕正新聞も溜まりに溜まっている。このペースだと、消化し切れずに年越しすることになるだろう。

成功の三大秘訣‼️

大声、ハッタリ、空元気‼️


沖浦氏らしい秘訣ではある。ただ注意すべきことは、ウツ病の人は無理に元気を出そうとしてはいけないらしいのだ。時には励ましが逆効果になる場合もあるそうで、その意味では沖浦氏の秘訣は万人に当てはまるものではないことになるだろう。難しいものである。

克衛の消息はまったくの不明であり、ミカン氏のおっしゃる謗法ないし洗脳云々が的を射ているのかどうかもわからない。顕正会は会員たちが思っているほどにはメジャーではなく、マスコミなどからもまったく注目されていない。また、顕正会を研究しているようなジャーナリストもいないくらいである。そんな状況であるからして、なおさら克衛のことなど誰も気にしていないだろう。ある意味、それが顕正会の未来を象徴しているのかもしれない。

「御戒壇様と血脈」を蔑ろにして、正体不明の本尊を是とする人々は、本門寺の戒壇を論じる資格すら失っていると言えましょう。

そういう人々が、正本堂論または戒壇(建物)論を語ったところで、何の意味があるのでしょうか?


まあ、しかし、先ほどとは矛盾するようなことを言うわけだが、現時点では顕正会にも存在意義があって、宗門に対するイチャモンにしても資格のあるなしにかかわらず言う権利を奪うことは誰にもできないという現実がある。

今日蓮が所行は霊鷲山の稟承に介爾計りの相違なき、色も替はらぬ寿量品の事の三大事なり。(三大秘法抄)

三大秘法は宗祖日蓮大聖人の御一身に具わりますので独一本門戒壇の大御本尊の在すところ、事の戒壇であることは、言うまでもありません。(無論、広布の暁の、本門寺の戒壇の御遺命は存する)


これはある意味、間接的ながらもわたくしに対する反論なのだと思われる。何しろ拙ブログでは、宗門の戒壇論はデタラメである、と繰り返し言い続けているからである。

大沢氏もよくご存知のように、一年ほど前にトチロ〜氏とわたくしとで、少し法論っぽいことがやり取りされた。もちろん拙ブログにはすべて記録が残っているし、先方のブログにもそれがある。ただ、あの時は長期戦にはならず、すぐに休戦状態になった。先方が休戦を申し出たのである。その真の理由は不明であるが、わたくし自身は勝手に以下のようなことを思っていた。

本尊所住の処、義の戒壇

これはトチロ〜氏が自らの文章に付けたタイトルである。いかがだろう、一年後の今日、大沢氏はさらに一歩踏み込んで、いわば次のように言っているわけである。

本尊所住の処、事の戒壇

もし一年前の議論が長期戦に突入していたとしたら、当然の成り行きとして上掲の論証が求められることになっただろう。しかし、トチロ〜氏としては義の戒壇の論証が精一杯であって事の戒壇までは無理だと考えた。だからこその休戦だったのではあるまいかと、わたくしはそのように想像したわけである。

いや、もちろん、別の可能性もあって、巌虎などというオチブレの元会員を相手にぜんぶをさらけ出すのは得策ではない、将来、顕正会のしかるべき大幹部と法論する時まで秘策は温存しておくべきだ、という考え方もあり得ると思う。

確かにそれはその通りだろう。

浅井先生にしても大草氏に対し、資格のないものが何を言うか、みたいなことを言っていた。その意味ではわたくしなどは無資格者の最たるものである。

ただし、ややこしいことを言うようだが、先ほども書いたように、顕正会が宗門に対してイチャモンをつけるのと同様、わたくしがここで好き勝手なことを言う権利は誰にも奪えないのである。

事の三大事=事の本尊・事の題目・事の戒壇

これは大沢氏が言わんとしているであろうことを勝手に解釈させてもらったものである。氏としては、いや、違う、そうではない、と思うかもしれないが、単純化すればこんな感じになるはずである。まあ、しかし、こんな簡単な論証で話が済んでしまうのであれば、そもそも妙信講問題などは存在し得なかっただろう。

顕正会員は、正本堂を「偽戒壇」と称していますが、これは誤りです。
大御本尊様の在すところ、正本堂は紛れもなく戒壇でした。


これはおっしゃる通りであり、かつての浅井先生ならば正論であると言ったかもしれない。ようするに今の浅井先生はかつての浅井先生ではないのだ。

ただ、正確を期すと、正本堂は紛れもなく義の戒壇でした、となるだろう。イヤラシイことを言うようだが、大沢氏もその辺の事情を考慮して、正本堂は紛れもなく事の戒壇でした、とは書かなかったのだと思う。そこが今の宗門の戒壇論の問題点を象徴しているような気がしてならない。

かつて大沢氏は、巌虎は巌虎派を立ち上げるまで教義を温存している、みたいなことを言っていた。しかし、それはまったくの誤解で、そんなに難しい話をしているわけではないのだ。将来、本門寺の戒壇が建つ、これこそが事の戒壇であって、その本門寺の戒壇に安置すべき御本尊がまします処はまだ戒壇が建たなくてもすでに戒壇の義が存する、というのが古来から言われてきたことなのである。こんな当たり前のことがわからなくなってしまっているとしたら、もはやオシマイだろう。現宗門としては行き掛かり上、自分たちの言ってきたことを正当化したいのだろうけれども、そこはどこまで行っても間違いは間違いなのだから、改めるべきである。

現状、拙ブログもオワコン化しつつあって注目度が低下しているけれども、当然、顕正会員だけでなく法華講員や創価学会員もチェックしていることだろう。いつも言っているように言論の世界は言っていることが正しいか間違っているか、差し当たってはそこが問われるわけである。わたくしの言っていることが間違っていると思うならば反論すればいい。しかし、反論のコメントが寄せられることは皆無に等しい。それが一つの結論である。

顕正新聞の話題を書くつもりだったが、今日はここで打ち止めにしたい。

2019/12/14  13:44

投稿者:大沢克日子
山崎 でも、原島さんは、内心では、当時の状況下で、
正本堂を''御遺命の戒壇''と定義することには反対だっ
たんですよね。昭和四十七年十月の正本堂落慶法要の
時は池田大作が、福島源次郎氏(当時副会長)に命
じて、登山者達に
「正本堂は、御遺命の戒壇であり、池田先生が建立な
さったのである」
との触れを廻したのを制止し、池田大作に諫言したこ
とがありましたね。
原島 秋谷・山崎・原島の三人で、妙信講が実力で正本
堂落慶と大御本尊御遷座を阻止しようとするのを、何
とか説得してやめさせた直後でしたから、妙信講を刺
激するような発言は止めて欲しい、と言ったのです。
でも、その夜、私と山崎さんは、雪山坊の会長室で、
首脳達が居並ぶ前で、池田大作にこっぴどく総括され
怒鳴りつけられました。
(略)
山崎 私が、池田大作に、
「次は、阿部教学部長だと思います」
と具申したところ、池田大作は、不機嫌になりました
が、そのあとから、総力を挙げて教学部長であられた
日顕上人の懐柔にかかったのです。
あの手、この手で、なりふりかまわず、ご機嫌取りを
しようとしました。
私も、当時、やや学会と距離を置いておられた日顕上
人に、何とか学会を理解していただこうと、池田大作
と協力して手を尽くしました。
(「共に正しき法華講員となり 創価学会の過ちの数々
を糾す 懺悔滅罪のために! 」平成19年) 255頁〜25
7頁

・途中、投稿が中途半端になってしまい、申し訳あり
ませんでした。

2019/12/14  13:39

投稿者:大沢克日子
山崎 私が覚えているのは、昭和四十八年頃、池田大作
が、
「正本堂は、日蓮大聖人御遺命の事の戒壇である」
と認めてもらおうとして、日達上人に何度も手を変え
品を変え迫ったのに対し、日達上人が頑として応じら
れなかったこと、それで、原島さんが、阿部教学部長
に、過去の日達上人の御言葉を取り上げて、
「猊下御自身、''事の戒壇''と言われたではありません
か」
と迫っていた場面、および、国立戒壇問題について、
明治にさかのぼって、歴代上人のお言葉の中で「国立
戒壇」と述べられている例を逐一挙げて、
「だから、学会だけでなく、宗門としても、明確な態
度を示してもらいたい」
と迫っていた場面です。

2019/12/14  13:36

投稿者:大沢克日子
山

2019/12/14  13:34

投稿者:大沢克日子
原島嵩氏(元創価学会教学部長)
山崎正友氏(元創価学会顧問弁護士)

原島 今考えると汗顔の至りですが、「国立戒壇」の意
義や、正本堂が御遺命の戒壇であるか否か等について
池田大作の指示で、日顕上人に食い下がったのです。
池田大作から、「創価学会教学部長のお前が、日蓮
正宗教学部長に負けたらクビだぞ‼」と言わんばかり
に尻を叩かれて(笑い)、お体ひとつで学会本部に来
られた日顕上人の前に、うずたかく資料を積み上げて
その間から、小さな私が顔を突き出して、鼻息荒くま
くし立てました。(大笑い)
山

2019/12/14  8:11

投稿者:大沢克日子
日達上人は
〔広布の事相に約した御遺命の戒壇〕
においても、安置すべきは本門戒壇の大御本尊であり
戒壇堂の建立ではなく、あくまでも大御本尊安置の本
堂であるとの
【根源の法体に約した事の戒壇】
の意義を明確に御示しです。
それを受けて、池田委員長や浅井さんも、正本堂を
〔広布の事相に約した事の戒壇〕
として、
「戒壇の大御本尊様がいよいよお出ましに」
と歓喜しています。

正本堂は、建立御供養の時点から、
「正本堂は、広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大
殿堂」
と、将来の御遺命の戒壇の意義を含む戒壇でした。

浅井先生も、「阿諛迎合」し、「誑惑の大合唱」に加
わっていたということでしょうか?

昭和45年9月11日
浅井会長、創価学会代表との間で確認書を作り、御遺
命違背を訂正せしめる。

その後、創価学会が正本堂を御遺命の戒壇そのものに
しようとしているとして、後年
「池田大作と細井管長を訂正せしめたんだぞっ!!」
と自慢する、浅井会長の戦いが始まります。

確かに、昭和45年の確認書を見ると、正本堂が現時点
では最終の御遺命の戒壇とは断言しない旨の記載があ
ります。

しかし、その後の訓諭も、正本堂が御遺命の戒壇と断
定したものではないし、日達上人を訂正せしめたとい
う昭和47年7月の解釈文や、同年10月の創価学会和泉
理事長の新聞発表も、訓諭の内容と同趣旨で、訂正
文とはいえないのでは?

浅井会長が、訓諭の後半を敢えて公表しない意図は、
何でしょうか?

2019/12/14  7:51

投稿者:大沢克日子
昭和40年


創価学会第3代会長・池田大作の政治野心と名利から
「正本堂」を「御遺命の戒壇」とする誑惑が始まる。
日蓮正宗における最高権威の「法主」を始め、宗門
高僧もこれに阿諛迎合し、誑惑の大合唱が宗門を覆う。
(顕正会ホームページ「顕正会の足跡」より)

「戒壇の大御本尊様が、いよいよ、奉安殿よりお出ま
しになって、正本堂に御安置されることを、正式にお
おせくだされたのであります。かねてより、正本堂建
立は、実質的な戒壇建立であり、広宣流布の達成であ
るとうけたまわっていたことが、ここに明らかになっ
たのであります。」
「正本堂建立の意義は、まことに甚深であり、その
御供養に参加できる私たちの大福運は、なにものをも
っても、たとえようがないと思うのであります。」
「総本山における大建築についての御供養は、これ
で最後の機会となるでしょう。千載一遇とはまさにこ
のことであります。」
(昭和40年3月、正本堂建設委員会 正本堂建立御供
養趣意書)

確かに、昭和40年3月の池田大作委員長名の正本堂建
立御供養趣意書を受けて、宗内一体となって御供養に
参加しようとする気運が高まりました。

ただ、浅井会長も、正本堂建立御供養趣意書に呼応す
る形で、建立御供養への参加を推進しています。
(妙信講教学誌「富士」昭和40年6月号)

「いよいよ意義重大なる正本堂が建立される事になり
ます。戒旦の大御本尊様が奉安殿よりお出まし遊ばさ
れるのであります。」
「その御本尊様がいよいよ時を得て徐々に大衆の中に
御出ましになる。御宝蔵より奉安殿へ、更に猊下の深
い御思召により大客殿の奥深き正本堂へとお出ましに
なるのであります。」
「いよいよ正本堂建立の御供養」
「千載一遇の御奉公に歓喜の参加」
「この御供養は、宗門の歴史をつらぬく大事で、猊下
を通して戒旦の大御本尊様への御奉公であり、私達
の生涯に二度とはない大福運であります。」
(妙信講教学誌「富士」昭和40年6月号)

2019/12/13  4:58

投稿者:沖浦克治
仏法の極意は法華経。
法華経の真髄は日蓮仏法。
日蓮仏法の肝要は創価思想。
創価思想の根底は、一切衆生が等しく本来の本仏‼️

ここがわからないと仏法は理解出来ないのです。

2019/12/13  4:54

投稿者:沖浦克治
ガンコさん、おはようございます。

成功の三大要素ですが、確かに統合失調症のお方には適用は慎重にせねばなりませんし、私も常に心がけております。

でもね、日蓮正宗と言う宗派などは、極々限定され世界人口のコンマ1%にも遥かに満たない存在でありながら、仏法の基本から大きく逸脱した、戒壇本尊本懐論なる邪義を全人類に適用させんと企てていますよ。

これ、何とかしないとね。

2019/12/12  20:28

投稿者:大沢克日子
下記の御歴代の御指南は、日達上人の御指南に至るま
で、【根源の法体に約した事の戒壇】です。
あくまでも、根源に大御本尊様が存するのでは?


此の本門の戒壇に事の戒壇と道理の戒壇と云う事あり。
事の戒壇とは、直ちに本門の御本尊の住処の事なり。
(総本山第三十二世日教上人)

此の一大秘法を開て三大秘法とし、此を開して六代(
大)秘法とす。

人の本尊
法の本尊
信の題目
行の題目
事の戒旦 一幅の板御本尊を掛け奉る所を云う
道理の戒旦 御代々御書写の御本尊を掛け奉る所を云う
(総本山第三十六世日堅上人)

本門戒旦ー
在々処々本尊安置の処は理の戒壇也
富士山戒壇の御本尊御在所は事の戒也
(総本山第四十三世日相上人)

未だ広布の時至らず事相の戒壇御建立なしといへども
此の道場即是れ事の戒壇真の霊山事の寂光にして、一
度も此の砌に望まん輩は無始の罪障忽ちに消滅して三
業の悪転じて三徳を成ぜんこと毛頭疑あるべからず
(総本山第五十二世日霑上人)

大御本尊、今眼前に当山に在す事なれば、此の所即是
本門事の戒壇、真の霊山、事の寂光にして
(総本山第六十世日開上人)

この御本尊在すところは事の戒壇で、この御本尊が事
の御本尊である。事の御本尊である故に、この御本尊
在すところは事の戒壇でございます。だからその御本
尊が、たとえ御宝蔵にあっても、あるいは唯今奉安殿
に安置し奉ってあっても、あるいは今正に出来んとす
る正本堂に安置し奉っても、その御本尊在すところは
何処・何方でも、そのところは即ち事の戒壇でありま

(総本山第六十六世日達上人)


2019/12/12  15:45

投稿者:大沢克日子
訓 諭
 さきに法華講総講頭池田大作発願主となって、宗内
僧俗一同の純信の供養により、昭和四十二年総本山に
建立の工を起せる正本堂はここに五箇年を経て、その
壮大なる雄姿を顕し、本年十月落成慶讃の大法要を迎
うるに至る。
 日達、この時に当って正本堂の意義につき、宗の内
外にこれを闡明し、もって後代の誠証となす。
 正本堂は、一期弘法付属書並びに三大秘法抄の意義
を含む、現時における事の戒壇なり。
 即ち正本堂は、広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべ
き大殿堂なり。但し、現時にあっは、いまだ謗法の徒
多きが故に、安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開
せず、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉るなり。
 然れども八百万信徒の護惜建立は、未来において更
に広布への展開を促進し、正本堂はまさにその達成の
実現を象徴するものと云うべし。
 宗門の緇素よろしく此の意義を体し、僧俗一致和衷
協力して落成慶讃に全力を注ぎ、もってその万全を期
せられんことを。
 右訓諭す。

昭和四十七年四月二十八日
日蓮正宗管長 細井日達

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ